Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

魚醤を煮物に入れてみた。

2016-12-10 | 喰らう、飲む

乾物に目がない。

ヒジキや切り干し大根、干し椎茸など全てが大好物である。

 

時折、即席ラーメン以外でも台所に立つ。

煮物だ。

 

ここまで、なんどか私の料理を紹介してきて、大体想像はつくと思うが、

 

オヤジの料理の中でも、

 

 

桁違いに下手である。

 

はっきり言って、読む価値などないと断言する。

こんな、下手くそなヤツの料理の記事など、書くのも愚かであるが、生憎と私のブログだ。

勝手に進めさせてもらう。

 

 

家内の、

 

台所が汚れる!

後片付けが、かえって大変!

元の場所に戻していない!

 あーー、もう!!!!

 

等、

切れ目のないクレームを背中で聞きながし、出汁作りに取りかかる。

2~3時間漬け込み、やんわりと加熱。

 

アゴ独特の香りが堪らない。

椎茸も2~3時間戻す。

 

今回はこれを試してみたかったのだ。

輪島の朝市で強引に売りつけられた「よしる」。

魚醤である。

 

なにしろ馴染みがない。

かけ醤油には合わない気がするし、なかなか使い勝手がわからない。

煮物に合うかどうか試してみる。

薄口醤油と同量を入れてみた。

 

酒や味醂も加えて、あとは煮るだけだ。

 

 

 

 

でけた!

ヒジキの煮物

 

干し椎茸、豆腐他、諸々の煮物

 

いずれも、全く同じ出汁と調味料である。

 

 

んじゃ、

いただきまーす。

 

 

はむはむ 

 

 

いや、普通にうまいよ。

今回は、成功といっていい。

 

 

 

それにしても、

 

魚醤は、煮物のどのあたりにあるのかなあ?

全然感じないけど。

もう少し入れてもよかったみたい。

 

 

 

次回は、ドバドバ入れちゃうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人への幻想が潰えた日。 | トップ | 明星山山頂から、遙か雲仙普... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。