多可町の山と自然

ふるさと多可町(兵庫県)の自然や登山情報をお届けします。千ヶ峰、笠形山、妙見山、大井戸山、竜ヶ岳、三国岳など

宮~桑名 東海道五十三次ウォーク(19日目)

2017年05月13日 | 東海道五十三次
5月5日今回の旅の最終日。まだ朝早いので静寂な名古屋駅、ツインタワーは大きすぎて写真に収まらない。
近鉄で富吉駅まで戻ります。
 

8:15富吉駅出発。少し歩くと弥富市に入りました。
 

弥富には金魚のお店が何軒かありました。金魚や鯉の養殖場が所々にあります。
 

木曽川を渡ります。尾張大橋の中程に愛知県と三重県の県境がありました。三重県桑名市に入ります。
   

長島付近で休憩がてら公園に立ち寄りました、水郷そばの道は涼しい。藤やボタンの花が満開でした。
   

伊勢大橋で長良川・揖斐川と渡ります。新しい橋桁が建設中でした。狭いですがちゃんと歩道があり安心して歩けます。
   

揖斐川を渡ると国道一号とはお別れ、揖斐川沿いを下るとほどなく七里の渡公園で、そばに住吉神社があります。
 

七里の渡し跡には櫓や伊勢一の鳥居などがある。宮から七里、昔の海上交通を国道一号で歩ききった、やったー。
   

12:00昼食は泉鏡花の小説「歌行燈」に登場する老舗うどんやさん、歌行燈へ。人が多く少し待ちましたが、
蛤うどん御前(1,680円)は絶品でした。蛤だしのうどんが最高においしい。
 

桑名城跡の石垣は今も残っている。現在も船の停留場として利用されています。
 

桑名城跡近くの公園にはプチ東海道が再現されていまいした。通ってきた富士山も、これから目指す三条大橋も
ありました。こんな近かったらいいのに~、楽しいコンセプトの公園です。
 

昔ながらの風情が残るおもちゃやさん「いもや本店」を過ぎる。このあたりはお寺や神社が多い。天武天皇を祀って
いる天武天皇社。復元された火の見櫓もあります。おおー怖そうー。
   

桑名の町中を抜けると伊勢神宮常夜燈があり、すぐそばに明治の里程標も立っている。
 

員弁川を渡る。このあたりは立場で舟着場として賑わい、安永餅が名物だったが、今は残念ながらありません。
 

四日市らしきコンビナートが見えてきた。久しぶりの一里塚跡は縄生一里塚跡。日本橋から九十七里目。小向村は
焼き蛤が名物で西からの旅人はここで賞味し、桑名ですすめられたら「そのてはくわなの焼蛤」なんだとか。蛤は何
度食べてもおいしいですけどね~。
 

浄泉坊は桑名藩の菩提寺で、山門に三ツ葉葵の紋があり、参勤交代の時大名は駕籠から降りて一礼して通ったところ。
 

気温が上がり苦しい。朝明川からは鈴鹿山脈の峰々が見渡せた。ずっと平野歩きだったので、山が見えると懐かしい。
コンビニで休憩したりしながらやっと富田一里塚跡にに到着。日本橋からは九十八里目。
 

16:00近鉄富田駅到着。今回は国道一号から桑名~四日市近くまで約22㎞。午後は気温が上がり、苦しかった。
帰りは四日市市内にある玉の湯で汗を流して帰りました。渋滞もそんなに長くなくて良かったけど、帰ってきて熱が
出て翌日からひっくりかえり、迷惑をかけることに…。東海道中ほんとに色々あります、でも京都が近づいてきたー。
 
『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知立~鳴海~宮 東海道五十... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。