箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

夏ってこんなに暑かった?

2017年07月31日 | 総務部

みなさんこんにちは!!

平成29年度新人奮闘記!も1周しまして、2回目登場
夏バテ気味の堀です。

 北海道民の私も関西に染まるべく、初めて甲子園へ阪神タイガースの
応援に行ってきました!

  

試合前にドラフト体験 

 

 

中学時代野球部に所属していましたが、必ず盗塁されることで名をはせるほどで
弱肩キャッチャーでした・・・

 

球場にはたくさんのタイガースファン
そして試合開始!

 

 

一進一退の攻防が続きすっかり日も暮れ

 

 

ラッキーセブンに向けジェット風船を膨らます

 

 

いっせいに飛ばす

 

 

タイガース勝利でみんな大喜び

 

 

白熱したとてもいい試合で大満足の初甲子園でした! 

 

 

 

 

さて、今回は税務課のメイン業務のひとつである

「還付」に関する案内です。

 

還付とは

様々な理由で納め過ぎとなった市税納税者へお返しする業務です。

 

様々な市税がある中、今回は、市・府民税(年金特徴)の還付について
ご案内します。

 

年金特徴(公的年金から住民税の特別徴収)とは

 公的年金等の所得にかかる住民税(市・府民税)を年6回(4月・6
 ・
8月・10月・12月・翌年2月)の年金支給ごとに特別徴収(天引き)
 することです。

 

年金特徴の徴収は2つに分けられまして

 

○仮徴収
 年度前半は、前年度の年税額の2分の1の額が特別徴収されます。

○本徴収
 年度後半は、6月以降に確定した年税額から、前半の仮徴収額を差し引いて
 調整された額が特別徴収されます。

 

 

そこで毎年この時期になると、6月以降に確定した年税額が、仮徴収額を下回った
場合、還付金が発生し、対象の方々へ一斉に、還付通知をお送りします。

 

 

今年度は、728日(金曜日)658の方々へ発送いたしました。

 

本日あたりにはピンクの窓付き封筒が届くはずです!

 

中には

 

1.過誤納金還付(充当)通知書 

 

還付金額・科目・原因等、今回の還付内容が記載されています。

 

2.過誤納金還付請求書兼振込依頼書 

 

還付金の請求書です。

必要事項を記入・押印の上、4の返信用封筒で返信してしてください。

 

3.市税還付のお知らせ【個人(年金特徴)通知用】 

 

表面は還付金のご案内、そして裏面には2の記入方法等が記載されています。

 

4.返信用封筒【箕面市役所税務課(還付担当)行】

 

2の請求書が、税務課に届き次第、口座への振り込み手続きをいたします。

なるべく1か月以内にご返送ください。

 


 

「お金が戻ってきます」の電話に注意!

 

 市の職員をかたり、医療費などの還付を装って、ATM(現金自動預払機)
 からお金を振り込ませようとする詐欺事件が箕面市で急増し、被害に遭われる
 ケースも増加しています。

●市の職員が、電話でATMの利用をお願いすることや、ATMを使ってお金を
 お支払い
することは、一切ありません。

  このような電話を受けたときは、すぐに電話を切り、直ちに市役所へご相談
 ください。

●実際に被害に遭われたときは、直ちに警察へ届けてください。

 


 

 先日、私のブログをご覧いただき、わざわざお越しくださった方がいらっしゃいまいした。
本当にうれしくすっかり話し込んでしまいました!!

 

今回のブログはこれで終わりです。

 

これからも暑さが続きますので、ご自愛ください。

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

子どもすこやか室の多田です!

2017年07月28日 | 子ども未来創造局

新人奮闘記!をご覧のみなさま、はじめまして!
子ども未来創造局 子どもすこやか室に配属されました、保健師の多田未奈(ただみな)と申します。

これから1年間で計4回、この新人奮闘記!に登場します。よろしくお願いいたします!

 

○自己紹介
私は、兵庫県の北部、豊岡市というところで、高校卒業まで過ごしていました。
夏は猛暑、冬は豪雪でニュースに登場するという、極端な気候の地域ではありますが、そのおかげで鍛えられた部分もあると信じています。
豊岡市は海あり、山ありの自然豊かな地域です。そのため、同じように自然豊かな箕面市で働けることを大変うれしく思っております。
大学では、保健師や看護師になるための勉強をしていました。今年の2月に国家試験を受け、合格。4月からは、晴れて箕面市で保健師として働くこととなりました。
まだまだ駆け出しの保健師ですが、先輩や地域の方々に教えていただきながら、日々奮闘しています!

 

○子どもすこやか室の紹介
私が勤務している場所は、市役所の別館2階です。保育所(園)や幼稚園、児童手当などの申請受付を行う、子ども総合窓口と同じフロアです。箕面市の公共施設内にある7カ所のキッズコーナーのうちの1つがあります。

キッズコーナーに遊びに来ている子どもたちの元気な声がよく聞こえる、とても明るいところです。

子どもすこやか室の窓口では、妊娠届を受け付けたり、母子健康手帳の交付などを行っています。

母子健康手帳の交付時には、保健師や助産師から母子健康手帳の活用法をお伝えしたり、妊娠期から子育てに関するご相談をお受けしています。

お母さんと保健師の出会いの場でもあるので、「妊娠期でも、赤ちゃんが生まれた後でも、心配事や悩みがあればいつでも相談してください」というメッセージをお伝えしています。

 

○業務の紹介
今回は、子どもの健診について、ご紹介します。
箕面市では、4か月・1歳6か月・3歳6か月の時に、子どもの健診を総合保健福祉センター(ライフプラザ)の2階で行っています。

子どもの健診には、小児科医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、心理相談員、栄養士、歯科衛生士、保育士など、多くのスタッフが関わっています。
身体計測や診察だけでなく、集団でお話を聞いていただいたり、個別で相談していただける時間もあります。
お母さんやお父さんに、お子さんの成長を総合的に確認していただけたり、さまざまな子育て相談をしていただける場となっています。健診では、このような相談が寄せられています。
4か月では、赤ちゃんのスキンケアや授乳、お母さんの休息の取り方など。
1歳6か月・3歳6か月では、言葉の発達やかんしゃく、食事、トイレットトレーニングなど。

ご心配なことなど、何でもご相談ください。


お母さんお父さんたちの相談事は本当にさまざまで、“子育ては教科書通りにはいかない”と言われることを、私もひしひしと感じています。お母さんお父さんたちが悩んでおられることについて、具体的に聞かせていただき、解決策を一緒に見出すお手伝いができれば、という思いで日々頑張っています。

こちらは、1歳6か月の健診の日に行われている、“おもちゃであそぼう!”のコーナーです。1歳6か月児健診当日の10時30分から15時30分まで、健診会場1階のキッズコーナーに、おひさまルームの保育士がおもちゃを持ってきています。お子さんの好きなおもちゃがあったり、地域の子育て(お出かけ)情報を教えてもらえたりするので、健診の前後にぜひお立ち寄りください。

このスペースでは、健診前に、持参したお弁当も食べられます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
今回の私の掲載が、今年度の新人奮闘記!第1周目のラストとなっています。
引き続き、2周目以降もお楽しみいただければ幸いです。
次回は、トップバッターに戻り、堀さんです!!

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

健康福祉部 高齢福祉室の神吉です!

2017年07月24日 | 健康福祉部


―もくじ―

1 プロフィール

2 研修受講で、スキルアップ!

3 #箕面 #オススメ #Cafe

4 ケアマネさん絶賛募集中です


 

1 プロフィール

みなさま初めまして!

健康福祉部 高齢福祉室の

神吉美穂(かんき みほ)と申します!

一番右が私です。(梅田で行われた箕面PRイベントにて、同期と一緒にゆずると写真を撮りました♪)

 

私は箕面市生まれ箕面市育ち就職も箕面市と、

箕面との縁がとてもこゆーい、社会人1年目の新人です。

大学では4年間社会福祉を学び、社会福祉士や保育士の資格を取得しました。

主に児童福祉専門だったこともあり、恥ずかしながら高齢福祉の知識は乏しく、

わからないこと、知らないことだらけで悪戦苦闘しています・・・!

幸せなことに上司の方々や同期にとても恵まれているので、毎日ポジティブに頑張れています!

 

2 研修受講で、スキルアップ!

既にこちらの新人ブログで紹介されているとおり、

箕面市では清掃体験研修福祉体験研修競艇視察など、

新人を対象とした特徴的な研修等が行われています。


そのほかにも、箕面市では新人対象の研修以外に

何年目の職員でも希望すると受けられる研修が数多くあります。

例えば…
説明力向上研修
わかりやすい文書作成研修 などなど、

市役所職員として欠かせないスキルを磨ける研修がたくさん!

その中で先日私は
タイムマネジメント研修」を受講してきました。


私神吉は社会人1年目のひよっこ…。

市役所のルールどころか、

そもそもお仕事とは?事務とは?というところからのスタートで、

もっと効率のいいお仕事の進め方があるんじゃないだろうか…!

と毎日試行錯誤しながら過ごしていました。

(アルバイトはたくさんしていましたが事務は初めてだったのです。)

この研修をきっかけに、さくさくお仕事をこなしていけるようになりたい!

という想いから、受講を希望するに至りました。


講師はタイムマネジメント協会の井上昌美さん。

講義だけでなく、

グループワークや個人のワークもふんだんに盛り込まれた充実した内容だったので、

1日中集中が途切れることなく

積極的に研修を受けることができました(^^)


研修を受けたことで、

・普段のお仕事の進め方を見直す大きなきっかけに
・刺激を受けたことでやる気もアップ↑↑

さらに、
グループワークを通じて他部署の方ともお知り合いになれたので、とてもうれしかったです(*^^*)


これからもこういった研修などを通して

積極的に自己啓発に取り組んでいきたいです・・・!

 

3 #箕面 #オススメ #Cafe

こちらのブログでは全4回ほど記事を書かせていただきますが、

各回、超個人的趣味で選ぶ箕面のオススメのカフェを紹介していこうと思います!(゜▽゜*)

記念すべき第1店目オススメカフェは・・・・・・ばばん!

cafe EZE さんです!

みのおキューズモールから新御堂筋を山手へ歩くこと10分。白島のオシャレカフェです。

店内のインテリアひとつひとつがこだわり抜かれていて、素敵・・・!

お昼は、やさしく日が差し込み、居心地の良いアットホームな雰囲気の店内。

夜は、優しく暖かみのある照明が店内を包み込み、

落ち着いた、優しい気持ちにさせてくれます。

 
お気に入りメニューはデザートのみのおカヌレ、柚子スコーン(*^^*)

お皿までひとつ残らずかわいいです!


―EZEさんの特長まとめ―

ゆったりくつろげる、アットホーム隠れ家カフェ

*お昼もいいけど、夜の雰囲気はもっと良い!!


EZEさんのこの素晴らしさ、

私の乏しい語彙力とカメラスキルではとてもとても伝えきれません……(;_;`)!!

ぜひ1度、足をお運びください!

-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----

“cafe EZE”

箕面市白島2-28-3

Facebook→https://www.facebook.com/CafeEze

-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----


1店目からとっても良いカフェを見つけてしまいました……。

次はどこに行こうかな~(*゜▽゜*)

 

4 ケアマネさん絶賛募集中です

高齢福祉室では、

平成30年度からの市直営による地域包括支援センター設置に向けて、

(1)主任ケアマネジャー 1名

(2)ケアマネジャー 1名

の募集をしています!

採用日は10月1日(予定)で、募集期間は8月16日までです!

・・・えっ?あと少しで募集終わるじゃないですか・・・!!

この記事を見つけたあなたはとってもラッキー!

ぜひぜひ応募してください~~!

募集案内 (pdfです)
http://www.city.minoh.lg.jp/syokuin/saiyoushiken/saiyou/documents/encyoukeamanebosyu.pdf

募集ページ(市ホームページにとびます)
http://www.city.minoh.lg.jp/syokuin/saiyoushiken/saiyou/h29-8ninkitukikeamane.html

 

盛りだくさんの内容になってしまいした・・・!!

最後までお読みいただき、ありがとうございます(*^^*)

 

次は、きらきら笑顔がとってもかわいい

多田 未奈ちゃんにバトンターッチ!!

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

議会事務局の大城です!

2017年07月21日 | 議会事務局

新人奮闘記!をご覧のみなさん、はじめまして!

 

 議会事務局総務室の大城 沙織(おおしろ さおりと申します。

 (傍聴席から見た議場)

 

これから1年間、4回にわたってブログに登場させていただきます。

今回は初回ということで自己紹介と担当業務について書いていこうと思います。

 

《自己紹介》

生まれも育ちも兵庫県で、現在も実家から通っています。

箕面には家族とよく買い物に訪れ、幼い頃は箕面大滝やスパーガーデンにつれてきてもらっていました。

自宅からも車で30分もあれば箕面へ来ることができ、

気軽に大自然を感じることができるのはいいなぁと感じていました。

 

そんな私が、この春よりご縁があって箕面市で働くこととなりました。

ちょうど1年前就職活動をしながら新人奮闘記を見ていた私が、

今ブログを書く側になっているのかと思うと、なんだか不思議な気持ちですが、

見てくださっている方に箕面市のことをより知っていただけるようなブログを書きたいと思います。

 

《担当業務について》

次に、私が配属された議会事務局の業務についてご紹介します。

みなさん議会事務局ってどんな仕事をしているところかご存知でしょうか?

私は配属先が発表された時、「議会に関する仕事」「議員と接する仕事」をしているんだろうなというざっくりとしたイメージしかなく、具体的にどんなことをしているのか全く想像がつきませんでした。

 

みなさんがイメージしやすいのは、議会の開催に関する仕事で、

議会の運営や議事録の作成などではないでしょうか。

他にも議会だよりの発行や全国各地から視察に来られる議員の受け入れ、

政務活動費に関する業務、議長の随行業務など議会が開かれていない時も様々な仕事があります。

  

中でも今回は、私の担当業務である、議会だよりの発行業務について説明いたします!

 

みなさん、箕面市議会だより「ささゆり」をご覧になったことはありますか?

 

  (こちらが「ささゆり」です。)

 

定例会(2月、6月、9月、12月)の内容をまとめたものを、

年4回(5月15日、8月15日、12月1日、2月15日)発行し、市内全戸に配付しています。

  

今は、5月31日から6月23日まで行われた

平成29年第2回定例会(6月議会)の内容をまとめたものを、

8月15日の発行日に向け編集中です。

 

議会だよりは議員の代表からなる編集委員会が編集を行っていますが、

議会事務局でも原稿の作成に携わっています。

 

はじめて議会を経験し、議会の流れや議会用語を教わりながら、

はじめての編集作業に携わっています。

議会で議論にあがっている内容を理解しなければ原稿が書けないので、

箕面市がどういった施策に取り組んでいるのか、どういった問題点があるのか調べながら原稿を作っています。

市職員として働く上で知っておかなければならないことばかりなので、

この機会を通じて箕面市について勉強したいと思います。

 

さて、議会だよりでは毎号3ページに特集を設けているのですが、

今回はそのページを私が担当することになりました。

編集委員会から、「新人職員の視点で、議会について詳しくない若い人にも興味をもってもらえるような記事を」とのテーマをいただき、

お堅いイメージを少しでもなくそうと、SNS風のデザインで定例会の1年間の流れを紹介する記事を作りました。

今回はここで、編集中の特集ページを少しだけご紹介させていただきます。

 

 

 

完成版は8月15日ごろに届く議会だより「ささゆり」をチェックしてください!よろしくお願いします。

 

この他、表紙に掲載する写真も募集しています!ぜひご応募ください。 

 

《お知らせ》

明日、7月22日(土曜日)、箕面の夏の風物詩「みのおキャンドルロード」が行われます!

箕面駅前から箕面大滝までの滝道が、19時から21時までの間、約6,000本のろうそくの灯で幻想的に彩られます。

イベントの詳細は、箕面営業室の中西さんのブログをご覧ください。

 

明日、私もろうそくの点灯ボランティアとして参加します。

箕面大滝には何度か行ったことがありますが、夜の滝道は初めてなのでとても楽しみです。

中でも、ろうそくの灯にともされた特別な滝道を味わえるのは、

1年の中でも明日だけですので、みなさんぜひ涼みにいらしてください!

 

 

次回は、笑顔がすてきな健康福祉部高齢福祉室の神吉さんです!

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

競艇事業局 企画室 藤安です!

2017年07月18日 | 競艇事業局

みなさんはじめまして!

 

ボートレーサーの藤安です!

 

 

というのは冗談で


競艇事業局 企画室の 藤安勇唯(ふじやすゆうい)と申します。

 

これから一年間ブログを更新させていただきます。

よろしくお願いいたします。

こちらのシャツはボートレース界最大のレースであるSG第32回グランプリのPR用シャツです。

ちなみにSGとは、レースのグレードのことで、5段階あるグレードのうち最も高いグレードを表します。

SGはトップレーサーが集うことから人気が高く、ボートレース界の一大イベントです。

みなさまにこのブログを通して興味を持っていただき、グランプリに足を運んでいただけるように頑張ります。

 


★まずは、簡単な自己紹介をさせていただきます。

私は北摂で生まれ育ち、大学で社会学を学びました。

社会学を学ぶ中で地方自治体の働きに興味を持ち、ご縁があり箕面市に入庁いたしました。

実年齢以上に見られることが多いですが、社会人初デビューが箕面市でとてもフレッシュな気持ちです。

右も左もわからない中、上司の方々や同期に支えられ日々懸命に業務に取り組んでいます。

 

 

★競艇事業局とは…

私が配属された競艇事業局について説明させていただきます。

箕面市はボートレース住之江の施行者として多くのレースを開催しています。

ボートレースは渡辺直美さんをイメージキャラクターに起用しており、CM等でご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、こちらのポスターは来週に箕面市が開催するレースです。

ボートレース住之江まで足を運んでいただき、生のレースを見ていただけたら幸いです。 

こちらが実際のレース中の写真です。

ボートレースは水上の格闘技ともいわれており、生で見るレースの迫力はすばらしいものがあります。

私も競艇事業局に配属されて初めてレースを見たときは、ボートのスピード、ボートレーサーの技術に圧巻されました。 

箕面市に住んでいる方でも、箕面市がボートレースを開催していることをご存じなかった方は多いのではないでしょうか。

この機会を通じてボートレースのことを知っていただけたら嬉しく思います。

では、箕面市がなぜボートレースを開催しているのか、その目的を説明させていただきます。

 

 

★箕面市がボートレースを開催する目的とは… 

競艇及びボートレースと聞くと良いイメージを持つ方ばかりではないかもしれません。

しかし、ボートレースは

箕面市をより住みよいまちにするため

大きく貢献しています。

箕面市のビッグニュースである北大阪急行線延伸をご存じでしょうか。

延伸すると、箕面市から新大阪・梅田・なんばなど大阪都心に乗り換えなしのダイレクトアクセスが可能になります。

箕面市の公共交通機関が拡充されるのは嬉しいですね。

 

実は、この北大阪急行線延伸には

ボートレースの収益が充てられています。

これまでにも、総合福祉施設であるライフプラザや箕面市内の消防車両、公園や病院の改修など多くの事業にボートレースの収益が使われています。

昭和33年度から平成28年度までの57年間で、なんと総額1,476億円の収益を箕面市の事業に充てています。

みなさまにボートレースは箕面市を豊かにしていることを知っていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次の更新は、元気いっぱいの大城さんです!

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

青少年育成室の吉田と申します!!

2017年07月14日 | 子ども未来創造局

 

新人奮闘記!をご覧のみなさま、はじめまして!

 

子ども未来創造局 青少年育成室の吉田滉平(よしだこうへい)と申します!!

 

 

 

 

 

 

「あれ、前にも吉田って名前見たような…」

と思った方、大正解です!!!

 

私の下の名前が”こうへい”で、以前登場した人事室の吉田さんは”ようへい”さんです。

下の名前まで紛らわしいですね(笑)

 

 

これからの一年間でこの新人奮闘記に計4回登場させていただきます。

よろしくお願いいたします。

 

 

今回は初めての登場なので、自己紹介業務の紹介をさせていただきます。

 

 

 

◆自己紹介

私は、大阪府の摂津市というところで生まれ育ち、現在も暮らしています。

中学・高校ではサッカー部に所属し、日々汗を流していました。

大学では、教育に関する研究を行い、小学校の教員免許も取得しました。

そして、今年の3月に大学を卒業後、4月から縁あって箕面市の職員として働かせていただいています!

箕面市役所内では天然記念物と言われている(?)新卒男子です!!

先週登場した田畑さん、次回登場する藤安さんと合わせて、今年度の26名の新規採用職員のうち、たったの3名という珍しさです!!

 

ということで、まだまだ至らないところばかりかとは思いますが、箕面市のために一生懸命働こうと思いますので、よろしくお願いします!

 

 

 

◆業務の紹介

続いて私の配属された子ども未来創造局青少年育成室の業務について紹介したいと思います。

 

青少年育成室の業務は多様です。その中でも私が担当している業務としては、9月に開催される青少年文化祭や11月に開催される青少年弁論大会の企画・運営などを行っています。他にも、箕面市青少年教学の森野外活動センターの管理事業や、箕面市青少年健全育成推進奨励金に関する業務も行っています。

 

 

(箕面市青少年教学の森野外活動センター)

 

 

 

その中から今回は、箕面市青少年健全育成推進奨励金について、簡単に説明させていただきます。

 

この箕面市青少年健全育成推進奨励金は、簡単に説明すると、箕面市内に在住もしくは在学中の方で全国大会や国際大会に出場された場合、激励や交通費等の補助の意味を込めて、奨励金を交付させていただくというものです。

交付には審査があり、細かい基準がございますので詳しくは、こちらをご覧ください。

 

全国大会や国際大会への出場が決定されましたら、こちらの受付票に必要事項をご記入の上、大会の情報や結果などと合わせて、青少年育成室までご提出ください。ご提出いただきました書類や大会要項を調べ、審査いたします。FAXやメール、郵送のいずれかでご提出ください。

 

これからは夏の大会なども多くなってくる時期かと思いますので、みなさまからのご連絡をお待ちしております!!

 

 

審査の結果、交付対象となった方には、教育長から奨励金が手渡されます。

 

 

 

奨励金の対象となる方は、市長表彰の対象となることも多いので、市長表彰と同時に奨励金の交付をさせていただいています。

 

 

 

このように教育委員会と言っても、学校での教育に関することばかりを扱っているのではなく、課外活動などへの支援も行っています。また、箕面市は教育や子育てに力を入れているということもあり、そういった学校教育以外の部分での支援も充実しています。

 

これらの支援をより多くの方々に知っていただき、活用していただけるよう努めていきたいと思います。

そして、これらの支援が箕面市民の方々の支えとなり、活力となることを願っています!

 

 

それでは、今回のブログはこのあたりで締めくくらせていただきます!

 

次回は私と同じく新卒男子の天然記念物

日々渋さが増している競艇事業局企画室の藤安さんです!!

 

 

 

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面営業室の中西です!

2017年07月10日 | 地域創造部

新人奮闘記!をご覧の皆様、はじめまして!
地域創造部 箕面営業室中西 麻理(なかにし まり)と申します!

これから4回ほどこのブログに登場いたしますので
よろしくお願いいたします。

 

*自己紹介*

私は箕面市のお隣、茨木市で生まれ育った、生粋の茨木っこです!笑

ですが、箕面とは国道171号線で繋がっているため、

昔からおでかけや外食などでよく来させていただいているなじみ深い場所です。

(実は私の住む場所からは茨木駅に向かうよりも箕面に来るほうが近いのです)

 

学生時代は、茨木市でこども達と教育キャンプを行うボランティア活動を4年間行っていました。

(箕面でいう青少年教学の森野外活動センターのようなところで

キャンプカウンセラーをしていました。

この施設については次にブログを書く吉田くんがきっとそのうちお話してくれると思います!笑)

大好きな北摂のために働きたいという思いから公務員を志望し、

箕面市の採用説明会での倉田市長の市政に対する熱いお話に

「こんな風に市民さんのために働いてみたい!!」と感銘を受け、

受験をし、この度縁あって箕面市職員になることができました。とても嬉しい限りです。

上司や先輩方に教えていただきながらですが、毎日奮闘しております!!

 

*業務内容*
「箕面営業室とは一体何をしている部署なの・・・?」

「役所なのに営業・・・?」

おそらくみなさん思われたと思います。

大丈夫です、私も配属された時に思いました。

 

 ものすごく簡単に言うと、箕面営業室は、商業・観光・住環境など、

箕面市の様々な魅力を市内外に発信(つまり営業!!)するところです!

 

 箕面営業室には、商工業の振興、障害のあるかたや就労の困難なかたなどの

就労支援・労働相談などを担当する商工労働グループと、

観光振興、移住定住促進、ふるさと寄附金、などを担当する営業観光グループがあります。


取り扱う分野が幅広く、企業や地域の方々と協力して進める事業が多いのも特徴的かと思います。

 

 箕面営業室では、私は営業観光グループのお仕事を担当させていただいており、

住宅公園や空港でのイベントで箕面を積極的にPRしたり、

箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」グッズの開発、販売などに取り組んでいます。

 

 過日、アサヒビールのイベントに参加させていただいたときにも、ゆずると一緒に箕面をPRしてきました!

「え、アサヒビールの工場?吹田にあるのに・・・」と思われた方!

そう思いますよね!!!

 実は、アサヒ飲料が取り扱っているカルピスの生みの親、三島海雲さんは箕面市(旧豊能郡萱野村)出身なのです!

そういったご縁もあり、7月7日のカルピス誕生の日に、グループ企業であるアサヒビールの工場にお邪魔させていただいたのでした。
 

カルピスの看板を持って楽しそうなゆずるです。かわいいです。

ビール工場では、チラシやうちわなどを多くの方にお配りしましたが、

一人でも多くの方が「楽しそう!箕面に行ってみたいな♪」と思ってくださったら嬉しいです。


 

 箕面市民ではない私は、箕面を発信するにはまだまだ知らないことばかりです。


しかし、箕面市民でないからこそ、知れば知るほど「箕面は素敵なところだな」と感じることばかりです。


この気持ちをもっともっと市内外のたくさんの人に感じていただけるように、

日々箕面について勉強し、もっともっと箕面を全国に、世界に発信していけるようになりたいです!

新人らしく目標は大きめにしてみました( ̄ー ̄)!

上の写真は、箕面営業室の入り口内側の上に貼っているものです。

箕面営業室の職員は常にこの観光コンセプトを意識しながら、観光振興、

シティプロモーションに取り組んでいます。

 

 こちらは箕面営業室にあるグッズ販売コーナーです。

私の席の横にあるのですが、ゆずるがたくさんいてお仕事中ながら和みます。

配属された当初、グッズの種類の多さにびっくりしたのが懐かしいです。

 

 高校生の頃、「十六茶のCMにゆずる出てるねんで!箕面すごいやろ!」と

箕面市民の友達に言われて、まあなんとなくぐらいは知っていたゆずるに、

まさか私がこんなにも密に携わることになるとは思いもしませんでした。

今ではとても可愛いくて、見るたび愛しい気持ちでいっぱいです。

グッズのことについて詳しくは、また次回以降に書きたいと思います(*^_^*)

 

 最後に箕面営業室から夏の素敵なイベントをふたつ紹介します!

ひとつめは、7月22日(土曜日)に箕面大滝、瀧安寺前広場などで開催される「みのおキャンドルロード」です。

 

 冒頭の写真で私がうちわを持って宣伝しているイベントですね。

箕面駅~箕面大滝までの道が約6000本のキャンドルで幻想的に彩られます。

とてもロマンチックな夜になること間違いなし!!

(19:00から、2時間限りのイベントです!!)

ご家族、ご友人、恋人同士などでぜひお越しください。

キャンドルロードはこの日だけですが、箕面大滝のライトアップは

7月15日(土曜日)~8月31日(木曜日)まで行われています。

クーラーを消して夏の夜涼みに行くのも素敵ですね♪

 


 ふたつめ、7月29日(土曜日)、30日(日曜日)には第32回箕面まつりが行われます。

 両日とも、芦原公園に設けられる「ときめき広場」特設ステージでは、迫力満点のダンスや、

滝ノ道ゆずるの誕生日会、ゆるキャラGP出陣式など大盛り上がりの

プログラムはもちろん、たくさんの楽しい出店もあります。

箕面営業室でも、シティプロモーションブースを出店しますよ♪

 また、30日(日曜日)には、16:00から恒例のパレードも実施されます。是非見に来てくださいね。

 

 


書きたいことが多すぎて長くなりましたが今回はこれくらいにします。

同期からも喋りすぎでうるさいとよく言われるのが、ばれてしまったような気がしますね。笑

 


 

 お次もフレッシュな新人が続きますよ!!!

(おそらく)同期1の高身長サッカーボーイ、青少年育成室の吉田滉平くんです!

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

農業振興課の福永です!

2017年07月07日 | みどりまちづくり部

新人奮闘記をご覧のみなさま、はじめまして!
七夕の本日ブログを担当する、みどりまちづくり部農業振興課の福永(ふくなが)と申します。

これから1年間みどり豊かな箕面の魅力をこのブログでお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いします!

◆自己紹介
私は生まれてからずっと、北摂地域で育ってきました。
大学の4年間は古文書等を通じて、日本の歴史を学びました。
そしてご縁があってこの春より、長年親しんできた北摂地域の一つである箕面市の職員として働かせていただいております。

長い学生生活から社会へ、また農業という新しい世界へ一歩踏みだし、日々驚きの連続ですが、社会人としての自覚を持って仕事に励みたいと思います!

◆箕面の”みどり”
さて、突然ですが!
みなさんは箕面の”みどり”と聞くとどのようなイメージをお持ちですか?
箕面市で働くことになるまで、私が思い浮かべる箕面の”みどり”のイメージは、箕面大滝をはじめとした森林が中心でした。
しかし、まちを歩いてみると箕面は多くの農地が広がっており、非常にバラエティ豊かな”みどり”で溢れていることに気づきました。今回はその一部をご紹介します!

1.白島地区での田植え体験
6月3日(土曜日)に白島地区で田植え体験を実施しました。
農家の岡村幸雄さんのご協力で約40組の市民の方々が田植えを体験されました。

 

岡村さんに稲の植え方を説明していただきました!


稲の苗を2,3本ずつ取って、田んぼに等間隔に植えていきます。
ロープの印通りに植えていくのがなかなか難しい!


どろんこです!でも楽しい!

慣れない泥に足を取られつつも、みなさん一生懸命に取り組まれていました!

この体験は田植えだけで終わるのではなく、秋には稲刈りがあります。
また、その後精米したものを市民の方々にお渡しします。
普段何気なく口に運ぶお米がどのように作られているのか、ぼんやりとしか知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。それを実際に田植えから稲刈りまで田んぼで体験して学ぶことができる。こんな体験ができる環境は、箕面の大きな魅力の一つです!


2.止々呂美のビワ
箕面には、ゆずをはじめ多くの特産品があります。
現在収穫の最盛期を迎えているのが、止々呂美のビワです。


春に実に袋をかけて、表面の皮を傷つけないようにした後、6月末から7月にかけて収穫します。なんと全て手作業です!

農家さんが手間暇をかけて大事に育てられたビワは大ぶりで瑞々しく非常に美味しいのです。是非一度食べてみてくださいね!


(農家の尾上喜治さんと、美味しいビワと一緒に写真を撮らせて頂きました!)

箕面ブログのほうでも紹介されています!是非ご覧ください。

★番外編

ビワを収穫しているそばには、青くて小さな実がたくさんなっていました。
これは何の実でしょうか。

正解は…そう、ゆずの実です!この小さな実が、大きくて鮮やかな黄色の実に育つ姿を想像するとわくわくしませんか?そんなわくわくを胸に、今回のブログを締めくくらせていただきます!

次回のブログは笑顔が素敵な箕面営業室の中西さんです!
どうぞお楽しみに。

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけがなにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市民部戸籍住民異動室の田畑です!

2017年07月03日 | 市民部

 

新人奮闘記をご覧の皆さん、はじめまして!

 

市民部戸籍住民異動室の田畑 祐起(たばた ゆうき)と申します!

 

1年間、ブログを書かせていただきますので、よろしくお願いいたします!

 

 

 

今回は、1.自己紹介と、2.業務内容「本籍を移したいときには、転籍届」をお伝えします。

 

1.自己紹介

  私は、兵庫県で生まれ育ち、この春大学を卒業した新卒男子です。新人奮闘記に登場する26人のうち、新卒男子は私を含めて3人と、かなりの少数派です。他の2人も後日、新人奮闘記に登場しますので、お楽しみに!

 

  好きなことは、自然の風景を写真に収めることです。

 

ということで、ここで皆さんに質問です。下の2枚の写真は、私が箕面市内で撮影したのですが、どこで撮影したか分かりますか?

 

 

 

 

 

  正解は、2枚とも「止々呂美」です。撮影したのは、ちょうど田植えが終了した時期でした。田畑の緑が鮮やかで、非常に和みました。

 

 

 

 撮影当日は、サイクリングや、写真のようにキャンプをされているかたも多かったです。皆さんも止々呂美を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

2.業務内容「本籍を移したいときには転籍届」

 さて、ここからは私の業務内容についてご紹介します。私が所属する「戸籍住民異動室戸籍グループ」では、戸籍の届出に関する業務をしています。皆さんもご存知の出生届、死亡届、婚姻届等の届がありますが、今回は、市民の皆さんからのお問い合わせが多い「転籍届」についてご説明します。

 

 恥ずかしながら、私は入庁するまで「転籍届」という言葉を聞いたことがありませんでした。

 

 「転籍届」は、本籍地(戸籍の所在場所のことをいいます)を変更する時に出す届出のことです。

 

 転籍届を出したいとき、どのように手続きを進めるといいのでしょうか?

  

 

1)準備するもの

  ・戸籍謄本または全部事項証明書(同じ市区町村内での転籍の場合は不要です)

  ・転籍届の用紙

  ・印鑑(転籍届に押印したもの、スタンプ式不可)

 

 の3点です。戸籍謄本については、現在の本籍地に取りに行くか、郵送で請求できます。詳しくは、ホームページ郵送で証明書が取りたいときにはをご覧ください。

 

 なお、転籍届の用紙も一緒に郵送で取り寄せることができます。

 

 

2)届の記入の仕方

     次に、転籍届の用紙のご説明をします。

 

   用紙は全国統一ですので、他市区町村の用紙を使っても届出できます。

 

   それでは記入方法を、下の転籍届の用紙を使ってご説明します。なお、鉛筆や消えやすいペンで書かないでください。

 

 

 

 数字で示した部分を記入していきましょう。

 

 1:現在の本籍、筆頭者氏名

 

 2:新しく定める本籍

 

 3:戸籍に載っている人の名

 

 4:住民登録している住所

 

 5:世帯主の氏名

 

  6,7:筆頭者、配偶者ご本人の署名・押印(印鑑は、認めでもOKですが、別々のものでお願いします)。必ず本人が自署し、夫婦の一方が死亡等で除籍されている場合は、生存配偶者のみで届出することもできます。

 

 8:昼間連絡の取れる電話番号を記入してください。

 

 

3)届出場所

   用紙の記入が完了したら、窓口に行きましょう!

 

 届出場所は、現在の本籍地、新しい本籍地、届出人の住所地のいずれかの市区町村の窓口です。

 

   戸籍の届出、用紙のお渡しについては

 ・市役所本館1階の102番「戸籍の届出受付」窓口(平日・土曜日8時45分~17時15分)

 ・豊川支所(平日8時45分~17時15分)

 ・止々呂美支所(平日8時45分~17時15分)

 

 でできます(いずれも祝日は除きます)。また、上記以外の時間帯も、市役所本館地下1階の守衛室で届出ができます。

 

これで、転籍届は届出完了です。なお、新しい本籍地が戸籍に反映されるのは、箕面市では3営業日後(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)となりますのでご了承ください。

 

 

戸籍グループでは、転籍届以外にも多くの種類の届出を扱っており、その人の一生を証明する大切な記録ですので、今後も知識を身につけながら、責任感を持って業務に取り組みたいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

次回は、農業振興課の福永(ふくなが)さんです!

 

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、なにかあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペ-ンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加