Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

早朝の台所で、意識を失う私

2017-04-17 | オヤジつぶやく

早朝、6時前

喉の渇きに目が覚める。

冷蔵庫にあるコーラをグラスに注ぎいれる。

 

グビグビ、ゴクリ

 

この直後、猛烈な胃痛が襲ってきた。

 

ガアアー!

 

確か私はそう叫んだ筈だ。

「筈だ」と言ったのは、私はこの後意識を失っていたからだ。

 

 

しばらくして、ぼんやりと目の前に光を感じてきた。

それでも、自分がどういう状況なのか、皆目理解できない。

何かをしなくちゃいけないと焦っているのだが、その何かが分からない。

そのうち、段々と膝の痛みが激しくなってきて、それと共に意識も戻ってきた。

 

「もしもし。あ、はい。意識がないようで・・・」

 

家内が誰かに電話する声が、私が倒れている台所に聞こえてきた。

ようやく自分が意識を失っていたことを理解した。

 

立ち上がり、居間まで歩いていく。

 

「あ!、、、だ、大丈夫なようで。今起き上がりました。はい、すみません。いえ、大丈夫です。」

 

救急に電話をしていたらしい。

電話を切り、私に駆け寄る家内。

 

「胃が急に痛くなって、その後は覚えとらん。膝をその時打ったみたい。」

 

家内にそう説明する私。

大量の冷や汗が流れる。

 

「心臓じゃなかとね。急にガラガラドシャン!!って音がして行ってみたら、オッチャンが倒れとった。」

 

う~ん。

 

そうこうするうち、胃痛も治まり、冷や汗も出なくなってきた。

病院が開くまで、このまま安静にしておくことにする。

8時半ごろ近くの総合病院に行く。

朝からの一連の状況を説明し、

血液検査、心電図、胸部レントゲン、心臓エコー、頭部CTの検査を行い、しばらくたって再度心電図をとるらしい。

 

「あのー、何が一番具合が悪いって、今は膝でやんすが、レントゲン撮るならついでに膝も・・・」

 

「撮ってもいいですが、私は循環器科ですから診ても解りませんよ。」

 

ごもっとも。

あんまり痛いようなら、整形外科に行ってきます。

 

「そうして下さい。」

 

検査が全て終わり、医師から所見が延べられる。

「心臓の方は除脈の傾向はありますが、これは関係ないと思います。」

 

へえ

 

「コーラを飲んだ後に胃が痛くなったと言いましたよね。多分・・・」

 

その事で、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、急激に血圧が上がって、

 

「失神されたのかもしれません。その後なら冷や汗も出ると思いますよ。」

 

 

要するに、

朝一番の空きっ腹にコーラを一気飲みして、それが原因で胃が激痛を伴い膨らみ、

神経のバランスが崩れ意識を失い、さらに、膝を強打してビッコを引く羽目になった、

 

と言う訳である。

 

 

は、恥ずかしぃーーー。

 

無論投薬もある筈がない。

但しこれだけ検査をしたのだ。

11460円という診察料になった。

トホホ

 

「バーカ!!救急車が来てたらどうするつもりね。コーラがいけませんでしたって言うとね!」

まあ、そういうな。

喉が渇いた。

コーラでも飲もう。

 

グビグビ、ゴクン

 

 

 

ガラガラ、ドッシャーーーーン!!

 

 

 

 

今の音は

 

 

・・・嘘である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久留米つつじマーチ40kmコ... | トップ | 怪我のせいで、予定していた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。