MINOKICHI JP   Tokyo Japan

毛玉生活満喫中?
濃すぎるポーリッシュ・ローランド・シープドッグのお話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

師走だわさ

2015-12-28 16:24:47 | 日記
あっという間の3か月だった。



7月22日に立ち退き要請を受けて9月30日に閉店。10月1日にすぐ近くで開店。実に目まぐるしい日々だった。
ハッと気づけば時は既に師走。あまりにも暖かい師走に一年の締めくくり感は感じられない。

「何でこんなにホテルの問い合わせが多いんだ?」
「それは年末だからですっ。」

ゴールデンウィークのホテルが少ないって嘆いていたのに、もう年末ホテルの時期を迎えるなんて、人生短し恋せよ乙女って。。。ほんとなんだねえ。

そんな乙女が我が家の近くで殺害されたのがこの夏だった。
すぐに犯人は捕まると思っていたら、みるみるうちに川島商店街、更には中野新橋にまで刑事がいっぱい。飲み屋街では「あいつが怪しい、こいつも怪しい」と、噂話が飛び交っていた。



「沖縄弁の男だってよ。」
「ありゃー、そりゃ○○(沖縄料理店)のマスターじゃねえの?女好きだもの。」
「でもま、一番怪しいのは付き合ってた男と階下に住んでる男だろ?」

確かに顔出しインタビューで亡くなった女性の部屋の状況(音)を克明に話してしいた彼は怪しいと評判だった。有名人になってしまい、友人と電車に乗っても、「今さっき地下鉄に入って行ったけど、男があれの後を付けていたぞ。きっと尾行だな。」等と噂されてしまう。白と判定された後、彼はひっそりとこの街を去るしかなかったようだ。
で、私たちは決して顔出し取材をOKしてはいけないって事を学んだわけである。

この記事をはてなブックマークに追加

新生DINGOのはじまりはじまり〜。

2015-10-01 19:59:35 | 日記
本日10月1日、DINGO/WONWON新規オープン!!

昨日午後二時に弥生町の店舗を閉鎖し、本町の店舗に移動。午後四時より本郷氷川神社宮司様に新店舗のお祓いを行っていただいた。関係者各位の中、旧店舗と新店舗それぞれの大家さんがいたりするのが面白い。
「15年もの長いお付き合いなんですもの〜。せっかくだから私もお清めしていただきたくってさ。ありがたいわ〜。」
旧大家列席理由がとっても下町っぽくて、素敵でしょ。

本当は整頓された中でお清めを行いたかったのだ。それなのに・・・片付け終わらず、そこかしこに漫画本やらトイレットペーパーが散乱する床を掻き分け、宮司様は前進。
「どちらで行いましょうか・・・?」
「はっ、どうぞ、こちらでございます。」
カウンターに山積みされている荷物を床に落として神様の場所を確保するなんて申し訳ないが、これまた仕方がないね。



恭しくお酒・お米・塩をお供えして、大麻(おおぬさ)は振るわれた。
かしこみー、かしこみー。
長いことまともに睡眠を取っていなかったせいもあり、宮司の祝詞を聞いているうちに失神寸前になってしまったよ。あのまま深い眠りに引き込まれていたら・・・戻って来れなかっただろう。ああ、怖い。



終了後はひたすら整理整頓、セールの準備だ。旧店舗は道路に沿って煉瓦の段があったが、新店舗は前に車2台分のパティオがある。
商品を並べてスタッフどんぐりとエスニックが仕分けをする横には・・・牛。新店舗に着任して早2週間のガンジー牛、ラムジーちゃんだ。何で犬屋に牛なのかは別にして、問題なのは羊でない牛の名前がラムジーってこと。ジェシカがいいんじゃないかという私の意見をどんぐりが無視した結果の命名である。
では何故ジェシカと名付けたかったのか?それはね、クロエとジェシカ・・・そんなコンビにしたかったの。



クロエとラムジー、新生DINGOと共によろしくお願い致します。
新規オープンセールは10/1-4まで。皆さんのご来店をお待ちしております。





この記事をはてなブックマークに追加

引っ越し開始

2015-09-24 21:53:53 | 日記
ふううっ。
お引越しまで一週間を切ってしまった。工事は滞りなく進んでいるのだが、色々な調整もあって、引き渡しはギリギリになる。今の店は下手に広い為に荷物も沢山あって、1日の引っ越しで済むような感じでは無い。焦りまくる私を見て不憫に思ったかどうかはわからないが、デザイナー・よっちゃん、2階から仕上げて倉庫分の荷物を早めに運び込めるようにしてくれた。



ということで16日(水曜日)に1回目のお引越し完了。倉庫荷物と大型犬用洋服を移動させたわけだが・・・大変だったよ。
弥生町の店を通常営業しながらの新店舗作りだから、慢性な人手不足。はっと気づいたら、この一連の引っ越しを私だけでやっていた・・・疲れるはずだ。



もちろん大きな荷物を運び出す体力は無いので、長年イベントでお世話になっている赤帽さんが2台で駆けつけてくれた。一般的な赤帽さんと違い、幌は2メートルでかなりの量が入る。ところが問題は2階から下ろして、また2階に上げる作業だった。洋服は重いし急階段は危ないしで体力の消耗が激しいわけだ。特に私は今年になってから筋力低下が進んで、大した重さも持てずちょっとした足手まといになっている。

しかし歳月の流れは残酷だ。赤帽さんの1人は3年前に心臓手術をして、階段だとあまり足が上がらなくなってきたそうだ。もう一人は午前3〜4時の食材運搬の仕事などもやっているから、午後になるとスタミナが持続しない。
「俺たち二人とも70近いからな・・・」
赤帽さん達の平均年齢はどんどん上がってるからね。汗ダラダラ、足ガクガク、心臓バクバク。そんな状態のおじさん二人と病気の私。とーってもシュールなお引越しは行ったり来たりで特大赤帽車5台分となった。



次の運び出しは26日。新店舗1階に置く物のお引越しだ。残りは30日の明け渡し日に自分たちで運ぶ予定だ。
毎日怒涛のように過ぎていくからあっという間に新規オープンを迎えることになるだろう。なんだか。。。店作りが楽しいとか充実しているとかの実感は全く無くて、とにかく必死。子供は若いうちに産んで育てる方が楽だと言う人がいるのもわかるような気がする。店作りも然り。体力がないと気力も続かないし、毎日記憶が飛んで何をやっているのか、何をしたかったのかもわからなくなる。
朝から晩までひたすらどこかにやってしまった物を探している歳になっちゃった・・・ってこと。号泣だ。



この記事をはてなブックマークに追加

誰も知らないDINGO in KOMAZAWA

2015-09-17 20:40:07 | 日記
いやー、駒沢公園びっくり。考えてみたら12年ぶりに行ったよ。
ポンポコ親子を連れて参加したオフ会以来だったのだが、思いのほか近かった。どのイベント出店でも荷物の運搬には辟易するが、30分もしないで現地到着。毎回こうであれば楽かもしれない。



だけど何が問題って、小型犬が多いのだ。それを見越して小型犬用の商品を持って行ったのに・・・それでも大きすぎたみたいね。
まずプードルの多さに仰天。あっちもこっちもプードルばかりで、プードルアタリとはこういうものかと。当分プードルちゃんは見なくていいな。
次に多いのがチワワ・マルチーズ・ダックス等の組み合わせミックスとほんまものダックス。今の人気犬種を反映している。曇りで過ごしやすかった2日目はラブラドゥードゥルのオンパレードだったりして、これももう珍しくも何ともない犬種になってしまったようだ。



DINGOの看板を出していない気軽さからただのお客さんになってしまっていて、仕事モード一切なし。あっちウロウロこっちウロウロで買い食いして、お腹がいっぱいになってしまったよ。
その中での収穫はチュサピークをナデナデできたことだった。
「!」と思って、声にも出さず唇だけ『チュサピークか?』と動かしただけなのに、飼い主さん「そ。どーぞどーぞ、そーよ、お触りになって。」と、ぐいぐいやって来てくれたではないの。ごっついラブの長毛で、毛があっちゃこっちゃに流れていて、色はスチールブラウン。そんな感じの種類だから一見変わったラブですねと言ってしまう人もいるだろう。

そう言えば以前カーリーコーテッドを飼っていた人が言っていたっけ。
「随分とごっついラブですねって。毛も巻いているしミックスですかって聞かれていちいちカーリーだって答えても、何ですって?って何度も聞き返されてさ・・・面倒なのよ。」

気持ちはわかるよ。連れていた犬種名を問われてポーリッシュローランドシープドッグですと伝えたのに、長すぎて覚えられないと逆切れしたおじさんがいたもの。で、短ければいいのかと思って「ポンです」って答えたら、犬の名前じゃなく犬種を教えてくれと言われて、「犬種ですってば」と最初から説明しなくちゃならないって・・・確かに面倒。
どーせ言ったところでわかんないだろうから、「ポルスキーオフチャレクニジンニです」と言い放つようにしたんだった。耳に入りやすい英語に比べ、東欧・中欧の言語は耳がシャットアウトしちゃうからね。固まって動かないおじさんをその場に残してすたこらサッサ―よ。



そんなこんなで閉店間近に現れたご婦人とスタンプらしき犬。
「ポーチュギースちゃんだ!」
「ああ、そうです。良くわかりましたね。さっきから聞かれまくっていて、面倒だからミックスって言ってたんです。」
よーくわかりますよ、その気持ち。
で、私自身何時間も見ていて、どうしても確認したい犬がいたから聞いてみたの。大きさはちょっと小さいのだけど形といいバランスといいマリノワというか・・・タービュレン系?だけど如何せん小さい。

「あのー、これはマリノア?」
「いえいえ、全く何が何だかわからないスーパーミックスなんです。」

うーん。。。新しいっ!



この記事をはてなブックマークに追加

DINGO NEW WORLD への胎動

2015-09-07 00:03:57 | 日記


そんなこんなで迎えた9/1。新店舗の大家さんにご挨拶して、こんな開店のご挨拶を入り口に貼ってみた。




弥生町の店も住宅地と言えば住宅地だが、ここはもっと住宅地。駅からすぐの場所なのに夜はとっても静かだ。日中は隣接する中学校の学生の声が響き渡る場所ではあるが、夏休み中の今は静まり返っている。こんな時期にホテル犬の鳴き声が問題になったら困るので、防音には気を遣わなければならない。糞尿の始末も今以上に神経質にならないと駄目だろう。犬の仕事に建物を貸してくれる所は少ないから、細心の注意を払わないとね。








施工会社はエムクラフトさん。物件を決める前から相談にのって貰っていたので、時間の無い中急ピッチで設計も上げてもらうことができた。持つべきものは犬仲間。時間も都合も丸っきり無視して頼み放題、無理を聞いてもらった感じだ。

2日から工事が始まった。まず水道屋さんが入って配管工事。
1階のトイレを解体してその部分にトリミング用のバスタブを入れる予定なのだが、2階のトイレの下水管が丁度その場所に下りてきているという事が判明。そのままにするとその管を抱きかかえながら犬のシャンプーをすることになってしまう。ある程度移動することはできる様だが、壁面に配管のでっぱりができるらしい。



「ここに『運子がある感』はなるべく無くしますから。」

笑ったよ〜。2階で踏ん張って流すと、バスタブで犬を洗っているスタッフの横を運子ちゃんが音を立てて通り過ぎていくって。。。可笑しい。スタッフは皆女性ばかりだし、常にバスタブで仕事をしているわけでは無いから問題はないだろう。今の店舗も誰かが使用した音が響いてくるから同じようなものだ。
そんな音よりも今の店の問題は換気扇のせいでトイレにいると階下のスタッフの会話が丸聞こえということだ。気が小さい私は哀願した覚えがある。

「ねえねえ、トイレにいると下の人の会話丸聞こえだね。お願いだから私の悪口言わないでね。トイレで泣きたくないからさ・・・。」
「はっ?・・・あー、わかりました。じゃあ、トイレに行くときは行くよー!って言ってから行って下さいね。」
「わっ、わかったわ。」


で、今まで一度も私の悪口は聞いていないが、新宿のどこそこの店の肉が美味しいとかどこどこのケーキが美味しいとか、食道楽話ばかりで色気が一切無いのだ、あの子達。


そうそう、9/12.13の駒沢公園わんわんカーニバル。友達の出店の代打でDINGO出店決定。引っ越しでバタバタしている中、無謀だがこれもご縁だ。小型犬が多いと聞くので、今回は特にDINGOの名前を出さず出店の予定。聞かれたら「コディンゴです」って答えると思う。ちっちゃなディンゴでコディンゴね。CO-DINGO、皆さんのディンゴってことでもあります。

この記事をはてなブックマークに追加