撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

第20回みのおの子どもを育てる大人たちの学習会が開催されました!

2017年07月14日 | こんなことがありました!

7月8日(土曜日)箕面市立メイプルホール大ホールにおいて、『みのおの子どもを育てる大人たちの学習会』が開催されました。
 
この学習会は、箕面市青少年を守る会連絡協議会と箕面市教職員組合が、「地域の子どもは地域で育てよう」を合言葉に、実行委員会を結成して企画されました。今回で20回目の開催です。

 
(実行委員長のあいさつ)
 
今年度のテーマは、
『すべての子どもたちが“笑顔”であるために』でした。
箕面の子どもたちの中には、学習面、生活面、友だち関係、学校に行きたくない、家庭環境の課題など、様々な課題を抱えた子どもたちがいます。
地域・家庭・学校において今何ができるのかを考えるために、学校及び行政での取り組みの紹介や問題提起の寸劇、そして講演会が行われました。
 
≪第1部≫プレゼンテーション This is 箕面の教育2017
○学校における子どもたち・家庭のサポート(西南小学校)

 

○箕面市の「貧困の連鎖の根絶」に向けた取り組み(子ども成長見守り室)

 

≪第2部≫寸劇や講演で伝えるメッセージ
=問題提起の寸劇=
各小学校区の青少年を守る会の有志と市内小中学校の教職員が5話構成の寸劇で問題提起を行いました。
 
オープニング「すべての子どもたちが“笑顔”であるために」

第1話/あるマンションでは…

 

第2話/学校では…

 

第3話/家に帰ると

 

 第4話/地域のお祭りで…

 

 

第5話/出会いから…

 

 

(出演者のみなさん)
 
 


=講演=
湯浅 誠さん
 
東京大学法学部卒。平成20年末の年越し派遣村村長を経て、平成21年から3年間内閣府参与に就任。震災ボランティア連携室長、社会的包摂推進室など政策決定の現場に関わられていました。現在は法政大学現代福祉学部教授のほか、ラジオのコメンテーターなどでもご活躍されています。

湯浅さんは、「貧困」はお金という経済的な要素だけでなく、「つながり」や「自信」がないことが問題であり、ぜひ地域でも子どもたちに日頃の挨拶を含めた声かけや、様々な体験・経験の機会を作り、子どもたちを育んでもらいたいとお話されていました。

この学習会を通じて、参加者(学校・家庭・地域)が「すべての子どもが笑顔であるために」なにができるか、それぞれの立場で考え新たな気づきを得られる貴重な機会となりました。

<みんなが笑顔でいるためにできることをモミジーヌも考えてみるモミ~

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度第40回全国高等学... | トップ | ゆずるが、箕面市立青少年指... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む