Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

平戸は雨。河内峠~中野教会~紐差教会~宝亀教会~山田教会~ガスパル様

2016-10-08 | スワロー飛ぶ

二日目の朝が開ける。

曇天の空が広がる朝となった。

目の前には平戸城。松浦氏の居城だ。

平戸を出る時に、最後に立ち寄る事にしたのだが…

 

今日の予定はいくつかの教会群と生月の『漁師食堂母々(かか)の手』を訪ねる事だ。

河内峠

 

晴れていれば、ここから、遠く壱岐の島や五島まで視界に収める事が出来るとの事。

残念ながら、低く垂れこめる雲に遮られて見る事はできなかった。

中野教会。

この地区には教会がなく、教会建築はこの地区の人々にとっての悲願であった。

昭和27年に建てられたそうだ。

 

この辺りから豪雨と言っていいような天気になった。

早々に引き上げる。

ところが何故か、この辺りでは明るい空に覆われた。

はっきりしない天気である。

紐差(ヒモサシ)教会。

 

例の教会建築のスペシャリスト、鉄川与助の作。

白亜の教会だ。

 

本日は、午前11時から結婚式が執り行われるのだそうだ。

 

 

宝亀教会

正面はレンガ造りだが、純然たる木造建築だ。

 

 

側面にはベランダがある。

 

珍しい様式ではないだろうか。

 

このあと、キリシタン資料館、隣接するウシワキの森なども訪ねた。

生月大橋。

 

この手前に漁師食堂母々の手はあるが、まだ時間が早いので先を目指す。

山田教会

 

葬儀が行われていた。

さすがに立ち寄るのは憚れる。

すぐ近くにガスパル様と呼ばれる十字架があった。

 

キリシタン最初の殉教の地らしい。

 

 

 

 

車に戻る頃

 

一天、俄かに掻き曇り・・・

 

 

 

ついに、前が見えぬほどの、土砂降りとなった。

 

 

一気に『母々の手』まで行く意欲がなくなった。

 

「昼飯はチャポンでよか。平戸チャンポンは旨からしかぞ。ほら、あそこにあるじゃんか。」

目の前に見えた食堂に駆け込む。

 

あの有名な『母々の手』を諦めてチャンポンにしたのだ。

ここは、一番高いやつにしたい。

 

この(とっても高い)海鮮チャンポン頂戴!

ズズズーーー

 

 

 

残念!!

チョーーーー残念!!!

 

海鮮がすべて冷凍物とは、意表を突かれた。

まだまだ甘いと言わざるを得ない。

 

 

 

 

 

 

いや、大人げなかった。

冷静でありたい。

 

 

 

この雨では、『平戸城』もザビエル記念教会と『寺院と教会の見える風景』も、とてもじゃないけど無理である。

 

次の目的地、彼杵へ予定を早める。

今日のお風呂は、川棚温泉しおさいの湯だ。

 

湯は言う事なしだったが、少年野球の団体が風呂場を占拠。

芋洗い状態である。

汚れが取れる気がしない。

湯船からは早々に引き揚げ、さっさと上がった。

 

 

今日はとことんついていないようだ。

今晩のねぐら、道の駅彼杵の庄

 

ここはRVパーク併設であるが、到着した時は道の駅自体の照明が消えていた。

あらかじめ予約しておくべきだった。

 

通常の車中泊となる。

 

 

 

どっちにしろ、今日の晩餐はスワロー食堂だ。

平戸の物産館で買っておいた、地酒の純米吟醸と刺身などをテーブルに広げる。

もこの物欲しげな顔も写っているようだが、見なかったことにしてもらいたい。

 

グビ

 

 

酒も肴も

 

うまし!

 

今日一番の

 

 

うまし、

 

だっ!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呼子河太郎~名護屋城~田平... | トップ | 天高きハウステンボスから島原へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スワロー飛ぶ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。