箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

バトンタッチ!!

2016年04月28日 | 健康福祉部

こんにちは。生活援護室の野澤です。

今回のブログで、平成27年度新人奮闘記!の最終回になります。

自分が最終回の担当になるなんて…何を書いたらいいのやら…

って思いながら、同期のみんなの記事を最初から読んでいました。

「あーそんなことあったなー。」と、既に懐かしくもあります。

今回はこの1年間を振り返る総集編でお届けします。

 

清掃体験研修、福祉体験研修

清掃体験研修では、環境クリーンセンターとリサイクルセンターでゴミの収集、空き缶や瓶の分別などを体験しました。

福祉体験研修は、箕面市内にある福祉施設で、施設を利用されているかたと一緒にお弁当やお菓子づくり、レクリエーションなどを体験する研修です。私は、織物や木工づくりを体験してきました。(その時のブログはコチラ

同じ研修でも体験した内容は人によって違います。

しかし、デスクワークではなく、市民のかたと近い距離で接する現場を体験したことで、同期全員の業務に取り組む姿勢が向上したと思います。

 

自転車ネットワーク研修

箕面市内を自転車で安全かつ快適に通行できる空間のネットワークを考える研修です。

実際に箕面市内を自転車で走って、課題などを把握し、解決のためにどういった整備が必要か、みんなで議論しながら進めていきました。

この研修は「自転車ネットワークとはなにか。」「最終的にどういったものを作り上げるのか。」「どうやって進めていくのか。」と、全て自分たちで考えるところからスタートしました。

みんなで活動していくなか、「これで本当に安全?快適?」「この考え方で間違っていない?」と次々と出てくる疑問を解決するため、議論を繰り返していきました。

それぞれが思っていることを伝える難しさも学ぶことができた研修でした。

 

みのおPR研修

紅葉がきれいな秋。たくさんのかたが、箕面市を訪れます。

そのかたに観光マップを配布し、箕面市の魅力を伝える研修です。

声で伝えるのは「こんにちは。箕面市の観光マップを配布しています。」の短い言葉ですが、表情や声のトーンで伝わる雰囲気の大切さを学びました。

 

成人祭

一生に一度の成人式。箕面市では「祭」として盛大に催します。

新成人のみなさんを祝福するために案内状、抽選会の景品、ステージのプログラムなどを企画、当日の運営をしました。

私はハガキとパンフレットを作成しました。「成人証明書」をテーマにしたパンフレットができた時は、頑張った甲斐があったと思いました。

同期が1つのチームとして取り組んだ成人祭。この1年間で1番の達成感がありました!

 

新人としての研修以外にも、業務や職場の研修など、様々な経験をしてきました。

私が1番思ったことは一緒にがんばる人の心強さです。

大変なことがあっても、「同期のみんなもがんばっている。」という気持ちが自分の背中を押してくれます。

2年目になり新人も卒業です。成人祭で作った成人証明書を参考に、新人卒業証明書を作ってみました。

 

新人としてがんばったという気持ち、新人を卒業してこれからもがんばっていこうという気持ちを込めています。

この1年間で経験したことを糧にして、これからもがんばります!(同期のみんなもがんばりましょう!)

 

そして、次回からは平成28年度の新規採用職員の新人奮闘記!が始まります。

私の横でブログの記事を悩んでいる新人がいます。

貴重な経験ができる1年間のバトンを渡しますので、平成28年度の新人奮闘記!にもご期待ください。

 

1年間ありがとうございました!!

 

 

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

異動!その他諸々のご報告。

2016年04月25日 | 競艇事業局

こんにちは。

同期イチ、「体当たりが強そう」でおなじみの飯塚です。
いつの間にやらすっかり身体を動かすと少し汗ばむような季節になりましたね。

 

今回が私にとって「新人奮闘記」最後のブログとなります。

まずはじめにお伝えしなければならないことが一つ。

4月といえば新年度。
そして新年度といえば「人事異動」ですよね。
実は私飯塚もこのたび、異動になりました!

配属先は・・・


「競艇事業局 業務室」

です!!

今のところ、私にとってぶっちぎりで今年イチのサプライズニュースです。
一報を聞いたときにはただただ・・・

ただただただただ驚きましたが、箕面市ならではの部署と言える競艇事業局での業務は、掛け値なしに非常に貴重な経験になると確信できたので、すぐ前向きな気持ちに切り替えることができました。

配属から早4週間が経とうとしていますが、まだまだ何もかもが目新しく、ある意味入庁当時よりもフレッシュな気持ちで日々勉強させていただいています。

何が目新しいかと言えば、まずは勤務地。
箕面市役所の向かい、水道局庁舎内にも事務所はあるのですが、競艇事業局というだけあって、レース開催中は大半の職員が競艇場での勤務になります。

競艇場は日本全国に24カ所あるのですが、箕面市は「ボートレース住之江」の施行者ですので、勤務地も基本的には住之江競艇場になります。
4月は1日からレースの開催があったため、配属初日からさっそく住之江競艇場に出勤することになったのですが...

思いのほか、広い!!

これは昨年に一度、新人研修の一環として住之江競艇場を訪れた際にも感じたことなのですが、一般エリアだけでなく、関係者専用のエリアまで含めると、かなりの広さになります。

場内には様々な機関の施設が点在しており、それぞれの役割や、状況によってもいわゆる「持ち場」が全く異なります。
私の主な持ち場は「開催庶務」という事務所になるんですが、そこには内線・外線の電話機はもちろん、無線機まで常備してあり、絶えず警備担当者からの報告や業務連絡の場内放送も流れているので、とりわけレース開催中はかなりの情報量が飛び交う空間になっています。
ただ、これもあくまで私の場合の話であって、全く違うタイムテーブルで動いている方々もいます。

ということで、当面の課題としてはまず「誰が、いつ、どこで、何をしているのか」の全体像を把握することだと感じているのですが、生粋の方向音痴でもある私は「どこで」の部分にすこぶる苦戦中であります。

そんなわけで今のところ、まだまだ未熟ですが、一日でも早く第一線でバリバリ活躍できるよう、精進していきたいと思います。

せっかくなので、住之江競艇場のレース写真を少しだけ載せてみます。

 ↑ スタート直後、モーター音轟く直線部分です。競艇はスタートが一番の勝負所と言われています!

 

↑ ナイター開催中の住之江競艇場です。夜の競艇場もオツなものですよ

 

↑ 競艇の醍醐味、コーナー(1マークと呼ばれます)の攻防です。迫力満点です!


まだ競艇場に行ったことがないという方々、是非一度生で迫力あるレースを観に来てみてください!


そして、大変恐縮なのですが、この場をお借りして、前倒し採用期間を含め、述べ一年半の間お世話になりました、前所属の道路管理室の方々に御礼申し上げたいと思います。

道路管理室では、道路に関することはもちろん、市で働くことのいろはを教えていただきました。
この先、長い公務員人生の中でも、最初に所属した部署というのは特別記憶に残ることになりますので、私自身の礎として、ご指導いただいたことを今後に活かしていきたいと思います。


本当にありがとうございました!

 

~「新人奮闘記」を書いてみて~

さて、今回が最終回ということで、自分なりにこのブログについて振り返ってみます。
正直なところ、私は元々「ブログ」なるものについては書くのはもちろん、読むことすら全くなじみがなかったので、毎回記事をひねり出すのにもかなり苦労しました。

「箕面市職員としてブログを書く」ということは、当然ながらイチ個人のブログに「今日~食べました」という話を書くのとはまた意味が違います(それが悪いという意味では決してありません、念のため笑)。

私たち公務員は「全体の奉仕者」という表現をされることがありますが、言い換えると常日頃から市民の方々に「見られている」立場であり、その意識は大前提として、常に根幹に持ち合わせておかなければなりません。
その点で考えると、この「新人奮闘記」をアップする作業を繰り返すうち、「職員一人一人が箕面市の顔であるという自覚が、自分の中にもほんの少しずつですが芽生えてきたように思います。

不特定多数の方々の目に触れる記事を一から作り出すという作業は、少なからずプレッシャーもありましたが、今にして思えば非常に有意義なものでした。

振り返れば、私飯塚は初回のブログで「最終回を迎える頃には少しでも成長したところをご報告したい」といっちょ前なことをのたまっておりました。
具体的に「ココが成長した!」と胸を張って言うのは難しいですが、少なくとも、個人的には得るものがあったということをこの場をお借りしてお伝えさせていただきます。

 

そして最後に、個人的なご報告をもう少々。
前々回のブログで、TOEIC(英語の実力テスト)を受験したことを書かせていただきましたが、結果が出ました!

 

一応、目標スコアは860でしたので、なんとか、ギリギリ、滑り込みで目標達成です!

とはいっても、このスコア、一発で達成できたわけではなく、10月、1月、3月としつこく受験し続け、三回目でようやく出せた自己ベストになります。
どうせならキリがよく、また歯切れよく人に言える「スコア900」を達成したかったところではありますが、またそれは次の目標として、力を蓄えてから挑戦してみたいと思います(ちなみに満点は990です)。
今しばらくは直接英語を仕事に活かす機会は少ないかもしれませんが、プライベートでも役に立つ場面はありますし、いつか使う機会が訪れたときにさびついていることのないよう、今後も自己研鑽の一環として取り組んでいこうと思っています。

余裕があれば、学生時代の本分であったスペイン語(こちらはもはや見る影もなくさびついております)の勉強にも着手してみたいです!

あとは、全然関係ありませんが...もう少し痩せたいと思います(´3`)>

これらは私のいわゆる「アファメーション/自分への宣言」です!

 

それでは、とりとめもなく綴って参りましたが、このあたりで失礼させていただきます。
最後はこれまた関係ありませんが、私がこれまでの人生で一番感動した、南米はボリビアの絶景スポット、ウユニ塩湖での写真とともに(形だけでも)きれいにお別れしたいと思います。

 

一年間、ご愛読どうもありがとうございました!

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

~北大阪急行線延伸事業、設計編その3~

2016年04月22日 | 地域創造部

 

1.止々呂美ふれあい朝市

5回目の登場となります地域創造部鉄道延伸室の示です。

 

やっと寒い冬が終わり、暖かい春が来ました!そこで、先日、BBQと山桜を楽しむことができる『止々呂美ふれあい広場』に行って参りましたので、ご報告いたします。

 

場所は、箕面グリーンロードを通って北出口より車で直進5分の場所です。市内からわずか20分で大自然を満喫できます。

今回は、日曜日に行きましたので、朝市が開催されていました。

朝市では、採れたての新鮮なキュウリ、山菜、トマトなどの多くの地元の農産物が販売されていました。

 

(1)朝市の看板

  

(2)生産者の方と一緒に

 私は、今が旬の竹の子などを購入しました。その時、生産者の方との写真です。

  

 

  

(3)たけのこ洗い

早速、子供達と竹の子を洗い・・・、

 

 (4)BBQの写真

そしてBBQで美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

 

 

 

(5)マスGET

お腹がいっぱいになったところで、今度は、余野川でマス釣りを楽しみました。見事1匹GETです。

他の方々もたくさんのマスを釣っていました!

 

 

また、近々に友人家族と一緒に行こうと思います。一日中遊ぶことが出来る場所なので、ぜひ、一度は行ってみてください。ただし、休日は10時くらいで駐車場が満車となるので、早くに行くことがお勧めです!!

 

 さて、以下に私が現在取り組んでいる業務について報告いたします。

 

2.北大阪急行線延伸事業 ~ 設計編その3 ~

 当該区間の設計では、「北大阪急行線延伸技術検討会」という検討会を設置しております。この、検討会の設置は、

学識経験者および技術力を有する機関より、地盤の特性等から構造形式に至るまで技術的課題に対して、意見や指導を頂き、安全性・経済性を考慮した構造・施工方法等の検討することを目的としています。

 

(6)技術検討会の写真

 

 

 

検討会では、私も報告させて頂き、地震時の構造物の損傷を低減する手法等について指導を頂きました。

 

下図は、検討会報告の一部ですが、想定断層位置が不明確な箇所については、落橋の可能性を極めて小さくすることを目的として、想定断層を跨ぐ連続桁化を図り、耐震性能に優れた構造形式を採用するなど、

延伸区間の地盤の特徴を考慮し、より安全性の高い耐震設計を行っています。

詳細な内容は北大阪急行線延伸に係る経緯等3_推進・検討・支援体制の頁に、公開しております。

また、近況報告となりますが、今年の秋頃に予定している工事実施に向けて、先月の3月30日に、大阪府、箕面市、北大阪急行電鉄株式会社、阪急電鉄株式会社の4者で、開業目標、整備費とその負担等について、基本協定を締結致しました。さらに、工事に必要となる軌道法及び鉄道事業法に基づく工事施行認可の申請書を大阪府と国土交通省近畿運輸局に提出するなど、現在は4月末の工事発注公告に向けた、工事の積算作業に取り組んでいるところです。

 

3.北大阪急行線延伸と周辺まちづくりに関する説明会

事業の取り組み状況を説明するため、「北大阪急行線延伸と周辺まちづくりに関する説明会」を、3月13日、4月3日に開催し、104名の方にご参加いただきました。

 

また、平成19年度から累計して、のべ3000人になりました。また、最近の説明会での主な質問内容は、鉄道の他、歩行者デッキやアクセス道路の整備、駐車場・駐輪場、交通広場、バス路線の再編など交通に関する質問が多く、キャンパス移転や新駅周辺にできる施設などの質問もいただきました。

 

貴重なご意見有り難うございます。

 

これで、最後のブログとなりますが、これから事業に対するご支援の程どうぞ宜しくお願いいたします。有り難うございました。    

 

   

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

市民サービスってなに?

2016年04月18日 | 総務部

 こんにちは!総務部債権管理機構の浦川です。

 先日帰宅して何気なくつけたテレビで熊本地震発生を知り、その後の余震や被害のニュースを見て心が痛くなりました。

 道路が寸断され、救援物資もなかなか届かない状況で、今わたしができることは何もないように思われましたが、食糧や水が足りないという被災者の声を聞き、まずは自身の備えをして、有事の時には救援を必要とする人に、必要な支援が渡るよう努めることが大切だと思いました。

 我が家の防災グッズは、非常食のほかに、電池のいらない懐中電灯やキャンドル、カセットコンロに紙皿とラップ、災害時用の衣服などです。

 わたしは比較的防災意識は高い方だと自負していましたが、改めて備えが十分か確認し、足りないものを補充しました。

 皆さんも今一度、災害の備えが万全か確認されてみてはいかがでしょうか。

 

 いよいよ最後の新人ブログとなりました。

 今日はこれまでまさに奮闘してきた日々を一旦整理し、ブログ卒業とともに新たな一歩を踏み出そうと思っています。

 

 これまでを振り返ってみると、もがいてもうまくいかず、悩んだことがよく思い出されます。

 前回のブログにも書きましたが、前職とのギャップや市役所業務の難しさに圧倒され、落ち込むこともありました。

 でもその都度立ち直り、奮起できたのは、仲間市職員としての使命感があったからだと思っています。

 

 入庁してから2年、職場の上司や先輩、同期など、色んな人たちと様々な場面で意見し合い、新しい目標に更新することを重ねた日々でした。

 そして常に行動規範となっていたのは、箕面市民のみなさんにサービスを提供するという、市職員としての自覚です。

 納税相談にいらっしゃるかた、お会いすることはほとんどありませんが、納期内納付されているかたなど、業務で関わる市民の方々はもちろん、担当業務に関係ない場面でも、市民の方々のことを念頭に置いて行動するようになったのは、大きな変化だと思っています。

 市役所の果たす役割が大きいことを例え、よく「市役所業務に答えはない」と耳にします。

 仲間市職員としての使命感を大切にしながら、ひとつの決まった答えはなくても、答えとなる「市民サービス」がどんなものかを考え続けていきたいと思います。

 

 終わりに、最近の近況報告です!

 先日同期の安場さんと、厄払いに行ってきました。

 

 山道を含む道のりを恐らく2時間以上は歩きましたが、話に夢中になり、気づいた時には足が小刻みに震えていました。笑

 ということで、ゆっくりできるカフェに向かい、場違いな仕事の話で盛り上がりました!

 

 リフレッシュして、また頑張ります!

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市職員とした働いた感想

2016年04月15日 | みどりまちづくり部

 

同期でお花見に行ってきました

 

ちゃんとしたお花見はかなり久しぶりだったので、何をしたらいいのかわかりませんでしたが、久しぶりの同期わきあいあいで楽しかったです!

 

 

 

 

 

 

公園緑地室の庄子です。

 

 

 

 

 

新規採用職員としてこのブログを書く機会をいただきましたので、

 

私の最終回のブログは「箕面市職員として働き、今何を感じているか」を書こうと思います。

 

 

 

配属の初日からその分野のプロとして

 

 

市役所に就職する前は、市役所に行く機会はほとんどありませんでした。

市役所職員に対するイメージは、「正しいことを教えてくれる人」でした。

市役所の職員は正しいことを教えてくれると思っているので、「職員の言うことを疑う」ということは考えたこともありませんでした。

市役所職員は正義の人です。

 

市役所に就職しました。

研修を経て職場に配属されました。

自身は社会人経験がありましたが、配属先の業務については何も知りません。

ですが、カウンターの内側にいますので、市民のかたや業者のかたに声を掛けられます。

特に私は、新規採用職員には見えない風貌なので、初対面なのに、「例の件ですが・・・」と話しかけられることもしばしばありました。

市民のかたは「正しいことを教えてくれる人」だと思って相談に来られます。

 

窓口に来られるかたにとって、職員の年次は関係なく、担当者であるならば箕面市でその分野に一番精通していると判断されます。

法律や過去の経過などは一朝一夕で覚えられるものではありませんが、1日でも早く、充分な対応ができるように勉強しなければならない、というのが入庁当初に感じたことでした。

 

 

 

正しいと思うことを追究できる

私は民間企業から転職という形で入庁しました。

転職する際に重要視したのが、「自分が正しいと思える仕事ができるか」というものでした。

綺麗事のようですが、今までの仕事の経験で、「組織としては正しいが、自分としては納得できない」という類いの乖離が大きいと、仕事に本気になれないことに気づきました。

 

市役所の仕事は、どの部署の仕事であっても、「市民にとって最善は何か」を追究するものであり、実際2年働いてみて、改めてそのことを実感しています。

仕事は忙しくても、正しいことをしているという自負があるので、精神的なストレスは少ないです。

 

 

 

「市民に条例を守らせる」ではなく、「市民のために条例を変える」

 

市役所職員にしかできないことは何か。

 

市役所職員は常に条例と共に仕事をしています。するとどうしても「条例を守らせる」という感覚が強くなっていくように思います。

これがエスカレートして「条例に書いていること以外には聞く耳を持たない」となってしまうと、市民のための条例なのか、条例のための市民なのか、わからなくなってしまいます。

 

箕面市の条例は箕面市がつくり、必要に応じて改正できます。

これは、私が市役所で働いて感動したことの一つです。

よく考えれば普通のことかもしれませんが、条例は「守るだけのもの」ではなく、状況に応じて「つくれるもの」であり、「変えられるもの」なのです。

市役所職員にはその決定権さえありませんが、市民と一番近くで接する立場で、市民のためになる条例とは何かを考え、提案することができます。

これは市役所職員という立場でしかできないことだと考えています。

かっこいい仕事です。

 

 

 

仕組みを作ることができる人材に

 

市役所は、よく縦割りといわれますが、入庁してみてその理由がわかりました。

部署毎に業務内容が全くと言っていいほど違うんです。

○×ホールディングスという持株会社があったとして、

その傘下の○×不動産の社員はグループ会社である○×スーパーの商品の事を尋ねられてもわかりませんよね。

市役所は、1つの建物の中にグループ会社が詰め込まれているイメージです。

市民のかたに極力ストレスをかけないよう、どのようにワンストップに近い形にもっていくかも市役所の課題だと思います。

 

また、民間企業と同様、市役所も人員整理を行い、効率化を図っています。

箕面市の場合、10人に満たない部署も多く、毎年人事異動もあります。

そんな中、サービスの質を保ちながら運営していくためには、職員個々の能力に委ねるのではなく、誰が配属されてもサービスの質が保てる「仕組み」をつくることが必要になります。

 

私も今、その「仕組み」をつくろうとしているのですが、これがなかなか難しく、試行錯誤を重ねています。「仕組み」をつくることができる人材はどの部署でも活躍できると思います。

 

 

 

バランスを保ちながら、どれだけ深く入り込めるか

 

入庁して2年ですが、今の仕事を完璧にこなせているかといえば、正直まだまだです。

また、仕事に対して広く浅い関わり方をしていると、なかなか知識が身につかないことも実感しました。

3年目は、担当する幅広い業務をバランス良くこなしつつ、可能な限り深く入り込む仕事の仕方をしたいと考えています。

  ・公園緑地室の業務は庄子に聞けば大体わかる

  ・○○に関しては市役所の中で庄子が一番詳しい

の両立を目指します。

 

 

 

「試練は乗り越えられる者にしか与えられない」

 

私の好きな言葉です。

これからも幾多の試練があると思いますが、それは同時に期待でもあると思って頑張ります!

 

 

 

 

1年間ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 (万博公園って維持管理どうしてはるんやろ~)

 

 

 

 

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度新規採用職員研修~さわやか接遇研修~

2016年04月11日 | 総務部

お久しぶりです。
総務部人事室の坂中です。

早いもので、入庁して1年が経ちました。とうとう最後のブログです。
これまで様々な研修を新人ブログで紹介してきましたが、初志貫徹!
私は最後まで研修のことを書いていきます!

今回ご紹介する研修は、「さわやか接遇研修」です!

4月1日、箕面市に新規採用職員が入庁しました。
箕面市の新規採用職員が最初に受講する研修が、この「さわやか接遇研修」です。
もちろん、私たちも去年の4月にこの研修を受講しました。ビジネスマナーなど全くわからず、とても緊張していたのを覚えています。
4月の新規採用職員研修は、「さわやか接遇研修」だけでなく、人権研修、情報セキュリティ研修、清掃体験研修、福祉体験研修など、様々な研修を実施しています。

清掃体験研修や、福祉体験研修の写真は、これまでの新人ブログにたくさん載っていますが、接遇研修の写真は意外と今回が初公開ではないでしょうか!写真と一緒に研修の個人的な感想を書いていきますので、お付き合いください!

まずは、あいさつから!
何度も何度も練習していました。

 

わかりづらいですが、上の写真は、電話応対の練習の様子です。

市役所の電話に出るときは、はじめに「箕面市役所 ○○室の△△です。」と、名乗るよう研修で教わります。
受講生は、自分の配属部署が発表されて、まだ2日しか経っていなかったので、電話応対の練習では、自分の部署を噛まずに言いきるのも一苦労といった様子でした。
長い名前の部署に所属している職員は、大変ですね。
私は短い名前の部署にも関わらず、去年噛んでいました。
今でもたまに噛みます。(人事室って、意外と言いづらいですよ!)

 

名刺交換の練習の様子です。

私は1年前、「さわやか接遇研修」で、この名刺交換の練習をしましたが、名刺を渡すタイミングなど、今でも難しく感じます。
第三者として名刺交換の様子をみると、スムーズな受け渡しはもちろんですが、「姿勢の良さ」が重要だと感じました。私は今年度の受講生ではないですが、とても勉強になり、今後、教わったことを活かしていこうと思いました!

研修の最後に、「1年後の目標」を紙に書いて、受講生全員の前で宣言するというワークを実施しました。

 

目標を作成している様子です。

上の写真は宣言中の様子です。
グループごとに、前にでて「1年後の目標」を宣言します!
受講生全員、時間いっぱい考え抜いて目標を決め、宣言していました。

受講生のみなさん、お疲れさまでした!


今回はほんの一部をご紹介させていただきましたが、「さわやか接遇研修」では、他にも敬語の使い方や指示の受け方など、多くのカリキュラムを設定しています。

去年自分が受講した研修を自分が企画・運営する側になるとは、なんとも感慨深いものがあります。
新規採用職員研修については、自分が去年受講したからこそ、「この研修は、もっとこうしてほしかった!」と思うこともあるので、そうした受講者視点をうまく今年の研修に反映できたらと思います。
そのほかの研修についても同様に、受講者視点を大切に、研修を企画していきたいと思います。

それでは、1年間お付き合いいただき、ありがとうございました!

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

新生活と共に新見守りシステムの実証実験も始まります♪

2016年04月08日 | 子ども未来創造局

こんにちは!
子ども未来創造局学校生活支援課の内山です。

 

私も入庁してついに1年が過ぎ、社会人2年目がスタートしました!

3月4月は年度の変わり目で、私自身は同じ課にいるものの、
周りの景色がだいぶ変わった気がします。

もちろん、別館3階を少し模様替えしたのもありますが、
異動で新しいメンバーがいることが大きいのではないかと思います。

学校生活支援課でも、涙の別れと出会いがあり…
そして今年度、なんと同期の小口さんと同じ課で働くことになりました♪

今このブログを書いている間も真正面に座っているのですが、同期と仕事をするというのもなんだか新鮮です。

2年目職員となっても、1年目と変わらずフレッシュな気持ちで頑張りたいと思います!

 


さて、学校生活支援課では新しい見守りシステムの実証実験が始まりました!
ちょうど、昨日今日で市内小・中学生の新入生のお子様には端末を配布しておりますし、すでに、市からの連絡で耳に入っているかたも多いとは思いますが…

そう、その名も!ottaです!!!

この見守りシステムottaは、端末を持っている小・中学生が、学校などの公共施設やオレンジゆずるバスなどに設置された検知ポイントや、見守りアプリの入ったスマートフォンの近くを通ると、その位置情報がサーバーに通知され、いざという時に、学校や教育委員会が子どもの位置情報を確認できるシステムです。

有料のオプションサービスになりますが、保護者のかたも、上の画面のようにスマートフォンやパソコンでお子様の位置情報を確認することができます。

また、新入生は4月5月、在校生は5月6月無料で有料のオプションサービスを利用できます。

もちろん、有料のオプションサービスをご利用されないかたでも、いざという時には、学校や教育委員会がお子様の位置情報を確認できますので、お子様には見守り端末「otta.b」を持たせていただきますよう、お願いします。

 

私自身も、かわいいピンクのotta端末を持ち歩いています。
裏面に張っておりますシールは私物ですが、小・中学生のみなさんも自分なりにかわいくアレンジして使っていただければと思います♪
私もいざという時には、位置情報はもちろん、後ろについています防犯ブザーも活用しようと思っています…。

 

そして、家族に小・中学生のかたがいないというかたも、見守り人(スマートフォンに「otta(オッタ)見守り」アプリを入れて下さっているかた。)になっていただければ幸いです!
見守り人になっていただければ、検知ポイントが増え、見守りの精度が上がっていきます。

 

 今回の見守りシステムの導入もそうですが、箕面市をより安心・安全に暮らせるまちにするために、これからも私にできることを精一杯やっていきたいと思います!


余談ですが、わたしの私生活についても少しだけ…

3月の末に誕生日を迎え、晴れて23歳になりました♪

いつも仲良くしてくれている、友達にお祝いしてもらいました。
バースディソングと共にバケツプリンが運ばれてくる誕生日はもうないでしょう。笑
友の粋な(斬新な)はからいに感無量でした♪
ちなみに、このバケツプリンはすべて女の子5人で食べきりました!笑
忘れられない思い出となりそうです。笑


これで、わたしのブログは最後となります。
今までお読みいただきありがとうございました!

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

伝えることは難しい

2016年04月04日 | 総務部

お久しぶりです。障害福祉課の根本です。

 

私のブログも4回目となり、いよいよ最後のブログ更新となりました。

この新人ブログを書かせてもらうまでは、ブログというものに縁がなく、昔流行っていたSNSで日記をちらっと書いたことがあるくらいでした。

最初は「ブログなんてすぐ書けるやろ」と高をくくっていましたが、実際に自分の順番になると、何を書いたらいいのかなと悩んだり、この内容できちんと相手に伝わるのかなと不安になったり、パソコンを目の前にじっとしている自分がいました。

自分の考えを人に伝えるということは本当に難しいですね。

 

さて、今回はそんな“伝える”をテーマにしたお話です。

 

障害福祉課では、窓口に来られたかたに「障害福祉サービスのご案内」という冊子を配布しています。この冊子は、障害者手帳などを取得され、今後障害福祉サービスを利用されるかたに障害福祉サービスを“伝える”冊子です。

 

ページをめくってみると…

 

箕面市で利用できる障害福祉サービスが細かい説明と一緒に記載されていますね。この内容が白黒印刷で80ページも続きます。

 

しっかり読み込むと、「なるほど、そういう制度なのね」ということがわかります。

しかし、逆に言うと“しっかり読み込まないとわからない”冊子でもあるのです。

これは、障害福祉サービスが多岐にわたるということと、そのサービスを利用できる人が、年齢・所得・障害の区分などによって違い、その全てをしっかりと説明している冊子になっているためなのです。

 

そのため、初めて見る人にとってはわかりづらく、冊子ではなく辞書のようなものになってしまっています。

 

そこで、障害福祉課では辞書をわかりやすい冊子へ作り替えるべく、プロジェクトチーム(かっこよく言えばですが)を立ち上げ、日夜取り組んでいます。

 

今回作り替えをしている冊子では

(1)全ページフルカラーで印刷する

(2)図やイラストを入れ、初めて読む人でもわかりやすい冊子にする

(3)民間企業(印刷製本のプロ)と協働することにより、より高いクオリティの冊子にする

(4)広告を募集することにより、広告収入のみ(箕面市の負担0円)で冊子を発行する

ということを目標にしています。

 

これらの目標を達成するため、まずは障害福祉課内で原稿のイメージを作っています。

しかし、今まで文字だけだった所を、イラストや図を使って表現することや、難解な制度をわかりやすく説明することは簡単なことではなく、頭をひねらせている毎日です。

 

このプロジェクトはまだまだ始まったばかりですが、この冊子を読まれるかたにとって少しでもわかりやすく、読みやすいものにするため、これからもがんばっていきたいと思います。

 

 

さて、いつのまにか4月になり、新しい年度が始まりました。

私がサッカーのコーチをしている小学校1年生の子どもたちも2年生になりました。

体の大きさやテクニック、使う言葉や相手を思いやる気持ちなど、昨年と比べグンと成長してきました。

子どもたちの成長スピードを見ていると驚くことばかりです。

 

気付けば私も箕面市役所2年生となり、もう1年生ではなくなってしまいました。

子どもたちの成長に負けないように、自分を律して前進していきたいと思います。

私の新人ブログはこれで最後です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

箕面市では、3月27日から5月31日まで「目立つワイヤー錠で自転車ロックをしていただくキャンペーン」を実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

心機一転!!!

2016年04月01日 | みどりまちづくり部

 

みどりまちづくり部まちづくり政策室の新井です。

本日付けで営繕課建築室(併)学校施設管理室からまちづくり政策室に異動になりました。

まちづくり政策室では、都市景観形成事業に携わることになりました。

今日から2年目の職員ですが、業務内容は今までと変わりますので、

今年度も新規採用職員同様フレッシュな気持ちで心機一転頑張りたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

今回で最後のブログとなります。

今回も1年間お世話になった学校施設管理室での仕事内容とプライベートについて書きたいと思います。

 

 

1、仕事内容について

今回は遊具及び体育施設の修繕について、紹介したいと思います。

先日、検査も終わり、今年度の修繕が無事終了しました。

遊具及び体育施設は、点検に基づく修繕を行っています。

点検が1年に1回専門業者が行っていますが、この専門業者の点検と併せて、

学校施設管理室の職員も各小・中学校をまわり、

学校の要望も聞きながら、要望と点検結果を元に優先順位をつけています。

予算の範囲内で可能な限り修繕を行うため、精査しています。

私も箕面市内の半分くらいの学校を回ってきました。

 

 

そしてこちらが入札説明会のための資料です。↓

 

 

入札説明会後、修繕業者が決まり、着々と修繕が進んでいきました!

検査の際に小・中学校へ向かうと、

サッカーゴールが綺麗になっていたり、防球ネットが綺麗になっていたり、

鉄棒やジャングルジムが新設されていたりと見違えるほどでした!

 

また、この1年間に修繕の他にも小・中学校へ行くことが何度かありました。

小学生の時には全く感じていなかったのに、大人になってから学校へ行ってみると。

机や洗面台や全てのものが低く、小さく感じてしまいました。

 

 

学校施設管理室での仕事を通して、この1年間で多くの方から様々なことを学びました。

学んだことを活かしてこれからも頑張ります!

 

 

2、プライベートについて

同期とラーメン部として、不定期に活動しています!

いつもは箕面市内のラーメン屋さんですが、

2月には、大阪市内に遠征に行ってきました!

2軒行ってきました!

今後も不定期に活動していきたいと思います!

 

3、最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

私のブログはこれで最後ですが、

学校施設管理室のブログは来年度にも続きますのでお楽しみに!

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です

 


この記事をはてなブックマークに追加