写真を中心に

毎日1枚の写真と1本の記事を掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

業者は知ってた?

2008-09-11 | ニュース 社会

大阪、京都、和歌山 給食業者に汚染米流通か 中国産もち米(産経新聞) - goo ニュース

 米の流通段階は良く知らないが、これだけの業者が間に入っているということは、事故米=安い米として毎年のように出回っていたという事が想像される。その一番最初の業者が三笠フーズで最終が福祉施設などの安いものを仕入れないと維持していけない弱者だということだろう。5年間で96回も調査に入りながら不正を発見できなかった農水省は住友商事に紹介するなど、この三笠フーズを頼りにしていたふしがある。おそらくは毎年でる事故米を引き取ってくれる有難い会社としてうすうすは気がつきながらばれる事は無いと高をくくっていたのだろう。吉兆の事件などで学習したのか、当の社長が「はい、わたしが指示を出しました」とのあまりにもあっけらかんとした態度にも「お役所も知っていることですよ」と言っているようなニュアンスを感じるのは私だけだろうか。ミニマム・アクセスで輸入した米が長い船旅でカビが生えてしまったら、それは輸入国の責任なのか、また中国産の米に日本で禁止されている農薬が検出されたら、それも輸入国の責任なのか。どういう事に為っているのだろうか、農水省の役人が頼りないだけではないのか。メディアでも言及していないのが不思議だ。

今日の一枚も、京都・伏見です。

にほんブログ村 写真ブログへ 
にほんブログ村 その他日記ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厄介払いをするな | トップ | ペットショップで買うよりは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
事故米 (パソコン/ゲーム/デジカメ/オーディオ/携帯/カーナビ/テレビ/ビデオカメラ/買取専門店★スターファクトリー★スタッフエコ・ブログ)
三笠フーズから始まった一連の騒動が凄い事になっていますね アフラトキシン と言う物質の恐ろしさはここに書かれていますが、こんなものを10年間も知らずに食べさせられてたのかと思うとゾッとします 私は今でこそ東京住まいですが、以前数年ほど東海地方に住んで...