箕面市の給食

おいしい給食を
いっぱい食べましょう!

トマトジャムのつくりかた

2016年07月06日 | おすすめレシピ

太陽ののめぐみをいっぱい浴びたトマトジャム!
一部の学校では市内産のとれたての完熟トマトを使用しました!

 
左が普通の大きさのトマト、右がフルーツトマト、どちらも完熟です

トマトのへたをとり、皮を湯むきします。

トマトの重さの約30%のさとうを加えてゆっくり煮詰めていきます。
この日のトマトは完熟だったので手でかんたんにつぶれました。おうちではざくざくと切るか、
ミキサーなどであらくつぶすといいですね。

半分の量になるまで煮詰まったら、レモン汁を加えてできあがりです。

給食では、いちごやりんごなどの季節の果物や野菜を使って手作りのジャムを作っています。


この記事をはてなブックマークに追加

イチゴジャムのつくりかた

2014年04月18日 | おすすめレシピ

春がしゅんのいちご!!!

お子さんといっしょにジャムをつくってみませんか?

<材料> 

①1~2週間で食べきる場合

  いちご(へたをとったもの)500gに対して
  さとう100g~150g
  レモン汁 大さじ1はい 

②日持ちさせたい場合

 いちご500gに対して
 さとう200g~250g
 レモン汁 大さじ1はい

さとうの量はいちごの甘さによってかわりますので
最初は少なめに入れて、途中で味をみて足してくださいね。

<つくりかた>

①いちごは洗ってへたをとり、重さをはかる。
②いちごの重さに対して、砂糖の量を決める。
③なべにいちごとさとうの3分の2の量を入れて、まぜる。
 いちごの形を残したいときは木ベラで混ぜながら弱火で煮る。
 なめらかなジャムにしたい場合は、ビニール手袋をして
 手でつぶしてから弱火で煮る。
④木ベラで こげないようにまぜながら、煮る。
 とちゅうで白いあわのような「あく」がでてくるので
 ていねいにとる。
⑤ジャムの量が半分くらいになったら、味をみて
 残り3分の1の砂糖をかげんしながら入れる。
⑥最後にレモン汁を入れると、香りと色がよくなります。

 パンだけでなく、ヨーグルトに入れてもおいしいですよ。
  

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

レシピ紹介 「とうふの洋風スープ」

2013年09月18日 | おすすめレシピ

とうふとトマト味のくみあわせの洋風スープ。
さっぱりした味わいがやみつきになりますよ。

<材料  2人分>

とうふ(きぬこしタイプ)・・・40g  ウインナーソーセージ…3本
たまねぎ・・・・・・・・・・4分の1こ   じゃがいも・・・・・・・・・・1こ
にんじん・・・・・・・・・・・・・・20g   ピーマン・・・・・・・・・・・2分の1こ
トマトケチャップ・・・…大さじ2    固形ブイヨン・・・・・・・2分の1こ
塩・こしょう・ウスターソース・・・・お好みで

<つくりかた>

①とうふは1cm角に切って水にはなしておく。
②ウインナーソーセージはななめうすぎり、じゃがいもは1cmの角切り
  たまねぎ、にんじん、ピーマンはそれぞれ1cm角の色紙切りにしておく。
③なべに湯をわかし、にんじん、たまねぎ、ウインナーを入れて煮る。
④にんじんがやわらかくなったら、固形スープとじゃがいもを入れ、弱火で煮る。
(じゃがいもを入れてから、しばらく低めの温度で煮ると、じゃがいもが四角いまま
くずれません。)
⑤トマトケチャップを入れてしばらく煮る。
 野菜がやわらかくなったら塩、こしょう、ウスターソースで味をととのえる。
⑥とうふとピーマン(ピーマンはもちろんそのまま煮てもよいのですが
 一度レンジで加熱すると色がきれいにしあがります。)を加え、しばらく煮て
できあがり。
   トマトの酸味が気になる人は、ほんの少しさとうを加えると酸味がやわらぎます。


この記事をはてなブックマークに追加

ポテとピザ

2013年06月29日 | おすすめレシピ

 給食では大量のため、味をなじませやすく
材料を混ぜて作り、粉チーズをふって焼きますが、
ご家庭では、それぞれかさねて、さいごにとろける
チーズをのせるほうが
「ピザ」というふんいきになりますので、
今回は電子レンジを使ったご家庭バージョンでご紹介します。

材料 (2人分)

じゃがいも   1こ
たまねぎ    8分の1こ
ツナ缶     小1缶
塩、こしょう  少々
トマトケチャップ        大さじ1~2
とけるタイプのチーズ    お好みで

 作り方

① じゃがいもはいちょう切りにし、耐熱皿にのせ電子レンジで2分加熱する。
② ①に塩、こしょうを軽くふってまぜておく。
③ じゃがいもの上に、ツナ缶、うすぎりにしたたまねぎ、をひろげてのせ、
   上からトマトケチャップとチーズをのせる。
④ ふたたび電子レンジでチーズがとけるまで加熱する。 
   またはトースターで加熱する。 


 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ごーやちゃんぷるーのつくりかた

2012年06月26日 | おすすめレシピ

 沖縄や九州など、暖かい地方とれる「ごーや」(にがうり)
最近では関西でもよく食べられるようになりました。
苦さが特徴の「ごーや」ですが、「苦味」は一般的に子どもは嫌いですね。
これは、あたりまえなのです。
人間は本能的に「苦味=毒」と認識し、命を守るようプログラミングされています。
何度も食べて「だいじょうぶ」と学習しないと、「苦味」のもつ風味やおいしさを感じる
ことはできません。給食では、使う量を少量にし、調理時には、塩でもんだり水でさらしたりと
苦味をやわらげる工夫をしています。

 

ごーやちゃんぷるー

 

<ざいりょう>(2人分)

  まぐろ水煮・・・40g  油揚げ・・・6g    
  にがうり・・・10g(もう少し多くてもOK)
  にんじん・・・20g    きゃべつ・・・30g
  糸こんにゃく・・・30g
  塩、こしょう・・・少々   しょうゆ・・・小さじ1
  ごま油・・・小さじ1    花かつお・・・少々

<つくりかた>

①まぐろ缶は汁をきっておく。(豚肉でもよい)

②にんじん、きゃべつはたんざく切りにする。

③ごーやはたねをとってうすぎりにする。(苦いのがいやな人は
 うすぎりにして塩でもんで洗うかさっとゆでて水にさらしておくとよい。)

④糸こんにゃくは食べやすく切り塩でもんでゆでておく。

⑤フライパンにごま油を熱し、まぐろ缶とにんじん、糸こんにゃく、ごーやをいためる。
 塩、こしょう、しょうゆで味付けしておく。

⑥きゃべつを入れていため、火が通ったら花かつおを入れていためて、
 塩、こしょう、しょうゆで味をととのえて仕上げる。

 

☆ちゃんぷるーとは沖縄のことばでいためものののこと、
にがうり(ごーや)を使うとごーやちゃんぷるー、
そうめんをつかうとそーみんちゃんぷるー。
とうふを使ったり、ふを卵にひたしていためたりといろいろです。


この記事をはてなブックマークに追加

ししじゅーしのつくりかた

2012年06月26日 | おすすめレシピ

 毎年6月23日は、沖縄慰霊の日にちなんで、沖縄料理を給食で実施しています。
今回は、豚肉と昆布のたきこみごはん「ししじゅーしい」です。
沖縄では、豚の三枚肉を煮たものをきりわけて炊き込むそうですが、
給食バージョンでは角切り肉を使用しています。
昆布は沖縄料理では、よく使われる食材です。市販の「細切り昆布」を使うか、
出し昆布をキッチンバサミなどで小さく切って使ってください。 

ざいりょう(2人分)

こめ・・・200g    水・・・270cc
豚肉(角切り)・・・40g
刻み昆布・・・2g   グリンピース・・・10g
塩・・・小さじ1    しょうゆ・・・小さじ1
料理用の酒・・・小さじ1   

つくりかた

①    米はふつうに洗ってざるにあげておく。

②    豚肉をさっとゆでる。ゆで汁はとっておく。

③    刻み昆布は水につけてもどしておく。

④    炊飯器に米と②の豚肉、③の刻み昆布

昆布をもどした水、豚肉のゆで汁、調味料を一緒に入れて水加減する。

(すましじるよりもすこし濃い目の味になるように塩、しょうゆ、酒を 入れて味を調節する。)

⑤    スイッチオン!あとはまつだけ!

 


この記事をはてなブックマークに追加

おすすめレシピ 鶏肉のアドボ

2012年06月08日 | おすすめレシピ

鶏肉のアドボはいかがでしたか?

酢を使っていますが、酸味は少なく、さっぱりしていておいしいですよ。

フィリピンの料理を参考にしてつくっています。

材料   (2人分)

鶏肉(骨付き手羽元)    4本
酢               大さじ3
さとう             大さじ1~2
しょうゆ           大さじ2~3
水              鶏肉がかぶる程度
にんにく          ひとかけ

①鍋に熱湯をわかし、鶏肉を一度入れて
  余分な油をとる。

②なべに調味料とみじんぎりしたにんにくと
 鶏肉がかぶる程度の水をいれ、ひと煮たちさせる。

③①の鶏肉を入れて(鶏肉がかぶる程度に煮汁の量は調整してね。)
 アルミホイルかクッキングペーパーで落し蓋をして煮る。
 時間をかけてコトコト煮てね。

 調味料は水の量によって変わるので、味をみて薄ければしょうゆ
 を足してください。
 酢はけっこうたくさん入れますが、煮ている間にすっぱみがとぶのでOKです。

 残った汁は捨てずに、ゆでたまごをつけこんだり、大根を煮てもおいしいよ。


この記事をはてなブックマークに追加

おすすめレシピ キーマカレー

2012年06月07日 | おすすめレシピ

ナンとの組み合わせで大好評だった「キーマカレー」のレシピを紹介します。
もちろん、ごはんと組み合わせてもとってもおいしいですよ。

ざいりょう(2人分) 

  豚ひき肉・・・60g       にんにく・・・ひとかけ
  しょうが・・・ひとかけ   たまねぎ・・・80g
  にんじん・・・30g     じゃがいも・・・60g
  グリンピース…10g    油・・・小さじ1
  小麦粉・・・・・20g    バター・・・16g
  カレー粉・・・小さじ1~2     塩・・・小さじ1
  ブイヨンスープ・・・300cc    牛乳・・・50cc
  ウスターソース・・・大さじ1   りんごすりおろし・・・大さじ1
  トマトケチャップ・・・大さじ2   粉チーズ・・・少々

つくりかた

①    にんにく、しょうがはみじんぎりにする。

②    たまねぎ、にんじん、じゃがいもは1~1.5cm角に切る。

③    グリンピースは熱湯をかけて周りの氷をとかしておく。

④    なべに油を熱し、にんにく、しょうが、豚肉とやさいの順にいため、ブイヨンスープをくわえて煮る。

⑤    カレールウをつくる。フライパンを熱しバターを入れて溶かし、小麦粉をふるいながら加えて弱火でゆっくりいためる。しばらくするとモロモロになってくるがいためつづけるととろりとなめらかになってくるので、中火にしてゆっくり茶色になるまでいため、カレー粉を入れてまぜ、火を止める。

⑥    ⑤に⑥のルウを加えて、ケチャップ、ソース、りんごピューレなど加えて味をととのえる。

カレールウを手づくりするのは時間がかかるのですが、味は最高です。
材料を小さく切るのがポイントです。


この記事をはてなブックマークに追加

トマトジャムのつくりかた

2011年09月15日 | おすすめレシピ

<トマトジャムのつくりかた>

 

材料  トマト・・・2~3こ   さとう・・・トマトの重さの約3分の1
     レモン汁・・・大さじ1はい

つくりかた

①トマトの皮をむく。 
 ・鍋にトマトがつかるくらいの量の湯をわかす。
 ・トマトの表面に包丁で十字に切り込みを入れる。
 ・ふっとうした中にトマトをいれ、十字の切り込みが少しめくれたところで
  鍋から取り出し水で冷やす。
 ・するすると手で皮がむけます。へたは包丁でとってね。
②トマトをざくきりにする。(このとき、たねをとっておくとよりしあがりがおいしくなります。)
③トマトを鍋に入れ、さとうを2回にわけて加え、弱火でゆっくり煮る。
 (さとうの量は味をみながら調節してね。)
④煮詰めすぎるとかたくなります。とろりとしてきたところ(ケチャップよりももっとさらりとした感じ)
 で、レモン汁を加えて火をとめる。


この記事をはてなブックマークに追加

りんごとさつまいものオーブン焼きのつくりかた

2010年11月10日 | おすすめレシピ

 

   10月の給食に登場した「りんごとさつまいものオーブン焼き」
  秋の食材を使った初登場メニューでしたが、これが大好評
  「つくりかたを教えてほしい」の声がたくさん届きましたので紹介します。
 材料  りんご(つがるや千秋、紅玉などかためで酸味のあるもの)・・・1こ     
         さつまいも・・・1本
         さとう・・・・大さじ1  水・・・大さじ2  バター・・・少々
 つくりかた 
     ①さつまいもは皮をむき、1cm~1,5cm厚さのいちょうぎりにする。
     ②なべにさつまいもとひたひたの水(分量外)を入れ、かためにゆでる。
       (家庭では耐熱皿にいもをならべ、ラップをして電子レンジでもOK)
     ③りんごは、芯をとって八等分し、1cm厚さに切る。
     ④なべにさとうと水をあわせて火にかけ、シロップをつくる。さいごにバターも入れてとかす。
     ⑤かためにゆでたさつまいもとりんごをオーブン皿にのせ、④のシロップをかけてかるく
      まぜる。(シロップが全体になじむように)
     ⑥180度のオーブンで8分~10分焼く。

     さつまいもを生のままオーブンで焼くと表面がかたくなってしまうので、
     先にさっとゆでるのがコツです。
     材料とシロップをさっくりとまぜて全体にあまみがほんのりついているほうが
     りんごの酸味がひきたちます。
     シロップの量はおこのみで加減してください。
     ただし、本来のサツマイモやりんごの味を失わないように、ひかえめにね!


この記事をはてなブックマークに追加