Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

又兵衛の餃子を自宅で食べるのだ。

2017-04-21 | 喰らう、飲む

久留米の名店を自宅で喰らうぜシリーズ。

(そんなシリーズ、いつ出来た!)

 

今回は餃子の又兵衛である。

餃子では名店中の名店だ。

もっとも、又兵衛の餃子は、ずいぶん前から工場で買えるようになっている。

基山に登った帰りに寄ってみた。

その工場は住宅街の中にある。

 

一階は駐車場から即カウンターになっていて、ここで購入する。

 

この又兵衛も店舗は再開発により、『ザ・昭和』という路地裏から、一番街のアーケード街に最近移転した。

前の店を知るものとしては、小ざっぱりとなり過ぎて、どうにも敷居が高く、まだ新しい店には行ってない。

というような事を、カウンターに出てきたオバサンに告げたら、

 

「そう、天井から黒い油が垂れてくるような店の方がよかったとでしょ。よく言われます。」

 

そう!そうなんだよ。

綺麗になったからって、いいってもんじゃないんだよ。

なんて、

ついつい、無礼千万な事を口走ってしまった。

 

 

綺麗では入りづらい、汚い方がいいなど、又兵衛もとんだ苦情を受けるもんである。

全く気の毒である。

冷凍のパックを2パック買った。

 

夫婦二人である。一度の量としては、その半分で十分だ。

「ほれ、焼きあがったぞ。」

 

うひひ。

久しぶりだぜ。

はむ

 

アチチ!

 

 

フーフー

 

 

もぐもぐ、ごっくん。

 

 

 

皮はパリッと、中身はジューシー。

 

 

 

旨し!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 膝のリハビリを兼ねて基山に... | トップ | くじゅう花公園へGO!チュー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。