写真を中心に

毎日1枚の写真と1本の記事を掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

流されない

2010-05-29 | ニュース 社会

変わる葬儀 費用透明化掲げ流通大手参入(産経新聞) - goo ニュース

記事の主体は、イオンが葬儀サービス事業に乗り出すというものだが、私は島田裕巳氏の考え方に近いので紹介してみます。

●香典は霊前に供えるもので、「香典返しはごく最近できた習俗で、業者がもうかるだけの非合理な方向に向かっている」と指摘。「墓や葬式、戒名が要るのか考えてみると、何となく要るものだとされてきた。よく考えると、なくてもいいかなと、みんなが思い始めている。墓を作らなくてよいならすごく楽になる」と話す。戒名についても「日本にしかない、寺を維持するためにできたシステム。寺と檀家関係がなければ戒名料を支払う必要はない」と言い切る。

産経新聞より記事の一部を引用した。記事によると葬式費用の全国平均は231万円らしいが、もちろんこれにはお墓の費用は入っていない。話として葬式は死んだ者のためではなく、残された人間のために行うのだというのを聞いた事があるが、よく分からないままに「習慣と呼ばれるもの」に流されてしまっているというのが、現状ではないのか。仏教徒でもない人間に何故戒名が必要なのか、山や里山を切り裂いて団地みたいなお墓を造っていくことは自然に対する冒涜ではないか。一人一人が考えて行動することが、くだらない風習から逃れる唯一の道ではないか。自分が思っているように世間は自分たちのことに関心を持っていないものである。葬式は「直葬」で済ませても恥ずかしいという時代ではなくなっている。「流される」生き方は止めようではないか。

今日の一枚も、「川辺の風景」です。

にほんブログ村 写真ブログへでは「デジタル一眼レフカメラ」欄に
にほんブログ村 その他日記ブログへでは「ひとりごと」欄に掲載されています
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弱さに付け込む輩 | トップ | 忖度(そんたく)? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。