Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

春のキャンピングカー大商談会に行ってみた

2017-05-20 | ちょいとおでかけ

キャンピングカーの商談会が久留米百年公園で催されていると言う。

キャンピングカー業界に長年携わってきた私である。

今更見たいキャンピングカーがあるわけではないが、こうも近くでやられては顔を出さない訳にもいくまい。

それに、部下達や、取引先、あるいは同業者達とは会って挨拶ぐらいはしたい。

もしかしたら、かつてのお客さんとも会えるかもしれない。

ちょいと行ってみた。

春の大商談会と言う名の割には、猛烈な暑さである。

 

これがかつて私が在籍していた会社の小間である。

部下達や取引先がすぐに私を見つけてくれて、

 

「あ、社長。ご無沙汰してます。」

「お久しぶりです。痩せられましたねー!」

 

痩せたのではない。絞ったのだ。

それに、社長ではない。

と、言う割には、相変わらず態度はでかいが。

私が代表だった時代、

こんなグータラな私でさえ、大規模展示会の時は、独特の緊張感の中に身を置いていた。

なんてったって、こういう展示会を迎えるまでには、莫大と言っていい経費と準備期間をかけているからだ。

毎回と言っていいほど、「もし売れなかったら・・・」と言う不安にさいなまれていた。

それがあなた、今や気楽なもんだ。

緊張感など1グラムも持たなくて済むのだから。

 

まあ君たち、せいぜい頑張ってくれたまえ。

 

「社長、ちょっと手伝ってよ。」

 

ばか言え。自慢じゃないが、今や俺は素人以下だ。

ミジンコほども、戦力なんかになるもんか。

会場内には不釣り合いとも思える職種の出店も並んでいる。

 

丁度昼時だ。

移動屋台でサンドイッチを買う。

どうもハンバーガーなどもそうだが、食い方が下手である。

最後の方にはあらかたの具がはみ出してしまうのだ。

こういう場合、私がベーコンだのレタスだの、具の大半をポタポタと落とすのを知っているもこは、虎視眈々と待機中である。

ジーンズにはマヨネーズが・・・

もこ、ついでにこれも舐めてくれんか。

 

 

 

事務局のテントに寄って挨拶しようと思ったら、アルバイトの女の子が、

 

「アンケートにお答えください!」

 

ほほう。

シャンプーの試供品をくれると言う。

馴染みの運営会社の社長も、私を見てニタニタ笑っている。

からかい半分に椅子に座ってみた。

アンケートに答え始めると、今更、自分が元関係者で統計を取る対象者ではない事を、言いづらくなってきた。

最後まで答えた。

・・・貰っちゃった。

 

 

 

 

 

業界から退くと言う事は、こう言う事かと実感した。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母親の指を車のドアに挟んで... | トップ | 冷やし中華始めました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょいとおでかけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。