箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

環境業務、奮闘中。

2017年09月29日 | みどりまちづくり部

新人奮闘記をご覧の皆さん、こんにちは!
2回目の投稿をさせていただきます、環境動物室の梅本です。

とうとう9月最後の1週間が終わり、入庁してからはや半年が経とうとしています。
まだ私の中では4月の辞令式がはっきりと思い出せるぐらい、ここまであっという間でした。
まだまだ覚えることばかりで、毎日が勉強の日々ですが、早く一人前の職員になれるようよりいっそう頑張っていきます。

前回の記事でも、私のバスケットボール歴について少しお話しさせていただきましたが、先日同期と一緒に市役所のバスケットサークルに参加しました。
そのときの写真を1枚紹介させていただきます。

 

わかりにくいかもしれませんが、左の赤いTシャツの男性が、右の男性のディフェンスを避けゴールに向かってシュートをする瞬間です。
躍動感がある1枚になっているかと思います!


そしてこの左の華麗にシュートを決めようとしている男性は、同期ではあるものの、
実はなんと年齢42歳!3児の父の松田さんです。
新人ブログのタイトル通りまさに「奮闘」している松田さんは、体育館にいた誰よりも走り、誰よりも楽しそうにバスケットをしていました。
(ただ松田さんの記事にも書いてありますが、後日相当な筋肉痛に悩まされたみたいです。)
こうやって楽しく体を動かせる場や機会があることは、とてもありがたいと感じています。


ではここで、最近私が担当している業務の一つである石綿を含む建築物等の解体工事の立ち入り検査について紹介させていただきます。

現在、建設現場等でアスベストを使用することは法律で禁じられています。
アスベストを使った建築物の解体が行われる際は、その方法が定められており、一定規準を超える現場については、作業が適切に実施されているかを確認しています。

こちらが実際の現場の様子です。

この緑色のテープで囲まれたスペースの中がアスベストを使用している箇所です。
この作業場内は、ビニールシート等で密閉したうえ、「負圧」という作業場の気圧を下げる処置を行い、アスベストが外に漏れ出さないようにしています。
内部の気圧が下がっている証拠に、入り口のシートが中に吸い込まれており、中の空気は外に出ないようになっていることがわかります。
またこの中には専用のろ過装置が取り付けられており、外にはきれいな空気を排出するように処理されています。

その後は実際に作業場に入っていきます。
その時に欠かせないのが「防じんマスク」です。


このマスクをつけることで、粉じん作業場でもろ過された空気を吸うことができるようになっています。
実際着用するとこんな感じです。

私はこの業務に関わるまで、こういった器具を今まで見たことも使ったこともありませんでした。


防じんマスクを着用し、いよいよ作業場へ入っていきます。

この中でも、実際の作業についての説明や、適切に処理がとられているかなど、事業者の説明を聞きながら検査を進めていきます。
この後、この日の検査結果の確認や、実際の作業時に注意すべきことを指導してこの日の立ち入り検査は終了しました。
今回ここに書いたことはほんの一部で、実際にはほかにもたくさんの遵守すべき事項があり、それを職員が検査することで、安全な作業の維持に努めています。

環境業務を始めて半年がたち、まだまだわからないことばかりですが、こういった現場での業務等を通して、皆さんの安全で快適な生活の維持に努めたいと思います!

次は戸籍・住民異動室の田畑さんです。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

夏期レクリエーションに参加してきました!

2017年09月25日 | 健康福祉部

みなさんこんにちは!

障害者支援室の村上です。 

 

9月も終わりとなり、秋になりました 

入庁してから半年が経とうとしています。

ようやく市役所の仕事にも慣れてきました。 

しかし、まだまだ覚えることや学ぶべきことがたくさんあります。

 より気を引き締めて仕事に取り組みたいと思います!

 

 

〈夏期レクリエーション〉

さて、私は9月1日金曜日に箕面市肢体不自由児者父母の会の

「夏期レクリエーション」に参加してきました!

その様子をご紹介します。

 

箕面市肢体不自由児者父母の会は、身体障害のある、

また身体障害と知的障害のあるお子さんのおられる親の会で、

長年にわたり、障害者の福祉の向上、社会参加の促進、

生きがいのある生活の実現を図るために様々な活動をされています。

 

「夏期レクリエーション」は 

障害児者自身の自主性と社会性を育むこと、

会員同士の親睦を図ること、またボランティア育成を目的としており 

舞洲障害者スポーツセンターで開催されました。

 

舞洲障害者スポーツセンターは障害者が年齢や

障害の程度にかかわらず、一人で来館されても 

指導員がいて気軽にいろいろなスポーツを楽しむことができる施設です。

施設には、プール・アリーナ・卓球室・サブアリーナ・ボウリング室

・トレーニング室・会議室などがあります。  

 

今回は会員17人、父母の会のスタッフ(会員のご家族)7人、

大学生ボランティア27人、ガイドヘルパー5人、 

箕面市職員2人、計58人が参加しました。

 

 

午前中はボウリングに参加しました。

ボウリング場には、ボールを投げることができない人のために、

ボールを転がすための滑り台のような器具が用意されていたり、

取っ手の付いたボールがあったり

どんな人も楽しめる工夫がされていました。

 

ボランティアのサポートを受けて 

会員の皆さんボウリングを楽しんでいらっしゃいました。

ストライクがでたときは、とても盛り上がりました!

 

 

 

昼食後は、会員の方1人に対し、支援者としてボランティアや

ガイドヘルパーが2人付き、スポーツセンターの方の

指導のもと様々な競技に挑戦しました。

 

 

全員がA、B、C、Dの4チームに分かれました。(私はDチームでした。)

その中でじゃんけんサッカーという競技がありました。

サッカーといってもボールは使用せず、

じゃんけんで勝ったチームがゴールを通り抜け、それが1点になります。

制限時間内で得点が多いチームの勝利というルールです。

  

手でじゃんけんができない方も参加できるように 

グー、チョキ、パーの絵が描かれたうちわが用意され、

それを使って勝負をします。

  

そして我々Dチームは初戦であっさりと負けてしまいました・・・

 

次も負けると最下位になってしまうので

 

チームで一丸となって2回戦に挑みましたが・・・

 

 

 

結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1点差で負けてしまいました。

 

 

他にもボールを使ったリレーに挑戦しました。

ボールを持ってコースを1周し、次の人へボールをつないで

ゴールするというルールです。

  

最初は支援者がボールを持ち、会員と一緒に走っていましたが 

最後には、ボールを持つのは会員の方のみで、

落としたボールを拾う時以外は支援者はボールを持ってはいけない

というルールに変更されました。

 

ルールを変更したのは、

自分の力でゴールしたときの達成感を

会員の方たちにも感じてもらうためです。

  

私のチームは、他のチームより2周遅れに

なってしまいましたが、他のチームからの声援もあり

無事ゴールすることができました。

再び最下位になってしまいましたが、

なんとかゴールできて良かったです。

  

他にもいくつかの種目があり

一緒に挑戦することでチーム内で団結力も生まれ

お互いを励ましながら

どのチームも総合優勝目指して頑張っていました!

 

 

そして、いよいよ最終結果発表

 

 

Dチームの結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最下位でした・・・泣

 

 

もちろん勝ち負けも大事ですが、

何よりもチームで協力できたこと

楽しみながらできたこと、そして最後までやり遂げたことが

良かったのではないかと思います。 

 

 

このような企画に初めて参加しましたが

支援と言っても、会員の方が自分でできることを支援者がやってしまったり、

できないことに対してただ代わりにやってしまうのではなく、

どのようなどこまでの支援が必要なのかを

考えることが大切だと実感しました。

 

 

 

箕面市肢体不自由児者父母の会の方には

 

一日お世話になりました。

 

 

とても楽しく、そしていろいろ考えることができた一日となりました!

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

次回は環境動物室の梅本さんです。

 

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市役所2階リニューアル工事完成!!

2017年09月22日 | みどりまちづくり部

新人ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

みどりまちづくり部建築室の松田です。

夏も終わり、朝晩涼しくなり過ごしやすくなりましたね。私は子どもが3人おりまして、これからは運動会シーズンとなり楽しみでもありますが、忙しくもなりそうです。入庁して早いもので半年になろうとしております。ようやく市役所の業務にも慣れてきました。この間、箕面市役所でバスケのサークルをしていることを教えてもらい、新しいバッシュを買って、20年ぶりくらいにバスケをやりました。気持ちはまだ20代のつもりでしたが、足がついていかず3日目にひどい筋肉痛になりました(笑)。

今回のブログは、市役所2階リニューアル工事の紹介と、みのおキャンドルロード2017のボランティア活動ついてお伝えしたいと思います。

《市役所2階リニューアル工事の紹介》

現在私が担当しております工事の中で、初めて完成した市役所2階リニューアル工事について紹介をさせていただきたいと思います。

工事内容ですが、市役所の2階に特別会議室という大きい会議室があるのですが、箕面市で災害が起こった際には災害対策本部として使用します。この部屋が災害対策本部としては少し狭かったものですから、間仕切り壁を解体し広くすることと、その隣にある副市長室、秘書室、市政統括の間仕切り壁をすべて解体して、一つの部屋にし、災害対策本部となる特別会議室と扉を挟んで、市長、副市長の席がすぐ横に来るように机を配置し、災害対策本部とすぐに連携が取れる体制にすることを目的とし改修を行いました。

改修工事としては、この機能を満たしていれば良いのですが、せっかく改修するわけですから、ありきたりの物にはせず、こだわりをもって改修工事に取り組みました。それがこの作品です。

  before

 

                                            after

 before

 

                                                                                                     after

まあなんということでしょう!!自分で言うのもなんなんですが、良いものが出来たと自負しております。

デザイン提案は、建築室の板倉グループ長がベースを作り、西田室長のアドバイスを受け、倉田市長がデザインのコンセプトを決定しました。かなり大変でしたが、すごく良いものが出来て良かったです。この感じで箕面市を災害に強く、それでいておしゃれな町にしていけたらと思います。

《みのおキャンドルロード2017のボランティア活動》

2000年から箕面滝道のキャンドルロードのイベントが7月末に毎年1回行われておりまして、今年はそのボランティア活動に参加したことを紹介したいと思います。どういったイベントかは健康福祉部障害福祉課の小平さんのブログの紹介でありました通り、箕面滝道や瀧安寺にキャンドルを並べて、幻想的な空間をつくりだし、きれいなキャンドルを見ながら滝道を歩いて楽しむといったものです。そのキャンドルを並べて点火し、終了後に撤収する作業のボランティアに家族で参加しました。

ボランティアの作業の様子です。キャンドルを入れるコップを等間隔で設置していきます。

 

私の子どもも一緒に並べるのを手伝ってくれました。並べ終わりましたら、コップの中にキャンドルを入れます。この作業は、子どもの方が手が入りやすくキャンドルを入れる作業は、ほとんど子どもにしてもらいました。それからキャンドルの点灯を行います。子ども達も楽しんで点灯してくれました。

 

点灯させ完了した時に、子どもとすごく良い達成感があり本当に参加して良かったと思いました。点灯完了後は滝道を歩き、キャンドルロードと箕面滝のライトアップを楽しみました。みなさまも是非来年もあると思いますので、ボランティア活動にご参加頂ければ良い思い出つくりになると思います。(詳しくは箕面営業室にお問い合わせください。)

 

 

 今回は以上でございます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回は、健康福祉部障害者支援室の村上 匡さんです。

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面のホッとできる場所みつけました。

2017年09月19日 | 子ども未来創造局

最近、少しずつ涼しくなってきましたね。

一日でも長くサンダルを履いていたい、幼児教育保育室の野口です。

 

私は寒くなってくると、あったかい紅茶が飲みたくなるのですが、

皆さんはどうでしょうか。

今回は紅茶好きの方にオススメしたい箕面のカフェをご紹介します。

 

キューズモールの坂を登りきり、左に曲がったところに、

「テクテク紅茶や」という看板の可愛いお店が見えてきます。

内装は、アンティークな雰囲気で、店主さんも親切であったかい方です。

初めて行ったお店でしたが、居心地が良くて、ついつい長居してしまいました。

 


メニューを開くと、世界地図にいろんな国の紅茶が!

世界の紅茶を楽しむことができるのは紅茶専門店ならではですね。

更にページをめくると、美味しい紅茶の淹れかたなど、

紅茶に関するいろんな情報が書かれていて、店主さんの紅茶に対するこだわりが溢れていました。

 


私は王道を選びがちなので、看板紅茶の「テクテクティー」と「ほろさクッキー」をいただきました。

香りが良く、飲みやすい紅茶で、クッキーとの相性も抜群でした。

ケーキやスコーンなどの焼き菓子だけでなく、

サンドイッチやカレー(平日限定)などのご飯ものもあったので、次回はランチに来ようと思います。

 

------------------------------------------------------------
●テクテク紅茶や●
営業時間 11:30 - 21:30 (L.O. 21:00)
定休日 木曜日と毎月1日 ※土日祝営業
TEL 072-737-9288
所在地 箕面市白島3-1-14 アミーズ白島1F
座席数 12席
駐車場 有り(3台)
------------------------------------------------------------

 


さて、仕事のお話も少し紹介しておきます。

今回は、最近お問い合わせの多くなってきた「保育施設の4月入所申込について」です。

 

 

年度途中の入所申込(2、3月を除く)は、入所希望月の前月の10日が締切となりますが、

4月入所申込は、申請書の配布が11月1日受付開始は12月1日から

となっていますのでご注意ください(受付締切は、例年12月の3週目あたりです)。

なお、2、3月の入所申込も同期間に行います。

 

申請書は、市役所などの市の主要施設や各園で配布しており、箕面市のホームページでもダウンロードが可能です。

窓口混雑時は、受付の順番をお待ちいただく場合があります。

申し込みは、先着順ではございませんので、お時間に余裕をもってご来庁ください。

 

次は、バスケもできる建築室の松田さんです。

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

日々、奮闘中!!!!

2017年09月15日 | 市民部

 

新人奮闘記をご覧のみなさん、こんにちは!!

2回目のブログとなる国民健康保険室の久田(ひさた)です!

 

お久しぶりです!

もう入庁して、5カ月が経ちました!!

本当にあっという間です!

 

そして、

照りつけるような暑い夏を越え、少しずつ過ごしやすいの季節になってきましたね!

 

といえば、そう

『食欲の!』

『読書の!』

『芸術の!』など

様々な表現がありますが、

 

今回は『スポーツの秋!』

ということで、

以前、箕面市のバスケットボールチームに参加させていただいたときのことを

簡単に紹介させていただきます!

 

いやー、バスケの準備をするだけでワクワクしてきます!

 

 

前回は、らいとぴあ21(箕面市立萱野中央人権文化センター)という場所で

バスケットボールの活動に参加してきました!!

久々のバスケ!!

 

 

やっぱり、バスケットボールは楽しいです!

 

バスケットシューズとフロアのすれる『キュッキュッ!!』

という音を聞くと、とても懐かしくテンションが上がります!

 

 

適度に運動をして、リフレッシュすることも

重要だと思うので、健康をしっかりと管理しつつ

仕事もしっかり頑張っていきたいと思います!

 

 

では、ここからは自分が担当している業務について

簡単に紹介させていただきます!!

 

前回は国民健康保険についての説明でしたが、

今回は、自分が主に担当している

 

『国民健康保険の保険料』について簡単に説明します!!

 

(1) 国民健康保険料とは・・・

 

平成29年度の国民健康保険の保険料は、

前年の所得(平成28年中)にもとづいて計算されており、

「基礎賦課額」、「後期高齢者支援金等賦課額」、「介護納付金賦課額」の

それぞれの「所得割」、「均等割」の合計金額となります。

 

これを簡単に表にまとめると、

 

と、なります!!

 

(2)保険料の軽減について・・・

 

世帯の所得金額に応じて、保険料を軽減する制度もあり、

軽減判定基準日時点での、

国民健康保険に加入しているかたの

所得合算額が一定基準以下の場合、保険料を減額しています!

色々と制度が複雑で、なかなか難しいですね。。。

 

この他にも、保険料の業務を担当するうえで、

覚えなければいけないことがたくさんあり、

日々、少しでも成長出来るよう奮闘しています!!

 

どうしても仕事で分からないことがあったり、困っているときは、

いつもまわりの温かい先輩職員に、丁寧に教えてもらっています!!

本当にありがとうございます!!!

 

日々、感謝の思いを忘れず、

少しでも成長し、業務をしっかりと全う出来るように

これからも全力で頑張っていきたいなと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

 

次回の新人奮闘記は、

のぐちゃんこと、しっかりもので頼れる

子ども未来創造局幼児教育保育室の野口さんです!!

よろしくお願いします!!

 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

あっという間に6ヶ月目!

2017年09月11日 | 総務部

みなさま、こんにちは。

総務課の馬場です。

わたしたち新規採用職員も入庁して6ヶ月目になりました。

時間が過ぎるのは本当にあっという間ですね。

1日1日を大切に意識していきたいですね。

 

今回は、わたしが担当している広域連携の取組みの1つである図書館広域利用についてご紹介したいと思います。 

なぜ、今、広域連携が重視されているのでしょうか。

背景には、人口減少・超高齢社会、社会経済情勢の変化、社会資本の老朽化などにより、市町村行政に影響を及ぼす様々な課題の発生が見込まれることがあります。

歳出増、歳入減により、財政運営はさらに厳しい状況になることは不可避であることや、行政ニーズの増大、多様・複雑化に対応するための体制確保も大きな課題です。

このような状況下では、安定した行財政運営確保のための様々な方策を講じる必要があり、近隣市町による広域連携はその対策の1つであると言えます。

今回ご紹介する図書館広域利用は、市民の方にとってもメリットがある取組みです。

箕面市立図書館では豊能地区3市2町(箕面市、豊中市、池田市、豊能町、能勢町)との図書館広域利用を実施してきましたが、平成29年7月1日(土)からは、新たに吹田市、高槻市、茨木市、摂津市、島本町の図書館が利用できるようになりました。

詳細は以下のとおりです。

◆貸出冊数は1人5冊まで、貸出期間は2週間です。

ご利用いただけるサービスは貸出のみ、予約はできません。

返却は借りた図書館でしかできません。

◆本を借りる際には各市町の貸出券が必要となります。

※貸出券を作る際は、住所と氏名が分かる運転免許証等の本人確認書類をお持ちになって、それぞれの図書館で手続きをしてください。

通勤や通学、買い物の際に他市町の図書館が利用できるとともに、借りられる本の冊数が7市3町合わせて650万冊と大幅に増加しましたので、みなさまもぜひ、ご活用ください!

 

9月に入り、肌寒い日も多くなりましたね。

これからは読書の秋!ということで、桜ヶ丘図書館へ行ってきました!

 

桜ヶ丘人権文化センター(ヒューマンズプラザ)の1階にある、箕面市の中ではいちばん小さな図書館です。

閲覧室は、児童書と一般書のコーナーにわかれており、小さいながらもゆったりとした雰囲気の図書館です。

館内もきれいで、落ち着いて読書ができます!ぜひ、みなさまもご来館ください!

 

 

さて、話は変わりますが、今月をもって、総務部から同期2人が旅立ちます。

総務課高橋さん

 

市民安全政策室湯浅さんです

 

彼らは、消防職として採用され、半年間、わたしと同じ総務部で勤務しておりましたが、10月からは消防学校へ通うことになります。

毎日、顔を合わせていた同期2人が異動するため、非常に寂しいですが、消防士になるために頑張る彼らを同期一同応援しています!

そして、彼らに負けないように頑張ります!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!! 

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

就学校の指定変更・区域外就学をご存じでしょうか?

2017年09月08日 | 子ども未来創造局

こんにちは!

教育委員会事務局学校生活支援課の元持です。

 

朝晩に秋を感じる季節になってきましたね。

心地よい風に吹かれながら、帰りに少し遠回りして帰ってみたりしています。

私は箕面市出身ではないため、そうするだけでも、

新しい道を知ることができたり、知らなかった景色を見られたり、新しい発見がたくさんあります。

ご縁があって暮らすことになった箕面市の魅力を、個人としても、市職員としても、

これからもっともっと知っていきたいな、と思っています。

 

 

早いもので入庁して5か月が過ぎました。

私が所属している学校生活支援課での日々の業務の一つに、就学校の指定変更・区域外就学の手続きがあります

今回はその就学校の指定変更・区域外就学という制度についてお伝えします。

まず、教育委員会では、市立小・中学校ごとに通学区域を定め、住所により、就学する学校を指定しています。

しかし、例えば、学期途中でのお引っ越しなどにより、

住んでいる校区の学校以外に通いたいというご要望をいただくことがあります。

就学校の指定変更・区域外就学とは、そのような場合に、

市教育委員会が、保護者の申立てを受けて、この、あらかじめ指定した就学校を変更して、

新たな就学校を指定したり、箕面市外からの通学を承諾することにより、

居住している校区の学校以外に就学する制度のことをいいます。

これは、希望すればどなたでも許可できるという制度ではなく

地理的な理由であったり、児童・生徒の個別の事情を踏まえたうえで、特例として認められるものです

 

詳しくはこちらにまとめているのですが、

特に相談が多いケースについて、ここで紹介します!

指定外就学や区域外就学を承諾できる内容は市町村によって異なりますので、

ここからは箕面市の制度における取り扱いの説明になります。

 

まず、通学にかかる時間が概ね1時間以内であることと、

学校と保護者のあいだで、安全に通学できるか、どのように通学するか等を話し合っていただいた上での手続きですので、

そのことを頭に入れていただいた上で、読んでください!

 

(1)「子どもの卒業が近いが、他市へまたは他校区へ引っ越すことになった。卒業まであと少しなので転校せず今の学校のままで卒業させてあげたい。」

(2)「1学期のうちに箕面市内へ、もしくは箕面市内で引っ越すことが確定している。切りよく新学年の始めから、あらかじめ転校する先の学校に通わせたい。」

最も多い相談がこの二つです。

 

(1)については、小学校5・6年生、中学2・3年生であれば、卒業まで許可できることがほとんどです。

小学校1~4年生、中学1年生は、実際に引っ越しをした学期末まで区域外就学する期間として、認めています。

たとえば、2学期の途中に引っ越しをしたら、2学期末までは今までの学校に通い、3学期からは転居先校区の学校に通うことになります。

ただし、小学校1~4年生、中学1年生のかたに、小学校5・6年生、中学2・3年生のごきょうだいがいらっしゃる場合、

お兄さん・お姉さんが、今、在籍している小中学校を卒業するまでの期間を許可できることになっています。

 

(2)については、入居することが確実であると証明できるものがあれば、許可できることが多いです。

入居を証明できるものとは、たとえば、売買契約書・工事請負契約書・賃貸借契約書などがそれに当たります。

ポイントは、

☆住み始めることが可能な日付(引渡日、入居可能日など)

☆新しい住所

☆世帯主のお名前(保護者)

の3点が、第三者が作成している正式な文書の中で確認できるということです。

ただし、(2)のケースで、たとえば2学期の途中に引っ越すことが確定している場合、

新学年から(1学期から)あらかじめ転校することができません。

一番早くても2学期の始めから、あらかじめ転校する学校に通うことを許可できることになっています。

 

今回は特にお問い合わせの多い事例をお伝えしましたが、ほかにも様々なケースがあります。

事情をしっかりとお伺いした上で、許可できるか判断させていただき、手続きを進めていくことになりますので、

指定外就学や区域外就学を検討される場合は、

まずは学校生活支援課までお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。

私も、少しでもわかりやすい説明ができるよう、心がけていきます!!

 

 

さて、前回のブログではほとんど業務のお話しかしませんでしたので、私の地元・滋賀のお話を少しさせてください!

滋賀の新たな人気スポットである、琵琶湖テラス(琵琶湖バレイ)へ同期と行ってきました。

お天気に恵まれたこともあり、景色が遠くまできれいに見えました。

3月まで滋賀県民でしたが、いつもと違って上から見下ろす琵琶湖は本当に大きかったので、

見慣れたはずの琵琶湖を見てなんだか感動してしまいました。

 

この眺望ですっかり有名になった琵琶湖バレイですが、実はそれだけではないんです。

遊び道具がたくさんあったり、

 

のんびりできるスペースがあったり。

ほかにもドッグランがあったり、予約が必要なようですがジップラインができたり等、

幅広い世代のかたが楽しめるスポットだと思いますので、是非行ってみてください!

 

一つ注意ですが、山の上なので、とっても寒いです!

羽織るものを持って行かれたほうがいいと思います。

(上着を持って行くのを忘れ、鳥肌が立ちっぱなしだった人がここにいます。笑)

 

 

次は、総務課の馬場さんです!!

お楽しみに☆☆

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

がん検診が無料って知っていましたか?

2017年09月04日 | 健康福祉部

新人奮闘記!をご覧のみなさま、お久しぶりです。

地域保健室の市場です。

あっという間に9月に入り、朝・晩の寒暖差が大きくなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいといわれていますが、皆様体調はいかがですか?

私は、秋になるとアレルギーの関係なのか、はたまた空気が乾燥する関係なのか、必ず1回は声が枯れてしまい全く発声できない状態がやってくるので、

いつなのか、いつなのかとドキドキハラハラしています。

電話対応や窓口対応、市民のかたの自宅にも訪問させていただく機会があるので、今年こそ、体調管理を徹底したいと思います。

そして、これからやってくる、インフルエンザや感染性胃腸炎などの様々なウイルスや菌からも、身体を守り抜きたいと思います。

 

さて、こんな風に、病気と言われるものの中には

予防接種や手洗い、うがいを徹底することで防ぐことのできるもの

・意識して予防をしても防げないもの(発病の原因がはっきりと分からないもの)が、存在しているかと思います。

前回のブログでお知らせした

大人の風しん予防接種助成制度

は、予防接種をすることで防ぐことのできる先天性風しん症候群という病気から赤ちゃんを守るために箕面市で行っている事業の一つでしたが、

箕面市では他にも予防の観点から様々な事業をしています。


是非この機会にご紹介をさせていただければと思いますので、どうかお付き合いください。

 

 

 

 さて、突然ですが、ここで皆様に問題です。

日本人の死亡原因第一位であるがん(悪性新生物)は、予防できるでしょうか。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・答えは

 

 

 

 

 

 

出来ます!

自分の努力では予防できないがんもありますが、

全体の割合で考えると生活習慣に起因するがんの割合が多いので、予防できると言われています。

 

喫煙、受動喫煙、肥満、偏った食生活、一定量を超える飲酒習慣

 

は、発がんのリスクを高めるということが分かっています。

生活習慣を見直すことで、がんはもちろん、高血圧、糖尿病などの生活習慣病も予防することができます!

ぜひ今一度、自分自身の生活習慣を見直していただければ嬉しいです。

 

 

そして、生活習慣の見直しとあわせて行っていただきたいことがもう1つあります!

それは、がん検診です。

 

 

箕面市では、箕面市民のかたを対象がん検診無料で実施しています!

がんの原因は様々ですが、定期的に検診を受診することで、早期にがんを見つけやすくなります。

早期のがんは、そのほとんどが治り、治療も軽くすみます。

 

箕面市民がん検診は、電話一本で受診することができます。

特に、ク-ポンなどはありません!

生活習慣の見直しとあわせてがん検診を定期的に受診して下さい!

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・気づけば、ここまで事業紹介のみで終わってしまいました。

 

さらに続けて話しをしたい所なのですが、

あまりに長いと読むかたも大変かと思いますので、グッと気持ちを抑えて、

次回はまた3ヶ月後を楽しみに、この辺で失礼いたします。

 

長い時間お付き合いくださり、ありがとうございました。

 

残暑も厳しい日々となりますが、皆様お体にはお気をつけて、お過ごし下さい!

 

次回は9月8日(金)子ども未来創造局 学校生活支援課 元持さんです!よろしくお願いします

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市の人事考課制度って?

2017年09月01日 | 総務部

3か月ぶりの登場、人事室の吉田です!

9月に入ったというのに、暑い日が続きますが、みなさんくれぐれも体調にはご注意ください

そんな私は、先日三重県の鈴鹿サーキットへ家族と行ってきました

鈴鹿サーキットというと、F1!シューマッハ!ハッキネン!(若くはないのがバレますね・・・)

といったイメージがあったので、子ども連れて行こうと妻に言われたとき、

何しに行くんだ?と思いましたが、

行ってビックリ!子ども向けの立派な遊園地!プール!

 

(4歳の娘と私の対比です)

予想外でした。。

全体的に小学生をメインターゲットにしたようなコンセプトでしたね

おそらく、近くにナガシマスパーランドがあり、そちらと住み分けを図るのに

子ども向けに特化したのかなぁなどとベンチに座りながら考えていました。

 

と、このままだと鈴鹿サーキットの分析が終わりそうにないため、この辺で終わりにしておきます(笑)

ぜひ、小さなお子様がおられる方は行ってみてください。

(終始ご機嫌でした)

箕面からも車でおよそ2時間半ほどで行くことができますね!

 

さて、ここからが本題です

表題の件について、人事室の職員として語らせていただきます

そもそも人事考課とは

「従業員の能力・業績・勤務態度などの評価を行うこと。勤務評定。業績評価。」(大辞林より)

という意味ですが、もちろん市役所でも行われております。

年功序列というイメージの強い公務員ですが、本市では、「頑張る職員が報われる」人事・給与制度をめざし、

従来の人事考課制度の見直しを図りました。多面評価および評価の調整プロセスや結果のフィードバックを導入した

新たな人事考課制度を平成25年度に試行実施を行い、平成26年度から本格実施しています。

人事室では、公平・公正な人事考課を行うためのポイントや

結果のフィードバックによる人材育成とスキルアップの重要性を理解することを目的とした研修を行っています。

その様子がこちらです。

(外部講師をお招きし、研修を実施しました)

今後も、人事考課が職員の「やる気」に繋がっているか、評価結果に「納得」が得られているか等の

視点に基づき、毎年度検証を行い、よりよい制度となるよう改善を行っていきます。

 

そして、9月=秋、「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」などさまざまありますが、(吉田は完全に食欲の秋です)

人事室としましては採用の秋」でございます!

行政職の秋採用試験が今着実に進行しています。受験生のみなさんが、

本来の力を発揮されることを祈っております。

 

そんな中、現在も募集中の職があります

それは、行政職(身体障害者手帳所持者)です!

詳しくはコチラ

箕面市では障害者のかたが本人の力を発揮し、活躍するフィールドがたくさんあります。

私の同期の堀さんもこの区分で採用され、今現在活躍しています

こちらのホームページもぜひご覧ください。

(ちなみに、私が作成しました!)

応募お待ちしております!一緒に箕面市を盛り上げましょう!

 

吉田の秋は「食欲の秋」だと前回の羽藤さんにバレてしまっていますので、

最後にオススメのスイーツを紹介します

それがコチラ!

ででーん!

みなさん、堂島ロールはご存じでしょうか?その販売店であるモンシェールさんの喫茶で

出されているかき氷です!ここに大量にのっているクリームはなんと、

堂島ロールのクリームなのです。マニアにはたまらん・・・

9月中旬まで販売しているとのことなので、ぜひ行ってみてください!

 

では、今回のブログはここまでです。また3か月後にお会いしましょう!

さぁ、パワフルママの市場さん素敵なブログよろしくね!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。


この記事をはてなブックマークに追加