みのハイキングクラブ

友と山に登り、自然に親しみ、心身を健やかに、親睦を深めます。

薙刀山

2017-03-20 09:07:13 | クラブ山行

クラブ報

2017年3月19日(日)     天候 晴れ     参加者 16名

  

CL 泉谷さん  
 
薙刀山は、白鳥町石徹白と福井県境の山で、白山から南に伸びる山稜上の優美な山容の山である。青葉30山で、今回は積雪を踏み山頂をめざす。
 
まだ暗い関市役所に、16名が集合してCL挨拶後、4台の車に分乗して石徹白中居神社をめざす。途中、白鳥道の駅でトイレ休憩をしたが、強い冷え込みはなかった。千年杉に囲まれたパワースポットの中居神社に到着する。駐車場は満車状態で、他県からの車が多数あり、人気の野伏ヶ岳へ向かう人々か?
 石徹白川に掛かる橋を渡ると、霊峰白山を取り囲む春風(家来)の一つの薙刀山を目指す一歩の始まりです。今年は雪に恵まれてすぐに厚い雪道です。林道をショートカットしながら着いた和田牧場跡で休憩。広々とした丘が広がり、大パノラマの台地です。牛が遊んでいる昔日の風景が目に浮かびます。
 
ガスってはいるが、はるか彼方に薙刀の形をした目的地を捉える。真っ白な雪の上のトレースを辿る。小春日和の風がそよぐ、山毛欅の林を進む。膨らんだ新芽に春を感じつつ自然の息吹から元気をもらい、皆の足取りは軽い。稜線手前でワカンを履く。真っ白に聳える山頂までの稜線歩きは風も穏やかで快適である。黄砂なのか靄がかっている。予定時刻より1時間も早く山頂到着し、最高の景色と感動が、雪が解けるように心に溶け込んでいく。早めにランチタイムとし、今日が誕生日のUさんを祝い、Tさんがつくった横断幕を掲げ記念写真を撮る。人生の至福のひと時を皆で分かち合い山頂を後にする。
 
帰路は往路を戻る。強い日差しでないのが幸いして足を取られることも無く、快適な雪山歩行となった。和田牧場跡でワカンをはずして、中居神社までツボ足で歩く。16人全員の完登と無事の下山を、神社の泰澄大師と山に深く感謝とお礼をして帰路に着く。白鳥道の駅で、珈琲をいただき、リーダー挨拶後、解散となる。
                           (記録担当 森島さんの報告より)

 コースタイム 
関4.30=美濃IC=白鳥IC=白鳥道の駅=中居神社駐車場6.00 ~ 6:15・・和田牧場跡7:30・・稜線鞍部・・薙刀山山頂10:32 ~ 11:20・・和田牧場跡・・中居神社駐車場14:25

 
    
                                         (写真提供 前田さん)

                 
                                                                                                            (地図提供 前田さん)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊野古道 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。