撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

第28回MOA美術館全国児童作品展において金賞を受賞された下園和匡仁さんに箕面市長表彰!

2017年03月16日 | こんなことがありました!

「第28回MOA美術館全国児童作品展」(主催:公益財団法人岡田茂吉美術文化財団)において金賞を受賞された下園和匡仁さんに、3月14日(火曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



「第28回MOA美術館全国児童作品展」には、全国及び海外から絵画314,152点、書写147,415点、版画434点の合計462,001点が出品され、下園さんは絵画の部に出品し、みごと金賞を獲得されました。金賞は文部科学大臣賞や審査員賞などに選ばれた15名に次ぐ賞であり、これは本当にすごいことなのですが、お母さんは「本人はあまりピンときていないようです」と話されました。



下園さんは絵をよく描かれるそうで、こども二科展や世界児童画展で入賞されたことがあるとのことでした。

今回受賞された絵は、いか釣り漁船を題材として夏休みに1週間かけて描いたもので、現地でデッサンを描くのではなく、家に帰ってから写真と記憶を元に描いたのだそうです。
2月19日に静岡県のMOA美術館内にある能楽堂で行われた授賞式に参加された際は、厳かな雰囲気の中、終始緊張されていたそうです。
この作品展は毎年行われており、下園さんは「来年も描きます」と話されました。



倉田市長は、「今回の受賞はとても驚きました。これからもいろんな絵にチャレンジしてください」と激励しました。

 

 


 

<下園さん、おめでとうございます!金賞は本当にすごいモミ!

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の料理作りに挑戦!~親子... | トップ | 民間企業派遣職員からのメッ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む