下り坂 山旅倶楽部

山旅 里旅 街旅 そして自分旅

常滑の昼食は菜飯田楽

2017年05月19日 | 旅行
競艇場を後にして昼食場所の盛田味の館へ向かいます
古くからある造り酒屋なのですが、味噌、醤油も作っていたようです。



そしてSONY創業者の、あの盛田さんの実家なんですね。
今は隣接の近代化された工場が稼働し、古い蔵を観光食堂にしている。



製品の試飲もでき、愛すべき酒好きの友人が美味しそうに飲み比べてました。

さてランチは菜飯田楽定食



「なめしでんがく」という言葉の響きが美味しそうです

このメニューは東海地方の八丁味噌文化圏なら定番で、何処で食べてもその土地の味があり美味しいと思う。
友人は大吟醸を飲むのかと思いきや、八丁味噌ビールを。

下戸の私から見れば、酒を楽しむことのできる友人は特別な文化を持っているように見えました。
正直、羨ましいので、この友人から酒にまつわる文化を吸収しようと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅の始まりは「オケラ街道」 | トップ | 酒が飲めない辛さ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。