「あつこさろん」 

熊本市中央区にある和裁・着付け・お茶教室。

少人数で、きめ細かい指導をいたします。

3号線沿い世安バス停前。

水屋見舞い

2016年10月12日 16時27分53秒 | 日記

お茶会の時に

お客様で来ていただいた方から



「 お疲れ様 」

「 ご苦労様 」


のお気持ちで

お菓子などをいただくことがあるのですが




先日の秋の茶会でも



お心遣いをいただき

お茶会が終わってから



皆で分けて喜んでいただいたのですが




一つだけ

熊本市の老舗  園田屋 の


 ” 柿球肥  ”は


皆と分けないで

私が持ち帰りました。









ホホホ・・・・・!






お茶のお稽古の時の

お菓子で

お出ししようと

思ったからなんですよ。








熊本出身の

女流俳人  中村汀女が

「 ふるさとの菓子 」で


・・・菓子のこと父を恋ふこと地虫鳴く・・・


という句を添えて


柿球肥のことを

褒めています。







老舗園田屋というと

朝鮮飴でとても有名!




豊臣秀吉の朝鮮出兵の時の

非常食として

持っていかれたとか。



何しろ

創業が天正年間( 400余年前 )。




そんなすごい老舗が

明治36年に

300年来一家相伝の朝鮮飴に

さらに工夫を凝らし



肥後特産の柿の風味を生かし

お茶菓子として

銘菓 ” 柿球肥 ”を創製したんです。





上品で美味。





☆ ホームページはこちらをクリック「 あつこさろん 」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お花のお稽古 菊と南天 | トップ | メリーチョコレートのアサイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。