快風走

走っているとき、ほおにあたる風の心地よさはランニングの最高の楽しみです。「何を求める風の中ゆく」(山頭火)。

萩往還・カウントダウン9~刺激入れ~

2017-04-23 20:48:06 | 萩往還250㎞&70...
萩往還(250㎞+70㎞)まであと9日。

ウルトラの調整方法っていうのは、どうやっているのか、人それぞれでよく分からない。
私も初心者みたいなもの。何が正解なのかは皆目わからない。

トレーニングとしては、2~4月にかけて、フルのほか、ロング走やマラニックでそこそこの距離走はした。
あと9日の現段階は、いうまでもなく調整期。

では、フルマラソンの調整方法は?

フルマラソンの理論からすると、テーパリングの主要素は疲労抜きと刺激入れがある。
そこで、ウルトラでも同じようなものかもしれないと、同様のテーパリング方法を試してみることにしました。

疲労抜きについては、いかんせん、毎日が休日ってわけじゃない。だから、できることは睡眠時間を確保するぐらいしか手立てがない。

刺激入れについては、そもそもフルでも効果があるのか、私にはわからない。
でも、とりあえず、教科書どおりに実践。

フルだと刺激入れはだいたい1~2㎞らしい。
だとすろと、320㎞だと、40分の1として、8㎞ぐらい。
というわけで、「ウルトラマラソンの刺激入れ」として、9日前のこの日に西大寺マラソン(10㎞)にエントリーしてました。

でも、前日から風邪気味なので全力走はそもそも無理。
そこそこ余裕のある4’00/kmが設定ペース。

でも、レースなのでやっぱりちょっとはペースが速くなりました。

3’44 53 46 58 59 49 53 59 55 51 (38’55)

5㎞あたりからきつかった。
2015年のタイム(38’04)よりも50秒も遅い。

ただ、終わった後の脚の調子はとっても感触がいい。
人によっては、脚が重い方がいいって言う人もいるらしいから、このあたりは個々人の判断によるしかないかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 萩往還・カウントダウン10~... | トップ | カウントダウン7〜風邪ひいた〜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

萩往還250㎞&70...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL