快風走

走っているとき、ほおにあたる風の心地よさはランニングの最高の楽しみです。「何を求める風の中ゆく」(山頭火)。

宍道湖・中海1周ラン

2017-07-11 14:23:52 | 村岡「勇者の道120k」
8~9日の2日間は島根遠征。
初日の8日は宍道湖1周。松江市内に1泊して翌9日は中海1周というトレーニングプランだった。

ロング走の2日連続は村岡勇者の道120㎞の対策。1日目で重くなった脚で2日目をしっかり走るのがウルトラの脚を作るのにいいらしい。

企画してくれたのは村岡3連覇(2013~15)のYさん。島根、鳥取、兵庫からも知人のランナーが参加した。
Yさんも勇者の道を走る。
目標はサブ10だそうだ。
120㎞をサブ10だと、平均ペースは5’00/km以下でなければならない。

Yさんの2015年の記録は7:52:27。
優勝記録。平均ペースは4’43/kmだった。
120㎞は100㎞のコースをゴールしてから90㎞地点まで折り返す。一二峠を往復する20㎞のコースだが、6’00/kmで走ればいいので、Yさんにとってはサブ10は極めて現実的な目標といえる。

一方、私の目標はサブ11。
平均ペースは5’30/km以下じゃないといけない。
私の2015年の記録が8:59:27(5’23/km)。
このときはゴールしても脚に多少の余裕があったが、そのときよりは走力は総合的には落ちている。一二峠の20㎞を6’00/kmで走れるかどうかは微妙かもしれない。
これからのトレーニング次第ってとこだろう。

1日目の宍道湖は時計回りに約50㎞。蒸し暑く、最高気温も31度までになった。
2日目の中海は反時計回り。動画で有名なべた踏み坂をルートにしたのでショートカットの約60㎞。1日目とな打って変わって前半は豪雨、後半は小雨の走るにはいいコンディションだった。

両日で110㎞。
ずっとYさんと走って、いろいろと話もでき、有意義なトレーニングになった。
勇者の道の本番では、Yさんがサブ10で優勝(こちらはほぼ確実)、私がサブ11で6位以内入賞(まだ幻)ってことが現実になるよう走力を高めていきたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姫ボタル・瀞川平トレイルラン | トップ | 勇者の道サブ11の可能性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL