NPO法人美濃の森造隊だより

人と森林との最適な関係を探るため、岐阜県恵那市を中心に人工林間伐をしながら森造りを行なうグループの活動報告です。

ムササビのねぐら (3月20日)

2017年03月21日 | 森林
ムササビは巣箱の戻っていました。

前回3月11日の活動で掛木が巣箱に当って眠っていたムササビを追い出してしまいました。
その後巣箱の様子を望遠鏡で確認したところ、巣箱を縛り付けていた下側のシュロ縄が切れている事が判りました。
上側のシュロ縄も痛んでいる可能性があったので、早く巣箱を修理しなくてはなりません。
しかし巣箱に近づけば、戻っているかもしれないムササビを再び驚かせてしまいます。
しかし、このままでは巣箱が落ちてしまう可能性があります。
迷った挙句修理することにしました。

そして巣箱に近づくと、やっぱり再びムササビが飛び出しました。
何が起こったんだと慌てるムササビの気落ちがその後ろ姿にはっきり表れていて、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
しかしやっぱり戻っていたんだと安堵する気持ちも浮かんできました。

ムササビのねぐらはこうなっていました。
スギの皮を細かく裂いて寝床にしています。
寝姿の形にスギ皮が窪んでいるのが判ります。
(上蓋を開けて上から撮影)


巣箱はしっかり固定し直しましたので、もうムササビを驚かすことは無いでしょう。
安心して暮らして下さい。
これからは鳥用だけではなく、動物の為にも今より少し大きめの巣箱をあちこちに掛けておくことにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムササビ現る (3月11日)

2017年03月12日 | 森林
森にはまだ冷たい北風が吹き込ん来ますが、光はすっかり春の気配です。
光が強くなってくるにつれ、森の東側の葉を落とした広葉樹の部分と西側の人工林部分の明るさの差が気になって来ました。
そこで、久しぶりにキャンプサイト周りのスギとヒノキをそれぞれ1本ずつ間伐することにしました。


ところがヒノキが運悪く巣箱を掛けたクルミの木に掛木になり、先端部分が巣箱に当って少し押し出す形になりました。
この巣箱は2015年6月に掛けて以来、しばしば鳥の営巣が無いか確認していましたが、鳥の出入りは目撃出来ていませんでした。

2015年6月、木に登って巣箱をかけている様子


掛木を処理した後の現在の巣箱の様子
丸で囲った部分


巣箱が落ちはしないか心配で見上げると、何かが巣箱から顔を出しています。
見間違いかなと目を凝らしていると、なんとそこからムササビが飛び出しました。
皮膜を広げて滑空し、スギの木に飛び移って梢をかけ登り、瞬く間に枝の間に消えて行きました。
驚きました、巣箱はムササビのねぐらだったのです。
無駄になったかなと思っていた巣箱は、鳥には使われなかったもののムササビの役には立っていました。
でも、飛び出したムササビは再び巣箱をねぐらとして使ってくれるでしょうか。
日中上って覗いてみるのはまたムササビを怯えさせてしまうでしょうから出来ません。
いつか夜にムササビが食事に出てくるのを辛抱強く下から観察し、戻っているのか確認したいと思います。

キャンプサイトのテラス用階段も作り始めました。


今日は、計らずもムササビに出会えた記念すべき一日となりました。
また森の仲間が増えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の日差し (2月25日)

2017年03月01日 | 間伐
寒さも峠を越え森から雪が消えました。
ここしばらく集中的に間伐作業を進めている森もそろそろ作業の終盤です。
すっかり明るくなった林内には春の日差しが差し込んで来ています。


森が明るくなるのと春を迎えるタイミングが重なりました。
何となく良い気分です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪、活動中止 (2月11日)

2017年02月11日 | 間伐
2月11日は朝から南岸低気圧の湿気ではなく、寒気の勢いで雪が降っています。
本日の活動は中止せざるをえないようですが、一応様子を見に森へ行って来ました。
県道66号線の路面は降った雪が溶け、フロントガラスの雪もたちまち水滴に変わっていました。


林道に入るとさすがに積雪はそのままです。
右側へ進むと森に入ります。
通行止めの標識は、台風16号が襲来した昨年9月20日から掲げられています。


森は静かでした。


杉の木の根元には雪がこびりついています。
左(北側)から雪が吹き付けられたようです。


少し前の兎の足跡を雪が覆っていました。


川から引いたパイプから吐出する水の勢いは止まりそうな程細まっていました。


ツリーテラスもひっそり佇んでいます。


ニュースでは、山陰地方は例年の10倍の雪に悩まされているそうです。
でも、春はもう直ぐです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄り道 (1月21日)

2017年01月25日 | 間伐
例年より少し厳しい寒さが続いて森は凍り付いています。
14日朝の森は枝や葉に夜降った雪をまとい迎えてくれました。
雪の上には動物や小鳥の足跡が残っています。
でも、なんだかいつもより少ないような気がします。


21日は朝から前回に引き続いて山主さん宅前の森で間伐予定でした。
しかし、近くに引っ越してくる仲間の改修中の民家で切り倒したヒノキを使ったテーブル作りをしている隊員がヒノキの運搬を提案し、急きょ予定を変更し民家に向かうことになりました。
今なら野井森づくりの会の所有している林内作業車が使える事も理由です。
我々が倒したヒノキの片付けを野井森造づくりの会が引き受けてくれて、林内作業車を持って来てくれていたからです。
間伐をして一番苦労するのが倒した木の運搬です。
運搬には色々な方法を試していますが、今のところ小型の林内作業車が一番役立ちます。

斜面下でヒノキを積み込み運び出しました。


斜面上の改築中の民家の庭に運び込みました。


これでテーブル作りが一挙に進みます。

午後は前回に引き続き山主さん宅前の森で間伐作業です。


ひたすら木を倒して行きました。


少しずつ森に明かりが差し空気が巡るようになって来ています。
しかしまだまだ森が元気を取り戻すのは先の事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事始めはやはり間伐 (1月7日)

2017年01月14日 | 間伐
今年最初の活動日は間伐作業で始まりました。
久しぶりの本格的な作業に体力的な不安が少しありましたが、始めると直ぐに没頭していました。
汗を流し体を動かしていると血液が全身に流れ筋肉が力強く働いている実感が湧いて来て、苦労しながら立木を倒す作業にいつの間にか満足感を感じています。
暗かった森が明るくなり見通しも効いて来て、見る見る森の姿が変わって行きます。
まるで森が気持ち良さそうに伸びをしているようです。
この自分の体に血が巡る感覚と森を生き物のように感じる感覚が我々の活動を持続させた力なんだと改めて思います。
我々の活動は、今年で10年目を迎えます。

受け口の確認


追い口


へリングレバーで倒す


フェリングレバーで倒すが掛木に


お昼に小屋に戻り焚火で食事


作業終了後、餅を焼いてお汁粉
この後特製チャイも振舞われました。


夏に沢山遊んだブランコも修理を終え再設置。
春になるのを待ちます。


充実した一日になりました。
やはり間伐作業は人と森を元気にしてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事納め (12月24日)

2016年12月29日 | 間伐
美濃の森造隊としては今年最後の活動日です。
朝、恵那の街を覆っていた霧が森まで登って来ると切れ、気持ちの良い青空が広がりました。
この辺りでは11月が霧の季節ですから、やはり今年は今のところ少し暖冬のようです。


参加者が全員集まるまで森の南側で少し間伐をしました。
森に光を入れるためにはもったいなくても大きくて立派な木を倒すしかありません。
しかし、立派に育った杉の木ですから切り倒した後は上手く利用したいと思います。


今日の活動日の目玉は近くでとれた猪肉のバーベキューです。
味噌ベースのニンニクとショウガをたっぷりと利かせたタレに漬け込んで焼きました。
焚火の熾火で焼くと肉の臭みは無く、歯応え充分の美味しい肉になりました。
野生のエネルギーに満ちた森の恵みです。


向こうの見える調理用に置いたテーブルは、この森のヒノキの間伐材から作りました。
部屋で使うつもりで作りましたが、これから森でも重宝しそうです。
森からは人が生きるのに必要な物が一杯手に入れられます。

食事が終わったらホウノキでスプーンを作りました。これもまた森の恵みです。
ナイフで大まかな形を整え、後はひたすら紙やすりで削ります。
少しずつ曲線と滑らかさが表れ、単なる木片が道具に変身しました。
単純な作業なのでかえって無心になれる時間でした。


帰りに森の片隅で猪の掘り返した跡を見つけました。
大きな石ごと思い切り掘り返していました。
ここ数日の出来事のようです。
人間に仲間が食われた怒りもあったのかもしれません。


さて、今年も無事活動が終わりました。
活動に参加した皆さんの努力、山の神に感謝を捧げたいと思います。
来年は更に充実した楽しい活動を目指して邁進したいと思います。
ご協力の程よろしくお願い致します。
それでは皆さん、良いお年をお迎えください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美濃加茂支障木伐採 (12月17日)

2016年12月20日 | 間伐
隊員の親戚の敷地にあるクヌギを伐採しました。
幹が道路側に傾き強風や大雪で倒れる可能性が出て来た事、枝が電線に触れそうになったためです。
ここでは2015年1月に一度スギを伐採しています。

今回クヌギの伐採は樹上に登っての高所作業になりました。
スローラインを使って枝にロープを掛け登り、道路側の枝を出来るだけ払い、最後にロープで牽引しながら幹を倒しました。
しかし、スローウエイトを狙った所に投げられなかったり、樹上での体の安定に苦労したり、払いたい枝の全てを払いきれなかったりと思い通りの作業とならず、苦労しながらの作業になりました。

それでも何とか無事作業を終える事が出来ました。
最後に今回伐採した中で一番大きなクヌギの切株を真ん中に、記念撮影をしました。


支障となりそうなクヌギが無くなりすっきりした現場です。
残っているクヌギは当分問題にはならないでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支障木 (11月10日)

2016年12月11日 | 間伐
季節は確実に進み、しばらくブログの更新をしないうちに本格的な冬の季節を迎えました。
今日は民家改修現場の2回目の支障木伐採です。
朝の空気は固く冷え込み、作業準備の身拵え中に手足が凍えました。
今回は急斜面のヒノキと平地で中央アルプスの展望を遮っているヒノキの伐採です。

急斜面の作業を下から見上げています。
真ん中に作業中の姿が微かに見えています。
ヒノキは枯れ枝が絡んで簡単には倒れそうになく、プラロックで引き倒すことにしました。


少し下側で引き続き作業をしています。
急斜面で下側から追口を切っていますが、チェンソーを持ち上げなくてはならないので腕の力が必要です。
おまけに近くを配電線が通っていて、倒す方向が制限されます。


平地での間伐作業を急斜面から見下ろして撮っています。




夕方やっと一区切り付きました。


肉眼では写真真ん中の向こうに雪を被った中央アルプスの主峰が全てくっきり見えています。
これからこの場所が中央アルプスの絶景ポイントになるでしょう。


あと1回左手のヒノキ林の伐採と右側の竹藪の伐採をします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見晴らし (11月5日)

2016年11月09日 | 間伐
森の近くで仲間の一人が古民家を再生して簡単な食事が出来るお店にしようとしています。
その家の周りの木を伐倒することになりました。
家の東側を塞いでいる杉やヒノキや竹藪を間伐し、遠く中央アルプスの絶景を望めるようにするためです。

伐倒前はこんな感じでした。
写真左手がヒノキ、真ん中がスギ、右手が竹藪です。
木々や竹は、東側と北側へ下ったかなりの急斜面に生えています。
まず最初に写真真ん中の杉の木を伐採することにしました。


木の周りのアオキを刈払い、作業スペースを確保します。
写真手前に倒すためプラロックで引っ張ることにしました。


伐倒です。
足場が悪いので作業は慎重に。


上手く狙った所に倒せました。
木と一緒に崖下に落ちないよう、枝払いも慎重に。
急斜面での作業は緊張が続き筋力も必要とするため、かなり体力を消耗します。


夕方やっと目標の半分程まで伐採が終わりました。
後一日か二日で完了しそうです。


遠くの山並みが少し見えるようになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バックナンバー

メッセージ

ブックマーク

ぎふサポセン
我々の活動を取材してもらいました。

カレンダー

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー

最新トラックバック

  • RSS1.0 RSS2.0