美濃路・THE美濃路

美濃路・THE美濃路は美濃路の旅、祭、図書館での資料等々をまとめた美濃路総集編ブログです。
 


    

那古野神社大祭今と昔について(名古屋三大祭)

2016-10-17 | THE美濃路祭

              那古野神社大祭今と昔について(名古屋三大祭)
         名古屋城三の丸から明倫堂跡地へ遷座、歴史ある神社、祭りも必見!
    那古野神社大祭(亀尾天王祭)は美濃路名古屋宿に建つ那古野神社の祭です。

 那古野神社大祭、名古屋東照宮祭、若宮祭は名古屋三大祭とされていた。ただ、この三大祭いずれもが戦災の影響を大きく受け、現在も祭は行われてはいますが、戦災前の祭と同様の形で行うことができなくなりました。往時の記録を見ると歴然としています。戦災前の祭が行えれば、大変盛大な那古野神社大祭を観ることができたと思いますが、現在行われている祭の規模では名古屋三大祭とは言えないと思われます。
 ↓ 那古野神社・東照宮名古屋城三の丸に建つ図
 
 ↓ 東照宮・天王社・明倫堂を記した図  『安政名古屋図』より
 名古屋城三之丸内の那古野神社と東照宮図。因みに、名古屋三大祭の一社とされる若宮八幡社は、現在地に遷座する以前は、東照宮が建っていた所に建っていま
した。那古野神社、東照宮、若宮八幡社の関係には不思議な縁(えにし)を感じます。
 
  ↓ 那古野神社と東照宮図  『名古屋市全図』より  明治44年
 下記掲載、緑色矢印の所は旧那古野神社と旧東照宮が建っていた所。この時代には第三師団司令部となっています。赤色矢印は第三師団司令部の所から現在地に遷座した那古野神社と東照宮。ここは明倫堂跡地になります。
     
 那古野神社ついて・・・那古野神社創建は延喜11年(911)、津島牛頭天王社(現在の津島神社)の分霊を勧請したことが始まりとされる。
 慶長15年(1610)、徳川家康の令で清州城を廃し新たに名古屋城を築くことになる。家康が域内にある神社の遷座地を占ったところ、隣に鎮座していた若宮八幡社が若宮町に、那古野神社は遷座不可となり名古屋城三の丸にとどまった。以来名古屋城の鎮守社として歴代藩主から崇敬された。当初は神仏習合し天王社と称していたが、明治初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、社号を須佐之男神社と改称。明治5年(1872)郷社に列した。明治9年(1876)、名古屋城が接収され名古屋鎮台が設置されると、藩校(明倫堂)跡地に遷座するに至る。明治32年(1899)に現在の社号、那古野神社に改称する。
 かっては旧暦6月15日、16日が祭礼日で、同じ祭礼日の若宮八幡社例祭とともに祇園祭と呼ばれた。
 名古屋城三之丸に建っていたころの亀尾天王社、この図には安養寺が描かれていますが、この安養寺はもとは亀尾天王社の宮寺とされる。明治新政府の神仏分離令により分けられたとされる。
  ↓ 亀尾天王社図会  『尾張名所図会』より
  
  ↓ 亀尾天王社 『尾張名陽図会』より
 那古野神社は天王社と呼ばれ名古屋城三の丸の所に建っていた。若宮八幡社とは隣接して建っており、若宮まつりと那古野神社祭りは、合同で祇園祭と称して華やかなお祭りが行われていたと思われる。
  
  ↓ 亀尾天王祭賑わいの絵  『尾張年中行事絵抄』より
  
  ↓ 天王祭宵祭絵  『尾張年中行事絵抄』より
  
  ↓ 「天王祭片端試楽」図会 『尾張名所図会』より  
 片端とは名古屋城三の丸本町御門南側辺りではないでしょうか。
  
  ↓ 天王祭 朝祭
  
       ↓ 片端のだんじり絵  伊勢門水画 
       
 ↓ 名古屋天王祭礼図巻(部分)  
 天王祭を描いている。天王祭での山車は車楽(だんじり)と呼ばれ、大型の山車として有名であった。天王社の社名は現在那古野神社と称し、祭礼は那古野神社大祭としている。
 
 ↓ 那古野天王祭礼図巻(部分)
 車楽は前車と後車が曳きだされ、前車は名古屋村と広井村、後車は車町と益屋町が隔年交代で当番をつとめた。宵祭りで車楽には提灯が取り付けられ、翌日には提灯に替わり屋形を設けて能人形を置いた。
 
     ↓ 「片端壇尻車 朝祭」絵  『名古屋名所団扇絵』より
     
       ↓ 宵祭 朝祭絵
       
   ↓ 在りし日の那古野神社
   
   ↓ 在りし日の那古野神社
   
  ↓ 那古野神社遷座地  『名古屋市鳥瞰図』より  昭和11年(1936)
 赤矢印の所は那古野神社になりますが、那古野神社は東照宮東に建っています。名古屋城は那古野神社の北方向に建っています。
  
  
↓ 那古野天王まつりポスター
  
 那古野神社大祭(名古屋天王まつり)について・・・那古野神社(旧三の丸天王社・須佐之男神社)は、明治9年(1876)に現在地へ移転となるまで名古屋城三の丸内に鎮座され、 2輌の車楽を片端筋(現在の外堀通・「本町橋」交差点周辺)に飾り立てることを主旨とした祭りを行っていた。しかし、明治25年以後、白木の神輿2基を中心に東照宮祭のような警固が供奉する行列祭りへと変更されたとしている。 2輌の車楽を片端筋(現在の外堀通・「本町橋」交差点周辺)に飾り立てることを主旨とした祭りが行われた。那古野神社には当初車楽は2輌あったとされる。かっての車楽は戦災等でなくなり、現在の神社では焼失を免れた旧茶屋町の車楽を組み立て境内に飾っているとのこと。
 車楽に対する見舞車、献灯車として多くの山車が造られた。尾張藩十代藩主斎朝公が車之町に胡蝶の舞の人形を据えた小車を与えたのが見舞車の起源とのこと。最盛期には天王氏子の車之町、益屋町、名古屋村、広井村、戸田道から16輛もの見舞車が曳き出されたといわれます。ただ、見舞車も、明治維新で氏子区域の変更や祭礼形態の変更があったため、よそへ売られたり自町の祭りに曳かれるようになり、那古野神社の祭礼に参加することはなくなったとされる。現在の那古野神社祭りと往時の祭りとでは、大きく祭りの形態が変化していると思われる。16輌の見舞車が祭りに曳きだされた時の那古野神社大祭は、最も華々しい祭りを行っていたと思われる。
 見舞車一覧
  旧広井村   紅葉狩車=上花車  二福神車=下花車  唐子車=内屋敷
         神功后車=新屋敷  弁天車=戸田道   胡蝶車=祢宜町
         神楽車=古江    張良車=中之切   人形車=祢宜町
  旧名古屋村  翁車=新道     殺生石車=新道   散手車=郷
         湯取車=小伝馬町  浦嶋車=万松寺領
  その他    和布刈車=車ノ町  靭猿車=益屋町    計=16輌
 ↓ 須佐之男神社 神輿渡御之図
 
 ↓ 上の神輿渡御之図トリミング2枚掲載
 
 ↓ 神輿渡御之図トリミング
 
 2014年7月15日・16日の両日に行われた那古野神社大祭奉納余興
 那古野神社大祭奉納余興が書かれた用紙があり、右側部分と左側部分に分けて掲載します。
 ↓ 右部分
 
 ↓ 左部分
 
   ↓ 天王祭山車揃い
     写真前より1輌目、2輌目は車楽ではと思います。
   
   ↓ 開府三百年祭の会場にて撮られた写真です。写真に撮られているのは那古野神社祭に曳きだされた車楽2輌ではと見ましたが・・・・・。
    
     ↓ 那古野天王祭の車楽  昭和10年頃
 名古屋天王祭は、熱田大山祭や津島天王祭と同じく中世以来の伝統を誇り、車楽の出る祭であった。車楽は本町御門前に2輌飾られ、宵祭りには多くの提灯を、朝祭には能人形を飾り装いを変えて観客を楽しませた。
      
 7月15日 試楽祭(宵まつり)
 那古野神社大祭の一日目は、海東流神楽太鼓、からくり人形、奉納舞踊等が神楽殿にて行われ、二日目は神輿渡御が行なわれました。両日とも天気に恵まれ祭り日和でしたが、二日目に行われた神輿渡御は猛暑の中、神輿を担いで那古野神社鳥居より出て行かれました。途中休憩はされるとはいえ、神輿を担いで名古屋市内を担ぎ回わることは、さぞかし大変かと思った次第です。夏祭りにふさわしい夏日和で行われた祭りは、想像していた以上に大変かと思いましたが、カメラを持っていつも通り撮ってきました。出来映えはどうでしょうか?那古野神社大祭にて撮った写真を掲載します。
    ◇那古野神社大祭一日目◇
    那古野神社大祭の日の鳥居
     ↓ 大祭の日の鳥居
     
     ↓ 大祭の日の鳥居
         
     ↓ 大祭の日の鳥居
     
     ↓ 那古野神社玄関にて
     
     ↓ 那古野神社神輿
     
     ↓ 神輿
     
     ↓ 建屋に置かれた神輿
     
     ↓ 3台の神輿
     
 那古野神社大祭の日の拝殿
     ↓ 大祭の日の拝殿
     
     ↓ 大祭の日の拝殿・拝殿前  拝殿前に笹提灯が飾られ趣は良い!
 那古野神社の笹提灯について・・・伊勢門水「名古屋祭」から引用すると「氏子の町民は長い笹に小提灯をいくつもつけ三三五五打連れて天王社又は車楽にささげに来る。天王社車楽では此の提灯を受け取り更に一つの提灯を渡すというのが古例になっているが、古い古い五百年の笹踊りの遺風で夫れが今以て絶へぬとは尊い次第である。・・・〈中略〉・・・此の因縁は信長公時代からの古例で・・・」と書かれているとしています。
 笹提灯の奉納、そして、山車の芯の提灯に炎を頂く、織田信長公以来古式ゆかしい神事とされているとのことです。
     
     ↓ 大祭の日の拝殿・拝殿前提灯
     
     ↓ 神楽殿(能舞台兼用)
     
     ↓ 神楽殿
     
     ↓ 神楽殿の夜
     
   ◇往時を偲ばせてくれる天王車
     ↓ 天王車(昼間)
     
     ↓ 天王車の提灯
     
     ↓ 天王車の提灯
     
     ↓ 天王車の提灯
     
     ↓ 夜の天王車 提灯の灯り
     
     ↓ 天王車提灯
     
     ↓ 境内の提灯
     
     ↓ 境内におかれた団扇
     
     ↓ 車楽に飾られていた能人形
 能人形は旧茶屋町から寄贈されたもので「楊貴妃」と「玄宗皇帝」といわれる。
     
     ↓ 狛犬
     
 海東流神楽太鼓
 神楽太鼓(太鼓を叩くことは勿論ですが、バチさばきが曲芸的でちょっとミスされる場面もありましたが、海東流の本領発揮、真剣な姿は美しいの一言に尽きます!感銘しました。)
     ↓ 神楽太鼓
     
     ↓ 神楽太鼓
     
     ↓ 神楽太鼓
        
 ↓ 神楽太鼓
  
 ↓ 神楽太鼓
 
 ↓ 神楽太鼓
 
     ↓ 神楽太鼓
     
     ↓ 神楽太鼓
     
 からくり人形『三番叟』
     ↓ 三番叟
     
     ↓ 三番叟
     
     ↓ 三番叟
     
     ↓ 三番叟(からくりにて顔変身)
     
   奉納舞踊     
     ↓ 舞踊
     
 ≫那古野神社大祭一日目(試楽)終了

 ≫那古野神社大祭二日目 例祭 「神輿渡御」
     ↓ 男衆が担ぐ神輿
          
     ↓ 神輿前にて担ぎ衆記念撮影
     
     ↓ 女衆が担ぐ神輿と那古野神社入口(玄関)
     
     ↓ 獅子が気になり撮る
     
     ↓ 神輿を担ぎだす前に拝殿前に担ぎ手集合
       水分補給等体調に気を付けて担ぐようにと呼びかけ。
     
     ↓ 男衆神輿前にて安全祈願
     
     ↓ いざ神輿出陣!
     
 ↓ 神輿出陣序盤(長い道乗り、頑張るしかない!)
 
 ↓ 神輿拝殿前を通る
 
 ↓ 拝殿前神輿
 
   ↓ 那古野神社鳥居内側にて神職さん打ち合わせ?
   
   ↓ 雅な装い
   
 いよいよ神輿等が鳥居を通り抜ける

   ↓ 一番初めに出てきましたが名称は分かりません
   
   ↓ 次のも撮る
   
   ↓ 神輿担ぎだし前に、いろいろな服装をした人たちが鳥居より出てくる。
   
   ↓ 神輿鳥居をくぐる
   
   ↓ 男衆の神輿鳥居をくぐる
   
   ↓ 男衆の神輿を見送る
   
   ↓ 女衆神輿、鳥居方向へ向かってくる。
   
   ↓ 女衆の神輿鳥居くぐる
   
   ↓ 女衆神輿見送る
   
   ↓ 女衆神輿遠のく
   
         
 最後女衆の神輿を見送りました。もう少し若ければ途中の様子も撮影したいところですが、老いの身ここで別れを告げ帰宅しました。

 以上で書き込みは終了します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 若宮祭について(名古屋三大祭) | トップ | 名古屋東照宮祭について(名... »