みのハイキングクラブ

友と山に登り、自然に親しみ、心身を健やかに、親睦を深めます。

2017年度(第23回)定時総会・親睦会

2017-04-26 11:17:14 | クラブ山行

         

   日 付   2017年4月23日(日) 
  場 所   みの観光ホテル
  出席者   総会出席者     62名(全会員93名)  
         懇親会出席者  57名

  春爛漫の4月23日、みのハイキングクラブ第23回定期総会が催されました。
天気は、晴天 総会日和 ?” です。
 
会場に入ると演台横の花瓶に八重桜が生けてあり心温まる出迎えです。Wさんありがとう・・・  
 
事務局長の開会の挨拶で始まり、みのハイキングクラブ歌を全員で合唱、代表の挨拶へと進み、山行・活動・会計各報告が行われて承認されました。その後2017年度の山行・行事・予算・各案が審議され、全て原案通り承認されました。
 
次にクラブ表彰式があり、クラブ山行上位5名、若葉コース完登2名、双葉コース完登3名、90山完登コース2名、今年は12名でした。<おめでとうございます>
 
副代表の閉会の挨拶で、総会は終わりました。
 
総会終了後、4月度は例会がないため月例の報告が次の通り、終わった山・今後の山・世話人会で承認された6月度山行の山が報告され、5月20日に計画された傘山(からかさやま)が、クラブ準山行として承認されました。
 
引き続き懇親会が催され、Sさんの開会の挨拶、Mさんの乾杯で始まり、暫くは歓談しながら食事タイム。
 
宴たけなわの中、Sさん、Wさんによるグループ対抗、クイズ・ジェスチャーゲームが始まり、笑いと、笑顔で楽しいひと時。
 
賞品は皆さんから頂いた沢山の品々。元気になられたNさんによる名前入りボール当て抽選会で、本日一番の豪華賞品は高度計です。 
    
<当たられた幸運のHさん、おめでとう>
 
新しく入会された5名の方の紹介があり、最後にみのハイキングクラブ歌を輪になって合唱し、Mさんによる閉会の挨拶、1本締めで終了しました。
二次会に、参加される方はカラオケに移動され、厳粛な総会、楽しい懇親会の1日でした。
                       (記録担当 須田Sさんの報告より)

           
                       (写真提供 須田Sさん)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨乞岳 イブネ クラシ

2017-04-17 11:21:47 | クラブ山行

クラブ報告

2017年4月16日(日)  天候 晴れ

      

CL 松尾 Sさん
Bコース  参加者 17名
 鈴鹿の奥に、日本庭園の様な素晴らしい場所がある!山の先輩から聞いていて、いつか訪れたいと思っていたイブネ・クラシです。昨年は雨で中止でした。今日は、Aコース雨乞岳組17人、Bコース雨乞岳・イブネ・クラシ組17人、総勢34人が、2コースに分かれて登ります。
 
夜空に星と月の輝く関市役所へBコース組17人が揃い、CL Mさん挨拶後、4台の車で出発です。関ICから高速を走り八日市ICで降りて、滋賀県側の甲津畑登山口へ向かいます。道中の桜を楽しみつつ登山口へ到着。ストレッチをすませ、2班に分かれて、渋川を遡る林道歩きからスタートです。
 
杉谷善住坊かくれ岩・横地蔵碑・大峠分岐・と千種街道(江戸時代まで近江商人の伊勢路へ出る商用交通路)蛭街道とも・・を登って行く。蓮如上人碑で休憩。今年は鈴鹿の山も雪が多かったようす。浅い芽吹きの木々の間から望める、残雪の山容が美しい。峠が近くなると、登山道にも雪が残り、雪上歩きも楽しい。山小屋の横をトラバースして、少し登ると杉峠へ到着。雨乞岳とイブネを南北に上げ、コクイ谷とフジキリ谷を、東西に落としている杉峠です。
 休憩を挟み、先ずは雨乞岳を目指します。雪の着いた急登を登り稜線を進むと、笹に囲まれた雨乞岳山頂です。なだらかな山容の東雨乞岳の奥に御在所山、国見岳、鎌ヶ岳、反対側には綿向山が鎮座しています。一息ついて、空身で東雨乞岳への残雪と笹原の道を行く。眺望を楽しんだら雨乞岳まで戻り、杉峠へ向かいます。峠では、A班の皆さんが休憩していました。和気あいあい情報交換して、イブネを目指します。
 
杉峠の頭を過ぎると、残雪があります。進むと雪の上に壊れた道標が転がっています。よく確認せずに先にある赤テープを目指します。が、面白い岩のある佐目峠へ辿り着けません。おかしいと道標の所まで戻ると、佐目峠➡と彫られた木があります。矢印の方向に進むと佐目峠、ほっと一安心。急坂を登りきると、目の前にぱっと広い台地、イブネ到着です。遮る物のない広い山頂で記念撮影。青空の下、双耳峰の雨乞岳、鈴鹿の主峰、御在所山、鎌ヶ岳、国見岳の眺望を楽しみながらのランチタイム。至福のひとときです。ランチの後は空身でクラシへ向かいます。登山道の周囲は、緑の苔がふわふわの絨毯を敷き詰めたようできれいです。北イブネから少し下った所だけ風が強い。この場所は風の通り道のようです。クラシはシャクナゲや雑木が茂り、鬱そうとした場所でした。ここでもTさん手作りの横断幕を掲げ記念撮影。クラシへ戻り下山です。
 杉峠に、A班の姿はありません。私たちも往路を戻ります。いくつかの渡渉をして、いくつかの橋を渡り、渋川を右岸へ左岸へと渡りながら、歴史の街道を下って行きます。少し手前で休憩をとったので蓮如上人碑は素通りです。舗装道路になり対岸に林道が見えてくると登山口はもうすぐです。お疲れさま全員が無事元気に下山です。A班の皆さんは、珈琲タイム中でした。帰りの支度を整えながら、A班を見送ります。そして、私たちも珈琲タイム、一杯の温かい珈琲が心身ともに癒してくれます。
 
CL挨拶後、帰路は石槫トンネルから、三重県経由です。無事に市役所へ到着、長い一日を終えました。皆さんお疲れさまです。CLの、的確な采配に感服です。ありがとうございました。
*出合った花*
 ミヤマカタバミ・イワウチワ・ヤマネコノメソウ・キランソウ・ショウジョウバカマ
                                (記録担当 泉谷さんの報告より)                                                                                                    

 コースタイム 
関4:00=八日市IC=滋賀県甲津畑登山口6:00~6:20・・蓮如上人碑7:35~7:45・・杉峠9:00・・雨乞岳9:35・・東雨乞岳(空身で)9:50・・雨乞岳10:10・・杉峠10:35~10:40・・佐目峠11:30・・イブネ11:45~12:15(昼食)・・クラシ(空身で)12:35・・イブネ13:00・・佐目峠・・杉峠13:35・・蓮如上人碑14:30・・甲津畑登山口15:40~16:00=石槫トンネル=三重県多度=羽島=関19:55

     
                                 (写真提供 松田さん)

 

Aコース  参加者 17名(体験参加者1名) 

    

  今日の山行は、Aコース、Bコースと体力に合わせて、選ぶ事が出来るので、参加者が大勢になった。
登山口の甲津畑に着いたのは計画書より1時間遅れた。駐車場はBコースと他の車でいっぱいだった。準備体操後、植林の林道を歩く
天気予報では夏日になるとのこと、すぐに服を脱ぐ。林道脇に桜地蔵が祭られてあった。この道は千種街道と言って、昔から通られていた道だ。
石積みで炭焼き跡と思われる所もあった
 沢の傍を通るようになり何度も木の橋を渡り、渡渉もしたり気持ちの良い登山道を行く。蓮如上人が一夜を過ごした小屋のところに碑があり、大きな木があった。小屋の中に入ってみたら一枚の絵が描かれてあった。誰が置いたのか想像して描いてあった。杉峠まで40分の看板で力が湧いてくる。杉峠には枯れた大木があり、横には若木が植えられていた。ここで休んでいるとBコースの人が雪の斜面を下りてきた。皆元気で雨乞岳に登りこれからイブネに行く早足揃いだ。我々も元気を出し雪の斜面を登りだす。すぐに笹薮になり急な道をジグザグに登ると山頂だった。狭い山頂から東に御在所、鎌ヶ岳が見えた。東雨乞岳はなだらかな笹薮に見えたので荷物を置き、ピストンで行ってくる。山頂で昼食、風もなく暖かいので上着も着なくて至福のひと時。下山は滑らないよう杉峠まで下る。
まだBコースは来ていなかった。今日は花は余り見かけなかったが春リンドウが咲いていて春山を感じた。駐車場についてコーヒータイムしていたら、すぐにBコースの人たちが下りてきた。その速さと体力に凄いなと思った。この暖かさにヒルも見かけたが、誰も被害に逢わなくてよかった。帰りは高速も渋滞に逢わず関市に着いた。
 体験山行の方の感想は雪があり驚いたとのこと。体力もあり足も速いのでぜひ入会下さいとお願いした。リーダーの松尾さん大変良い計画をして下さり有難う御座いました。諸役の皆様有難う御座いました。
                         
(記録担当 長谷川さんの報告より)

 コースタイム  
関4:30===関IC==八日市IC==甲津畑登山口7:30~7:50・・蓮如上人碑9:20・・杉峠10:30~10:50・・雨乞岳11:20~11:30・・東雨乞岳11:45~11:50・・雨乞岳12:05~12:30・・杉峠13:00・・蓮如上人碑13:55・・登山口15:25

      
                                                                                (写真提供 池ヶ谷さん)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩登り講習会

2017-04-10 07:59:07 | クラブ山行

クラブ報告

2017年4月9日(日)    天候  雨のち晴れ    参加者 16名

        

CL 中島Mさん 
 降水確率70~60%の予報が出ており 開催が心配されましたがCL判断により、小雨の中開催されました。 関市役所集合10名 現地集合6名、予定時間通り集合し 小雨の中東屋へ移動。 CLより本日の講習項目の説明が有り。 簡易ハーネス作り エイトノット結び イタリアンヒッチ グローブヒッチ等を練習。 暫くすると雨も上がり掛け、東屋を出て4班程に分かれて練習に入った。
 

 大まかには上記内容で練習しました。結び方等、時を経ると忘れてしまう事も有り 実際必要な時に慌てないように時折練習をと思いました。
コンデションの悪い中、CL、はじめ各役の方々ご苦労様でした。
(昼食は花見をしながら出来、最高でした)
                                    (記録担当 圓戸さんの報告より) 

                                                                                                                                       (写真提供 圓戸さん)

                                        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福地山

2017-04-03 21:18:27 | クラブ山行

クラブ報告

2017年4月2日(日)    天候 晴れ     参加者 11名

    


CL 森川さん
 5:45なんと車のフロントガラスが凍っていてビックリ!関、江南線も温度計0℃
今日は晴れ、車中はゆったりとドライブ気分飛騨地方に入ったら外の景色が一変、青空に樹氷地面は真っ白な雪それは素晴らしい眺めでした。
 いよいよ登山開始、私は初心者で分かりませんがなんと!靴に何もつけないで登って行きました。アイゼンもワカンも背中に担いだままです嬉しい‼。
 20分程登ると焼岳が目の前!頂上からは槍、穂高、西穂、焼岳、笠ヶ岳、乗鞍岳の大展望を眺めながら昼食はゆっくり食べました。
 下山はあっという間に・・撫然平から2人谷コースへ・・合流地点でCL、SLさんが待ち(踏み跡なしは時間がかかるらしい)私達は先に・・でも直ぐに追いつかれました。疲れた!谷コース行かれた方の感想でした。
 CL、SⅬ、運転手の皆様本当にありがとうございました。
                            
 (記録担当 岩田さんの報告より)

 コースタイム
関6:25==美濃IⅭ==ひるがのSA(トイレ休憩)7:15==飛騨清見IÇ==安房トンネル料金所手前トイレ休憩(笠ヶ岳大展望)==登山口駐車場9:00・・・焼岳小屋(焼岳大展望)9:20・・・撫然平10:23・・・第三展望台?知らぬ間に通過・・・福地山山頂11:30~12:15・・・撫然平?・・・第三展望台12:37・・・登山口駐車場13:37~14:00==飛騨清見IC==関16:22

         
                                 (写真提供 山田Mさん)

    
                                       (地図提供 山田Mさん)

                   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桑崎山山行中止と福知山への転進

2017-03-26 17:33:59 | クラブ山行

コメント
この記事をはてなブックマークに追加