美濃路・THE美濃路

美濃路・THE美濃路は美濃路の旅、祭、図書館での資料等々をまとめた美濃路総集編ブログです。
 


    

起宿よりについて Ⅰ

2016-10-17 | THE美濃路旅

                    起宿~墨俣宿へ

                          起宿よりについて Ⅰ

      起宿~墨俣宿図
      
     ↓ 起宿概略図
     
   ↓ 起宿概要(宿高等)
   
   
    起宿絵図 『美濃路見取絵図』より
   
   ↓「起川」図会 『尾張名所図会』より
     
黄丸印の所は起宿高札場、緑丸印の所は船橋河戸と思われる。
   

 起宿について・・・起宿は木曽川をひかえた渡船の宿場であった。起宿は小村であったので、元和2年(1616)に冨田村と西五城村が、さらに寛永6年(1629)に小信中島村と東五城村が加宿となり、この「起5カ村」が起宿の宿役を負担した。江戸から96里17町7間、次の墨俣宿へは2里17町25間の距離であった。町並は10町6間を数えた。『尾張名所図会』は、「南の方冨田村より長くうちつゞき、旅店、茶店等うるはしく、往来の旅人たゆる事なく、賑わしき駅なり」と記しており、今も多分に古い街道の面影を残している。
 本陣・脇本陣とも下町にあり、本陣は街道東側にあって代々加藤氏が世襲した。加藤氏は関ヶ原の役に際し、東軍の先鋒をつとめた福島正則に、木曽川渡河の案内をした功により本陣職を与えられたと伝えられている。第11代の加藤磯足(1747~1809)は、村政改革や木曽川堤防の自普請に功績を残し、また本居宣長の門人としてもしられた。
 脇本陣は本陣に近い街道西側にあり、寛永18年(1641)に設置されたが、享保5年(1720)以来林氏が継承した。林氏は渡船を管掌する船庄屋と村の庄屋も兼帯していた。いま脇本陣の跡は起宿記念館として宿場関係の資料を中心に整備されている。2階建ての記念館は明治24年(1891)の濃尾大地震の翌年に建てられたものである。
 問屋場は2カ所、1カ所は本陣加藤氏の兼帯であり、他は同じ下町にあって永田氏がつとめた。前者を下の問屋場、後者を上の問屋場といい、毎月10日に交代して継立に当たった。現在一宮市に属する村々も含まれ、さらに対岸の美濃国の村々にも及んでいた。(日下英之著より)
 ↓ 
起村辺り~墨俣への地図  明治24年測図(赤丸点は美濃路)
 木曽川は増水期、渇水期があったと思いますが、この測図はどの時期の川筋を描いたのか判断しかねています。ただ、起村辺りの中州と木曽川の川筋が現在とは異なり気になります。
 
 
 ↓ 美濃国図〔起~垂井まで、美濃路の村(宿)等を赤矢印にて示しました。〕
 
 ◇起宿概要
  家数=887軒    人口=4094人    旅籠屋=22軒
  本陣=1軒      脇本陣=1軒      問屋場=2ヵ所

     ↓ 一宮市尾西民俗資料館
       
     ↓ 江戸時代の旅道具
     
     ↓ 江戸時代の旅道具
     
 ↓ 大垣藩起宿本陣御用留(館蔵)と御下里御道中記(大垣市立図書館蔵)
 
 ↓ 宿割札と宿札(資料館蔵)
 宿割札とは・・・家臣の宿所の御戸口にかかげた宿割札。
 宿札とは・・・徳川家茂の進展に際し、随行した家臣は宿内の民家に宿泊した。その時、どの家に誰が宿泊しているかわかるようにしたもの。
 
   ↓ 往還人馬役銭帳と往還人馬日〆帳(資料館蔵)
 往還人馬役銭帳とは・・・嘉永~慶応 毎日の問屋場の収入と支出を記録したもの。
 往還人馬日〆帳とは・・・安政・慶応・明治 問屋場であつかった毎日の人馬数や運賃を記録した帳面。
    
 ◇茶壺道中
 ↓ 茶壺道中 『宇治御茶壷の巻』より
 
 茶壺道中について・・・今日ではとても想像できないような権勢で街道を往来したものに御茶壺道中がありました。これは幕府が山城国宇治より一年間の飲用茶を求める行事で、寛永9年(1631)宇治茶を第3代将軍徳川家光に献上したのに始まるといわれている。幕府は諸侯が家光の権威に服するか否かを試みるため、茶壺に特別な権威を持たせて往来させたが、いずれもそれに敬意を表したので、これを吉例として年々新茶が製されると、宇治から将軍に将軍に献上させるようになった。
 毎年立春から数えて100日を経過したころ、江戸から茶壺が東海道を宇治まで運ばれた。宇治の茶師上林家で新茶を詰め、帰路は中山道を経由するのが通例であった。その後元禄3年(1690)より上り下りとも東海道を通行するようになったが、帰路美濃路を通るようになったのは元禄6年からであったと思われる。
 『起町史』によれば美濃路通行は元禄6年より始まり、同11年から13年までは、尾張藩主綱誠・光友のあいつぐ死去により名古屋を避け東海道を下向し、翌14年から美濃路通行を復活した。しかし安永・天明期(1772~88)はまた桑名・熱田の東海道筋をとり、更に寛政2年(1790)以降美濃路通行通行を復活した。したがって茶壺の美濃路通行は一定していたわけではない。
 美濃路通行の場合の経路と日程を、文化7年(1810)の例で示せば次のようであった。すなわち宇治を出発して草津へ出、第一日は中山道守山泊、第2日は武佐・高宮・鳥居本・番場を経て醒ヶ井泊。第3日は柏原・今須・関ケ原・垂井ときて美濃路に入り、大垣で昼休、墨俣を経て起泊。第4日は萩原・稲葉を経て清須で昼休、名古屋・熱田を通って東海道へ入り鳴海泊。第5日は岡崎で昼休御油泊。その後は浜松・島田・江尻・三島・大磯・神奈川に泊まって、12日目に江戸に到着した。
 茶壺道中の一行は、数寄屋(坊主)頭・数寄屋(坊主)・2人衆・3人衆・5人衆などで供の者も多く、大坂城番(定番)が付添った。茶壺の数はおよそ30個ほどで、1番ち・2番・3番と番号が付され、長持に納められていた。特に1番・2番・3番・は丁重に扱われ、4番以下と区別された。
 茶壺の逓送のために使われた人馬を『大垣市史』によりみれば、次のようであった。安政3年(1856)5月の例であるが茶壺1番から3番までは1棹6人がかりで人足18人、4~8番は1棹5人がかりで人足25人、9~18番までは同様に4人がかりで40人、19番~23番3人が仮で15人、合計人足98人であった。このほか諸道具の長持、役人の籠、荷物等の継立にかかる人馬はきわめて多く、それらを加えると人足256人、馬34疋となった。さらに添人馬とか御馳走人馬を出すのが例で、その数は人足191人、馬13疋であった。またこれとは別に大坂城番の使用したものが人足68人、うま5疋でこれに人足30人、馬、1疋を添人馬として出した。以上を合計すると、大垣宿で茶壺道中の継立に要した人馬は、人足545人、馬53疋にのぼった。茶壺の往来は将軍家の権威を背景に威勢を誇り、時には横暴に過ぎ人々に恐れられた。勅使・院使・宮・門跡と同格、あるいはそれ以上の扱いを受けたので、大名ですら茶壺道中にあうと道路の端に駕籠を下して控えなければならなかった。勿論家臣は下乗し、下々のお供衆はかぶりものをとって土下座した。茶壺の宿泊には代替本陣があてられ、宿役人は羽織袴の礼装で下座し、送迎の礼をつくした。茶壺は宿泊の場合は勿論、昼休の時でも本陣玄関式台に1番・2番・3番の茶壺が据えられ、その他は中庭などに置かれた。そしてその地の領主の出役人が警護に当たるのが普通であった。
 茶壺道中がいかに権威をふりかざしたか、どんなに恐れられたかはいろいろな書物に書かれている。みじかな例では松本清張の『西海道談綺』の冒頭には、中山道奈良井宿の本陣宿泊をめぐって、100万石の加賀藩と僅か3万石の福知山藩の争いが出ている。そこへ1人の浪人の画策した「御茶壺急拠奈良井宿本陣泊り」風聞がもたらされ、両藩の争いが一挙にふっとぶ話があり、茶壺の権威がいかに大きかったかを興味深く描写している。他にも御茶壺道中にはいろいろな話題があるようです。
    ↓ 起宿の茶壺通行年月日
    
  ↓ 西国134藩の起宿通行回数
  
 ↓ 起宿脇本陣跡について書かれた掲示板
   
     ↓ 起宿脇本陣間取り図(幕末から明治にかけて)

     
   ↓ 歴史民俗資料館 別館
   
 ◇脇本陣跡(歴史民俗資料館 別館)
   ↓ 旧林家住宅についての掲示板の書き込み
   
 
   
↓ 旧林家住宅平面図及び東立面図
   
    ◇旧林家を撮る
     ↓ 脇本陣跡(東玄関側)
     
      ↓ 水琴窟
      
      ↓ 旧林家中庭風景
      
   ↓ 脇本陣跡の所より美濃路前方(町並)撮る
   

 ↓ 史跡 起宿本陣及び問屋場跡の掲示板書き込み
 
     ↓ 起宿本陣、問屋場跡の碑(起宿本陣加藤家は問屋場も兼ねていた)
      
  
↓ 起宿本陣跡  美濃路本陣跡建物の写真が残っているのは起宿と大垣宿本陣のみ。
   
  ↓ 起宿本陣宿札
  
  ↓ 大垣藩主の起宿本陣休泊年月日
  
  ↓ 起宿本陣への「被下金(くだされきん)」
  
    ↓ 起宿本陣記録竝賞状
      
 ↓ 起宿本陣絵図面
  

     ↓ 本陣より御膳水までの道法図
 御膳水について・・・本陣に貴人が宿泊した際、飲用・煮炊きに使った水をいう。起周辺の井戸水は「ソブミズ」といっておいしくなく、良い水の出る井戸を「御膳水」の井戸に指定し、そこから水を運んだという。「本陣から御膳水までの道法図」によると、西五条村の平助・善助宅に御膳水があった。
     
 ◇起宿本陣の宿札
 宿札について(「尾西市史」書き込み)・・・関札(せきさつ)ともいう。諸侯卿の本陣宿泊にさいし、本陣の門前にたてたもので木製か紙製である。板の大小や厚薄に定めはないが、概して身分家格の高いものほど大きい傾向がある。諸侯休泊にさいし大名家では宿割衆とよぶ旅行幹事役のものが、休泊の月日を本陣と交渉して定め宿札を置いた。宿札は本陣で製作したものではなく、宿割衆が本陣に配布したものである。「休」(昼休)か「宿」(宿泊)の当日に、宿札を門前にたて本陣や脇本陣はその大名から預かっている大名家の定紋を染めた幕を表に張りめぐらして休泊者を迎えたのである。
 宿札には月日のみで年次が特定できない大名もいるが、次のようにみられる。「紀伊大納言」は紀州藩主、「紀伊殿」は、紀州藩主の近親者・家族をさすのであろうか。「紀伊殿御簾中」は藩主の妻をさす。御簾中とは将軍や三家・三卿の妻のみに使用した敬称である。細川越中守」は熊本藩主。「福井少将」は福井藩主。「有馬左衛門佐」は越前の丸岡藩主。「加賀宰相」は金沢藩主前田氏。「阿波少将」は阿波藩主蜂須賀氏であろうか。「松平阿波守」は阿波藩主とみてよい。「安芸少将」は広島藩主浅野氏であろう。「松平上総介」は越前の鯖江藩主間部氏。「松平伊豫守」は備後福山藩主阿部氏かと推測される。「松平豊前守」は田辺藩主牧野氏。「伏見殿」は京都在住の皇族。以上いずれも尾西市所蔵と書かれている。
 

 ◇起宿 本陣・脇本陣・披本陣
 本陣について・・・起宿の本陣は歴代加藤氏、下町(城下町)東側にあって。天明5年10月の書状によれば間口24間半・奥行き54間・家造建坪206坪、外に高塀58間・門3カ所とある。
 由緒書きによれば民家は慶長5年関ケ原の合戦の際、当地に向かった福島正則一隊の木曽川渡河に際し河�・の浅深を案内し、且船舶夫を差出し、取障りなく渡河せしめた功により、同年本陣職はじめ其他の重責を拝命したとあるが、おそらく家康の帰途に謁して御声がかりがあり、従って翌々年7年の開宿際して任命せられたものであろう。以来高貴を始め諸侯専用の旅舎を勤め、特に武家風の並玄関を許され、その建築補修に際しては、官普請の建前であるが、容易に全官費は許されないので、自力行届き難くと留づれば、普請金の一部下附または貸与せられた。明治3年宿制の廃止の変革とともに本陣を廃せられ、旅籠屋取締役を命じられたが、之亦同年5年廃止された。
 脇本陣について・・・寛永18年人馬幅湊のためその必要を認めて設置された。始め佐太郎一族のもので4代まで継承したが、享保5年下町(坂下町)西側林氏浅右衛門之を譲りうけ、以来裔孫歴代之を継承した。天明5年10月の書状によれば、間口12間・奥行き26間・家造建坪81坪、外に高塀13間半・門3カ所とある。明治3年本陣とともに脇本陣を廃せられ、旅籠屋取締補助を命じられたが、同5年廃止された。普請金のことは本陣に等しかった。
 披本陣について・・・小信中島の内中島吉田氏の宅を以て之にあてた。本陣または脇本陣に凶事あるか、または休泊の諸侯に異変があった時、その退避所とするために設けたもので、文化8年2月同家8世吉田茂左衛門の時紀州候を宿し、冥加のため鯉一折を献じて金100疋を賜ったのが最初である。其後も天保6年紀州候、弘化2年4月本陣出火類焼のため亦同候の宿を勤め、金1000疋を下賜された。
 起宿の明治維新・・・明治3年(1870)本陣、脇本陣が廃止され、それぞれ、旅籠屋取締役、旅籠屋取締役補助に任命されたが、明治5年に完全に廃止になった。ここに江戸時代約250年にわたり日本の交通を支えた起宿は終わりを迎えた。諸大名の往来もなくなり、交通量は激減した。近代の交通の基幹である鉄道は起ではなく清須から一宮・岐阜間に線路が敷かれた。
交通の手段が街道から鉄道に変化したことから美濃路の様子は一変したと思われる。
  ↓ 明治新政府の交通政策と出来事
  
   ↓ 駅逓御役所御触書留と駅逓御改正御規則書写と本陣・脇本陣廃止触書。(いずれも加藤家文書・尾西資料館蔵。)
   
≫・・・・・・・・・・
 起宿の明治維新・・・徳川慶喜が慶応2年(1866)12月、15代将軍軍になる。慶応3年10月大政奉還により、江戸幕府は政権を朝廷に返上した。しかし、薩摩・長州藩との戦争は避けることができず、慶応4年に戊辰戦争が勃発する。その年の3月に江戸城が無血開城され、翌年の明治2年(1869)に函館五稜郭が陥落し、江戸幕府は滅亡することになった。江戸幕府滅亡で起宿では明治3年(1870)本陣、脇本陣が廃止され、それぞれ旅籠屋取締役、旅籠屋取締補助に任命されたが、明治5年に完全に廃止になった。ここに江戸時代250年にわたり、日本の交通を支えた起宿は終りを迎えた。諸大名の往来もなくなり、交通量は激減した。近代交通の基幹でもある鉄道は起ではなく、清須から一宮・岐阜間に線路が敷かれた。
≫・・・・・・・・・・

 ◇起宿では船橋が架けられています
 起渡船場~船橋跡~について・・・船橋とは船をつなぎ止め、その上に板などを渡した橋である。木曽川・境川・長良川・揖斐川の渡船場に朝鮮通信使、将軍のためのみに船橋が架けられた。木曽川起の船橋河戸に架けられた船橋は全長850メートル前後、船数は270艘を超える。日本最大の船橋で当時は「起宿船橋」と呼ばれた。宝暦14年(1764)の朝鮮通信使の来朝を最後に架けられることはなくなったものの、『尾張名所図会』は起川船橋を「海道第一に壮観」と称し、また、朝鮮通信使一行も船橋の壮大さを記録している。
 ↓ 船橋について書かれています
 
     ↓ 船橋跡の碑
     
 ↓ 江戸時代木曽川(起川)に船橋が架けられた年と渡河者
 

 ↓ 宝暦14年木曽川(起川)船橋工事日程の概要
 工事着手から撤去工事完了まで半年以上かかったといわれる。この記載を見ると朝鮮通信使は往路、復路とも船橋で木曽川(起川)を渡河した事が記載されている。
 
     ↓ 起川船橋略絵図・船橋を渡る朝鮮通信使一行と船橋の図
 天和2年(1682)には44隻の大船と233隻の小船を並べて、全長855メートルの橋を架けたとされている。
      
     ↓ 船橋一例(木曽川の船橋ではありません。)
     
 ◇現状においての起宿高札場は?・・・起宿高札場トリミング図絵と写真とを照らし合せてみました。
     ↓『尾張名所図会』起宿の高札場の部分をトリミング掲載
       緑丸舟橋河戸、黄色丸は高札場。
     
     ↓ 
 現状のこの近辺(上の図辺り)の写真掲載
 前方道路(船橋河戸への道)、車が写っている右側辺りに船橋跡の碑が立っています。この写真の中に高札場に一番近い地点があると思うのですが?赤丸点は美濃路、緑丸の所は船橋跡碑になります。私が推察した高札場跡地点は黄色丸印あたりの所です。・・・的外れでしょうか。
     
 起渡し場「定書」・・・「定書」を置いて旅人の渡船に支障のないよう取り締まった。「定書」は年次によって異なったとのこと。享保11年(1716)以降の中から興味のある項目を書き込みます・
 一・ 昼夜とも船を東西に一艘ずつ置き行き交うようにすること。
 二・ 川中に河原ができ旅人が通る場合は道筋に印の竹を立て通行人が迷わないようにすること。
 三・ 夜中に見知らぬ女を越してはならない。
 四・ 横越(川を上下すること)を厳しく禁じる。
 五・ 三合五勺の増水で馬を船で渡すこと禁じる。
 六・ 五合増水で歩行越し止め。
 七・ 夜分は三合で馬越し止め、四合で歩行越し止め。
 八・ 特別に風烈しい折は昼夜の別なく川止め。
 このことから読み取るに、川を越すことにいろいろな便宜、自然に対しての細心の注意、川越に対しての防備上の警戒がなされていたことが読み取ることが出来る。
     ↓ 宮河戸跡の碑
 大明神社の前から対岸の新井村の燈明河戸(羽島市の渡し場)への渡し口で、起宿の商家が商う物資を運ぶ船が発着する港。通常は一般客はほとんど乗せることはしなかった。
     

     ↓ 郷社 大明神社
     

     ↓ 大明神社由緒書
     
     ↓ 大明神社拝殿

     
 
  
     ↓ 丹羽家の住宅(旧湊屋主屋)
 湊屋文右衛門について・・・定渡船場で渡し船の管理、運行を任されていたのが船庄屋、その下に何人かの「船方肝煎」がいた。そのうちの一人が湊屋文右衛門。渡し船を扱うだけでなく年貢米輸送にもあたっていた。早くから木曽川の舟運を利用して遠隔地との取引を行い寛政年間(1789~1801)には「縞木綿を扱う仲介商」として成長。越前丸岡から糸を仕入れて、それを地元の機織りに売りさばき織りあがった縞木綿を全国に売りさばいていた。
     

     ↓ 金刀比羅社
     

     ↓ 起渡船場跡の碑
     
 
    ↓ 起渡船場跡の碑
        
     ↓ 説明碑
     

     ↓ 常夜燈
     

     ↓ 人柱観音(金刀比羅社境内に建てられていました)
     

     ↓ 人柱観音縁起碑
     
 起渡船場について・・・起渡船場には上・中・下の3カ所に渡船場があった。大明神の西にある渡し場を「宮河戸」、俗に「八百清河戸」と称した。元は御手洗場であったが、船荷の揚げ下ろしがされていた。対岸の渡船場は(現岐阜県正木町新井)の燈明河戸といわれている。宮河戸は木曽川渡船など、金刀比羅社のある定渡船場(「上の渡し」)だけでは渡船が困難な時に使用された。たとえば文久元年(1861)の皇女和宮の下向は当初、美濃路の通行が予定されており、その時この宮河戸使用も計画された。

  

 
  続きの書き込みは 起宿よりについて Ⅱ としています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 萩原宿よりについて | トップ | 起宿よりについて Ⅱ »