美濃路・THE美濃路

美濃路・THE美濃路は美濃路の旅、祭、図書館での資料等々をまとめた美濃路総集編ブログです。
 


    

萩原宿よりについて

2016-10-17 | THE美濃路旅

                     萩原宿~起宿へ

                          萩原宿よりについて

     ↓ 萩原宿~起宿図
     
     ↓ 萩原宿概略図
     
  ↓ 萩原宿概要(宿高等)
  
  ↓ 萩原宿辺り絵図 『美濃路見取絵図』より
    
     ↓ 萩原宿図 『美濃路見取絵図・解説篇』より
     
 ↓ 中島郡萩原村・西ノ川村絵図面 天保12年(1841)
 
  ↓ 萩原村辺り~冨田辺りまでの地図  明治24年測図
    赤丸点は美濃路、青丸点は巡見街道
  
  ↓ 萩原村(上地図)拡大
  
 ↓ 中島郡萩原宿絵図(1860年頃)
  
 ↓ 中島郡萩原宿絵図家並み解説図
  
 萩原宿概要(1650年頃)
  家数= 236軒   人口=1002人     旅籠屋=17軒
  本陣1軒       脇本陣=1軒     問屋場=2ヵ所
  ↓ 美濃路宿駅一覧
  
  ↓ 美濃路宿制一覧  天保14年(1843)
  
 私はこの辺り訪れることは初めて、土地勘もなく面喰いました。とりあえず一度美濃路終点地まで行き、再びとりこぼした所へ訪れるということになると思います。体力もなく美濃路の旅をして帰宅すると疲れが出ますが、いろいろ知ることが出来楽しい旅をしています。
 萩原宿について・・・本陣は萩原上町98の1番地にあって、歴代森権左衛門を襲名して明治維新に及んだが、宿制廃止とともに当地を退散した。本陣は現在水谷昌義の住宅になっている。寛永年間(1624~~43)の森権左衛門は、権勢徳望とも優れた人物であった。日光筋、西の川一帯の荒地に新田を開発し、寛永17年功成り、藩から開発地を与えられた。この地は久しく「権左水田」と呼ばれたが、今は尾西市(現一宮市)北今に、僅かばかりその名称が残っているに過ぎない。
 脇本陣は萩原上町98番地。やはり森半兵衛を襲名して庄屋をかねていたが、宿駅制度廃止とともに同じく退転しそのあとは現在水谷氏の住宅になっている。
 本陣、脇本陣は公儀役人の宿泊所で、参勤交代の時大名宿所は本陣、大名宿泊が重なった場合は、次位の大名が脇本陣に泊まった。もちろん公儀関係ない場合は旅客に開放した。・・・〈中略〉・・・幕末の頃旅籠屋(一般の旅館)には大橋屋・柏屋・京屋・鈴木屋・鶴屋・亀谷・蛭屋・岩田屋などがあり、旅情を慰める遊女屋には一丸屋・つた屋・みよし屋・しま屋・石橋屋・金ぼし屋・きらく屋・、揚屋としては松屋・近藤屋などが知られていた。全盛時代には遊女40余人に達したといわれる。
 また、寛永11年(1634)将軍家光は上洛の旅すがら当宿を通過して、「折にあひて所きけば萩原の秋の始めの旅の行すゑ」と詠み、「元政上人身延紀行」によれば、万治2年(1659)萩原を過ぎてと題書きして「牡鹿ねし野辺の萩原霜かれてあたなる露のかたみなし」と詠まれている。現在の萩原には、このように歌枕とされる優雅な風景は求めることはできないが、木曽川に沿って萩の花咲く昔の萩原は、おそらく街道随一の景勝の地であったと思われる。『尾張名所図会』には「町の内長く農商軒を連ねて賑わしき里なり」と、当時(同著の成立は天保12年・1841)の景況を伝えている。    萩原宿は私の想像以上に栄えていた模様。
     ↓ 萩原宿問屋印鑑改め札
     
     ↓ 萩原宿古文書
 舊幕時代の交通上最も重要視せられた印鑑繪符や助郷帳で当時萩原宿の問屋をしていた舊家に保存されているものとされる。
            
     ↓ 萩原宿古文書
  道中人馬の定法覺書及び印鑑繪符で舊家に保存されているものとされる。
     

 「稲葉騒動と萩原」について・・・稲葉騒動は稲葉宿禅源寺の鐘の音を合図に起こった農民一揆である。諺に「国乱るれば草木殺気を生ず」といわれる如く、幕末から明治初年にかけての打ちつづく凶作に、農民の困窮はその極に達していた。掟年貢の未納は追々重なり、農民は生色を失い農村は疲弊困憊に陥った。
 時あたかも、明治2年暮れも既に押しつまった12月20日夜九ッ時(12時)とも覚しき頃、ほら貝・鐘・太鼓の時ならぬ響きは稲葉(稲沢)を中心に近郷近在の村々へと鳴り渡り、人々の夢路を破った。この時こそ百姓一揆の大群が5人、あるいは7人と、甲冑ならぬ蓑冠〈蓑を着た姿)に身を固め、稲葉宿は禅源寺山を目当てに集まったのである。鐘の音は韻々と鳴り続き人々は黙々と集合した。
 清須代官所では直ぐに役人を出して説得解散させるべく努力したが、その甲斐もなく、猛り立つ群衆は一向に耳を傾けようともしなかった。とかくするうち、蓑笠をつけ竹槍・蓆旗物々しく禅源寺山に雲集した農民は、八ッ時(午後12時)と覚しき頃、各方面に別れて動きだした。折しも暗雲暗く立ちこめ、風は荒れて降雪粉々、みるみる積ること一尺(30糎余)となった。一揆の大群はこの白雪を踏んで、雪中各所の庄屋・地主宅などを襲撃し、怒涛の如く清須へと進んだ。
 西に向かった一団は木全・石橋を経て萩原町の中島・西御堂・高木周辺まで押し寄せ、東南に向かった一団は堀之内・梅須賀・横地・池部・平野・山寺・高御堂・重本・小池・正明寺に押し寄せ、東西二手に別れ東は小沢へおよそ2・3千人、西は再び稲葉へと向かった。
 開けて21日は小康を得たが、晩六ッ時禅源寺の釣鐘が鳴り響き、再び一揆の大群は集まりきたって、一手は赤池より下津・井の口・奥田・増田より清須宿へ、一手は福島・人野・二ツ寺・兼岩・本田・毛苅・光正寺・秋竹・遠島・沖ノ島・安松・北間島・松葉・甚目寺・同宿・上条・萱津辺まで、悉く乱暴の限りを尽くして清須に出てその日は解散した。
 再び22日は未明から行動を起越、稲葉宿へ集合した暴徒は2・3千人といわれ・兵糧焚きだしを要請した。宿場中残らず焼払わんとする勢いにおそれて、米俵を3俵、5俵、5石、10石と街道沿いに積み上げて「進上」の紙片をつけて出した。その一部始終を代官所へ訴え出ても役人は何等為すことも出来なかった。この暴徒の一群は大塚へ出てそれより北島に向い、ここで3組に分かれて一手は千代田に入り、場草を経て築込村に入り、目代を勤めていた加藤紋右衛門を襲って乱暴を働き、次いで戸苅村に入って内藤利蔵宅を荒らし、萩原へ襲来し先ず遊女屋の「しま屋」「蔦谷」続いて「美よし屋」の3戸を焼払い、それより吉藤・阿古井より祖父江に至り、ここに総勢2万人余となり3度清須宿を襲った。
 遂に官兵100余人が出動し、頑強に抵抗する暴徒に鉄砲を撃ちかけた。即死8・9人、負傷者3・40人をだした。次いで援軍の大砲2門と真管隊150人が加わるに及んで、さすがの一揆大群もも恐れをなして退散した。
 この直後権大参事丹羽淳太郎が稲葉・萩原等に出張検分し、続いて刑法局権判事中根茂・軍務御用伺渡辺鉞二郎は正気隊と称する一隊を率いて出張して治安の維持に当たった。かくて近郷が平静に期したのは24日であった。21日より一気に加わった村数は二百三、四十ヵ村。寄せ集まった人数は延およそ三万五、六千人。破壊・焼失等の被害甚だしかったもの83戸。その程度の軽かったのは枚挙にいとまがなかった程であったという。以上は「蓑笠見聞日記」から萩原町に関係深井大略である。  と記載してありました。稲葉騒動に関して詳細な内容の書き込みが読み取れ、稲葉騒動の農民一揆のすさまじさには、相当の準備と覚悟があったことを感じました。
 ↓ 旧萩原町全図(赤丸点は美濃路)
 
     ↓ 萩原商店街と書かれたアーチ看板・少し離れた所より撮る
     
     ↓ もう少し前に進んで同じ方向撮る
     
     ↓ 萩原のつくりもん(萩原・昭和28年)
 萩原稲荷神社の秋祭りでは、商店街の頭上に仕掛けられる「つくりもん」が名物だった。各町内の青年団が童話や昔話を題材に、着想の奇抜さや構成の巧妙さ、作り物の大きさなどを競い合った。戦前から行われてきたが、昭和34年伊勢湾台風を機に途絶えた。
     
     ↓ 萩原書店街の発展祭(萩原・昭和38年)
 萩原商店街の発展祭(商業祭)では、美濃路の宿場として栄えた当時の活気にあやかろうと、昭和30年代半ばから、店主自ら女装や侍姿で練り歩く仮装行列が行われた。このイベントは大好評で、終日、身動きが取れないほど賑わったとされる。
     
 ≫美濃路はこのアーチをくぐり進むことになります。
     ↓ 茶屋(松茗園) お茶屋さんらしい雰囲気を漂わせるお茶屋さん
     
     ↓ 秋葉神社撮る
     
     ↓ 萩原町下町の標識と前方(美濃路)撮る
      この交差点は巡見街道との交差路になります。
     
     ↓ 巡見街道北方向撮る
 幕府は1615年以来、将軍がかわるごとに巡見使を全国各地に派遣して村々の様子を見回った。巡見使が通る街道は定められており、一般に巡見街道と呼ぶ。尾張の巡見街道は犬山・草井から瀬部村を通って一宮に入り、苅安賀村・萩原村を経て津島に向かった。
     
     ↓ 中二階連子格子の民家(表には犬矢来が置かれている)
     
     ↓ 犬矢来撮る
 犬矢来とは・・・雨などのはね返りや、犬や小動物の便などで汚れないよう防ぐためのもの。この犬矢来は古さを感じさせ趣のある犬矢来でした。今では犬矢来を見かけることはほとんどないのではと思います。
     
 正瑞寺門、門扉、本堂等撮る。
 正寺について・・・は天台宗の寺であったが、蓮如上人巡行の際に浄土真宗に改修した寺といわれる。この寺の当主は小笠原氏で、この地の旧家には小笠原姓が多いと聞きました。正瑞寺山門前には高札場が建ち往時は美濃路往来する人々で賑わった場所。萩原宿の中心に位置するところという事です。
     ↓ 正瑞寺山門
     
     ↓ 正端寺山門と高札場のあたり撮る
      赤丸印辺りの所に高札場があったと思われる
     
     ↓ 正瑞寺門扉(門扉の紋様に興味を持ちました)
     
     ↓ 正瑞寺本堂
     
     ↓ 美濃路萩原宿問屋場跡の碑(通称 上の問屋場)
     
  萩原商店街に入る時にアーケードをくぐり入りましたが、萩原宿を出る時もアーケードをくぐり出ることになりました。
     
     ↓ 萩原宿本陣跡の碑
     
     ↓ 村社 稲荷神社
               
     ↓ 萩原橋
     
     ↓ 旧萩原橋
     
     ↓ 萩原川の船渡し(往時萩原川でも船渡しが行われていた)
     
     ↓ 「萩原川」 『名区小景』より
     
 萩原川について・・・現在の木曽川筋は天正14年(1586)に固定したもので、それまで幾筋かに分流していた。そのうち本流は今の日光川筋で、当時萩原川といわれた。美濃路往来のためここに渡船場が設けられ、渡船場東西に天神社が祀られていたので俗に「天神の渡し」といわれた。天正年間以来60石の渡船給が支給された。この渡船給以来慶長年間には清須三奉行から、慶長13年(1680)には尾張藩三奉行より引続き支給されていた。しかし、翌慶長14年に、旧木曽川(萩原川)の築留が行われて、川筋が極端に縮まったので、長さ22間、欄干付きの橋が架けられ、以来渡船は廃止となった。

 萩原橋を越えて進むと、市川房江生家跡の掲示板・・・大正、昭和の婦人運動家で知られる。市川房江は明治26年(1893)5月15日、父藤九郎と母たつも三女として中島郡明地村吉藤のこの地で生まれた。そのほか彼女の経歴についての書き込みがされていました。女性政治家としても活動し郷土の誉れとなられる方ではないでしょうか。
 この辺りは萩原宿から出た所になるかと思います。
 ↓ 市川房江生家跡の掲示板書き込み
 
     ↓ つづいて孝子佐吾平遭難址碑
     
     ↓ 孝子佐吾平由来碑
 天保年間に江戸参勤交代のため、萩原川を通りかかった明石藩主松平斉宜の行列の前を暴れ馬を取り押さえようと横切った萩原宿の馬方左吾平を先駆の武士が無礼討ちにした。佐吾平吉原村風原に生まれ家は貧しかったが、盲目の老母によく仕える孝子の誉れが高かった。村人は左吾平の死を悼み、この地に小祠を建て後世に伝えた。
     

     ↓ 前に進み名神高速道路高架下より美濃路前方撮る
     

 美濃路を少しそれ天神神社へ行く。
 ↓ 史跡 天神の渡し跡についての掲示板書き込み
 
     ↓ 天神神社
     
     ↓ 日光川西側に立っている天神渡しの碑
     

 ↓ 天神の渡し跡の碑
  日光川東側に建っている碑(少し美濃路を外れて撮りに行きました)
 
     ↓ 天神の渡しの写真
 写真では渡しの場所が読み取りにくいと思いますが、この場所が天神の渡しがあった場所とされている。
     
     ↓ 西萩原の標識がある信号と美濃路前方撮る
               

     ↓ つづいて八幡神社
     

     ↓ つづいて正一位秋葉神社
     

 ◇前に進み冨田一里塚
     ↓ 冨田一里塚立札書き込み
     
 (※美濃路の旅をして冨田の一里塚のみが両塚残っている一里塚でした。一時荒廃した時期もあるようですが、現在は整備され見事な一里塚といってよいのではと思います。また、一里塚には榎を植えるとされいますが、冨田の一里塚の榎は両塚とも榎が栄えて見栄えが素晴らしい!)
   ↓ 冨田一里塚(東塚)

   
   ↓ 冨田一里塚(東塚碑)
             

   ↓ 冨田一里塚(西塚)
   

   ↓ 冨田一里塚(西塚碑)
   

   ↓  冨田一里塚 昭和16年頃(右塚は東塚 左塚は西塚)
   
   ↓ 昭和10年頃の一里塚
   
 国指定史跡 冨田一里塚(昭和12年12月11日指定)について・・・一里塚は、江戸時代の慶長9年(1604)に徳川家康が日本橋を拠点として一里(約4Km)ごとに築いて全国に普及させた。一里塚には根が深く広がる榎を植えることが多く、この一里塚も東西に榎の大木が植えられている。今では街道両側に原形をとどめるのは、ここ冨田の一里塚のみとなってしまった。全国でも数少ない貴重な史跡の一つである。
 ここより前に進むと駒塚道と美濃路の分岐点、左駒塚道と刻まれた道標が建っていました。駒塚道は美濃駒塚の殿様といわれた尾張藩家老石河佐渡守が名古屋へ参勤するために開いた街道といわれる。
     ↓ 駒塚道道標(美濃路と駒塚道の追分)
     
     ↓ 駒塚道前方撮る
     
     ↓ 駒塚道道標とともに美濃路前方撮る
     

     ↓ 古民家(長い塀が見ものでした)
     

     ↓ つづいて一宮市冨田と書かれた歩道橋と美濃路前方(町並)撮りました。
     

 

   続きの書き込みは 起宿よりについて Ⅰ としています。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 稲葉宿よりについて | トップ |  起宿よりについて Ⅰ »