美濃路・THE美濃路

美濃路・THE美濃路は美濃路の旅、祭、図書館での資料等々をまとめた美濃路総集編ブログです。
 


    

若宮祭について(名古屋三大祭)

2016-10-17 | THE美濃路祭

                   若宮祭について(名古屋三大祭)
         名古屋城三の丸から現在地に遷座、若宮八幡社(祭)の歴史も魅力!
    太平洋戦争の戦禍にみまわれ6輌の山車焼失。今も残るは福禄寿車のみ町内の宝物。
        若宮祭は美濃路名古屋宿に建つ若宮八幡社で行われる祭です。
 
 若宮祭について・・・若宮祭は寛文4年(1664)に始まり、寛文11年(1671)からは傘鉾が出て本格的な祭礼となる。若宮祭に初めて山車が登場したのは、延宝2年(1674)の事で、有名な末広町の黒船車など5輛の山車。その2年後には住吉町の山車と大久保見町の福禄寿車が参加し、7輛の山車が揃うことになる。当時の若宮祭は三之丸天王祭と祭礼日が同じ事だった事から、この2つの祭礼を合わせて「祇園祭」と呼ばれた。 
 名古屋三大祭と称されていた祭は戦災前(昭和20年・1945)の若宮祭・天王祭・東照宮祭という事ですが、戦災後は戦災の影響にて往時と同様の祭が行うことが出来ず、現在は名古屋三大祭とは言える祭りではないと思われます。
 
若宮八幡社は、現在若宮大通りに面して建っていますが、戦災前までは美濃路・本町通側(若宮八幡社西側)に入り口門があったと思われます。戦災前には若宮八幡社南には朝鮮通信使が名古屋泊としていた性高院が建っていました。ただ、性高院は戦災にて焼失。朝鮮通信使の史料も沢山あったようですがすべて戦災で焼失し残っていないと聞きました。朝鮮通信使は将軍襲職の際訪れ、待遇は将軍並であった。美濃路の木曽川・境川・長良川・揖斐川には舟橋が架けられた記録がありますが、舟橋が架けられたのは将軍の通行(渡河)の時と朝鮮通信使通行の時のみです。相当なもてなしだったと思われます。
 若宮八幡社も戦禍にみまわれたが、その詳細な資料は残っていないとのことです。性高院は名古屋市千種区の方に移転されたと思います。若宮大通りが作られた経緯は調べてはいません。また、若宮八幡社北には、東照宮御旅所が建っていて。東照宮祭の折には、名古屋城三の丸に建っていた東照宮から、この御旅所まで9輌の山車と城下の町内の練り物行列が華々しく行われた記録が残っています。
 若宮八幡社は、当初名古屋城三の丸亀尾天王社(現那古野神社)西側に建っていましたが、神占という理由だったと記憶していますが、現在地に遷座することになりました。名古屋城三の丸の若宮八幡社が建っていた所にはのちに東照宮が建てられました。私の勝手な思い込みですが、神占はこじつけの理由で、徳川家康はここに東照宮を建てることを計画していたと。因みに東照宮の祭神は徳川家康公です。若宮八幡社・那古野神社・東照宮の三角関係とでもいうのでしょうか、私がみるにこの三社には非常に興味深い関係があったのではと思います。
 若宮祭、那古野神社大祭、東照宮祭は名古屋三大祭りとされていた。ただ、この三大祭いずれもが戦災の影響を大きく受け、現在も祭は行われてはいますが、戦災前の祭と同様の形で行うことができなくなりました。往時の記録を見ると歴然としています。戦災前の祭りが行えれば、大変盛大な若宮祭を観ることができたと思います。

  ◇2014年5月15日「若宮祭」を観に行ってきました。名古屋三大祭りの一つといわれる「若宮祭」にて撮った写真等掲載します。
   ↓「若宮まつり」ポスター
   
   ↓ 若宮八幡宮図会 『尾張名陽図会』より
 この図会は若宮八幡社が現在の所に遷座してから描かれた可能性が高い。古くは名古屋城三の丸の所に那古野神社(亀尾天王社)と隣接する所に建っていたが、東照宮を建てるがために現在地への遷座が決められたのではと考えられる。
   
   ↓ 「若宮八幡宮」図絵 『尾張名所図会』より
   
     ↓ 在りし日の若宮八幡社
     
     ↓ 在りし日の若宮八幡社
     
     ↓ 若宮八幡社西門
 若宮八幡社は現在南側(若宮大通沿い)に鳥居(出入り口門)ありますが、往時は南側ではなく、美濃街道沿い(若宮八幡社西側)に出入り口門がありました。
     
     ↓ 在りし日の若宮八幡宮
     
     ↓ 若宮八幡之図 『名古屋明細全図』より  明治28年(1895)
     
     ↓ 若宮八幡社辺りの絵図  元文3年(1738)の名古屋絵図(部分) 
 若宮八幡社南側には若宮大通りではなく、性高院(戦災で焼失)が建っていました。若宮八幡左(西)通りは美濃路です。
     
 若宮祭には7輌の山車(町名と山車名) 
 末広町=黒船車  上玉屋町=西王母車  下玉屋町=布袋車  中須賀町=寿老人車
 門前町=陵王車  住吉町=河水車    大久保見町=福禄寿車
 ↓ 若宮祭礼図絵巻

 
 ↓ 名古屋若宮祭礼図巻   黒船車が描かれている。若宮祭では黒色の漆を塗った船形の黒船車という山車が有名であった。この若宮八幡社と天王社はもとは名古屋城三之丸の西鉄門内の西に並んで鎮座していた。
 
 ↓ 若宮祭礼図巻
 
 ↓ 名古屋若宮八幡例祭神輿渡御之図
 
 ◇若宮祭絵
   ↓ 若宮八幡祭の日の若宮八幡社絵  『尾張年中行事絵抄』より
   
   ↓『尾張年中行事絵抄』
   
   ↓『尾張年中行事絵抄』より
   
   ↓『尾張年中行事絵抄』より
   
   ↓『尾張年中行事絵抄』より
   
   ↓「若宮祭黒船おかげおどり」絵
          
   ↓ 「若宮祭黒船車引渡す図」 『尾張名所図会』より
   
   ↓ 若宮祭黒船車(『尾張名所図会』トリミング)
   
   ↓ 末広町 黒船車  伊勢門水画
   
   ↓ 黒船車絵
   
   ↓ 黒船車  昭和初期
 名古屋三大祭の一つに数えられる若宮祭の先頭で曳かれた末広町の山車。写真は、若宮八幡社から本町通那古野神社までやってきた時の様子。船形をした山車はこの黒船車のみといわれる。延宝2年(1674)の建造だが、これも戦災で焼失した。
   
   ↓ 在りし日の黒船車
   

   ↓ 在りし日の若宮祭
   
   ↓ 西王母車 和布刈車絵  伊勢門水画
   
   ↓ 西王母車絵 大塚香禄画
   
   ↓ 西王母車絵  『若宮祭礼図絵巻』
   
   ↓ 門前町・陵王車 と 住吉町・河水車   伊勢門水画
   
   ↓ 在りし日の若宮祭礼山車 陵王車
    
   
     ↓ 在りし日の門前町の陵王車  昭和11年
 京極宗輔が笛を吹き、その前で童子が陵王に変身するというからくりと、御籤模様の幕が雅な風情を醸し出し、若宮祭では黒船車に次いで人気の高い山車であったといわれる。
     
   ↓ 陵王車古図
   
   ↓ 若宮祭礼山車行列
 三之丸御屋形前を進む若宮祭礼行列の写真。構図から見て二之丸東鉄門南側の多門櫓の屋根から撮影したとされる。
   
   ↓ 若宮祭礼山車行列
   
 付家老竹腰家の屋敷前の若宮祭礼行列を撮影した写真。二之丸西南隅櫓から撮られたと思われる。写真左側は住吉町の河水車、右側は門前町の陵王車。
   ↓ 若宮八幡宮遷座地  『名古屋市鳥瞰図』より 昭和11年(1936)
 赤矢印の所が若宮八幡社になります。若宮八幡社の周りには大須観音・七ツ寺・西別院・東別院が見てとれます。
   
   ↓ 若宮祭の日の若宮八幡社南面
 鮮やかな色をしたのぼりが沢山立てられており、祭の雰囲気を醸し出していました。
   
   ↓ 若宮神社鳥居より拝殿望む
   
 「若宮祭」が行われることが、2014年5月13日中日新聞夕刊に掲載されました。見出しは「山車180年前の輝き復活」として、書き込みは次のような書き込みでした。・・・名古屋の初夏の風物詩として親しまれる若宮八幡社(名古屋市中区)の例祭「若宮祭」で主役となる福禄寿車が、約180年ぶりに修復された。7輌あった山車のうち唯一戦禍をくぐり抜けて残ったが、老朽化が目立っていた。山車の上で祭りを盛り上げるからくり人形も復元。装いも新たに15、16両日のまつりで市街地を曳行する。・・・・・     以上の書き込みです。
 ↓ 中日新聞夕刊
 若宮八幡社前に「若宮まつり」を書いた中日新聞夕刊誌が、切り取られて張り出されていました。
 
   ↓「若宮祭」の日の若宮八幡社拝殿
            

   ↓ 往時の名残でしょうか、若宮八幡社にかかわりのある町内と思われるテントが若宮八幡社境内に並んでいました。若宮祭では露店を出していません。そのかわり若宮祭に関係する町内の方々が協力して、ちょっとした食べ物(焼きそば、ワラビ餅等)を作り安く販売されていました。
   
   
↓ 南大津通四丁目町内会テント・若宮まつりは氏子8町内(末広町・裏門前町・南大津通・矢場町・住吉町・鉄砲町・池田瓦町・門前町)が順に当番町をつとめることで運営されている。
   
   ↓ 山車蔵の福禄寿車
   
   ↓ 福禄寿車
   
   
↓ 大久保見町 福録車 と 中須賀町 獅子車   伊勢門水画
   
   ↓ 福禄寿車拝殿前に
   
   ↓ 福禄寿車拝殿前に
   
   ↓ 拝殿前福禄寿車(奉芸)
   
 
  ↓ 福禄寿車
   
   ↓ 福禄寿車
   
   ↓ 福禄寿車
   
   ↓ 拝殿前に立つ福禄寿車
   
   ↓ 福禄寿車からくり
   
   ↓ 福禄寿車からくり
   
   ↓ 福禄寿車
   

   ↓ 
福禄寿車
   
   ↓ 福禄寿車
   

 ↓ 福禄寿車について書かれた立札
 
   ↓ 福禄寿車担ぎ上げ
 
    

   ↓ 福禄寿車担ぎ上げ
   

   ↓ 福禄寿車拝殿前にて回転
   
   ↓ 提灯飾り付け
   
   ↓ 提灯飾りつけ
   

   ↓ 福禄寿車
   
 
   ↓ 提灯飾りつけ
   
 
   ↓ 福禄寿車
   
   ↓ 福禄寿車
   
 
   ↓ 記念撮影
   
 ↓ 福禄寿車前にて関係者勢揃いしての記念写真
 
   ↓ 「浦安の舞」 巫女舞
   
   ↓ 若宮八幡社鳥居
   
   ↓ 福禄寿車が若宮八幡社鳥居をくぐって若宮通へ出てくる
   
  
↓ 福禄寿車が若宮大通に出て方向転換、左方向(東)へ曲がり市街曳行が始まる。
  
 ↓ 若宮まつり7輌山車揃い
 
   ↓ 若宮まつり参加各町の提灯
   

   ↓ 「若宮祇園祭禮」絵  『名古屋名所団扇絵集』より
   
         


 若宮まつりは6輌の山車が焼失して大変残念なことになったことと思われますが、何とか福禄寿車が残り若宮祭の華となっていると感じました。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 大山祭昔 | トップ | 那古野神社大祭今と昔につい... »