撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

「第56回国際理解・国際協力のための全国中学生作文コンテスト」において佳作を受賞された上田裕佳さんに箕面市長表彰!

2017年04月03日 | こんなことがありました!

昨年10月に行われた「第56回国際理解・国際協力のための全国中学生作文コンテスト」(主催:外務省、公益財団法人日本国際連合協会)において佳作を受賞された上田裕佳さんに、3月23日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。



上田さんは今回のコンテストに、国連と難民問題を題材にした、国連を通じた日本の役割についての作文を出品されました。
作文の資料として、以前担任だった先生が海外青年協力隊に参加しウガンダの難民キャンプを訪れた際の経験が掲載されたブログや、テレビのニュースで流れる難民に関するニュース、インターネットの記事などを参考にしたそうです。
「難民問題は解決が難しいため長引いている問題で、作文では日本がどのようにすべきかについて書きました」と話されました。



幼い頃から自分で絵本を作るほど書くことが好きで、日記を書くと1日があまりに長くなってしまったり、紙芝居を作ると物語が膨らみすぎたりして、最後まで書けなかったこともあるそうです。
将来の目標について伺ったところ、「バレエを2歳の頃から習っていて、バレエダンサーになるのが夢です」と話されました。



倉田市長は、「作文や絵を作る力を活かして、いろいろな分野で活躍してください」と激励しました。



<上田さん、おめでとうございます!上田さんの書いた物語を読んでみたいモミ!

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「JAPAN CUP 2016日本選手権... | トップ | 箕面プレミアムゆずマーマレ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む