箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

道路管理室の田代です!

2016年06月27日 | みどりまちづくり部

皆様、はじめまして 

みどりまちづくり部 道路管理室 維持グループに配属されました

田代 和寿(たしろ かずひさ)と申します。

平成28年4月より、箕面市職員として採用されました。

人生初のブログということで、読みにくい部分があるかもしれませんが、これから

1年間のうち、約3ヶ月に一度登場しますので、よろしくお願いいたします。

 

さて、今回のブログの内容ですが、

(1)自己紹介

(2)業務内容について

(3)新人研修について

の3つについて書かせていただこうと思います。

 

(1)自己紹介

 私は幼少期から高校まで兵庫県姫路市で育ちました。姫路市と聞いてイメージするのは、「国宝 姫路城」ではないかと思います。

↑ 昨年度に大規模改修工事が完了し、真っ白な姫路城となりました。

 姫路に行く機会があれば、ぜひ、一度足を運んでみて下さい。

高校卒業後、大学時代は石川県金沢市で過ごし、その後、民間の建設会社に9年間勤め、この度ご縁あって箕面市役所に入庁しました。建設会社に勤めていた際は、主に新幹線の土木構造物の維持管理工事の現場監督をしておりました。具体的には、新幹線が走る線路を囲む防音壁の取替や高架橋の耐震補強などの建設工事に携わってきました。

今年で32歳になるオールドルーキーで、妻と2歳の子どもが1人おります。幼稚園への送り迎えは大変ですが、子どもとの時間を大切にしたいと思う今日この頃です。

働く場所が変わると、1からのスタートとなり、覚えることやわからないことが盛り沢山ありますが、毎日奮闘しながら頑張っていきたいと思います。

 

(2)業務内容について

 私の所属先であります「道路管理室 維持グループ」の業務内容は、簡単にご説明すると、

  1.日常生活に密接している道路

  2.市民の方々

  3.安全に快適に使用して頂けるように維持していくために

  4.必要な補修工事を計画的に実施する

 部署であります。箕面市で管理している道路は、全延長で382キロメートルもあり、古い舗装だと50年以上前のものも存在します。道路は毎日使うものでありますから、必ず傷んできます。その都度、的確なケア(手入れ・世話)をしなければなりません。維持グループとしては、現場補修作業時にあわせて道路パトロールを実施しており、道路の状態を確認していますが、382キロメートルともなると、補修が必要な箇所をすべて見つけ出すことは非常に困難であります。

 そこで、重要となってくるのが、「市民の方々の声」=「ご要望や情報」です。

 市民の方より、道路に関するご要望や情報を頂き、緊急性等を判断するため、現地に赴き道路施設の状況を確認するとともに、位置情報による道路施設整備の優先順位づけを行った上で、対処方法を回答いたします。その要望件数は、1年間でなんと約1900件あります1日の平均要望件数にすると10~11件です。これだけ補修しなければならないような箇所がパトロール以外に出てきます。みなさまのお声により、早期発見できたことがありますので、道路施設に関して何かお気付きの場合は、「みどりまちづくり部 道路管理室」までご一報をお願い致します。

 

 ここで、私が実際にご要望に対して迅速に対応できたものを紹介したいと思います。

 その要望内容は「イチョウの木の枝がちょうど顔にあたる位置まで伸びており、歩行に支障が出ています。見通しも悪く危ないので、剪定して頂きたい」というものでした。要望の後日、早速、上司と共に現場へ向かい剪定作業(樹木を散髪するイメージ)を行いました。

               

    【1】作業前           【2】作業状況            【3】作業後

【1】の写真:現地確認したところ、確かに歩道を歩くと枝が通行の妨げとなっていました。

【2】の写真:作業状況です!いい汗を掻きました!(^^)!

【3】の写真:問題解決です!これで、安全に歩道を通行して頂けると思います。

 

 このように、ご要望の内容が維持グループ職員で対応することができるものに関しては、迅速に対処致しますので、ご一報頂ければと思います。

 舗装の補修工事や道路施設(横断防止柵・カーブミラー・街路灯・側溝・点字ブロック)の補修・新設工事、街並みの景観を彩る街路樹の剪定(高木)などに関する要望について、市として、どのように取り組み、判定基準を設定しているかということを第2回のブログにて書かせて頂こうと思います。

 

(3)新人研修について

 5月9日~11日の3日間、新規採用職員研修の福祉体験研修を受講してきました。

 私は、「箕面市立障害者福祉センター ささゆり園」という施設にお世話になりました。

 ささゆり園は、常時介護を必要とする重い障がいのある方々とその保護者の気持ち、要望を大事にしながら、利用者の方々の自立支援のために必要なプログラムを考え、運動、創作、音楽等の活動の支援及び食事や着替え、トイレ、入浴などの介助を行う施設です。

 私自身は、重度な障がいを持ってらっしゃる利用者さんが多かったこともあり、直接、何か介助をすることはできませんでしたが、話しかけたり、手に触れたり、一緒に音楽活動や運動、買い物などをする内に、親しみが湧き、この方々に何かしてあげることはないかという気持ちが出てきました。

   

    ⇑利用者さんとのツーショットです(*^_^*)

 この経験を活かして、市職員として、障がいを持たれている方に何ができるのかということを真剣に考え、業務に励みたいと思います。

●最後に

 私事ですが、もうすぐ2人目の子どもが誕生する予定です。予定日は6月28日です。正直ものすごく楽しみであり、2児の父親となりますので、今以上に仕事に対して責任感を持ち、日々奮闘して頑張りたいと思います。

 

 最後までご精読いただき、ありがとうございました。

 また次回のブログでお会いできるのを楽しみにしています。

 

箕面市では、7月から8月まで、「果たしてください 大人の責任 さあ、投票へ!」統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

生活援護室の濵畑です!

2016年06月23日 | 健康福祉部

 

みなさま、はじめまして!

健康福祉部生活援護室の濵畑と申します。

 

雨にも負けず、風にも負けず、ケースワーカーとして、よく市内を自転車で回っています。

ケースワーカーとは?後ほどご説明しますね。

 

初回なので、まずは自己紹介から。

私は鹿児島県の田舎で生まれ育ち、大学進学に伴い北摂にやってきました。

鹿児島というとお酒に強いんでしょう、とよく言われます。

自覚はあまりしていなかったのですが、最近の歓送迎会や同期会で認識を改めております。

一押しはやはり中西さんのブログでも紹介された通り、箕面ビールです!

特に濃厚でなめらかな味わいの黒ビール「スタウト」が大のお気に入りです。

(お酒は二十歳から、ほどほどにお楽しみください!)

箕面はおしゃれなカフェも多く、どんどん魅力を発見していきたいと思っています。

 

この自己紹介ですとお酒にカフェに、と遊んでばかりいるようですが、業務では勉強の日々が続いています。

これまでの記事で既にご紹介の通り、福祉体験研修や清掃体験研修に続き、新たに庶務能力強化研修に参加してまいりました。

内容は財政からマイナンバーまで幅広く、行政に必要なことを再確認することができました。

この研修を生かし現在取り組んでいる業務が文書引継です。

総務課石田さんのブログにも紹介がありましたが、私は総務課の審査前に行なう確認をしています。

具体的には書類がきちんと並んでいること、公開や一部公開の基準が正確であること、など。

個人情報の多い業務ですので、適切な管理のために何重にもチェックする必要があります。

 


また、生活援護室の業務に必要な「社会福祉主事」という資格の勉強もしています。

 

 

全部で16冊のテキストを1年かけて通信講座で学習していきます。

福祉に関する知識は当然ですが、医学や心理学まで幅広いですね。

このような児童福祉や老人福祉、生活保護の仕事をする「福祉事務所」で働く職員のことを「ケースワーカー」と呼びます。

私は生活保護の業務を行っており、新米ケースワーカーとして日々奮闘しているところです。 

幅広い分野の知識が必要であり、新しい学びの連続です!

1年間、成長していけるように毎日を大切にしていきたいと思います。 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。次回は育メンと名高い田代さんです!

 


箕面市では、7月から8月まで、「果たしてください 大人の責任 さあ、投票へ!」統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

戸籍住民異動室 中谷です!

2016年06月20日 | 市民部

新人奮闘記をご覧の皆さま、はじめまして。

平成28年度新規採用職員として市民部戸籍住民異動室に配属になりました中谷 水咲(なかたに みさき)です。

こちらは箕面市で婚姻届を出していただいたかたにご案内している滝ノ道ゆずるとバラがとってもかわいい写真スポットです! 

また、箕面市では大人気の滝ノ道ゆずるがデザインされた婚姻届も取り扱っております。おふたりの記念すべき婚姻届は是非ともこちらをご利用ください。箕面市で婚姻届を出されたかたには「二人のための婚姻届」(婚姻届控)もお渡ししています。

 

梅雨真っただ中のこの季節いかがお過ごしでしょうか。

雨が多くなかなかすっきりしませんが、紫陽花がきれいに咲いていて梅雨も風情があって素敵だなあと思うこの頃です。

これから1年間どうぞよろしくお願いします。

 

今回は初めての私の新人ブログということで(1)自己紹介と(2)研修についてお伝えしたいと思います。

 

(1)自己紹介

私は箕面市の隣の吹田市で生まれ、大学卒業まで22年間を吹田市で過ごしてきました。

そしてこの度ご縁があって箕面市で勤めることになりました。生まれも北摂、育ちも北摂、お勤めも北摂と北摂大好きっ子です。

恥ずかしながら箕面市については知らないことが多く、新たな発見の毎日を過ごしております。

 今年3月に大学を卒業したばかりで、箕面市役所では現在数少ないと言われる新卒職員の1人で、28年度の新人奮闘記では初の新人女子です。まだ右も左もわからない状態ですが、何事も意欲的に取り組み、たくさんのことを吸収していきたいと思います。また、今年は新卒女子が4名いますので、今後のブログで見つけてみてください。

 

 

(2)研修

4月、5月は福祉体験研修と環境クリーンセンターでの体験研修を受けてきました。こちらは今年度新規採用職員全員で受けたもので、内容は割愛させていただきますが、福祉体験研修では障害者のかたたちの「働きたい」という意欲の高さを感じ、環境クリーンセンターでの研修ではごみの分別の大切さを再確認できた研修でした。

 

では今から先週受けてきたばかりの戸籍事務従事者初級者研修についてお話ししたいと思います。

私が所属している市民部戸籍住民異動室は、戸籍に関わる業務を担当しており、その「戸籍」についての研修に4日間参加してきました。

この研修は大阪府全域から戸籍業務担当の1年生が集まり、4日間みっちりと戸籍について学びます。戸籍とはなんぞ?ということから始まり、戸籍の歴史、出生、縁組・離縁、婚姻・離婚、死亡、入籍、転籍、戸籍の記載の方法・・・などなど盛りだくさんの内容でした。

 

そしてこちらは戸籍実務六法です。分厚いですね。今回はこれを片手に講義を受けてきました。

研修では大阪府全域から戸籍従事者が93名も集まり、それぞれの市区町村で受けた珍しい案件の話や日々の業務でのちょっとした疑問などを共有でき、とても充実した4日間になりました。

 

 

この4日間で学んだことを日々の業務に生かしていけるように精進していきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

それでは今回のブログはここまでとさせていただきます。

次は2人目の新卒女子の濵畑さんです。

箕面市では、7月から8月まで、「果たしてください 大人の責任 さあ、投票へ!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

まちづくり政策室の中川です!

2016年06月17日 | みどりまちづくり部

みなさまはじめまして!

みどりまちづくり部まちづくり政策室の中川 将道(なかがわ まさみち)と申します。


一年間新人ブログを担当させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!

 

初回のブログということで、おなじみの自己紹介をさせていただきます。


生まれこそ北摂の摂津市ではありますが、物心がついたときから箕面に住んでおり、大学卒業後、平成26年度より箕面市役所で任期付職員として勤務することとなりました。

 


任期付時代は総務部市民安全政策室にて、市内を走りまわり、汗水垂らし、時には涙も流れてしまうハードな業務の日々でしたが、周囲の方々の優しさあたたかさに支えられ、2年の歳月を経て今年度より晴れて常勤職員として採用されることとなりました。
(※業務がやや忙しめなだけで、とてもすてきな部署です。)


お世話になりました方々への感謝の気持ちは、一生忘れることはできません!

 

 

 

4月より配属されましたまちづくり政策室では、主に「都市計画」について担当させていただいています。

 

箕面市を魅力と活力あふれるまちにしていくため、また、社会生活を安心して快適に送るためには、まちづくりにおける一定のルールが必要となります。

 

たとえば、新しく建物を建てるとき無秩序に乱立してしまわないよう、建て方のルールとして土地利用に関する規制を定めたり、公園や道路などの公共施設をつくる際、まちなみや人、車の動向の関係性などを総合的に判断することが必要となってきます。

 

都市計画とは、都市の発展を計画的に誘導し、安全で快適かつ機能的に行えるように、適正な制限のもとに、土地利用や都市施設、市街地開発事業などを総合的、一体的に計画することです。

 

 

と、いっぱしのことを書かせていただいていますが、具体的な業務についてはまた次回以降お伝えさせていただきます!

 

 

 

 


さて、話はかわりまして休日の過ごし方ですが、小学生のころから続けていますテニスをして気分転換しています。

 

そんな中、5月末に箕面市内在住・在勤者による箕面市市民大会が第二総合運動場で開催されるとの情報をキャッチし、役所の先輩職員である公園緑地室の庄子さんとともに大会に出場してまいりました!

 


練習不足を否めない部分もありましたが、サービスエースを決め続け、結果は3位!

 

試合後は悔しい気持ちが大きかったですが、その分次に目指すものがハッキリとしたので、次回はさらによい結果を報告できればと思います。

 

 

 

 


「試練は乗り越えられる者にしか与えられない」

 

 


どこかで聞いたような言葉ですが、この言葉を矜持とし、公私ともに成長し続けれるよう日々精進したいと思います。

 

 


次回の担当は、イグアナをこよなく愛する中谷さんです!

 

 

 

 

箕面市では、7月から8月まで、「果たしてください 大人の責任 さあ、投票へ!」統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

障害福祉課の中埜です!

2016年06月13日 | 健康福祉部

みなさま、はじめまして。

障害福祉課の中埜 共子(なかの ともこ)と、申します。

人生初ブログで少々緊張気味ですが、この一年間ブログを担当させて頂きます。よろしくお願いします!

 

ではまず、はじめましての自己紹介から。

私は民間企業を経験した後、任期付職員として平成25年度より箕面市役所に入庁し、今年度より新規採用職員として勤務することとなりました。

平成25年度からの3年間は、市民部窓口課豊川支所で1年、みどりまちづくり部営繕課で約2年経験させて頂きました。

窓口業務も多く担当させて頂いておりましたので、「見たことある!」と、思われたかたもいらっしゃったかもしれません。

現在の所属の障害福祉課でも、窓口でお会いする機会があるかと思いますので、お気軽にお声がけ下さい。

 

そんな、障害福祉課のお仕事って・・・??

障害福祉課は箕面市役所本庁舎ではなく、みのおライフプラザ(通称ライプラ)内にあります。同期の健康スポーツ課の村島くんや、障害者支援室の幸田さん介護認定・事業者指導室の上仲くんも同じライプラ組です。

ここで主に障害者手帳の交付などを行っています。詳しい業務内容は次回からお伝えしますね。

今回は先日行われた「大阪府障がい者スポーツ大会」についてお伝えします。

障がい者スポーツ大会は今年で16回の開催実績がある、障害を持った人のためのスポーツ大会です。

陸上・水泳・卓球・アーチェリー・ボウリング・フライングディスクの6種目が競技され、成績優秀者は全国障害者スポーツ大会に進出することができます。

写真は水泳競技の様子です。選手として、真剣な眼差しで勝負に挑む姿が印象的でした。

びっくりする速さで泳ぎ切るかたもおり、泳ぎにあまり自信のない私はただただすごいなぁと感嘆するばかりでした。

ところで、障害福祉課、障がい者スポーツ大会・・・害?がい??

これは私の変換ミスではなく、地域によって表記方法が違うからなんです。大阪府や大阪市では「障がい」、箕面市では法律や国に合わせて「障害」と表記します。

様々な意見がありますが、障害福祉に対する思いは一つです!!

 

新規採用職員として業務に力が入りますが、息抜きも必要☆と、いうことで、先日箕面の滝に行ってきました。

箕面駅から滝道を歩くこと約1時間。疲労を感じる間もなく到着です。

     

滝を見ながら、「もみ天ソフト」を頂きました。なんと、もみじの天ぷらとソフトクリームが同時に味わえます!!

スイーツに定評があるのも箕面市の魅力ですよね。

 

ブログを通して箕面市のことや市役所のお仕事について、少しでも身近に感じて頂けたら幸いです。

また、私自身も新規採用職員としての一年を全力で駆け抜きたいと思います!

ではまた次回のブログで。

次はスイーツ男子の中川くんです!!

箕面市では、7月から8月まで、「果たしてください 大人の責任 さあ、投票へ!」統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

総務課の石田です!!

2016年06月10日 | 総務部

みなさま、はじめまして!

総務部総務課の石田 圭(いしだ けい)と申します。

人生初ブログ!!ということで少し緊張していますが、これから1年間この新人奮闘記にて、奮闘しつつも成長する様をみなさまにお届けできればと思います。

どうぞ一年間よろしくお願いします。

では、#新人奮闘記#初回といえば、既にみなさまおなじみの自己紹介業務内容について私も書かせていただきます。

*自己紹介*                                                                                    

私は大阪の北摂で生まれ育ち、一度も北摂からでることなく現在に至っており、経歴を見る限り「I love 北摂」と胸を張って言えるだろう、根っからの北摂っ子です。

箕面市職員としては、任期付職員として約2年間勤務し、平成28年1月から常勤職員として勤務しています。入庁時から現在の部署で勤務し、3年目に突入いたしましたが、日々新たなことを学び、経験し、未だにドタバタと奮闘しています。

 

*業務内容*

「総務課の仕事って何をしているの?」とよく聞かれます。実は、この質問が私にとっては一番難しい質問です・・・

少し総務課の業務をあげてみますと、情報公開事務、個人情報に関する事務、文書事務、指定管理に関する事務、企画調整事務etc.ここにあげるだけでもものすごく多岐に渡っていることがおわかりいただけるかと思います。

主には庁内の様々な内部事務を行う部署であるため、みなさまには所謂「庁内のよろず屋」と思っていただいたらよいかと思います。

それでは、今回はこのよろず屋”総務”の業務の中から文書事務についてご紹介いたします。

みなさま、市役所の文書はどのように保存・保管されていると思いますか?

(1)まず、各部署の文書は、適切に分類し保存するため、主には業務内容ごとに分類し、簿冊と言われるファイルに綴じられます。

↑ 総務課が所管する「部庶務文書綴」という簿冊で、総務部への照会文書など部の庶務に関する書類が綴られています。

 

(2)各部署で簿冊に綴られた文書は、一年に一度、総務課が編集の仕方や保存期間が適切かなどについて審査をします。これを「文書引継」と言います。

 ↑ 現在進行中の文書引継の模様です!ものすごく真剣に文書と向かい合っている!?と思いきや、半笑い中の私です・・・

 

(3)ここで、審査された文書には保存番号がつけられ、書庫へと保管されます。

↑ 初公開ではなかろうかという市役所の書庫です。ものすごい数の簿冊です!

 

(4)また、簿冊ごとに永年、30年、10年、5年、1年と文書の保存期間が定められており、保存期間が満了すると文書は廃棄されます。

↑ 今年廃棄した文書は10トントラックいっぱいになりました。余談ですが、この文書は個人情報が漏れないよう溶解処理により廃棄され、なんと翌日にはトイレットペーパーになるそうです!!

このように編纂→審査→保管→廃棄というサイクルを毎年繰り返し、文書を適切に保存しています。

 

長くなりましたが、最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

次回は・・・クリーンセンター研修でも猫のえさやりをしていた、猫好きの中埜さんです。

箕面市では、8月21日(日曜日)まで「参議院議員選挙、箕面市長・市議会議員選挙」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

建築室の中西です!

2016年06月06日 | みどりまちづくり部

みなさま、はじめまして。

みどりまちづくり部 建築室の中西雄太(なかにしゆうた)と申します。

突然、「祝」と書かれたリンゴを持って満面の笑みを浮かべた訳の分からない画像で失礼いたしました。

ちゃんと理由がありますので、この後の「自己紹介」の部分で説明いたします。

 

●自己紹介(1)

私は民間企業を経験し4年間を任期付職員として勤務したのち、今年から常勤職員として新たなスタートをきることとなりました。

任期付職員として勤務した期間は、私にとって多くのかたに支えられたとても大切な経験です。

 

ここで、さきほどの「祝」リンゴの件ですが..

この画像は任期付職員から常勤職員になるための試験の合格通知を受け取った直後に、ある上司のかたからお祝いとしていただいた

とても温かい「祝」リンゴなのです!

これまで応援してくださった方々の期待に応えられるよう、決意を新たに日々の業務に取り組んでいます。

 

●業務内容について

私は現在、建築室と学校施設管理室を併任し、主に箕面市立小・中学校の改修や増築工事・維持管理を担当しています。

 

最近の業務では、子どもたちが安心・安全に学校生活を送ることができるよう、学校施設における問題箇所の修繕を行いました。

また、学校施設の改修・増築工事等を実施するにあたり、同じ建築室の技術職員と協力して、工事内容について学校との連絡・調整や、国の補助金の交付申請手続などを行っています。

 

と、言葉で説明してもなかなか理解することが難しいかと思いますので、今後のブログで徐々に報告させていただきたいと思います。

 

●自己紹介(2)

突然ですがみなさん..

梅雨ですね。

ジメジメムシムシ、ジメジメムシムシ..

そんな季節に美味しい飲み物といえば、そう!ビール!!

 

というわけで、昨日、梅田で開催されていたベルギービールのイベントに足を運んできました。

画像2枚連続で顔画像はしつこいですね。

申し訳ありません。もう私の画像は登場しませんので、ご安心ください。

 

この常勤職員に合格した時以上の笑顔からもお分かりかと思いますが、私はビールが大好きです。

しっかり、自宅用にも買って帰りました。

ここ2、3年で画像にあるようなクラフトビールを好んで飲むかたが増えているようです。

クラフトビールというのは、色々な解釈があるようですが、小規模のビール醸造所がそれぞれの醸造所の個性を活かして造りあげたビールとでも言うのでしょうか。

確かに、味からボトルのかたちやラベルのデザインまで、様々なものがありました。

 

そのクラフトビールで忘れてはならないのが、「箕面ビール」

これはペールエールという名前の「箕面ビール」で、柑橘系のさわやかな風味で梅雨の時期に飲むにはピッタリのビールだと思います。

 

「箕面ビール」は瓶ではなく、サーバーから入れたジョッキで楽しむことができるお店もあります。

この時はピルスナーという箕面ビール」をいただきました。

猿のイラストがコースターに描かれており、かわいいですね。

 

これまでに紹介したものだけでなく、「箕面ビール」には他にも種類があるので、ぜひインターネット等で探してみて、一度飲んでいただけたらと思います。

 

ビールをグビッと飲んでこの梅雨を乗り切るのもひとつの過ごし方かとは思いますが、

何かこの梅雨を健康で元気に過ごすための方法について考えてみてはどうでしょうか。

湿度が高かったり朝晩冷え込んだりと、体調を崩しやすい季節かと思いますので、

みなさまも体調を崩さぬようご自愛くださいませ。

 

では、第1回のブログをこのへんで終了いたします。

ありがとうございました。

次回は、文書引継でお世話になった総務課の石田さんです。

箕面市では、7月から8月まで、「果たしてください 大人の責任 さあ、投票へ!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

介護認定・事業者指導室 上仲です!

2016年06月03日 | 健康福祉部

みなさん、初めまして!
今年4月に箕面市役所に入庁しました、健康福祉部 介護認定・事業者指導室上仲 翔太(うえなか しょうた)と申します。

ほんの数ヶ月前まで大学に通っており、
行政職として入庁した職員の中では「天然記念物」といわれている今年度2人目の新卒男子です!

これから1年間、この新人奮闘記にて業務に関すること、箕面市の魅力や新たな発見を掲載していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

初回ということで、まず自己紹介、続いて研修に関することについて書かせていただこうと思います。


●自己紹介

私は生まれも育ちも大阪の豊中市で、一度も大阪の北摂から出ることなく、
3月に大学を卒業し、箕面市役所に入庁しました。

隣のまちとは言えども箕面市のことは知らないことが多く、新たな発見の毎日です。

社会人経験のある同期のかたが多い中、社会とは?という所からのスタートになりますが、何事にも意欲的に取り組んでいきたいと考えています!
私の配属先、介護認定・事業者指導室の仕事は次回以降の記事で紹介していきます!


●研修

これまでの記事にも書かれていたとおり、4月、5月に福祉体験研修、環境クリーンセンターでの体験研修を受講しました。

時期としては少々遡りますが、4月の福祉体験研修で行かせていただいた、
豊能障害者労働センターについて、取り上げたいと思います!


豊能障害者労働センターは障害者の方を「保護・訓練・指導」することを前提とした従来の福祉の考え方とは違い、障害者自身が多くの人とつながりながら、仕事を通じて得た給料で、地域であたりまえの生活をすることを目標に、障害の有無にかかわらず運営を担って、生み出した所得を分け合っています。

 

事業内容はリサイクル事業、飲食店、通信販売事業、点訳事業、畑事業・粉石けん販売、啓発事業など非常に多岐にわたります。

 

その中で私が体験、見学させていただいた事業について、いくつかご紹介したいと思います。

 

1.機関誌「積木」の企画、発行

豊能障害者労働センターでは「積木」という機関誌を発行しています。
ただ発行しているのではなく、企画からレイアウト、印刷、発送まですべて、ここ豊能障害者労働センターで分担して作業を行っています!
障害者に関する様々なかたの違った視点からの記事が書かれており、非常に勉強になります。

 

 


2.飲食店


豊能障害者労働センターの近くにキャベツ畑という飲食店があります。ここではお昼の定食だけでなく、お弁当も作っています。
食材の中には事業所の畑で採れた野菜を使っているものもあり、箕面産の野菜を味わうことができます。
みのおライフプラザ内の「ゆっくり」でもキャベツ畑のお弁当を販売しています!

 


3.リサイクルショップ

豊能障害者労働センターではリサイクルショップを4軒運営しており、定期的にバザー等のイベントも行っています。
これらに並べられている商品は全て地域のかたから寄付していただいたものであり、近くにある倉庫いっぱいに商品が集められていました。
倉庫、リサイクルショップで研修をさせていただく中で、地域のかたとのつながりを非常に感じました。

 

そして来週6月11日(土)

豊能障害者労働センター主催のイベントがあります!

 

みんなでつくる春のバザー

~梅雨空にドキドキ、雨あがりのバザー

 

場所は箕面市立メイプルホール・芦原公園

時間は11:00~15:00です!!

会場内ではステージでのイベントや屋台なども出店しているそうです。

私も当日店番をしておりますのでぜひお越しください!

 

●最後に

この研修を通して私が最も印象に残ったことは、障害の有無にかかわらず、皆さんがいきいきと仕事をしていたことです。
豊能障害者労働センターの中には

「そのひとのいないところで、そのひとのことを決めない」

という考えがあり、仕事についてもひとりひとりと面談し、得手不得手、本人の希望などを尊重して仕事を分担しているそうです。

自分がしたい仕事をしている姿は、やはりいきいきしていました。
3日間という短い研修でしたが、得るものは非常に多かったように感じます。

 

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

今年度は社会人経験のあるかたもたくさん入庁しておられます。

次回はそのうちの1人、中西さんです。

 

 

 

 

箕面市では、7月から8月まで、「果たしてください 大人の責任 さあ、投票へ!」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加