Diabetic Cat and Alcoholic Cat

アメリカに暮らす糖尿病猫、虹の橋に旅立ったキャットニップ中毒猫、そして新たに加わったチビたちの日常の記録です。

2月6日から12日までの血糖値

2017-02-12 21:44:01 | 糖尿病闘病記
土曜日、夜暗くなってから帰宅したら、家の前が臭い!
暗がりの中、よく見てみると、案の定またインベーダの排泄物がありました!


シトロネラオイルの匂いが消えてしまったのかも?
そこで、もう一度シトロネラオイルを撒こうとしていたら、何か美味しいものがもらえると思ったのか、自ら近寄ってきたインベーダー!
鼻の前にシトロネラオイルのボトルを突き付けて直接匂いを嗅がせたら、よほど強烈だったのか、驚いて逃げていきました。
少なくとも、シトロネラの匂いが嫌いなのは確かなようです。

やはり、エッセンシャルオイルの匂いは時間が経つと消えてしまうので、定期的に撒いておかないといけませんね。


みぬまま家の猫たちは、以前にはインベーダーに窓越しに喧嘩を仕掛けられて、トラブルになったこともあったけど、
今は平和に暮らしています。

猫を放し飼いにしている人は、「自由にさせてあげたい」、あるいは「一度外の楽しさを覚えてしまったから室内飼いにするとストレスが溜まってしまう」など、それぞれの理由があるのかもしれないけど、
近所に迷惑をかけているかもしれないことを、きちんと把握してほしいです。

------------------
2月6日から12日まで一週間の血糖値曲線。緑色が正常範囲で、黄色が高血糖でも症状が出ないとされる範囲。青い四角はインスリンを注射したことを示す。



インスリン用量スライディングスケール

2月6日~
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)
     投与間隔10時間未満   10時間以上          
135-150-------2.20 -------------2.60
151-170-------2.40 -------------2.80
171-200-------2.80 -------------3.20
201-250-------3.00 -------------3.40
251-350-------3.20 -------------3.60
351-500-------3.40 -------------3.80

正常値でも、今後上昇が予想される場合
(1-2時間前と比べて上昇傾向にあることを確認後注射)
血糖値(mg/dL)   投与量(IU)        
100未満-------0.80
100-134-------1.00
『猫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月30日から2月5日までの血糖値 | トップ | 2月13日から19日までの血糖値 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-02-14 07:25:48
異臭害ほんと嫌ですよね(^^;
飼っている方意識してほしいですね!
 シトロネラ鼻近く噴霧が放し飼いインベーダ猫君に嫌な記憶と残りますように願いますね(^_^;)
みぬおにいちゃんたちに今は害が及んでないのが幸いですね
3兄弟妹ちゃんたちの可愛い仲良しが何時までも続きますように(=^ェ^=)
Unknown (みぬまま)
2017-02-20 16:10:06
>ちーちゃん&オス君飼育者様

シトロネラは、ボトルをインベーダーの鼻に直接近づけたら驚いて逃げて行ったけど、
地面に振りかけただけでは効果が弱すぎたようです。
でも、あまり大量に使って人間にとっても不快なほどに強い臭いになってしまっては、私だけでなく近所の人も困りますよね。

ということで、ちょっと酷かなと思ったけど、カイエンペッパーを試すことにしました。

コメントを投稿

糖尿病闘病記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。