JA4GGCのブログ 田舎暮らし

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H29.06.05 その9

2017年06月06日 02時56分56秒 | 06真空管式テレビ

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H29.06.05 その9

真空管式テレビ修復記録(松下T-1480)修復作業H23.07.24 その8のブログ記事から、約6年が経過してしまいました。
この間、とうとう断捨離を決断し、不用品をかたっぱしからネットオークションに出品しています。
もちろん、真空管式テレビもその一つと思っていますが、ブラウン管の代用のオシロスコープによるテレビ画面表示装置の作成が完成しないうちは、売却できません。
このため、再度、テレビ画面表示装置の開発にチャレンジするこことしました。
まず、6年ぶりにテレビ画面表示装置を引っ張り出し、電源起動し動作確認を行います。

やはり交流ハムがのっており、画面動作が安定しません。途中までヒーター配線を撚線化しましたが、すべて実施していないため効果が確認できません。
混入原因は、ヒーター配線からのハム混入、全体の配線の引き回しによるハム混入、更に考えにくいですが、真空管からのハム混入等々考えたらきりがありません。
年をとると問題解決への根気が続きません。
今回は手っ取り早く問題解決するため、ヒーターの交流使用を止め、直流のDCDCコンバーターに変更するこことしました。
この安易な対処でハム混入問題は無理やり解決となりました。


2D21なるサイラトロンによる鋸波の生成に問題があり、少し高い周波数では、歪が生じます。
ラジオ・シャック 50ミリ・ミニオシロスコープ(自作)の回路図を参考に回路変更を実施した結果問題を解決することかできました。
更に垂直利得不足があったので、前段に6AU6による増幅回路の追加や同期回路の改善等を実施しました。
この結果、自作のオシロスコープは無事完成しました。

 

ブラウン管は3KP1(F)、フラットフェース、蛍光色:緑の3インチの標準品ですが、予備品として3KP7(F)があったので交換してみましたが、エミ減のためか画面表示で輝度不足のようです。
なお、3KP7(F)は3KP1同等ですが、残光が特に長く、蛍光色は青白色(残光:黄)です。これもフラットフェースです。

 

今まで回路図は手書きオンリーでしたが、今回から水魚堂さんの回路図エディタを導入して記述することとしました。
オシロスコープとしての機能は問題なくなりましたので、本題の真空管テレビ(松下T-1480)のテレビ画面表示装置の機能試験にチャレンジします。

 

 


回路図参考
75mmブラウン管を使った真空管式モノクロテレビジョンの製作
Homemade Vacuum Tube Television Set
http://www.asahi-net.or.jp/~gt6s-sbic/electro/tv-1/

ラジオ・シャック 50ミリ・ミニオシロスコープ(自作)
http://www4.tokai.or.jp/radioshack/mini_oscilloscope/mini-oscilloscope.html

水魚堂の回路図エディタ
http://www.suigyodo.com/online/schsoft.htm

参考資料
オシロスコープの電源回路
ブラウン管蛍光面の電位がアース電位とあまりかけはなれていると、蛍光面に手やドライバーを近づけただけで電子流が静電偏向され画像を正しく現わさなくなってしまう。
TV受像機の場合はブラウン管の口径も大きく、電子流の速度も速いのでこの現象はほとんど心配ないが、オシロスコープの場合はブラウン管の口径が小さいために画像への影響が大きくなるので注意を要する。
蛍光面の電位をアース電位に近づけるために、オシロスコープでは第二プレートの電圧をシャーシに等しいか、さもなければ若干正の電圧を加えるように設計する。
ブラウン管のプレートを接地し高圧のプラスをアース側にするのはこのためである。
また、第二プレートと偏向板の電圧がほとんど同じにならないと蛍光面上にゆがんだ図形が画かれる。最近のオシロスコープでは信号増幅回路の特性を良好にするために垂直、水平両回路とも偏向板を増幅回路の終段であるプッシュプル接続増幅管のプレートに直接接続することが多い。このため、第二プレートにはB電圧を分圧して供給しなければならない。
出展 アマチュアのラジオ測定器 岡本次雄、岸清 共著 ページ134

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

断捨離続行中!!!(平成29年4月27日)

2017年04月27日 21時57分20秒 | 96無線コラム

断捨離続行中!!!(平成29年4月27日)

オークション出品では、自分なりの思いの価格と落札価格との乖離が高く、苦戦しています。
もちろん時代背景が異なり、数十年前の収集品の価値と現在の価値では相当の開きがあるのも事実でしょう。
高額落札のためには、出品方法や丁寧な商品説明などの工夫や出品時の価格などに大きく影響することも考えられます。
このため、現在無料の下記の販売ツールを使用しています。
オークション出品テンプレートツール http://www.noncky.net/software/sokubaikun/
いめーじあっぷ http://imageup.imacle.info/
なお、オークションでは苦戦は続きそうですが、確実に断捨離は実現しています。

 

平成29年3月以降の処分リストです。

海軍 航空羅針儀二型改 東京航空計器株式会社製

海軍 ロケット戦闘機「秋水」の燃料保存用陶器製容器

十七年式防空用防毒面 甲2號 未使用新品

波長計 横河電機製作所 昭和15年4月製造

 

シグナライザー 国洋電機工業株式会社 昭和25年製

 

NEC TK-80 Trainig kit マニュアルあり

 

32206形超短波無線電話装置 松下通信

 

東芝14インチ白黒真空管式テレビ 昭和33年

 

船舶用小型送信機 終段UY-807×2本

 

船舶用大型送信機励振増幅部 No1

 

船舶用大型送信機励振増幅部 No2

 

定電圧電源装置 EP-1800 アルインコ電子

 

 

広島戦時通信技術資料館は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

真空管式テレビ修復記録(日立FY-370)修復作業H23.07.23追記(おまけ) その11

2017年04月27日 16時44分37秒 | 06真空管式テレビ

真空管式テレビ修復記録(日立FY-370)修復作業H23.07.23追記(おまけ) その11

 アナログ放送停波について

とうとう平成23年7月24日のアナログ停波がやってきた。1953年初電波送信から58年間大変ご苦労様といえばいいのだろうか。ただ今は、言葉がみつからない。

 平成23年7月23日のテレビ画像

Os016

平成23年7月24日本日のテレビ画像

Os017

同上

Os018

平成23年7月24日正午以降のメッセージ画像

Os019_2

おわり

これで真空管式アナログテレビの終わりではない。今後ますます、テレビ修理の技術向上に努力したい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エディオン激安セールと爆買いについて(平成29年3月9日)

2017年03月09日 16時22分37秒 | 96無線コラム

エディオン激安セールと爆買いについて(平成29年3月9日)

エディオン本館の建替えに伴い、全館売りつくセールが始まりました。
といっても、建替え中は近くに引越すとアナウンスされており、売り出しセールにはあまり気にしていませんでした。
本日、エディオンを訪問すると、なんと電子パーツ部の完全廃止による電子部品の全品を激安するとあります。
袋詰め商品は半額、1個ものの部品は1点10円とのことです。
秋葉原でもこんな激安セールはありません。
3月1日からの開始ですから、既に主要部品は買い占められておりました。
断捨離中ですが、本日だけは爆買いとなりました。

 

広島戦時通信技術資料館は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

断捨離の実践について(平成29年3月7日)

2017年03月07日 13時56分08秒 | 96無線コラム

断捨離の実践について(平成29年3月7日)

40年間ずっと真空管や球式無線機やラジオの収集といろいろな通信機器分野のものをあつめるのが好きでした。
また、測定器としては真空管式オシロスコープ分野の収集も大好きです。
このため、広島の実家では収集品の収納が不可能となったので、100Km離れたところへ別宅を構える次第となりました。
よくよく考える古希に近づきにつれ、あの世まで持っていけないのならそろそろ処分すべきであるとやっと悟った次第です。
家人に迷惑をかけないためにも、断捨離を実践するこことしました。
愚痴になりますが、バブル期に購入したものなどは、処分価格が大幅に低くなっています。
ひとえに、この分野の購入希望者層が高齢化したのが原因のようです。
オークション出品のため、当分の間旧軍無線機の修復作業はお休みです。

別宅の2階の収納状況です。(かなり荷物も少なくなってきました)


平成29年2月以降の処分リストです。

日本無線株式会社 NMR125型中短波受信機

神光無線電機 気象情報聴取受信機5S-1A

加地通信機 モールス訓練用印字機

東洋通信機株式会社 TR-41型全波受信機

昭和九年製 最古参級 縦型並四再生式ラジオ

0

米軍 LCR測定器 ZM-30/U

東京電波株式会社 中短波周波数計

電電公社 TZ-403形2号送受信装置

 

広島戦時通信技術資料館は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加