箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

補装具と日常生活用具について

2016年10月31日 | 健康福祉部

障害者支援室の幸田です。
早いものでもう3回目のブログ更新です。
栗や柿など食べ物のおいしい季節になりましたね。
食欲の秋ばかり堪能して、なかなか体を動かせていないことが最近の悩みです。
今回は、担当業務のなかから補装具・日常生活用具について説明したいと思います。

<補装具とは>
補装具とは、「身体上の障害を補完または代替する用具」のことです。身近に目にするものであれば、車椅子や補聴器などがこれにあたります。 障害者支援室では、補装具の購入や修理に要する費用の支給を行っています。補装具費の支給は、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」という長い名前の法律に基づいて行われる国の制度です(略称は「障害者総合支援法」)。
先日、福祉体験研修でお邪魔したワークセンターささゆりさんでは、車椅子や座位保持装置などの補装具を実際に使用して活動されている様子を見学させていただきました。写真掲載の許可をいただいたので、いくつかご紹介します。

 

これは、「起立保持具」という児童用の補装具です。
読んで字のごとく、立った姿勢を保持するための補装具です。台座の金具部分にかかとを置き、真ん中の濃いピンクの部分に膝がはまるようになっています。「プロンボード」とも呼ばれています。

 

これは、「座位保持装置」という補装具です。
これも文字通りですが、座った姿勢を保持するための補装具です。使用する方が座位を保てるように座面や背面が身体状況に合わせて盛り上がっています。

こうした姿勢を保持するような補装具には、できるだけ正しい姿勢を保てるようなったり、関節の変形を抑えることができるなどの効果が期待できます。また、適切な補装具を使用することで社会参加や活動が促され、生活を大きく拡大できることも役割のひとつです。

 

<日常生活用具とは>
「重度の障害があるかたなどに日常生活の便宜を図るための用具」です。障害者支援室では、障害の種別や程度に応じて自立生活支援用具等を給付しています。例えば、下肢などに障害があるかたに対して給付される、頭部保護帽(下の写真)などがこれにあたります。

 

 ライフプラザの地下1階には、「えいど工房」という補装具や日常生活用具を中心に福祉用具を展示している場所があります。用具の購入や、制度利用の相談もできます。ライフプラザ周辺にお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

箕面市では、平成29年3月31日(金曜日)まで、「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

ホームページに隠された“ヒミツ”…

2016年10月28日 | 市政統括

みなさま、こんにちは。

箕面広報室の松村です。
3回目の登場になります。

10月中頃までは、今回のブログで、「〇〇の秋」と題して
秋めいたことを書こうかと思っていたのですが
もうすっかり朝晩は冷えるようになり

秋を楽しもう(^^)

というより

冬に備えよう(・_・)

という雰囲気が漂いつつあるのは、私だけでしょうか。

寒いのが苦手な私にとっては
身も心も万全な寒さ対策が必要な季節になってきます…(・_・)
(「心も」というところで、色々とお察しください…(・_・))

みなさまも体調を崩されないよう、お気を付けください。

 

さて、入庁してから、もう7ヶ月が経とうとしています。
この7ヶ月の間に様々な業務に携わりました。

初めて目にする言葉・耳にする情報・求められる知識
その多さに圧倒される日々です。

今、主担として行っている業務の中に
「箕面市民ガイドの発行」「市のホームページの管理」があります。

 


< 箕面市民ガイドってどんな冊子なの?

あ、モミジーヌ!こんにちは。
モミジーヌが質問してくれたので、回答しますね。

箕面市民ガイドとは…

「暮らしに役立つ行政サービス」を掲載している情報冊子です。
例えば、「災害時どのような行動を取ればよいの?」「病気・子育て・引っ越しに関して市役所ではどんなサービスを受けられるの?」といった、生活の悩みを解決してくれる便利な冊子です。
加えて、裏面は箕面市の名所やグルメスポットを満載した「ぷらっと箕面」という観光冊子になっています。箕面の魅力を余すことなくお伝えしている冊子でもあるんですね。
2年に1度の発行なので、現在は2017年版を来年4月発行をめざして作成中です。

モミジーヌ、わかった?


< なるほど~。モミジーヌも、家に帰ったら読み直してみるモミ~
           そういえば、箕面市のホームページには
           “ヒミツのお楽しみ要素”があるんだよね?

おお~!さすがモミジーヌ。詳しいですね。
そうなんです。市のホームページには
意外と市の職員でも気づいていない“ヒミツ”があります。
みなさまはどこか分かりますか?


ヒントはこちら

トップページのどこかを、上の図のように電車が走っています。
そして、この電車の後ろに時々…


電車の後ろで何がどうなるのでしょう?

みなさま、箕面市のホームページを眺めて
“ヒミツ”を見つけてみてください(^^)
答えは次回のブログでお伝えすることにします。

 

ちなみにですが

私はこの“ヒミツ”を知ったとき
驚きのあまり大きな声を出してしまい
お隣の部署の職員にご迷惑をおかけしてしまいました。

そのくらいすごい“ヒミツ”です…

 


以上です!
毎度、「松村のブログは長い…!」と指摘を受けるので
今回は短かくしようと意識しました!

…どうだったでしょうか。

やっぱり長いですかね…。

 


統一キャンペーンが変わりました。ゆるキャラグランプリ(R)2016では、滝ノ道ゆずるにご投票いただきありがとうございました(結果発表は11月6日の予定です)。今週からは以下の内容になっています!みなさまのご協力、どうぞよろしくお願いします。

「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市立図書館は全7館! ~ 小野原図書館のご紹介 ~

2016年10月24日 | 子ども未来創造局

こんにちは。
中央図書館の水原です。

前回のブログでは中央図書館について取り上げましたが、箕面市内には
ほかにも図書館が6館あり、全館で協力して読書活動の推進に取り組んで
います。

その取り組みの中で、それぞれに魅力を発揮している図書館のうち、
小野原図書館を3回目のブログではご紹介したいと思います。

小野原図書館は、箕面市立多文化交流センターに併設されている、
2013年5月にオープンした箕面市内で最も新しい図書館です。

 

小野原図書館の絵本コーナーの近くには子育て関連の本を集めた本棚が
あり、中央図書館と同様に、子どもたちを見ながら、ご自身の本を
選んでいただくことができる工夫がされていました。

 (絵本コーナーのすぐ近くに、子育て関連の本棚があります。)

  

なお、小野原図書館の入る、箕面市立多文化交流センターには、Comm Cafeと
いうカフェもあります。お食事やお茶のひとときにあわせて、小野原図書館
にもぜひお立ち寄りください。

  

ところで、その小野原図書館を訪れた際、目に止まったのがこちら。

新着図書の帯を掲示したものです。

題名だけでは内容が分かりにくい本であっても、帯を読むことで興味を
ひかれるものもあり、“本や著者との新たな出会い”が生まれるのでは
ないかと感じました。

 

そして、この「新刊本」というサインをよくよく見ると…

実は、切り紙で作られているのです!

 

“本や著者との新たな出会い”と言えば、中央図書館で私が担当しているのが
こちら。

      

中央図書館入り口のガラス展示です。 

通常、写真集は写真集、料理の本は料理の本、とそれぞれの分類ごとに本棚に
並べられている本の中から、テーマにあう本を選び、まとめて展示しています。

 

例えば、7月中旬から9月中旬までは、「涼」と題して、かき氷やアイスクリーム、
ビール、滝など、涼しさを感じられるような本を集めました。

また、気候がよく、どこかに出掛けたくなる季節の訪れを前に、9月中旬からは
「絶景」と題して、国内や海外の絶景スポットや写真集、絶景写真の撮り方など
の本を集めています。

テーマにあわせて本をまとめることで、本棚に並んでいる状態とはまた違った
見方ができるため、これまで目に止まることのなかった“本や著者との新たな
出会い”を生みだせているのではないかと思います。

     

自分でテーマを設定し、選んだ本をご利用のみなさんが借りてくださっている
様子が感じられ、とても嬉しく思っています。

 

このように、各図書館では、みなさんにご利用いただけるような工夫をして
います。

みなさんもぜひ図書館に足を運んでいただき、それぞれの館の魅力を感じて
いただくとともに、図書館を身近に感じていただければと思います。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」本日、投票最終日です!

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

熊本県に行ってきました!

2016年10月19日 | 総務部

 

みなさまお久しぶりです。固定資産税室の宮崎です。
10月も後半になり、今年はあと2ヶ月と少しになりました。
最近、月日が流れるのがとても早いように感じます。

だんだん冷え込む季節になってきましたが、体調など崩されていませんか?
私は市役所に入庁して2年半が経ちますが、一度も風邪をひいていません!
ちょっとした自慢です。
これからも記録を伸ばしていけるように、体調管理に気をつけたいと思います。

 

さて、今回のブログでは、固定資産税室の業務ではなく、
最近させていただいた貴重な業務経験についてご紹介します。


★熊本県御船町に行っていました!

9月12日~9月17日の約一週間
熊本県御船町役場に災害派遣に行っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

御船町では、「被災者生活再建総合案内窓口」という窓口業務を行っていました。

具体的な業務内容は
「罹災証明」が発行されたかたへの様々な支援制度のご案内です。
罹災証明の区分(全壊・半壊等)により、
マニュアルに沿って説明をさせていただきました。


初めての業務で、制度についての知識も少なく、つたない説明でしたが、
御船町の町民の皆さまがとても暖かく受け入れてくださったので
なんとか一週間業務を遂行することができました。

中でも印象に残っていることは義援金の申請手続きです。
今までは募金をして終わりでしたが、
その後の「被災者のかたの手に渡る手続き」が出来たことはとてもいい経験でした。

「義援金があって助かる」などの生の声を聞くと、
少しですが自分も役に立てたのかなと思えることが出来ました。

 

また、御船町には熊本県内の市町村からの派遣のかたもいて、
一週間一緒に業務をさせていただきながら、いろいろな話を聞かせていただきました!

みなさま、「乾杯条例」という言葉ご存知ですか?
熊本県多良木町役場の職員のかたにお聞きしたのですが、
多良木町では「焼酎による乾杯を促進する条例」があるそうです!

さすが九州!

と思ったのですが、調べてみると近畿地方にもあるようです。
国税庁のHPで近畿地方の一覧が見られますので興味のあるかたはご覧ください。


ちなみに熊本県ではくまモンとお酒を飲める「くまBAR」があります。

くまモンの隣はすごく人気席で、
「座れることはなかなかない!」とのことだったのですが、
なんと、奇跡的に隣を確保できました!!


熊本県に行かれた際は是非くまモンの隣を狙ってみてください!

 


被災地派遣の業務はとてもいい経験になりました。
震災は予測も難しく、防ぐこともできません。

震災が起きた時の備えはもちろんですが、
今回の派遣で、震災後の生活再建支援の重要性を実感しました。

一日も早い復興を心から願っています。


それでは今回はこの辺りで失礼いたします。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!


次回のブログは年明けになります!
少し早いですが、みなさま良いお年をお迎えください。


 

箕面市では、10月24日(月曜日)まで、「滝ノ道ゆずるが今年も参戦中!ゆるキャラ(R)グランプリ2016」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

スポーツづくしの秋

2016年10月17日 | 健康福祉部

みなさんお久しぶりです。

保健スポーツ課の村島、3度目のブログでございます。

 

10月も中旬に入り、秋らしさが増してきておりますが みなさまはどのような秋をお過ごしでしょうか。

私はもちろんスポーツの秋を過ごしています。

 

先日の10月10日(祝日)には 市民スポーツカーニバルふれあいフェスティバルが開催されました!!

 スポーツカーニバルは「体育の日の行事」として多世代が気軽にスポーツを楽しんでいただき、健康とスポーツについての関心と理解を深めて頂くことを目的としたイベントです。

受付をすませて、準備運動へ向かいます!!

 

ラジオ体操で身体をほぐし、各コーナーへ出かけます!!

 

 箕面マウンテンバイク友の会さんの指導によるスポーツバイク教室! 講師にはマウンテンバイク元日本チャンピオンの中川弘佳選手をお招きしご指導頂きました!!

 

箕面市体育連盟さんによるスポーツチャレンジコーナー! 写真はサッカーナインを楽しでいるところです。今年は蹴りかたや投げかた指導も行っていただきました!みんな上手になったかな~?

 

運動場の指定管理者でもある、ミズノグループの講師による走りかた教室! 今年もたくさんの子どもたちが一生懸命走っていました!

 

体育館の中ではスポーツ推進委員さんによる新体力測定!! 結果によってご自身の体力年齢がわかるものです。 みなさんの結果はいかがでしたでしょうか?

 

体育館内のエントランスでは歯科医師会さんや保健師さんによる健康増進コーナーを行いました。ご自身の身体の健康についての相談などを受けられるコーナーです!

 

最後はお待ちかねの抽選会!! 今年もガンバ大阪のサイン入り練習ユニフォームやミズノのお楽しみ福袋など豪華賞品をたくさん用意させていただきました!さらに司会には吉本興業から“もみちゃんズ”さんと“茂造(キャラクター)”も駆けつけていただき、大いに盛り上がりました!

 

今回のスポーツカーニバルは約1,050名のかたにご参加いただきました。 イベントに関するアンケートもたくさんいただきましたので、来年はさらに良い行事にできるように努めて参ります!!!

 

 

話は変わりまして、私は保健スポーツ課の人間でございますが、 何も仕事だけスポーツの秋というわけではございません。

昨日も職場の同僚とテニスの市民大会に出場してまいりました。

 

 Bクラスで出場したのですが、結果はベスト16でした。 こちらもさらに上位、Aクラス出場を目指して精進して行きたいと思います。

 

公私ともに“スポーツの秋”を大いに過ごしている私でございますが、秋だけで無く、この先も多世代交流軽スポーツ(ペタンク)大会や、箕面妙見山麓マラソン大会など箕面市ではさまざまなスポーツイベントがございます。

 

みなさんが気軽にスポーツを楽しめるよう準備してまいりますので、是非ご参加ください。

 

今回のブログはここまで。最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

北急延伸工事のスタートに向けて

2016年10月14日 | 地域創造部

皆さまこんにちは!北大阪急行線延伸線建設事務所の岩崎です。

朝晩が日に日に寒くなってきましたが、皆さまお元気でしょうか?最近私は風邪を引きかけましたが、今回は何とか持ちこたえました。これから一番好きで一番短い、秋の行楽シーズンも始まりますが、箕面市の大きな魅力の一つである紅葉を満喫できる季節にもなってくるので、体調には気をつけないと、と思う今日この頃です。

 

業務について

ところで、「北大阪急行線延伸線建設事務所」という名称は、初めて聞いた方がほとんどだと思います。それもそのはず、先月、9月1日付けで設置されたばかりの部署名で、鉄道延伸室の一部の職員プラス、高い技術力と豊富な実績のある大阪市交通局から新たに派遣された4名の職員で構成される、主に工事監理業務をする部署で、私はこちらに配属になりました。

現在、鉄道延伸室と建設事務所では、箕面市として大阪府より平成28年8月31日に都市計画事業認可を取得し、施工業者も決定しました。今後、本格的な工事をスタートしますが、それに先立って順次、工事説明会を実施しております。

 

 ↑ 萱野小学校での工事説明会

 ※詳細はこちらのURLを参照

  → http://www.city.minoh.lg.jp/siminservice/setsumeikai.html

 

本格的な工事のスタートに向け、これからますます多忙になっていくと思いますが、安全且つ周辺環境に最大に配慮しながら、力強く工事を進めていけるよう、団結しながら私自身も日々の業務に邁進していきたいと思っております。

 

福祉体験研修

また、10月3日から10月5日までの三日間、新規採用職員研修として2回目の福祉体験研修に行ってきました。今回私は箕面市坊島にある豊能障害者労働センターで研修をさせて頂きました。こちらは全国で初めて「障害者事業所」として公的に認められた施設で、健康福祉部の上仲くんがこちらの施設で研修していた模様を前回の新人ブログで書いてくれてます(こちらのURLを参照下さい→http://blog.goo.ne.jp/minoh_rookies/e/24a5c56d9e1fb44a163ce8b8172ab4e3)ので詳細については割愛させて頂きますが、実際に私も施設の皆さんと一緒に自費出版している定期刊行物「積み木」の封入作業をしたり、バザーの準備のお手伝いをしたりさせて頂くなかで、施設の皆さんがお互いに補完し合いながら、実に楽しそうに仕事されていることに感銘し、本当に素晴らしい取り組みだと感じました。

これからますますこのような事業が発展し、全国にもっと広がっていくよう、微力ながらも力になっていきたいと思います。

 

↑ 豊能障害者労働センターの皆さんと

 

豊能障害者労働センターの皆さん、ありがとうございました!

 

これからますます寒くなっていきますが、皆さまも風邪など引かれないようお体に呉々もお気をつけ下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

すっかり秋になりました

2016年10月11日 | 健康福祉部

みなさまこんにちは。
生活援護室の中野です。早いもので3回目の登場になりました。

10月に入り急に涼しくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
暑がりの私にはちょうどいい気候になってきました。

さて、最近の新人ブログの中で、「~の秋」と題し、原田くん平さん荒井さんが自身の秋の過ごしかたを紹介しておりますが、その流れを引継ぎ、私は「研修の秋」と題して、最近の新人研修の様子を紹介したいと思います。

1.福祉体験研修

以前に上仲くん田代さんのブログでも紹介された福祉体験研修ですが、この研修は、1年間に春と秋の2回行われます。

春と秋で別の事業所に行くのですが、私は今回、船場にある「ふるる」にお世話になりました。

ふるるは箕面市教育センターの一階にあり、障害のあるかたがたがお菓子作りを行っている事業所です。

↑ ふるるがある教育センター

↑ この赤い看板が目印です 

 
私も障害のあるかたがたに混じって、一緒にお菓子作りを体験してきました。

お菓子作りなど今までしたことない私ですが、周りのみなさまに助けられ、大きなミスは防ぐことができました。

ふるるでお世話になった3日間で、印象に残ったことは、そこに通うみなさんがいきいきと仕事をしていたことです。

また、空いた時間には、趣味のことや休日の過ごしかたなど色々な話をしましたが、みなさんの表情を見ると毎日が充実しているのだなと感じるほどでした。

3日間という短い期間でしたが、得るものが多かった研修だと思います。


ちなみに、私が作ったお菓子を、職場のかたがたに配ったのですが、みんなにおいしいと好評でした。

そのおいしいお菓子は基本的に注文販売なのですが、一部店頭販売やインターネット販売(もみじの森本舗)をしておりますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

2.成人祭

もうひとつ、新人研修として動き出しているものがあります。

それは、来年の1月9日に行われる「成人祭」の企画・運営です。

例年、成人祭の第二部は、新規採用職員が企画・運営を行うことになっており、今年も既に準備を進めています。

どのような内容かは現段階で紹介することはできませんが、当日の式典を盛り上げようと、日々熱い議論が繰り広げられています。

これからこのブログでその内容が明らかになるかもしれないので要チェックですよ。


ゆずるのツイッターでも成人祭の様子が紹介されるので、ぜひフォローお願いします!!

 

それでは、今回はこの辺で失礼したいと思います。
また次回お会いしましょう!

 

箕面市では、10月24日(月曜日)まで、「滝ノ道ゆずるが今年も参戦中!ゆるキャラ(R)グランプリ2016」の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

○○の秋!

2016年10月07日 | 総務部

箕面市新人ブログをご覧のみなさま、お久しぶりです!

財政経営室の荒井です。

 

10月に入り、いよいよ秋本番!

芸術の秋!ということで、私の趣味の1つであるミュージカル鑑賞へ行ってきました。

今回は同じくミュージカル好きな同期の瓜谷さんと一緒に、劇団四季のCATSを観劇しました。

私は好きな作品を観るため東京や海外にも観劇旅行に行くほどのミュージカル好きなのですが、ここ最近はなかなか観にいける機会がなく久しぶりの観劇でした。

 

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋、たくさんの楽しみ方がある秋ですが、前回のブログでお伝えした1ヶ月1kg増量がまだ継続中の私は、ラーメンはほどほどに、、、スポーツの秋を満喫したいと思います。

 

 

さて気付けば入庁してもう半年!ということで、今回のブログでは私が携わっている交付税の業務についてご紹介します。

 

 市町村はそれぞれ、市民の方からの税収をもとに様々な行政サービスを提供していますが、税収の額や必要な行政サービスは地域によって差があります。そこで、どの地域に住む国民も一定の行政サービスを受けることができるよう、国から地方自治体へ交付される財源が地方交付税です。地方交付税には普通交付税と特別交付税の2種類がありますが、今回は普通交付税についてご紹介します。

 

 普通交付税の額は、市の基準財政需要額(市が標準的な行政サービスを提供するにあたって想定される支出額)と基準財政収入額(市に見込まれる税収等)の差額である財源不足分が、普通交付税として交付されます。

(普通交付税算定のイメージ)

 

基準財政需要額、基準財政収入額は一定の基準のもと算出されるのですが、その算出に用いる算出資料が、300ページ弱にわたる通称「ドリル」です!

(ドリルの表紙です。)

 

 

(ドリルの中身の一例です。ここに数字を当てはめ計算していくと普通交付税の額が決定します。)

このドリルと向き合い、電卓をパチパチ叩きながら算定業務を行った結果、今年度、箕面市には741,956,000円の普通交付税が交付されることになりました。大きな金額を決定する業務に携わることは大変緊張感がありますが、今後の業務も責任感を持って取り組んでいきたいと思います。

 

 

今回のブログはこのあたりで!

次回はラーメンのおいしい季節、寒~い年末頃に登場します。

みなさん、秋を満喫しましょう!

 

 

 

箕面市では、10月24日(月曜日)まで、「滝ノ道ゆずるが今年も参戦中!ゆるキャラ(R)グランプリ2016」の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

保健師のお仕事 ~家庭訪問編~

2016年10月03日 | 子ども未来創造局

こんにちは!
子どもすこやか室の保健師、平(たいら)です。

季節は秋を迎え、過ごしやすい日々になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋…さまざまな秋を堪能されていることかと思います。

先日の新人ブログで原田さんはテニスの秋を満喫中との話がありましたが、私は「ソフトテニスの秋」を楽しんでおります!

 

この春、夏は怪我のため自粛していたソフトテニスですが、ようやく復帰できるようになり、最近は意気揚々と箕面市各所で行われる練習に出かけています。

高校生のときから始めたソフトテニスのおかげで、たくさんのかたと出会いました。
年齢・職種関係なく、テニスという共通項があるだけでつながりをもつことができ、感謝です。

この秋はフォアストロークを上達させるべく、奮闘したいと思っています!


今回のブログではみなさまに、保健師のお仕事の一つである家庭訪問についてお伝えしたいと思います。

私は母子保健を担当させていただいているので、乳幼児健診や地域の子育てサロン、電話などで育児相談をお受けすることが多いです。
ご相談を受けたら自転車などで実際にお家へ訪問し、お話を伺いながら解決方法について一緒に考えます。

実際にお家にお伺いし、ご自宅や地域の様子を見させていただくことで、市民のかたが抱えておられる悩みごとがより明確に見えてきて解決に結びついたりします。

例えば…
先日、ご相談を受け、自転車で家庭訪問したときのことです。
ご自宅までは比較的坂が多く、小さなお子さんを連れての外出は少し大変だなと感じていました。

相談内容は、子どもの生活リズムを規則正しく送るにはどうしたらいいかというものでした。生活リズムを整えるには、まず日中の外遊びが大事ということになり、近所にある「子どもの遊び場」の話になりました。

そしてお母さんと一緒に
「子どもを連れて遊びに行けるところはどこだろう。」
「坂が多いけど、遊び場までの移動はどうしたらいいだろう。」
と一緒に考えました。

その結果、生活リズムの改善のために、午前中に近所の保育所の園庭開放へ坂道を避けバギーで行ってみようということになりました。

お母さんも、「秋になり涼しくなったし、近所の遊び場へ出かけてみようかな。」と笑顔で言ってくださいました。
またお母さんに電話し、その後の様子をお聴きするのが楽しみです。

ご自宅の様子だけではなく、家庭訪問の行き帰りにも解決のヒントがあるのではと、地域の様子をよく観るようにしていきたいと感じています。

これからも一つひとつの家庭訪問を大切にして、子どものすこやかな成長や市民のみなさまの健康のためがんばります。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。

箕面市では、10月24日(月曜日)まで、「滝ノ道ゆずるが今年も参戦中!ゆるキャラ(R)グランプリ2016」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加