goo

The Rippers - A Gut Feeling(2017)

イタリアのR&BガレージパンクバンドThe RippersのSlovenly Recordingsからの新作、5枚目のアルバムを聴く。

貫禄の激カッコよさ。

ブルースハープが縦横無尽に走るものの60’sガレージなロウなヴィンテージ感というよりは、クリアでR&B臭の中に滋味や素敵なネオモッズやパワーポップやパンクとして見事一気に聴き入ってしまった。

地に足のついた品位・風格あるダーティロックンロールパンク。#3などの依存性のあるフレーズの反復構造に惹かれる。

1.A Lot of Time
2.Piece of My Heart
3.Pain
4.Shiny and Brown
5.No One Cares
6.It's Gone
7.So Loud
8.I Saw a Man
9.Stop To Drive Me Mad
10.Don't Get Along
11.She Told Me Later
12.Screams

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Los Pepes - L... Needles//Pins... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。