撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

自分たちの手で行事を企画しよう!(こども会講習会)

2017年03月09日 | こんなことがありました!

3月4日(土曜日)・5日(日曜日) 「こども会メンバーリーダー講習会」が開催されました。

この講習会は、4月からこども会活動の中心となる新5・6年生と育成者(大人)を対象に行うもので、今年度は豊川北小学校ほか4会場で2日間にわたり開催し、150人の子どもと91人の育成者が参加しました。

 
講習は4月からこども会の役員となる新5・6年生(メンバーリーダー)が、自分たちの手で楽しく安全にこども会行事を考えるノウハウを学ぶものです。
今まではこども会行事に参加するだけの立場でしたが、4月からは上級生「こども会役員」として行事を考えていく立場になることや、実際に行事を組み立てていく手順などを育成者(大人)と、こども会役員(メンバーリーダー/新5・6年生)が一緒に研修します。

講師を務めるのは黄色やピンクのトレーナーを着ている箕面市リーダークラブです。

テキストを読んだり、大事なところに線をひいたり…。

ちょっと休憩のゲームも入れながら…。

こども会活動で小学1年生から6年生までが楽しむにはどうしたら良いのかを考え、お金の支払いや場所の予約など、子どもではできないことを大人(育成者)の人に手助けしてもらうことや、行事を組み立てていく手順をしっかり学びます。

それから、各テーブルで育成者(大人)が進行役となり、こども会役員が実際に、新入生歓迎会のプログラムを考えていきます!!

「行事の目的って、何だろう?」
「新入生と仲良くなる!」
「みんなのことを知る!」
「こども会の良さを知ってもらおう!」

具体的なプログラムでは・・・。
「新入生歓迎会やから、紹介の時間いるよな。」
「記念写真もとろうね!」
「おやつ食べよう?」
「ゲーム大会、どんなゲームしよっか?」

いろいろな意見が出ますが、こども会は1年生から6年生までの集まりなので低学年も無理なく参加できる行事を計画します。


考えた内容を発表します。


そして、計画を実行するには、何の係が必要かも考えました。
各こども会それぞれに、いろんな新入生歓迎会のプログラムを立てていました。

行事をするうえで、他に気をつけることは…?
それは、安全面です。
こども会KYT(危険予知トレーニング)シートを使って学習します。


※これがKYT(危険予知トレーニング)シートです。

活動場面のイラストを見て、どこに危険が潜んでいるかを見つけ出し、安全対策を考えて実践に結びつけます。


「どこが危ないかな?」
「この後どうなるやろ?」「どうしたら安全かな?」

最後は、お待ちかねの班対抗ゲーム大会!
大人も混じって体験します。


「ボディジャンケンリレー」
体ジャンケンをして負けてしまったらチームメイトにタッチして再挑戦!勝ったら相手をぐるっと回って次の人へ交代します。早く全員が終わったチームの勝ち!
 


「新聞長つなぎゲーム」
肩を組んだ二人で息をあわせて制限時間内に新聞紙を長くちぎっていきます。チーム全員交替してちぎり、一番新聞を長くできたできたチームの勝ち!
 


「人間知恵の輪」
チームで円になり、繋いだ手をくぐったり、またいだりして複雑な知恵の輪にします。別のチームはこれをほどいていき、制限時間内にほどかれなかったチームの勝ち!

ゲームを体験したあとは、実際に下級生にゲームの説明をする時の注意点を教えてもらいました。
こども会メンバーリーダーとなる新5・6年生は、この講習を受けて、『これから自分たちの手でこども会行事を企画するんだ!』という気持ちになってくれたと思います。
仲間と協力しあって、楽しいこども会活動にしようね!
 
講習会を指導していただいた、箕面市リーダークラブのみなさんありがとうございました。
こども会育成協議会育成者のみなさんお疲れ様でした。これから子どもたちと一緒にこども会活動を楽しんでくださいね!
 

<自分たちで考えた行事って、楽しそう!
                           モミジーヌもこども会に入ろっと!!!

【最後にPRです!】
「こども会」は各地域で活動しています。入会は随時受付けております。(詳しくはこちら。)

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「春のこどもフェスティバルi... | トップ | 「春の全国火災予防運動」に... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む