Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

マッサンとリタの物語 ニッカウヰスキー余市蒸留所

2017-06-16 | スワロー飛ぶ

余市にいる。

マッサンとリタの物語の舞台、ニッカウヰスキー余市蒸留所を訪ねた。

正門。

ここで受付を済ませる。

無論入場無料である。

 

正門を抜けると、

特徴的な赤いとんがり屋根が、いきなり目に飛び込んでくる。

これはまるで、大人のテーマパークである。

蒸留棟

 

創業当時から変わらず、今でも燃料は石炭である。

製法や工程を、テコでも変えないという頑固さ。

NHKの朝ドラそのままの光景に、唸ってしまった。

今も残る、大日本果汁株式会社創業当時の事務所。

 

研究室。

現在はリタハウスとなっていた。

展示のためだけの棟もあるが、多くは現実に稼働している工場群なのである。

 

貯蔵室。

蒸留された原酒は、この樽の中で、数年後、あるいはもっと先に来る出荷の日を静かに待ち続ける。

マッサンとリタの住居を移築復元した物。

玄関広間までは入れる。

整備された芝生。

工場というより公園である。

ウヰスキー博物館に展示されるポットスチル。

言わば、ウヰスキー造りの心臓と言っていいだろう。

これ叩き出しの板金なんだよな。

大したもんだ。

 


試飲会場とある。

 

え?

そうですか?

飲んでいい?タダで?

こりゃ、ご親切にどうも。

んじゃ、遠慮なく。

 

グビ、グビ、グビ。

プアー、美味しかった。

ご馳走様でした。

 

試飲が終わった頃、丁度12時となった。

レストランでジンギスカンを食す。

当然アルコールも入る訳で・・・

 

久々、昼間から酔っぱらってきた。

 

ウイー

 

その後、売店でお買い物。

余市全シリーズ購入。

 

何か問題でも?

 

 

車は、余市蒸留所の真裏にある『道の 駅スペースアップルよいち』に予め停めているし、お風呂も近くにあるようだ。

今日はもう動かなーい。

ここで宿泊である。

 

本日走行距離91km 累積走行距離2708km

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 函館散歩。元町界隈、摩周丸... | トップ | 進路決定!東へ 余市~小樽... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何度も (すみません)
2017-06-19 10:09:18
くろまつと余市、楽しそうでうらやましい…
しかし、双方とも道の役になっています。

内容は、よく伝わってきます。
うぐぐ (エッシャ)
2017-06-20 04:46:15
文字変換がとろい。
普通、「道の・・・」と打ったら、「駅」じゃろ!
と、パソコンに罵声を挙げてます。
全て、パソコンのせいたい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。