Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

午前中は高良山。午後から福岡へ代理で行く。

2017-03-06 | ちょいとおでかけ

日曜の昨日はいろいろ忙しい一日であった。

 

午前中は、知人夫婦と私らとで高良山を一緒に登った。

後谷コースから登り、月見山、菖蒲池を巡り、高良山山頂へ。

 

「へー、初めてこっちから登った。よかですね。」

 

そうじゃろ。なかなかやろ。

 

山頂を降り、毘沙門城跡から漱石句碑。

杉城から鳳山そして高良大社で参拝。

 

「うちは受験があるから、念入りにお参りしとこ。」(奥さん)

 

おお!本当やん。お賽銭をはずまなくちゃね。

 

高良茶屋で休憩の後、北面コースで引き返す。

その間、

 

「南北朝時代、ここで懐良親王は征西府を置き・・・」

「漱石は菅虎雄という恩人に会いに、ちょくちょく久留米に・・・」

「神籠石は基肄城や大野城とは年代も目的も違い・・・」

 

ずっと、私の要らぬ解説付きである。

さぞかし迷惑な話だったとは思うが、私は喋りたくて仕方ないのだ。

案内料と思って、辛抱して貰おう。

北面コース、

 

ブヒブヒブヒーーー

と、

姿は下からでは見えないが、斜面の上の方から、動物の鳴き声が聞こえてくるポイントに差し掛かる。

 

ね、あれってイノシシだよね。

 

「えー、そうかなあ?」

 

てな感じで、楽しくワイワイと歩いて行く。

その後、奥ノ院から竹の子コースを歩き、ちょうどお昼頃下山した。

 

 

さて、午後からは大急ぎで福岡に向かわねばならぬ。

下の娘の部屋探しである。

 

娘はこのたび福岡で就職が決まった。

引っ越しシーズンと言う事もあり、いい部屋からどんどんなくなっているらしい。

急いだ方がよさそうだ。

と、この日に訪問予定にしていたら、

 

「お腹が痛くて・・・動けん。」(娘)

 

このバカタレが!

 

仕方ないので、私らが代理で不動産屋に行き、実地検分である。

俺らが見たってなあ。

まあ、しゃーないか。

 

5か所ほどの候補の中から、明らかに諸条件が優れていると思われる2つに絞った。

 

「仮押さえして貰っていいやろか?2~3日中に必ず娘を連れて来るから!」

「そうですか。本当は一つだけにしてもらいたいんですが、仕方ないですね。」

 

ごめん!

 

 

 

 

 

 

 

今日はその娘の卒業式である。

ヤツは復活したのであろうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぐうたらなジンベイザメが似... | トップ | 志賀海神社の価値と玄海灘の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。