Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

猛烈にヘロヘロの時は、電話をかけないでほしい。

2017-07-29 | オヤジつぶやく

最近、午前中は高良山を走っていることが多い。

山登りに飽き足らず、この猛暑の中、自分でもご苦労なことだと思う。

だが、一旦自分の体に負荷を与える習慣がつくと、少しづつエスカレートするものらしい。

 

今日も今日とて、高良山ふもとから、漱石の碑を越え、兜山まで走って帰ってくるコースを走った。

折り返す辺りでは、はっきり言って、ヘロヘロである。

 

そんな、最高潮にヘロヘロになって走っている最中、

 

 

プルルルー

 

 

友人からである。

ひょっとしたら、急用かもしれぬ。

まともには話せる状態ではないが、取り合えず電話に出なければ。

走りながら、電話に出た。

 

「も、もしもし・・・ハーハー な、何かあったか?」(私)

 

『お前、さっき車ですれ違ったやろ?』(友人)

 

 

・・・・・

 

 

「今、高良山ば走っとるわい。ハーハー。人違いたい、バカタレ!! ゼーゼー。」

 

『ギャハハハ。そりゃ、すまんかったにゃ。そんならにゃ。 ブチ 』

 

 

 

 

・・・・・・・・おのれ 

 

 

この忙しいさなか、勝手に電話してきて、勝手に切りやがった。

 

 

 

くそったれめ。

 

ゼーゼー、ハーハー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魔のサンドイッチ地帯 | トップ | 2017 夏 くじゅう花公園&も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。