Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

ネコ様御一同帰宅す。さっそく報復が・・・

2017-07-10 | ペットのこと

一ヶ月に及ぶ旅行中、我が家のネコ様達は、娘のアパートに預けていた。

環境の激変にどうなる事かと心配していたが、案外とすんなり慣れてくれたらしい。

 

娘の部屋には、ロフトから伸びる猫用の渡り廊下と、猫部屋が高い場所に設置されている。

猫たちはこれが、たいそうお気に入りだったらしい。

最初はロフトまでの階段を登るのを躊躇っていたくせに、この渡り廊下の存在を知るや否や、何度も何度も、上り下りをするようになったとの事。

あの部屋を選択したのは、どうやら正解だったらしい。

 

「明日、迎えに行く。」

家内からの連絡に、娘は、

「え、そんなに早く?」

元々この娘が一番猫達を可愛がっていたのだ。

この猫達が、慣れぬ仕事で溜まったストレスを癒してくれる、さらにかけがえのない存在になっていたようだ。

 

そうは言っても、預けっぱなしと言う訳にもいくまい。

家内と二人、娘の部屋に到着すると・・・

揃いも揃ってネコたちは、ベッド下に隠れやがった。

 

オイ!なんで隠れる。

さては、忘れたか、てめえら。

だから出てこいよ、ウメ。

俺だよ、俺。

しばらく放置していると、フクが恐る恐る下に降りてきた。

 

フニャー

 

やっと思い出しやがったな。

んじゃ、帰るぞ。

車中、家内の膝の上でケージ越しに二匹は抱かれて帰った。

しばらく二匹で不安げに鳴いていたが、それも段々と治まってきた。

 

我が家に到着。

不思議なもので、まだ少しぎこちなさがあった私らに対する態度も、家に着いた途端、嘘のように氷解した。

二匹とも、いきなりスリスリしてきたり、餌をねだったり。

漸くネコさん達の思考回路が元に戻ったようだ。

 

と、言う事は・・・

 

 

 

翌朝、

嫌な事があった後のフクの報復も、当然と言えば当然ある訳で・・・

 

 

何故かウメが恐縮しているが、オシッコの犯人はフクである。

 

これでやっと、日常に戻ったようである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州へ。。。スワロー飛ぶ。 | トップ | 今回は、中途半端に終わる投... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ペットのこと」カテゴリの最新記事