JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

ム65型受信機#2号機の修復作業記録 その2 (2016年05月17日)

2016年05月16日 21時46分57秒 | 01陸軍無線機器

ム65型受信機#2号機の修復作業記録 その2 (2016年05月17日)

本機の2重シャーシの機構の問題を今回検討してみることとしました。
まず、RF1,RF2.MIX.OSCについては、UZ-6D6と6C6のST管のソケット配置で問題ありません。
ところが、IF段から検波、AF段の真空管についてはST管のソケットが入らない形状のシャーシとなっています。
穴の大きさから、ムリやり当てはめるとGT管のソケットであれば適合します。
敗戦間際の当時のGT管相当品は「ソラ」しかありませんが、ヒーターは12V仕様です。
また、高周波段のみST管を使用し、IF段以降「ソラ」を使用するようなハイブリッドなシステム構成は理解できません。
この問題はこの現状では解決しませんから、2重シャーシ機構での復元を断念し、ム65改として復元するこことします。


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ム65型受信機#2号機の修... | トップ | 2016 20回風そよぐコンサー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

01陸軍無線機器」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL