JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

アルバムの修復作業記録 その2 2015年11月19日

2015年11月19日 08時04分47秒 | 00手製本/製本教室

アルバムの修復作業記録 その2 2015年11月19日

今回は箔押し作業です。
まず、革の調達なのですが、広島では製本用の革(子山羊)を購入することができません。
しかたないので、今回は羊の革を使用するこことしました。
小型の箔押機と文字入れは銅凸版(生徒さんの借用分)を用意します。
箔押のコツは、温度と押す力と押し時間の3要素の組み合わせですが、やってみてコツをつかむしかありません。
本来、箔押しのタイミングについは、表紙を作製した後に行うのが最適です。
今回は銅凸版を借用している関係上、長期の借用もできませんので、最初の工程で箔押しするこことしました。

表紙を作成する前に、革に直接箔押しをしておくメリットとしては、
①背の箔押しが正確に真ん中に入れることができます。
②箔押しに失敗しても表紙作成に影響ありません。
デメリットとしては、
①表紙なしでの箔押の位置決めが難しいことです。

以上、アルバム3点の箔押しが完了しました。


広島手製本倶楽部は以下のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/book_index.html


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルバムの修復作業記録 そ... | トップ | アルバムの修復作業記録 そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL