箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

中央図書館の羽藤です

2017年05月29日 | 子ども未来創造局


みなさん、こんにちは!


子ども未来創造局 中央図書館の羽藤(はとう)と申します。


入職して早くも2ヶ月が経ちました。すでに図書館へお越しの方は、お会いしているかもしれませんね^^

学びの毎日で、充実した日々を送っております。

 

これからこのブログを4回ほど書かせていただきますが、、、


わたしは図書館の広報マンとしてここを利用します笑!!


このブログを見て、少しでもたくさんの人が本を好きになって、
みなさんがもっと図書館のことを知り、足を運んで頂けるように頑張ります☆

 

早速ですが、今回は私が働く中央図書についてご紹介します。

私は大阪府の豊中市で育ち、ここで働くまで箕面市の図書館に行ったことがありませんでした。

中央図書館の第一印象は、、、


「・・・めっちゃキレイ・・・!!」


本っ当にきれいなんです!

それもそのはず。なんと2年前にリニューアルオープンしたところ。
カフェのようにモダンな内装と利用者がわかりやすいようにジャンルごとに並べられた本棚からは、
今までの図書館とは違う何かを感じました。


しかもなんと・・・!

本当にコーヒーが飲めちゃうんです!

もう一度いいます。

飲めちゃうんですよ!中で!

この取り組みは全国的にも珍しいと思います。
普通は「本が汚れるから飲食禁止!」と図書館側はいやがりそうなものですが、
この図書館は利用者のニーズを優先し、コーヒー片手に読書ができる環境を整えているのです。

あ、ちなみにコーヒーは有料ですので、あしからず笑 ←でも100円ワンコイン♪

 


もう一つ驚いたことは、自動貸出という仕組みです。

近年増えてきているようですが、
これは利用者の方が自動貸出機↓↓にてご自分で貸出をするシステムです。


ここにまとめて本を置き画面をタッチするだけで、、、


はい終わり。貸出終了です。
ここにきてはじめてこの子(自動貸出機)と出会い、私はとても感動しました。なんて賢い子なんだと。


実は私、ここに来る前に少し他の図書館で働いていたことがありました。
その時はカウンターで一冊ずつ本のバーコードを読み取り、
貸出をする旧スタイルでしたが、何分人が行うことですので、時間はかかるわ貸出ミスはあるわで大変な作業でした。

しかしこの子(自動貸出機)はそれを一瞬で確実にこなす優等生。
もう一瞬で好きになりました。


また、このシステムは利用者のプライバシーもしっかり守られます。

「この本借りるけど、職員の人に見られるの何かいやだな。。。」
そんなことを思ったことがある人もいるのではないでしょうか。


自動貸出機は図書館、利用者、双方にとって利点のあるサービスだと思います。
みなさんもぜひ一度使ってみてください♪

 

 

他にもお伝えしたいことが山っほどあるのですが、
そろそろ私の図書館愛で胸焼けされてきたころだと思いますので、今回はこのあたりで失礼いたします^^

 

本と人、人と人との出会いを提供する場、
箕面市立図書館をこれからもどうぞよろしくお願いいたします!

 


さて、次回の新人奮闘記は・・・

ユーモアあふれるいやしのパパさん、吉田さんです。

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

審査指導室の谷川です!

2017年05月26日 | みどりまちづくり部

 はじめまして。
みどりまちづくり部、審査指導室・建築指導グループに配属となりました、今年で40歳になる谷川啓二(たにがわ けいじ)と申します。


《自己紹介》
 箕面市役所に入庁する前は、建築工事の施工管理に10年、施設営繕や内装改良工事の設計・発注・工事監理に7年間従事してきました。

現在は妻と1歳の娘の3人で宝塚で暮らしていますが、生まれも育ちも淡路島です。淡路島は玉ねぎの産地としても有名なのですが、島民としての個人的なお勧めは、西海岸の“淡路サンセットライン”です。


 写真は完全にサンセットの時間帯を外しておりますが、本物は是非、生でご覧になってください(笑)

《箕面市の魅力について》
 そんな島育ちの私が、箕面のまちに魅力を感じるところが、自然豊かな場所が多い!という点です。
 先日、家族で箕面森町公園に遊びに行きました。素晴らしいのが、普通の公園といえば限られた敷地内に遊具が配置されているイメージがありますが、ここは広大な敷地を誇り、雄大な山々と緑に囲まれた中で子供を自由に遊ばせることができるので、それだけですごく贅沢な気分になります。





《審査指導室の業務について》
 このような緑豊かな都市環境を維持するために、箕面市の建築物や地域には、都市計画等によって様々な規制が設けられています。例えば、地域によって、建てられる建築物の用途や高さ・面積なども変わってきます。みのおキューズモールやその周辺区域(写真の赤い網掛け部)は商業施設の配置が中心となり、様々な業務施設や一定規模の高さの建築物も建てられます。

 逆に、商業地域から少し離れた区域(写真両端の、緑の網掛け部)は、低層住居専用地域と言って、良好な住環境を守る区域となっており、建物の高さは10mまでに制限し、用途についても住宅がメインとなり事務所やスーパーなどは建築できません。

 また、網掛けのない東側の市街化調整区域は、読んで字のごとく市街化を調整する区域で、原則として建築物を建てることが禁止とされており、市の特徴である緑豊かな田園風景が、長きにわたり、維持されるということになります。

 市内にこのような規制がなければ、便利な場所にはたちまち様々な高さや用途の建築物が乱立してしまいます。規制を設けることは、良好な街並みを維持することにつながります。このような規制が守られていない建築物に対し、必要に応じて指導を行うことも私の業務のひとつとなります。

 次回からも少しずつ、担当業務をご紹介していこうと思います。

 次は、子ども未来創造局中央図書館の羽藤さん、よろしくお願いします!!


箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。



この記事をはてなブックマークに追加

市民部窓口課証明グループ 佐々木です!

2017年05月22日 | 市民部

はじめまして、こんにちは。
平成29年度新規採用職員の市民部窓口課証明グループ 佐々木あゆり(ささき あゆり)と申します。


これから1年間、4回ブログを書かせていただきます。
よろしくお願いいたします。

冒頭で「はじめまして」とご挨拶をしましたが、実は皆様にはすでにお目にかかっています。
伊藤副市長が書かれた平成29年度がスタート!で辞令交付を受けているのが私です。
皆様、「箕面市役所 新人奮闘記!」だけでなく、「部長ブログ@箕面市役所」もどうぞご覧ください。

さて、前置きが長くなりましたが、まず初めに簡単に自己紹介をさせていただきます。

私は広島県で生まれ、その後は日本各地を転々とした後、箕面市のお隣である豊中市で育ちました。
箕面市は、箕面大滝のお散歩に来たり、遠足で箕面公園昆虫館を訪れたりと馴染み深い地域です。

大学卒業まで豊中市で過ごした後、東京で約2年間民間企業に勤め、食品添加物の営業をしていました。
そして、この度ご縁をいただき平成29年4月より箕面市役所で勤めております。

配属先は、市民部窓口課証明グループですので市役所本庁舎の入り口を入って正面におります。
もうすでに、見たことある!というかたもいらっしゃるでしょうか。
まだまだ未熟ですが、皆様からのご質問にお答えできますよう勉強していきたいです。

次に、市民部窓口課証明グループの業務についてご紹介したいと思います。
「市役所」と聞くと、「住民票の写しや戸籍の証明書を取るところ」という印象が強いのではないでしょうか。
市民部窓口課証明グループでは、まさにその業務を行っています。

正確には、次の4点の証明書を発行しています。
(1)住民票の写し
(2)戸籍の証明書
(3)印鑑登録証明書
(4)市・府民税の課税証明書及び非課税証明書
箕面市では(1)から(4)までの証明書を、2種類以上ご入り用の場合でも1枚の申請用紙で申請していただけます。

市民部窓口課証明グループは、市民の皆様の個人情報を取り扱う上に、それを証明書として交付することが役割です。
個人情報を守る最後の砦となる部署なので、個人情報の入った証明書を交付して良いか否かの判断をする際には、日々緊張感と責任感を感じています。

最後に、本日は重要なお知らせがあります
先ほど窓口で、市・府民税の課税証明書及び非課税証明書を発行していることをご紹介しました。

5月12日より次の2つの条件に当てはまるかたの平成29年度(平成28年所得)課税証明書の発行を開始しています。
(1)徴収区分が、特別徴収(給与天引き)のかた
(2)申告者ご本人様の証明書の発行が必要な場合
この条件以外のかたは、6月9日から交付が開始されますので、それまでお待ちください。
なお、平成28年1月1日に箕面市に住民票を置かれていたかたのみ、平成29年度の課税証明書を箕面市で交付できます。

今年度は例年以上に新卒組が多い中でのオールドルーキーですが、二度目の社会人1年生として気持ちは誰よりもフレッシュでいるつもりです。
これから1年間、稚拙な文章ではございますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

次回のブログ担当者は、家族愛にあふれる谷川さんです。
楽しい記事を期待しています。

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

固定資産税室の辻野と申します!

2017年05月19日 | 総務部

みなさま、初めまして。

総務部固定資産税室辻野 舞(つじの まい)と申します。

顔が似ている小平さんから続いてブログを書かせていただきます!
写真をご覧いただいて、「また小平さん?」と思われるかもしれませんが、別人ですのでしばらくお付き合いください。(笑)

 

さて、初めましてと書きましたが、実はすでに登場しておりました。

介護・医療・年金室の本田さんの先輩職員宅でのBBQ集合写真の中にいます!
お時間ある方はぜひ探してみてください。


 初めての新人ブログですので、

1.自己紹介

2.固定資産税室の業務内容

3.清掃体験研修

の3点について書かせていただきます。

 

1.自己紹介

私は箕面市で生まれ、北摂を転々としたあと、小学校1年生から箕面市で育ちました。
前職はトリマーという犬の美容師を約4年間しておりました。
箕面市役所の中でもかなり珍しい経歴かと思います。

下の画像はおばの家のわんこです。私がカットしました!

とってもおりこうさんな顔をしていますが、実はおやつをねらっているところです。(笑)


トリマーの後、短期で仲居の仕事や和菓子屋の店員を経て、平成27年度に税務課の堀さん情報政策室の山寺さんと同じく任期付職員として箕面市役所に採用となりました。そして、平成29年度より正規職員として勤務しております。
さまざまな仕事を経験したことで得たものを、箕面市役所で役立てられればと思っています。
今年で入庁3年目となりますが、毎日が学びと思って精進してまいりますので、よろしくお願いいたします!

 

2.固定資産税室の業務内容

固定資産税とは、毎年1月1日(賦課期日)に、箕面市内に土地・家屋・償却資産を所有している人にお支払いいただく税金です。
私は固定資産税室で土地の業務を担当しています。
土地グループでは、賦課期日前の土地の異動(分筆・合筆や地積更正など)に対して現況を調査し、現況にあった評価をします
また、賦課期日前に売買や相続などで所有者が変更になった土地や家屋を、新しい所有者に課税するための準備などをしています。

土地の業務については次回以降に詳しく書かせていただきます。

さて、箕面市では4月28日に納税通知書を発送しました。
そうです。1番上の画像で私が手に持っているものです。

今回は、発送した納税通知書の中でも、特によくお問い合わせいただくことについて書きます。

Q:納税通知書が届いたが納付書が入っていない、もしくは失ってしまった

A:

まず、納税通知書には3種類あります。

下から順に、「窓口用」 「口座用」 「共有構成員用」です。

口座用については口座自動引き落としを申し込まれたかたに送付します。
口座からお支払いいただきますので、納付書(払い込み用紙)は送付しません。


共有構成員用については、固定資産を共有で所有されているかたで、代表者以外に送付します。

共有で固定資産を所有されている場合は連帯納税義務があるため、課税の内容を共有者
のかたにも把握していただくために、納税通知書を送付しています。

ただし、共有者全員に納付書(払い込み用紙)を送付すると2重払いなどが起こってしまうので、代表者を1名定め、代表者のみに納付書を送付しています。

代表者は青色の文字の納税通知書+納付書

共有構成員は紫色の文字の納税通知書のみが届きます。納付書は送付しておりません。

もし青色の文字の納税通知書で、口座自動引き落としを申し込んでいない場合で納付書が入っていなければ、固定資産税室へご連絡ください!



3.清掃体験研修

環境クリーンセンターで10日間清掃体験研修に行ってきました。


環境クリーンセンター正面です。

回収されたごみはここを通って種類ごとにそれぞれの処理場へ搬入されます。

私も収集車に乗せてもらって、一緒にごみを回収しました!

今回、この研修に参加して、ごみをひとつひとつ手で回収していただいているという、当たり前のことですが大事なことを再確認しました。
自分のごみの出し方をもう一度見直す良い機会をいただきました!

今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


実は小平さんと私に似ている子がもう一人登場します(笑)

みなさん見つけてみてくださいね。


さて、次回のブログは清掃体験研修が同じ班だった

市民部窓口課の佐々木さんです!

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

障害福祉課の小平です!

2017年05月15日 | 健康福祉部

 

ブログをご覧の皆さん初めまして

健康福祉部障害福祉課の小平 真緒(こひらまお)と申します!

 

 

 

初めて書く新人ブログなので、(1)自己紹介と、(2)福祉体験研修について

簡単にですが、書いていきたいと思います。

前の同期4名が、濃い内容のブログを書いているので

とても緊張しますが、最後までお付き合いいただけると幸いです!

 

 

(1)自己紹介

わたしは、生まれも育ちも大阪市で、実は箕面市とはゆかりがありませんでした。

そのため、箕面に対するイメージはずばり「滝」のみでした。

就職活動中に、箕面市のことを調べていると、

箕面市を志望するきっかけのひとつとなった

先輩職員さんが書いているブログを見つけました。

 

簡潔に言えば、「休日に箕面大滝を見にハイキングに行く」という内容だったのですが、

その職員さんの生活にあこがれを抱き、

わたしもそんな自然が身近にある生活を送りたい!と急激に惹かれ、

採用試験に臨みました。

(この文章だと志望した理由が「滝」だけのように思われますが、そういうわけではないのでご安心ください(笑))

 

そんなわたしは、大学時代、福祉を学んでいたこともあり、

福祉に携わることのできる部署を志望し、障害福祉課に配属されることになりました。

まだまだ勉強しつつ頑張りたいと思います!

 

 

 

(2)福祉体験研修

新規採用職員が受ける研修のひとつで、福祉体験研修というものがあり、

わたしは カフェ シェスタ さんにお邪魔させていただきました!

シェスタさんは、箕面市瀬川にあり、就労継続支援B型事業所としてカフェを経営しています。

 

就労継続支援B型事業所ってなんだ?と思われるかたが多いと思うので、

簡単にご説明させていただきます。

 

就労継続支援事業所とは、簡潔に言うと、一般企業等への就労が困難なかたに、

働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行うところです。

 

さらに、就労継続支援事業所には「A型」と「B型」の2つの分類があり、

「A型」は利用者と雇用契約を結び、「B型」は雇用契約を結ばない、という違いがあります。

「A型」のほうが、一般企業などへの就労を目指すという目的が強く持たれており、

「B型」よりも、利用者が得る工賃が高いという側面がありますが、

どちらも最終的には一般企業等への就労を視野に入れています。

 

その中でも、シェスタさんは、こころの病を持つかたが利用しているところで、

本格的な焼き菓子を製造・販売したり、カフェで接客したりという仕事もされます。

 

今回の研修では、そのかたたちと焼き菓子をつくったり、

小学校や中学校に訪問して、お菓子を販売する仕事を体験させていただきました。

 

研修中にシフォンのプレーンを頂いたのですが、

ほどよい甘さでとても美味しかったです!

 

 

ゆず味のお菓子もありました!(そばにゆずるくんが!)

 

写っているのはほんの一部ですが、かわいい雑貨もたくさん置いてありました。

 

品揃えが豊富で、ラッピングが素敵でした。

研修中に、何か購入させていただこうと思っていたのですが、できませんでした…

またぜひとも、焼き菓子や雑貨を購入しにお邪魔させていただきます!

 

 

最後に、わたしの相棒の写真を載せたいと思います。

 

大学2回生のときに買ったギターです!(名前はつけていません。)

大学でギターサークルに入っており、今でも趣味としてギターを弾きます。

いつか箕面の大自然のなかで、このギターをジャカジャカ

弾きたいという野望をかなえたいです!(笑)

 

 

今回のブログは以上で終わります。

今後ともよろしくお願いします!

 

次回は辻野さんが更新します!

辻野さんとは顔が似ているらしく、よく間違えられます(笑)

 

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

市民部 介護・医療・年金室の本田です!

2017年05月12日 | 市民部

皆さま、はじめまして。

平成29年度採用職員の本田 英明(ほんだひであき)です。

所属は、市民部 介護・医療・年金室です。

これから1年間ブログを掲載させていただくので、よろしくお願いします。

さて、第1回のブログ内容ですが

(1)自己紹介

(2)業務内容

(3)ゴールデンウィークの過ごし方

となっております。

(1)自己紹介

私は、生まれてから高校卒業まで箕面市で過ごしました。

大学進学時に1度箕面市を離れましたが、再び戻って箕面市役所に勤務となりました。

私は、平成25年4月に任期付職員として入庁し、税務課固定資産税室にて3年間、現在所属している介護・医療・年金室にて1年間の計4年間の勤務を経て、平成29年度から正規職員として勤務しています。

多くのかたに支えていただきました感謝の気持ちを忘れずに、箕面市のためにしっかり働いていきます。

趣味は、スポーツ全般で、テニス、バドミントン、フットサルをすることが多いです。

(2)業務内容

介護・医療・年金室で福祉医療費助成制度の担当をしています。

国民健康保険などをイメージされるかたが多いと思いますが、別の制度です。

福祉医療費助成制度は、医療費の一部を助成し、自己負担を軽減する制度です。医療費の自己負担は健康保険により通常1割~3割ですが、この制度によりさらに手厚く補助をしており、実際に本人にご負担いただくのは1日あたり500円までです。

老人医療障害者医療ひとり親家庭医療子どもの医療の4つの部門に分かれています。

各医療の受給資格等につきましてはリンクを貼ってますので、ご参照ください。

対象者のかたには医療証を発行しており、医療機関で健康保険証と併せて提示すれば、以下のとおり助成が受けられます。

入院・通院とも1日あたり最大500円、月2日限度で月最大1,000円までで医療を受けることができ、同じ月で3日目以降は無料になります。
また、複数の医療機関を受診した場合でも、月額上限2,500円で受診できます。

 

 

 

福祉医療費助成制度を利用すれば、たとえば箕面市立病院に1か月間入院して、支払いが何十万円となっても、自己負担は1,000円ですみます。

ただし、各種医療保険の対象とならない費用(診断書料、食事代、差額ベッド代等)については助成の対象外となります。

この福祉医療費助成制度の中でも、箕面市は子どもの医療に力を入れています。

平成29年4月から子どもの医療費助成の対象年齢が「中学校卒業まで」から「高校卒業年齢まで」に拡大されました。

対象年齢の拡大による効果など、詳しくは、小林誠一市民部長のブログをご覧いただければと思います。

私からお伝えしたいのは、子どもの医療費助成の対象年齢が高校卒業年齢までで、しかも所得制限がないというのは、大阪府内でも実施している自治体はほとんどないということです。

住環境がよく子育て世代に人気のあるとされる北摂7市2町の中でも、これほどの条件で子どもの医療費助成を実施しているのは箕面市だけです。

「子育てしやすさ日本一」を目指す本市ならではの政策であり、こういった政策に思いきって財源を充てることができるのも、箕面市市政に携わる多くの皆様にご尽力いただいてきた今までがあってのことだと感じております。

以上、簡単ではございましたが、福祉医療費助成制度についての説明でした。

福祉医療費助成制度について初めて知ったかたも多かったかと思います。

私も現在の部署に異動するまでは、制度の存在自体を知りませんでした。

市役所の仕事は多岐にわたりますので、様々なことを経験していきたいです。

 (3)ゴールデンウィークの過ごし方

話はがらっと変わりまして、皆様、ゴールデンウィークはどのように過ごされたでしょうか。

私は先輩職員の自宅にてBBQを楽しんでました。

写真を交えて紹介していきますが、皆様の言わんとしていることは心得ているつもりです。

私のようなおっさんが肉を焼いてる写真は誰も見たくないと。

この後の写真は、かわいらしい動物が出てきたりしますので、もうしばらくお付き合い下さい。

まずは、集合写真からです。

和やかな雰囲気の中で、部署も役職も異なる様々な方とコミュニケーションがとれました。

初対面同士でも、どの部署の所属でどんな仕事をしてるのか、プライベートの話などざっくばらんにできるのがこういったレクリエーションの良さではないしょうか。

また、BBQはもちろんのこと、なぜか先輩職員は珍しい動物をたくさん飼育されており、触れあえる楽しみがあるのも先輩宅の魅力です。

せっかくなので、コレクションのごく一部を紹介をしたいと思います。

まずはこちらです。一見すると、フクロウかなと思いますが、羽角と呼ばれる耳があるのでミミズクという呼称になるそうです。キリッとして凜々しいですね。

 

続いてはこちらの鷹です。すました顔して私も写っていますが、暴れる鷹にびびりすぎてこの写真にたどり着くまでに、10枚以上は撮影いただきました。

撮影者のかた、ありがとうございました。

 最後はおしゃれなネクタイ

ではなくかわいらしいヘビちゃんです。頑張って笑おうとしてますが、若干顔が引きつってますね。

この後、私のことを獲物と認識したのか、思いっきり服の中に進入してきて、危うく最初で最後の新人ブログになるのではという危機感を覚えました。

※もちろん毒をもったヘビではなく噛まれたとしても安全です。

 そんなこんなで楽しいBBQもあっという間に7時間が過ぎました。

今回、一緒にBBQさせていただいた方と、来年度同じ部署で仕事をすることになったりも大いにあると思います。

1つ1つの出会いを大切に(動物も含む)、そして機会を提供してくれた先輩職員には感謝の気持ちを忘れず、今度は自分が先輩になったときに同じようなことができるようにしていきたいです。

以上、長くなりましたが、私の第1回の新人ブログとさせていただきます。

次のブログ担当者は、新卒の小平さんです。

おっさんが続いた新人ブログもフレッシュなブログに突入いたしますので、ご覧いただければ幸いです。

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

【湯戸(ゆど)です!!!】

2017年05月08日 | みどりまちづくり部

皆様はじめまして。本年1月に入庁した、みどりまちづくり部建築室の

湯戸祥文(ゆどよしふみ)です。

これから約2ヶ月に1回登場します!箕面市の取り組みや情報などを発信し、

箕面市役所の新人職員の日々を計5回にわたり紹介します。

よろしくお願いします!

第1回、第2回と少しおじさんが出てきましたが、今回も少しおじさんです。

まだまだ続きますが、安心してください。フレッシュな人もたくさんいます!!!

 

 

 

 

<自己紹介>

私は、生まれも育ちも大阪です。京阪沿線に住んでいます。

大学卒業後は東京に本社がある設備工事会社に入社し、現場監督(施工管理)をして

いました。主に研究施設や工場の空気調和設備(新鮮な空気を循環する設備)を

作っていくことに携わっていました。全国各地をまわり色々な方々、色々な観光地

(仕事の一環でした(笑))を訪れることができ良い経験をしました。

 

現場監督で培った経験を活かし、より身近なみなさんに快適に使ってもらえる施設

を作ることをやってみたい、そう思うようになり転職活動を始め、今回縁があり

箕面市に入庁しました。

↓空気調和設備の施工中の一例です。
 (みなさんが使用する建物の天井の中はこんな感じです。)

 

↓神話に登場する白兎神社というところです。(鳥取にいたときに訪れました)

 

 

 

<新人研修ついて>

4月に入り平成29年度新規採用職員の全員が揃い、新規採用者研修がスタートしまし

た。公務員としての基本を学ぶカリキュラムの中で、福祉体験という研修があり

各個人で訪問する施設が決まっています。

 

私の場合は4月24日から26日までの3日間で「市立介護老人保健施設」へ行きました。

この研修では、高齢者の方々のちょっとした身の周りのお手伝いや、声掛けやコミュニ

ケーションなどを体験しましたが、職員の皆さんの対話の仕方やデイサービスを利用す

るために、来られる方々が少しでもくつろぎ、気持ちよく帰って頂くための並々ならぬ

努力をみることができ貴重な経験となりました。


市立介護老人保健施設のスタッフの皆さんありがとうございました!


<業務ついて>

現在、私はみどりまちづくり部建築室に所属しております。

この部署では市の保有する公共施設や学校施設の新築や増築、改修工事の設計・監

理の業務を行っています。

どんな業務かというと………

(1)担当部署(学校を管理するところや、公民館を管理するところなど)からの依頼

  を元に建物を造ったり、直す方法を考えること

(2)考えたことを図面で表現したり(設計)、必要な費用を計算すること(積算)

(3)工事の段階では現場の状況を把握し、工事を監理すること

建築に関わる全般の能力が必要となります。

今は、まだわからないことが多く大変ですが、知らない知識に触れることができて楽しい

です。

今後は学校施設において快適な学習環境を提供できるよう理科室や音楽室など

「特別教室」に、また災害時に市民の皆様が避難所として利用する体育館に

取り付けるエアコン設置に関することをお伝えさせていただきます!

 


今回のブログは以上です!

今後ともよろしくお願いします。

 

では次回のブログ更新は、本田くんです。

よろしくです!


 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

新人職員、山寺です。

2017年05月02日 | 総務部

みなさま初めまして。総務部 情報政策室の山寺と申します。
平成29年度「箕面市役所 新人奮闘記!」第2回を担当いたします。
  

こんな具合の山寺が登場しましたが・・・ご安心ください。大丈夫です。
このブログは新人奮闘記です。
第1回と第2回で続いておっさんスタートしましたが、さわやかボーイもちゃんと登場します。
しかし堀・山寺ペア以外にもおっさんはいます。おっさん同士でもさもさしています。。。

 

 

少しでも場が和むよう、お花の写真を載せてみます。

 

1.自己紹介

生まれてから今に至るまでずっと住まいは大阪で、学生時代は京阪沿線ののどかな町で育ちました。いわゆる北河内という地域です。そして卒業後、大阪市に住居を移し、民間企業に勤めている間に箕面市へ移ってきました。

民間企業から箕面市役所に転職した理由については、端緒は、市の広報紙「もみじだより」で職員を募集していることを知ったからですが、市の政策に幅広い分野で携わることができる市職員の仕事に以前から興味を持っていました。

新人ブログを書かせていただいておりますが、実は今年度で3年目の職員です。平成27年度から任期付職員として入庁し、平成29年度より正規職員として勤務しております。今に至るまで、本当に沢山の職員の皆さまにお力をいただきました。支えてくださった先輩職員の皆さまには感謝してもしきれません。しっかり働きます。

 

2.仕事内容

私が担当しているのは、住民票や税の納付書を発行する住民情報系システムや、市の歳入・歳出を管理するシステムの管理運用を担当しており、システムを利用した業務の改善・効率化を行っています。他にも職員が使用するパソコン端末やプリンターの設置などで、市内の各施設に出向くこともあります。最近ではライフプラザや箕面消防署の東分署でパソコン設置やLAN配線の整備で作業をしました。

箕面市役所では多数のシステムを利用しており、その用途は様々です。それらを適切に運用することで人件費の削減や作業の効率化につなげ、市民サービスの向上を目指しています。市民の方と接する機会は少ないですが、安定かつ円滑な市民サービスの提供を継続していけるよう日々の業務に励んでいます。

とは言うものの、4月に配属されたばかりの新人ですので、分からないことばかりです。先輩職員方にご指導いただきながらやっと仕事がこなせる状況です。自己研鑽の意識を常に持ち、このブログにも私の仕事っぷりをしっかりお伝えできるよう尽力して参ります。

 

それではここで一つ、業務で使用する機器をご紹介します。

これは個人情報を取り扱うパソコンに職員がログインする際に使用するハードウェアです。指静脈認証という仕組みを用いて、特定の職員しか作業できないようにセキュリティー管理しています。また市役所で使用するパソコン端末からは、あらゆるデータを自由に持ち出すことができないように制限もかけています。

 

そしてもう一つ。画像上部の棒状の機器について。

これは各システムが問題なく稼働できているかが、情報政策室内にいながらにして一目で分かるシステムです。画像のように赤、オレンジ、緑などの箇所が点灯していないときが平常稼働しているという状態です。点灯するランプの色によって、そのシステムのどの部分に異常があるか判別することができるようにしており、情報政策室の職員は自宅のパソコンからも稼働状況を確認することができ、迅速な対応をすることができます。

 

3.緑化事務所での活動

箕面市では新人職員研修の一環で、市内各福祉施設で働く方と一緒に仕事をする研修があります。私も先日その研修を受けてきましたので、お世話になった緑化事務所の仕事内容などを紹介させていただきます。

緑化事務所は障害者の働く場づくりの拠点として設立された財団で、市内の公園の花壇や芝生、歩道に沿って植えられている花の管理をされています。また、市役所のロビーや市民活動センターなど多くの場所に観葉植物が置かれていますが、これら植物の管理も緑化事務所で行われています。 

 植木鉢にこのようなシールが貼ってあるものが目印です!
 

 

施設の皆さんのことは庁内で何度も作業をされているのをお見かけしていましたし、現場管理者の職員の方もよく市役所でお会いする方でした。スタッフ同士仲良く、健常者も障害者もとてもいきいきしていて、冗談を言い合う楽しい雰囲気の職場でした。


それでは研修で体験したことをご紹介します。

3日間の研修の内、最初の2日間は公園の除草作業でした。花の間に伸びて日光を遮っている雑草を抜いたり、芝生をきれいに整えるというものです。

 

作業前

 ↓

作業後

パンジーの内側の雑草がなくなったことがよく分かりますね。

 

 

そして別の現場の作業前風景

 ↓

作業後です。

前後で対比させたい気持ちを抑えて違う角度から写してみました。

 

そう、この芝を刈ったのはこの機械を使って仕上げました。

そうです、芝刈機(しばかりき)です。

きれいにまっすぐ刈るのが難しく、いい出来とは言えなかったと思いますが一生懸命やりました。
 

ご覧いただいたとおり、広い範囲での雑草は機械を使ってまとめて除草することができます。しかし機械が使えない狭い部分や、花と花の間に伸びている雑草を抜いていくのは全て手作業です。これから暑い季節になり虫も多くなってくる季節ですが、スタッフの皆さんは今後も公園や街並みを美しくするため除草をしたり、新しい花の苗を植えてくださります。
私の子どもはまだ幼いので、休日の過ごし方と言えば公園です。ふとした時に子どもが花の前でしゃがみ込み、「きれいねぇ」なんて言うのです。そうした子どもとのやりとりもスタッフのみなさんのおかげだなと思い、あたたかい気持ちになりました。緑は大事にしてきたいですね。

 

そして研修最終日。


この日は朝から雨が降っていたので、午前中は市役所などに置いている観葉植物のお手入れをしました。

そして午後からは植物の卸市場に連れて行ってもらいました!

植物市場のフォトギャラリーです。

この市場の中にたちこめるお花の香りに包まれながら、沢山の種類の植物が並ぶのを見ることができ、せりの現場を見るというとても貴重な体験ができました。

ちなみにこの市場は卸売りのため、業者の方以外は買えません。
こういうところがあるんだなぁという認識でお願いします。


さて、仕入れる植物についてですが、市役所などに置く観葉植物ということで、子どもたちにとってトゲがあったり葉が堅すぎるものは危険です。そのため、とにかく立派でゴージャスなもの!という選び方はできません。今までに置いたことが無い新しい種類で、かつ予算にも合うぴったりのものを探していきます。これが結構大変なんです。

いい具合の植物はないかしらと市場内を私も一緒に探していたのですが、どれも何かが足りないんだと決まらずにいる中で、なんと私が提案したものを買ってくださいました!本当によかったのかな。気を遣わせたかな。とも思いますが、嬉しかったです。


その日に仕入れした植物たちです。


だいぶ仕入れましたね。この子たちが市内各施設に登場します。

 

そしてこのお花は・・・。

とっても色鮮やかですね。
この日仕入れた金魚草ですが、この5月から市役所本庁の中庭に並んでいます。
今まで花が無い場所だったので、きれいな景色に変わっています。お楽しみに!

 

 

それでは最後に私が市場で見つけた、お気に入りのお花を紹介して終わりにしたいと思います。

冒頭に載せたお花の色違いです。名前はバーベナ。春の終わりぐらいから秋にかけて咲き、画像の他にも紫、青、オレンジ、黄と様々にあります。
ちなみにこのお花、色ごとに花言葉があるようです。赤は「団結」、紫は「同情」など。周囲から花を咲かせ、輪のような形になる姿にちなんでいるらしいです。

そして私が載せたこの白いバーベナの花言葉は「私のために祈ってください」だそうです。

 

 

 

だ、そうです。

 

 

 

 

 

今回はここまで!
もう少し読みやすく書けるよう勉強します!

さぁて、連休明けのぼんやりを覚ましてくれるのは!


湯戸くんでーす!
ゆどくんでーす!
ゆどくんでーす!
ゆどくんでーす!
ゆどくんでーす!
ゆどくんでーす!
ゆどくんでーす!

 

 

箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加