美濃路・THE美濃路

美濃路・THE美濃路は美濃路の旅、祭、図書館での資料等々をまとめた美濃路総集編ブログです。
 


    

大垣宿よりについて Ⅰ

2016-10-17 | THE美濃路旅

                             大垣宿~垂井宿

                        大垣宿よりについて Ⅰ

     ↓ 大垣宿~垂井宿(美濃路垂井宿垂井追分)図
 ・・・・・部分は消滅した美濃路。緑丸の中黒丸の所は美濃路と中山道の追分、垂井宿垂井追分になります。美濃路は垂井宿垂井追分が終点地になります。

      
     ↓ 大垣宿概略図
     
  ↓ 大垣宿絵図  『美濃路見取絵図』より
   
  ↓ 大垣宿概要(宿高等)
  
 ◇大垣宿について・・・大垣宿は戸田氏10万石の城下町で、美濃国では最大の城下町であった。4層の天守閣を中心に大小の堀が幾重にもめぐらされ、城の周囲には武家屋敷が配置されていた。城の東側には大きな堀が内・中・外と3つめぐらされていたが、美濃路はその外側を東から入って南へ走り、その両側に町屋が並んでいた。城郭に近接して主要街道が貫通しているのは、大垣城下町の一つの特色である。
 墨俣宿方面から城下への入口は名古屋口といわれ、ここに東惣門が配され、次の垂井宿方面への出口は京口といわれ、ここに南惣門が置かれていた。有事の際にはこの惣門大垣城の7つの門(大手・南口・柳口・竹橋口・清水口・龍ノ口・小橋口)とともに閉鎖されて、籠城できる体制となっていた。宿場の部分は名古屋口方面の伝馬町から、本町・竹嶋町・俵町を経て京町方面の船町まで、これを往還町といい、町並みの長さは26町14間であった。この間に10の曲がり角のあるのが、いかにも城下町らしい。街道の両端に惣門を置き通行人の監視も厳しかったようで、諸大名からしばしば苦情が出たという。本陣は竹嶋町にあり、はじめ沼波氏がつとめたが、宝暦5年(1755)岡田氏に代わり、さらに天保14年(1843)飯沼氏に代わった。本陣跡脇に「明治天皇行在所跡」の碑が立っている。これは明治11年(1878)11月、天皇巡行の折にこの本陣に休息されたことを記念するものである。
 脇本陣は本町にあり、大垣城大手門の近くであった。松井喜右衛門からはじまったといわれるが、彼が関ヶ原の役に大垣城二の丸多聞を守った7騎の一人であったことから、このような城郭にとって重要な地点に居を構えた理由とされている。その後戸田氏鉄の大垣城入部とともに、尼崎から移住した上田氏に移った。この脇本陣は「本町本陣」ともよばれており、他の宿場の脇本陣より重視されていたようである。(日下英之著より)
 ↓ 大垣俯瞰図
 
 ↓ 大垣町地図(赤点部分美濃路) 明治24年測図
 
 ↓ 『大垣市地図』より  大正14年(1925)
  
 ↓ 大垣町からの地図  明治24年測図
  赤丸点は美濃路、大垣町内の美濃路は判断が難しく赤丸点で示せませんでした。
 
 ↓ 中曽根村辺り~垂井追分図  明治24年測図(赤丸点は美濃路、緑丸点は中山道)
      
 ↓ 大垣宿 美濃路 四季の路図
 
     ↓ 大垣祭 恵比須やま・松竹やまのやま倉
     
 
    ↓ 大垣城東総門(名古屋口御門跡碑)
     
 ↓ 東総門(名古屋口門)について書かれた立札の書き込み
 
     ↓ 大垣町絵図(部分) 享和元年(1801) 
      緑色矢印は赤坂口、名古屋口御門を指します。
     
     ↓ 大垣宿名古屋口門あたり絵図  『美濃路見取絵図』より
     

 前に進むことすぐ高札場跡の立札
 ↓ 高札場について書かれた立札の書き込み
 
     ↓ 高札場跡 
     
  ↓ 高札場跡の写真(昭和初期)
  
   ↓ 大垣五榜の掲示(五札ある中の第二札)
 幕府に変わり明治新政府は高札の撤去を命じ、五札の太政官の指示を掲示した。
 ※私自身、五榜の掲示であることの書き込みをしっかりと読み取らず、当初は高札と思い込み書き込みをしましたが、大きな間違いをしてしまいました。誠に申し訳なく思っています。ただ、私自身非常に残念なことは、美濃路の中には各宿場に高札場があり高札が掲示されていたと思いますが、大垣宿のものが高札でないことを知った今は大変残念な思いです。私の知る限り美濃路においての高札が一枚も現存してないことになってしまいました。
             
   ↓ 「定」
   
   ↓ 定「解説」
   
     ↓ 本町商店街街並
      
     ↓ 在りし日の本町通り
              
 つづいて美濃路大垣宿脇本陣跡
 ↓ 大垣宿脇本陣跡について書かれた立札
 
     ↓ 大垣宿脇本陣跡の碑
               
          
     ↓ 脇本陣跡のすぐ横辺りに老舗田中屋せんべい総本家
 田中屋せんべいについて・・・創業は安政6年(1859)、初代田中増吉は大阪でせんべいづくりの修業をし、みそ入り大垣せんべいを考案、そして、戸田公10万石の「脇本陣」の一角に店を出した。当時の屋号は玉穂堂といい、現在でもその名残としてみそ入りせんべいの焼型には輪になった稲穂がデザインされている。田中屋は伝統の技法を守ることで、つやのある素朴な風味のみそ入り大垣せんべいを受け継いでいる。
 この書き込みには、田中屋せんべい店が「美濃路脇本陣」の一角に店を出していたということですが、現在大垣宿脇本陣跡の碑が田中屋せんべい店の横に立てられている理由が分かりました。
      
 ◇つづいて本町道標
 ↓ 本町道標について書かれた立札書き込み
 
     ↓ 本町道標
     
 ここまで美濃路を通り本町道標まで来ましたが、まさか冨田駒塚道の分岐点から、ここ本町道標まで駒塚道(竹鼻街道)が続いていたとは驚きでした。竹鼻街道は美濃路の脇往還ということでしょうか。
     ↓ 本町道標とともに竹鼻街道撮る
     
     ↓ ここより美濃路前方(町並)も撮る
     
     ↓ つづいて問屋場跡の碑
     
 大垣宿問屋場について・・・宿場において、人馬継立の業務を行っていた所は問屋場である。ここには、問屋役をはじめ、その助役の年寄、事務担当の帳付、そのほか馬指や人馬指がつめていた。大垣宿の問屋場は本町にあったが、寛文の頃にここ竹島町に移った。幕末には飯沼家が兼帯していた。
 つづいて大垣本陣跡
 ↓ 大垣宿本陣跡についての書き込み立札
 
     ↓ 大垣宿本陣跡(明治天皇行在所跡にもなっている)

     
 明治天皇行在所跡について・・・明治11年(1878)10月22日明治天皇は東海・北陸巡行の帰途、美濃路大垣宿の旧本陣飯沼武右衛門邸に泊まられた。飯沼邸は往還(美濃路)に沿って南面し、主屋は上段の間・上段次の間・家老の間・家老次の間・使者の間・玄関広場・表座敷・膳建の間・料理の間・台所等の諸設が配され、中でも明治天皇が泊まられた「上段の間」は、奥庭に面した書院造の大変風格のある8畳間であった。
     
   ↓ 旧大垣宿本陣跡
    
   ↓ 大垣町(竹嶋町)の震災
 総戸数4504戸の大垣町では、濃尾震災により全壊3356戸・半壊962戸そのうち火災があったのは1473戸とされる。
     
     ↓ つづいて進むこと老舗つちや
     
     ↓ つちや名物柿羊羹
     

     ↓ つちや前より美濃路前方撮る
     
     
↓ ここよりすぐ先に飯沼慾斎邸跡の碑
 飯沼慾斎は医者として本草学者として名が知られた人物、晩年「平林荘」に隠居して、邸内に多くの草木を植え植物学に没頭し、リンネの分類法による植物学書『草木図説』を著した。
     

     ↓ 飯沼慾斎の像
     

 前に進んで、大垣城西総門跡・京口門跡。
 ↓ 西総門・京口御門について書かれ立札書き込み
 
     ↓ 西総門俵町・船町辺り 『大垣宿軒別絵図面』より

      
     ↓ 京口門辺り絵図  『美濃路見取絵図』より
     
     ↓ 西総門あたり 『元禄5年大垣城下図(部分)』より
      
     ↓ 大垣城西総門跡(京口御門跡)
     
 続いては橋の欄干ですが、東西の欄干には「水都 」大垣らしい絵が描かれており、私のお好みで撮りました。
     ↓ 東側の欄干
     
     ↓ 西側の欄干
     
 つづいて船町道標
 文政年間(1818~1830)「左 江戸道 右 京道」と刻まれた道標が建立された。
 ↓ 船町道標の掲示板書き込み
 
     ↓ 船町道標
     
   ◇全昌寺
 美濃路を少し離れますが、船町道標の近くに建つ全昌寺。大垣藩戸田氏鉄の室、大誓院により創建され、朝鮮通信使の宿泊所にもなった。幕末維新に活躍した小原鉄心の墓がある。
 ↓ 全昌寺掲示板書き込み
 
     ↓ 全昌寺山門、上層は鐘楼堂
               
     ↓ 全昌寺境内の図(明治28年刊)
   山門の前を流れる川は水門川で、美濃路はその手前を通っていた。
     
     ↓ 船町各丁境界図
       この辺り船町と呼ばれる場所と思われる
     
     ↓ 明治の船町光景
     
     ↓ 在りし日の船町風景
      
     ↓ 在りし日の船町
     
             
 船町について・・・船町は関ケ原戦役後にできた町。関ケ原役以前に成立した町は「古来町」といい、それは本町・中町・魚屋町・竹島町・俵町・伝馬町のみであったという。これに対し、元和年間にできた町は「出来町」といい、船町・伝馬町北町(岐阜町)・新町・宮町の4町をさす。事実船町は元和6年(1620)に施設されたもので、もと南寺町内村と切石村の一部からなる。慶長6年(1601)1月に木村与次右衛門が大垣伊勢町(現俵町)から移住し、その後4~5年の間に17戸になったという。さらに慶長16年(1611)までに16戸増加し、市街地化したという。この地が今日の船町1丁目であり、船便で輸送された陶器を売る店が多くあったので、俗に「瓶屋町」ともいった。なお、後の貞享2年(1685)の町地坪数は6405.5坪で、家数75軒であったという。船町は明治以後字東船町と字西船町に分かれていたが、昭和18年4月町名改正の時、東水主町の一部西水主町を編入し、船町1丁目~7丁目として今日に至っている。

 船町 住吉燈台・・・天保11年(1840)に港の道標と夜間の目印として建てられた。
 ↓ 住吉燈台、船町港跡について書かれた掲示板の書き込み
 
   ↓ 住吉港跡風景
   
   ↓ 在りしの船町
   
 
↓ 「水門川の歴史」について書かれた書き込み掲載
 
     ↓ 住吉神社
     
 ↓ 奥の細道むすびの地について書かれた掲示板の書き込み掲載。
 
     ↓ 
谷木因俳句道標(復元)
 芭蕉の友人(谷木因)が貞享年間(1684~1688)に建立したという。「南 いせ くわなへ十り ざいがうみち」と刻まれている。谷木因俳句道標。

     
     ↓ 松尾芭蕉像(写真手前が松尾芭蕉像、後ろは谷木因像)
     
     ↓ 奥の細道むすびの地の碑

     
 松尾芭蕉は元禄2年(1689)の秋5か月の旅をここ大垣で終えた。そのおり、芭蕉は「蛤のふたみに別れ行秋そ」と詠み、水門川の船町港から桑名へ船で下った。
          ◇  船町中組常夜燈
 ↓ 船町中組常夜燈について書かれた掲示板書き込み
 
 ◇船町中組常夜燈(2景)
   ↓ 船町中組常夜燈
   
   
   ↓ 在りし日の船町中組常夜燈写真
   
     ↓ 常隆寺
     
 ここからは美濃路を離れ大垣宿を探索しました。探索してカメラで撮った建物、神社、その他等掲載します。
 
   ◇大垣城(大垣城は大垣宿の中央に聳え立っていた。)

  ↓ 大垣城由来
  
  ↓ 戸田大垣藩歴代藩主

  
     ↓ 大垣のシンボル大垣城
     
     ↓ 初代戸田氏鉄公肖像画
     
     ↓ 大垣城についての書き込み
                
    ◇  戦災で焼失前の大垣城
     ↓ 在りし日の大垣城
               
     ↓ 在りし日の大垣城
     
     ↓ 在りし日の大垣城
     
   ↓ 在りし日の大垣城
     
   ↓ 忠霊塔と大垣城(昭和10年頃)
   
   ↓ 「美濃国大垣城絵図」 正保年間(1644~1648)より作成
   
 大垣城七口之門について・・・大垣城は、南と東を大手(城の正面)、北と西を搦手(城の裏)とする要害堅固な城郭であり、総郭(堀に囲まれた内部)には東口大手門・南口大手門・柳口・竹橋口・清水口・辰之口・小橋口の七つの門があった。 

 
 続きの書き込みは 大垣宿よりについて(終点地迄) Ⅱ としています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 墨俣宿よりについて Ⅱ | トップ | 大垣宿よりについて(終点地... »