JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

九四式三号甲無線機三六号型通信機受信部の修復作業記録 その1 (2016年09月21日)

2016年09月21日 14時14分18秒 | 01陸軍無線機器

九四式三号甲無線機三六号型通信機受信部の修復作業記録 その1 (2016年09月21日)

本機も購入後、長期保存しておりました。
あまりに保存状態が悪く、また真空管が一部欠落したため修復作業の対象としておりませんでした。
今回は、電池菅無線機をすべて修復することを目標としたため、本機にもやっとメスを入れる次第となりました。
真空管を外し、状態を本格的に調査すると機器の部品の欠落もほとんどなく、受信機能回復もそう困難ではないようです。
電池菅の4本中、UZ-133DとUF109Aのヒータの導通があり、残りのUF-134とUZ-135の2本は不良のようです。
特に幸運だったのは、高価なUZ-133Dが生きていたことです。
とりあえず、受信機能の回復から開始するこことします。


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九四式二號乙無線機二七號型... | トップ | 九四式二號乙無線機二七號型... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL