Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

アーケード街を歩く。むつもん饅頭のお使いと講習会。

2017-02-13 | 歩いたり、走ったり、漕いだり

久しぶりに、久留米のアーケード街を歩いた。 

西鉄久留米駅前から、JR久留米駅方面本町辺りまでを、《明治通り》と言う。 

所謂、久留米のメインストリートである。

それに並行して南側には、アーケード街が伸びている。

 

一度、ここで書いた事があり重複するが、

かつて、全てがここにあった。

美味しい物を食べたいならここだったし、オシャレな服も靴もここだった。

映画館も雀荘もレコード店も、なにもかもがここにあった。

 

まずは一番街である。

なんてったて・・・今じゃ、これだもん。

ただの通り道である。 

八百膳食堂・・・無くなっちゃったか。

雀荘で出前を頼む時は、ここのカツ定食と決めていた。

 

旨かったよなー 

かと思うと、一番街と明治通りの間の路地裏にあった、餃子の名店《又兵衛》は、新しく一番街に店を出したりしている。 

俺らにとっちゃ、小ぎれいになって入りにくなってしまったけどね。

一番街を抜け、二番街も抜けると、あけぼの商店街に至る。

こちらの方が、まだしも昔ながらの店が多いが、決して賑やかとは言えない。 

再開発により、巨大な久留米シティプラザという箱物は出来たが、活性化への起爆剤には程遠い気がする。

 

そんな風景の中、ここ《一平》は相変わらずの人気振りだ。

ここの客の狙いは、ほぼ中華うどん。

うどん出汁に中華麺。

トッピングはカツオ節にキクラゲ、紅ショウガ、海苔、丸天という、中華か和風かどうにも判断できかねる、絶妙のハイブリッド食なのだ。

これを生み出した初代は、偉大としか言いようはない。

 

残念ながら今回は、別の予定があり並ぶ時間はなくスルーだ。 

予定というのは、ここで行われる講習会だ。

 

こんなテーマで、大いに期待していたのだが、

 

・・・残念すぎる中身であった。

 

 

とっとと帰るべ。

 

 

 

 

 

家内から、

「六ツ門に行くなら買ってきて。」 

お使いを頼まれていたものがある。

 

《むつもん饅頭》だ。

この辺りで言う回転饅頭。全国的に言えば今川焼である。

因みに、店名は甘味処のようだが、実は完全な大衆食堂である。

うどんやチャンポン、カツ丼、チキンライス、カレーと、あらゆる定番メニューが並ぶ。

饅頭屋で出発した店が、いつの頃からか客の要望に応え続けた結果、大衆食堂と言った方が早いような店になったが、

あくまでも店名は《むつもん饅頭》なのだ。 

再開発の為、かつての場所から、少し離れた場所へと移転したが、バーチャンが油を引いている焼き台は、昔の儘に違いない。

 

説明を差し込むが、六ツ門とは町名だ。

朝と夕の六つ時に開閉される番所の門があった事から、この辺り一帯を総称して、そう呼ばれるようになった。

 

「黒あんで4個頂戴。」

 

「はーい。」 

 

 

 

自宅到着

お使い、ちゃんとしてきたぜ。

ウヒヒ

まだ、温かいぜ。

カリッと焼かれた生地を割ると、ツヤのある餡がとろり。

 

 

 

ハム

 

 

 

甘ーーーーい。

 

 

こんな単純な味がなによりだよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の高良山を行く | トップ | 今年も槽汲みの季節がやって... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歩いたり、走ったり、漕いだり」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。