Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

続・久留米文化街をとことんさすらう。

2017-04-05 | 喰らう、飲む

シリーズ化の声も聞こえる(どこに!!)久留米文化街ツアー編。

しかも今回は、若い女性二人も加わりパワーアップしたものとなった。

 

若い女性二人とは、実はこのブログに何度も登場している、大分の知人の娘たちの事だ。

彼女たちは姉妹で久留米にアパートを借り、それぞれ上の子は会社勤め、下の子は福岡の大学まで通っている。

春休みで大分に帰省していた下の娘を、親父が久留米まで送ったついでに、自分の娘達を伴っての文化街ツアーの誘いがあったと言う訳である。

 

但し、私達の文化街ツアーとは、勿論むさいオッサンコースしかない。

それでいいのだろうか、と言う心配もあったが、

 

「全然平気」(姉妹)

 

なのだそうだ。

ならば遠慮はしない。最初の店は当然ここなのだ。

暖簾をくぐると、6時少し過ぎと言うのに、カウンターしかない1階は満席。

2階の座敷に案内される。

この娘たちは、こーんなに小さかった頃から・・・って文章で書いても解んないか。

とにかく、

上の子は小学校低学年、下の子なんか赤ん坊と言っていい年頃から、一緒にキャンプをしていた中なのだ。

言ってみれば、親戚のおじさんぐらいの気分は持っている。

そんなガキンチョ達が、私たちと一緒に酒を付き合ってくれるようになった。

まずはお通しがわりに『ビッシュ』

毎度のことながら、

 

絶品!!

 

という他はない。

『ダルム』

 

大腸の事である。この何とも言えない臭さみが癖になるのだ。

但し、ここのダルムは他店と違い馬のモツを使っている。

さらに他店との違いを言うと、下処理を入念に施し、脂っぽさがない。

って、こんなオッサンの好物でいいのかよ。

その心配は杞憂のようだ。

この子なんか、ビッシュをお代わりするほど気に入ってくれたようだ。

ご機嫌なあまり、おしぼりで鶴を折っちゃったよ。

器用なもんだ。

さて、店を変えよう。

次の店は、お姉ちゃんの行きつけの店に行くことになった。

久留米では老舗のバーである。

こんなオシャレなところに行ってんの?

しかも1人で?

へえー

そんじゃ俺はジントニックを。

 

それは?

 

リンゴ酒のなんとかって聞いたような気がするが、すでにへべれけに酔っぱらっている。

思い出せるはずもない。

さらに店が変わる。

 

今度は私の行きつけのスナックである。

 

 

あ!

やだねー。

 

マイクなんか持って歌ってるよ。

しかも、私が居るのはカウンターの中じゃないか。

まったく、お前は・・・

 

 

 

マスターか!!

 

 

それになんだ、ウルトラゾーンって。

 

 

 

 

・・・皆目、思い出せない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜の樹の下には・・・グリー... | トップ | マルタイ棒ラーメンの実力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

喰らう、飲む」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。