Tシャツとサンダルの候

 会社経営から身を引き、テキトーに楽しく過ごすオヤジの日々

居間の隅っこで「ボキャブライダー!!」と叫ぶ女

2017-05-17 | オヤジつぶやく

下の娘が福岡で一人暮らしを始めて以来、我が家は家内と二人っきりとなってしまった。

実は、結婚当初を含めても、二人っきりで暮らした経験は我々にはないのだ。

さぞや、息苦しい事だろうと、心配される向きもあろうが、実はそれほどでもない。

 

何故なら、

ご存知のように、土砂降りでもない限り、私は昼前後まで毎日山に登っているし、

家内は午後から週に一度づつ、水中ウオーキングの教室と、何故か英会話のレッスンに通っている。

他の日も、例えば私は公開講座に行ったり、昨日などは、家内は薔薇の鑑賞会に一人出かけたり。

そういう訳で、なんとなくそれぞれが、バラバラに過ごしている時間が多いのだ。

 

家内が水中歩行に通うのはわかる。

ヤツはヘルニア持ちだ。体幹強化をしたくなるのは理解できる。

問題は、英会話である。

何故、今更そんな物を習おうと思い立ったのか。

ヤツに聞いても、なんだか当を得ないし、そもそも明確な目標がある訳でもなさそうだ。

 

ただ、はた目から見ていても、これが面白いように嵌っているのだ。

居間の隅っこで、英会話教室のテキストを小声で音読している様を見ると、思わず「ククク」と肩を震わせたくなる。

さらに最近は、自分のスマホにNHKオンデマンドアプリをインストールして、英会話レッスンの『ボキャブライダー』を毎日数回、熱心に聴いてたりする。

しかも、番組が始まる時や、ターンが変わる時に流れるテーマ音楽と一緒に、

 

「ボキャブライダー!!」

 

と叫んでいる。

どうしてもそう叫ばないと、ラジオレッスンに入っていけないらしい。

 

 

 

 

 

ヤツが英会話教室ででも、そう叫ばないことを祈るばかりである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久住山~西千里ヶ浜~沓掛山... | トップ | 母親の指を車のドアに挟んで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。