箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

残り1ヶ月

2016年02月29日 | みどりまちづくり部


こんにちは。
建築室の進木です。
 
2月も最終日となり、本年度も残すところ1ヶ月となりました。


<和硝子>
先日、京都を散策している時に「和硝子」のギャラリーがありました。

 

着物や帯を硝子に挟むことで、
元々あでやかなな着物や帯が一層鮮やかに。

和硝子は、着物を着る機会が少なくなり技術を伝えていくことが
難しくなっている日本の伝統を、硝子細工などと組み合わせることで
後世に残そうという想いから創られたそうです。

ギャラリー内にはコースターや壁掛け、間接照明など、
色々な形の和硝子が提案されていました。

外国の方にとても喜ばれそうです。

 

 <漏水>
さて、記憶に新しいところですが、先月の24日(日曜日)頃に40年に一度という
レベルの大寒波が襲来しました。大雪こそなかったものの気温が氷点下になり、
1月25日(月曜日)には、学校でも水道が凍結し、漏水が発生しました。

当日は上司と漏水の発生した学校に行き、状況を確認するとともに
市内業者の方々と連携しながら対応していきました。

市内業者の方々は、学校の状況をよく把握しており、
忙しいなか迅速に対応してくださいました。さすが地元!!
対応していただいた市内業者の方々には本当に感謝です。

地域社会の円滑な発展には、地元企業は欠かせない存在であると
改めて感じた漏水の復旧作業となりました。

 


今回で私の新人ブログは最後となります。
1年間お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

↓  皆さんもぜひ参加してみて下さいね。

 

 

箕面市では、3月26日まで「滝道週末ウォーキングを始めよう!」の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

『新人』バトンタッチ!!

2016年02月26日 | 人権文化部

 みなさま、こんにちは。

人権施策課の小口です。

 

おそらく風邪だと思うのですが、体調を崩してしまいました。

インフルエンザも流行っているみたいなので、みなさまもお気をつけください!!

 

さて、先週の金曜日(219日)に『平成28年度採用予定者懇親会』が開催されました。

毎年行われるこの懇親会は、その年度に採用された1年目職員』が『企画・運営』を行います。

 

 

 

 

 

写真は2次会の様子です。1次会は市役所の地下1階にある食堂『磯よし』で行われました。

採用予定者のみなさんは、市長や副市長、教育長や多くの先輩職員の前で、ひとり15秒ずつ(短い!!)の自己PRをします。1年前、私が自己PRした際は30秒だったような…。)

みなさん大きな声で、力一杯、4月からの気合いを叫んでいました!!フレッシュでした!!

そのあとは、軽食を食べながらの懇親会です。

採用予定者のみなさん、多くの先輩職員、また同期となる他の採用予定者と親睦を深めることはできたでしょうか。

いつか同じ部署で仕事をするかもしれないですね。4月からよろしくお願いいたいします!!

 

 

もうすぐ入庁してから1年になる私も、フレッシュさを失ったわけではありません。

毎日勉強の日々です。

 

先日、今年4月より施行される「障害者差別解消法」についての学習会を行いました。

以前のブログ(201593日分)にも書かせていただきましたが、

箕面市では、職員の人権意識向上と、各部局間の連携強化を目的に「人権啓発研究会」が設置されています。

そして若手職員中心の研究会員が、さまざまな人権課題について、関連する団体などに取材・ヒアリングを行ったり、取組内容や会員の意見・感想、関連する施策などをまとめて、人権啓発資料「ヒューマン・ライツ・レポート」を発行しています。

会員の意見をまとめた結果、今年度は「セクシュアル・マイノリティ」と「障害者差別解消法」に関する人権を研究テーマとすることに決まりました。(平成26年度以前のヒューマン・ライツ・レポートについては、HPまたは201593日のブログをご覧下さい。)

 

 

 

今回は、健康福祉部障害福祉課の山田参事からレクチャーを受け、法律について、また、市での取り組みなどについて、会員と共に考えました。

みんな真剣に勉強しています。

 

みなさんは、「障害者差別解消法」をご存じでしょうか。

 

 

 

 

簡潔にいいますと、役所や民間企業に対して「障害を理由に差別をしてはいけません」、「障害のある人が困っていたら、その人に合った必要な工夫を配慮しましょう」という法律です。

 

 

詳しくは、内閣府がQA形式で説明していますのでご覧下さい。↓↓↓

http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/law_h25-65_qa_kokumin.html

 

一概に「障害者」といっても、障害の程度や当事者の年齢、生活環境などによって、当事者が求めるニーズは様々です。

この法律のポイントは、「当事者が何を求めているのか」「それに対してできる配慮はなにか」という話し合いが重要であるということです。

4月の施行に向けて、まずは「当事者との対話」を心掛けたいと思います。

 

箕面市でも、障害の有無に関わらず、誰もが暮らしやすいまちづくりを推進するために、

箕面市障害者市民の長期計画~みのお‘N’プラン~」を策定しています。

 

『誰もがくらしやすいまちづくり』

私も市職員、また箕面市民として、ノーマライゼーションの推進に精一杯尽力していきたいと思います。

 

 

わたしのブログは今回で最後です。

不慣れで面白みのないものばかりになってしまいましたが、

1年間ありがとうございました!!

 

 

 

↓  皆さんもぜひ参加してみて下さいね。

 

 

箕面市では、3月26日まで「滝道週末ウォーキングを始めよう!」の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

障害年金について

2016年02月22日 | 市民部

お久しぶりです。市民部 介護・医療・年金室の山下です。

今回は、(1)趣味   (2)ゆずる完熟堆肥
(3)障害年金について、簡単にご説明させていただきます。

(1)趣味
【お城めぐり:備中松山城】
12月頃に、岡山県の備中松山城に行ってきました。
現存天守を持つ山城としては最も高い所にあるそうです。
雲海が見えると天空の城なります。
備中高梁駅から城まで徒歩で1時間ぐらいかかりました。


天守の1階に囲炉裏がありました。天守の中で囲炉裏があるのは、珍しいです。


【お城めぐり:郡上八幡城】
2月に入り、寒さがやわらいできましたので、
岐阜県の郡上八幡城に行ってきました。
こちらの城も雲海が見えると、天空の城になります。
郡上八幡駅からお城の近くまでのバスがでていました。

 


(2)ゆずる完熟堆肥
平成27年12月から箕面オリジナル「ゆずる完熟堆肥」が発売されました。
特徴としましては、「小中学校と保育所の給食調理で出た野菜くず」と
「街路樹の剪定枝」だけを原材料とし、肥料の三大要素といわれる窒素・リン酸・カリ
をバランス良く含んだ、安全・安心で高品質の箕面産完熟堆肥です。
堆肥のにおいは、カブトムシを飼育するときの土のにおいがします。

こちらは、家の庭で、大根とカブを育てている写真です。
発売直後から、ゆずる完熟堆肥もいれています。

小ぶりの大根ですが、おいしくいただきました。安全・安心の食べ物はいいです。
来年は、ゆずる完熟堆肥を早い段階でいれます。

 

(3)障害年金について
年金には、老齢年金、障害年金、遺族年金があります。
近年は、精神疾患の障害年金申請が増えてきています。
健康なかたでも、仕事や人間関係などから精神疾患にかかるかたもいます。
障害年金は、腕がなくなったなど、身体障害から、
精神障害や知的障害など多岐にわたります。


障害年金について簡単に説明させていただきます。
初めに、障害年金に関する用語を説明させていただきます。
「初診日」とは、障害の原因となった病気やケガについて、初めて医師等の診療を受けた日をいいます。
「障害認定日」とは、障害の状態を定める日のことです。初診日から1年6ヶ月を過ぎた日
または、1年6ヶ月以内に症状が固定した場合はその日をいいます。
初診日と障害認定日を図で表すと次のようになります。

 

障害年金には、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」があります。
【障害基礎年金】 ※以下の[1]、[2]、[3]の条件をすべて満たす必要があります。
[1]国民年金に加入している間に初診日があること
   ※20歳前や、60歳以上65歳未満(年金に加入していない期間)で、日本国内に
     住んでいる間に初診日があるときも含みます。
[2]初診日の前日に、初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上
   の期間について、保険料が納付または、免除されていること
   ※特例として、初診日において65歳未満であり、初診日の前日に、初診日のある月
     の前々月までの1年間に保険料の未納がない場合も納付要件を満たします。
   ※20歳前の年金制度に加入していない期間に初診日がある場合は、
     納付要件は不要です。
[3]障害の状態が、「障害認定日」又は「20歳に達したとき」に、障害等級表に
   定める1級又は、2級に該当していること
   ※障害認定日に障害の状態が軽くても、その後、重くなった時に障害基礎年金を
     受け取ることができる場合があります。

【障害厚生年金】 ※以下の[1]、[2]、[3]の条件をすべて満たす必要があります。
[1]厚生年金に加入している間に初診日があること
[2]初診日の前日に、初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上
   の期間について、保険料が納付または、免除されていること
   ※特例として、初診日において65歳未満であり、初診日の前日に、初診日のある月
     の前々月までの1年間に保険料の未納がない場合も納付要件を満たします。
[3]障害の状態が、障害認定日に、障害等級表に定める1級から3級に該当していること
   ※障害認定日に障害の状態が軽くても、その後、重くなった時に障害厚生年金を
     受け取ることができる場合があります。

【障害年金の請求時期】
[1]障害認定日による請求…障害認定日が属する月の翌月分から年金を受け取る
                        ことができます。
  ※障害認定日から5年を過ぎている場合は、請求日から5年より前の分は時効により
     受け取ることができません。
[2]事後重症による請求…障害認定日に障害等級に該当しなかった場合でも、
   その後病状が悪化し障害等級に該当する状態になったときには、請求日の
  翌月から年金を受け取ることができます。
           事後重症請求の流れを図にしました。

※事後重症の場合、65歳の誕生日の前日までに請求することが必要です。

【障害の程度】 ※「身体障害者手帳」の障害等級とは異なります。
障害の程度の基準は、国民年金法施行令別表、厚生年金保険法施行令別表第1及び
第2規定されていますが、障害の状態の基本は次のとおりになります。
1級・・・身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が日常生活
         の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの。他人の介助をうけな
         ければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のもの。
2級・・・身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活
         が著しい制限を受けるかまたは、日常生活に著しい制限を加えることを
         必要とする程度のもの。日常生活は極めて困難で、労働により収入を得
         ることができない程度のもの。
3級・・・労働が著しい制限をうけるかまたは、労働に著しい制限を加えることを
         必要とする程度のもの。
         ※3級は障害厚生年金のみとなります。障害基礎年金は1級と2級のみです。

【障害年金のお手続き】
[1]請求書類の提出先
   20歳前に初診日があるかた                → 市役所または、年金事務所
   国民年金加入中に初診日があるかた   → 市役所または、年金事務所
   配偶者に扶養されていた期間(国民年金の3号期間)中に初診日があるかた 
                                                         → 年金事務所
  厚生年金加入中に初診日があるかた   → 年金事務所

[2]障害年金請求の注意点
 ・医師の診断書をとる前に、初診日をご確認のうえ、市役所または、年金事務所
    に相談してください。
 ・初診日に保険料納付要件に該当していなければ、障害等級に該当しても年金
    の支給はありません。
 ・65歳を超えて初診日があるかたは、障害年金の申請はできません。
  ・身体障害者手帳の等級と障害年金の等級とは異なります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
今回で山下のブログは最後となります。
1年間お付き合いいただきありがとうございました。

↓  皆さんもぜひ参加してみて下さいね。

箕面市では、3月26日まで「滝道週末ウォーキングを始めよう!」の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐ春

2016年02月19日 | みどりまちづくり部

皆さん、こんにちは。
みどりまちづくり部 道路課道路管理室の中林です。
年が明けたと思ったらもう2月も半分を越えてしまいました。
入庁してからもうすぐ一年・・・早い!恐ろしく早いです。
でも、それだけ充実した一年だったということでしょうか。

 

〈久々の滝〉
 春はもうすぐと言ってもやはり寒い日が続き、休みの日はなかなか外へ出る気になれず・・・。
しかし、それではいけない!と、ブログの最後にも貼られております『滝道週末ウォーキング』に行ってきました。
久々の滝道です。

 

秋の観光シーズンの賑わいはありませんが、滝道ウォーキングを楽しんでいる方がたくさんいました。

走っている方もたくさんいらっしゃいました。

私も学生の頃、「滝ラン」と称する箕面大滝までのランニングがあり、倒れそうになりながらも毎日のように走っておりました。
懐かしいですね。

 

滝、到着!マイナスイオンたっぷり。

あった!あった!
今日のキーワードは・・・『メジロ』
そういえば、道中にたくさん飛んでいました。

 

それでは、スタンプをもらうべく下山。

樹齢のかなり経っていそうな立派な木もたくさんあります。
一年間、仕事で木を見ることが多かった為か、ついつい木の状態に目が行ってしまいます。

 

アッという間にスタンプポイントに到着。

スタンプGet!

気持ちよく自然の魅力を堪能しました。
缶バッジをもらうところまでたどり着くのは難しいかもしれませんが、もうすぐ春。これからいい季節になっていきますので、健康の為にもちょくちょく歩きたいと思います。

 

〈仕事のお話〉
 先日、街路樹診断の研修に参加させていただき、その中の一つに街路樹の倒木による事故が起こった場合の道路管理者としての瑕疵責任の重要性についての説明があり、千里ニュータウンをはじめ、北摂地域は高度成長期に開発が進み、その時に植えられた街路樹が老木、大木化し、腐朽や枯れが進行することで倒木の恐れが生じている所が多くなってきているとのことでした。
箕面市においてもこの時期に植えられた街路樹が数多くあり、道路管理室では街路樹の日常管理において街路樹の剪定や倒木の恐れのある街路樹がないか確認しているのですが、全域で管理している何千本という街路樹の中には腐朽が進んでいると思われる街路樹を見受けることもあります。
先日、そのような街路樹があり、街路樹管理を委託している業者において街路樹診断を行ってもらったところ、枯死に近い状態で倒木の危険性があるとの結果であった為、伐採することとなりました。


                ↑ この木です。

切ったところ・・・

立派な木でしたが、中はこのような状態となっており、棒を差し込んでみるとすんなり入ってしましました。
このような状態で放っておくといつ倒れてもおかしくない状況、事故につながる前に対応できてよかったです。
街並みに彩りを与え、美しい景観を作り出す街路樹が、日常生活の安全を脅かすものとならないように維持管理を行う事は重要な責務であり、今後もしっかりと管理していきたいと思います。

 

 今回で私の新人ブログは最後となりますが、手探りで一年間培ったものを次年度に生かしていきたいと思っております。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

↓  皆さんもぜひ参加してみて下さいね。

 

箕面市では、3月26日まで「滝道週末ウォーキングを始めよう!」の統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

ネットワーク機器の入替について

2016年02月15日 | 総務部

磯野が書く新人ブログの最終回となりました!
改めまして、総務部 情報政策室の磯野です。

2月ももう半ばになってしまいました。
昨日はバレンタインデーでしたがみなさまいかがでしたでしょうか。
チョコ好きな私にとっては別の意味でウキウキするシーズンでして、
美味しそうなチョコを見つけては自分で買っています。。。。。

さてさて、1月は和歌山県の白浜に行ってきました。
白浜駅前でパンダに迎えられ後は、

砂浜を歩いたりしてから、

飲んで、食べて、飲んで、食べての繰り返しでした。
もちろん太りましたよ!

 

太って帰ってきましたが英気を養うことができたため、このパワーを仕事へ活かしていきたいと思います!



さて、今回は1.ネットワーク機器の入替について 2.最終回磯野のお気に入りをお伝えします。

1.ネットワーク機器の入替について

本庁や市内各施設を結んでいるネットワーク機器が老朽化しているため、
12月より順次入替を実施しています。
入替対象の施設が約50箇所もあるので作業日時等の調整に大変苦労しました。
スケジュールの再調整・再々調整をしながらも本日ようやくゴールが見えてきました!

さて、ネットワーク機器とはなにかといいますと、
一例として「メディアコンバータ」と呼ばれるものがあります。
光信号と電気信号を変換する機器で、下記のような形をしています。


他には「スイッチ」と呼ばれるもので、通信を分岐させる機器があります。

 

「スイッチ」のケーブルを差す穴は個々に細かな設定がされており、
差す穴を間違えると通信が出来なくなるため作業には慎重さが求められます。
また、ケーブルを抜く際におきる通信遮断を短くするためには迅速さが求められます。
したがって、入替作業は慎重かつ迅速な作業のためとても気を遣っています。

今回交換したネットワーク機器をつかった行政事務では、ネットワーク通信が出来ることは「当たり前」のこととなっています。
その「当たり前」を維持しながらより良い行政事務の提供ができるように仕事へ邁進していきます。

 

2.最終回磯野のお気に入り
今回はこの風景です!市役所本庁 牧落交番裏の貯水池近くにある寒桜です! 

本庁敷地内に寒桜があると教えていただいたので、
さっそく見に行ったところ綺麗に咲いていました!

 
シーズンより少し早く咲くこの桜は、早くも春の訪れを感じさせてくれます。
市内には桜スポットが多くあるので花見のシーズンが今からとても楽しみです。

冒頭でもお伝えしたとおり今回で磯野のブログは最後となります。
1年間お付き合いいただきありがとうございました!


箕面市では、3月26日まで「滝道週末ウォーキングを始めよう!」の統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

子どもたちの交流を通して

2016年02月12日 | 子ども未来創造局

こんにちは。子ども未来創造局 教育政策室の巣組です。

この前新年を迎えたと思ったら、あっという間に節分、もうすぐバレンタインです。
昔から言われている「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」とはうまい表現ですね。
大人になった今と比べて、子どもの頃の一年はとてもゆっくり過ぎました。
同じ一年なのに、なぜ???
「これまでの人生で初めて!」という発見が多いほど、時はゆっくり過ぎていくそうです。確かに些細なことでも子どもにとっては毎日が「初めて」だらけ。たくさんの発見に驚いたり笑ったり、時々泣いたりしながら、たくましく、ゆっくり大人になってもらいたいと思います。



由利本荘市と「教育連携に関する協定」を締結

少し前の話になりますが、昨年11月に行った、秋田県由利本荘市と箕面市のつながりを深める取り組みについてご紹介します。
両市は、教員の交流などを通じ、これまでも教育連携を行ってきましたが、この度改めて協定を締結しました!

この協定は、両市の交流を通して、子どもたちの「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」の育成を図り、変化の激しいこれからの社会を粘り強く生きる力をより一層育むことを目指し、締結するものです。
由利本荘市 佐々田教育長に箕面市までお越しいただき、平成27年11月19日、両市長、両教育長による協定締結を行いました。


中:佐々田教育長(由利本荘市) 右:倉田市長(箕面市)  左:具田教育長(箕面市)

秋田県は、全国学力テストで8年連続、堂々の第一位を誇っています。
しかし、この輝かしい成績は初めからではなく、昭和30年代には全国40番台でした。「これではいけない」と危機感を持った秋田県の教育関係者が改善を重ね、試行錯誤の結果、学力向上を成し遂げられたということです。

秋田県の南西部に位置する由利本荘市は、教育現場において効果的な取り組みを実践しておられます。由利本荘市と箕面市は、教員同士の交流などによる学び合いが相乗効果となり、それぞれの教育において活用しています。

今後もさらに連携を深め、この協定が両市の子どもたちにとって実りあるものになるよう努めていくことを、約束しました。


由利本荘市・箕面市中学生交流事業

平成27年11月20日・21日、由利本荘市の中学生10名が箕面市に来てくれました。

由利本荘市の中学生は、
・「英語実践班」5名
・「アカデミー賞担当班」5名
に分かれ、2日間にわたって箕面市の中学生と交流しました。

◆箕面市立第五中学校での交流
まず、箕面市立第五中学校を訪問し、学校図書館を見学しました。


図書館にはいつも楽しい本がいっぱい!


「この本読みたい!」「こんな雑誌もあるよ」と目を輝かせていました。

お昼休みには、由利本荘市と第五中学校の生徒たちが一緒に給食を食べました。
実は、由利本荘市の生徒たちは、教室に行くまではちょっと緊張気味…でも一歩教室に入ると、歓迎ムードでいっぱい!食べ終わる頃には「みんながすごく話しかけてくれた」「いっぱい話ができた」と、リラックスした表情になっていました。
給食の後も、第五中学校の生徒たちにほかの教室の案内をしてもらったり、一緒に写真撮影をしたりと、大忙しの昼休みになりました。

この後、英語の授業を一緒に受けました。箕面市立中学校では今年度から、これまでの週4回の英語の授業に加え、「英語コミュニケーション科」の授業を週1回実施しています。
「英語コミュニケーション科」は、リスニング・スピーキングの力を高め、コミュニケーションを重視した授業です。 


二人一組になり、英語で会話します。


授業では電子黒板も活用しています。

由利本荘市の生徒は、「みんなが元気で積極的だったから、びっくりした。楽しかったです。」と感想を教えてくれました。

そして、体育館に集まり、箕面市の生徒たちと由利本荘市の英語班の5人が、英語でスピーチをしました。みんな落ち着いて、堂々とした態度で臨んでいました。


単に「英語を読む」のではなく、「目の前の人に自分の考えを伝える」という姿勢が伝わってきて、素晴らしいスピーチだったと思います。

最後は、お楽しみの「たこパ」!


大阪の味と言えば、たこ焼き!
たこ焼きパーティーで、作って食べながらの交流です。


「もうそろそろ焼けてるで」「こうやってひっくり返すねん」
教えてもらいながらみんなで焼いたアツアツのたこ焼きは、とってもおいしい!!
「秋田のきりたんぽもおいしいよ」「食べてみたい」と、おしゃべりにも花が咲きました。

◆「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」授賞式に参加
翌日、「アカデミー賞担当班」は、メイプルホールで「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」授賞式に参加しました。(「英語実践班」は、午前中に万博記念公園を訪れ、箕面市のALT(外国語指導助手)と一緒に国立民族博物館を見学した後、授賞式に参加しました。)
「箕面・世界の本アカデミー賞」とは、 「子どもたちから支持されている本を、子どもたち自身が選ぶ」という全国でも珍しい取り組みで、今年度は第6回を迎えました。
(「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」のページはこちらへ)
授賞式の司会・進行も子どもたち自身が行います。

子どもたちの投票の結果、受賞された作家のかたがたをお招きし、授賞式では第二中学校創作美術部が制作したオスカー像と子どもたちのお手紙をお渡ししました。由利本荘市の「アカデミー賞担当班」は、この授賞式で、由利本荘市の読書活動についてプレゼンテーションを行いました。

「親子読書活動の推進」 では読み聞かせボランティアについて、「朝読書の実施や授業との関連」では古文を引用した手紙を作成するために図書館の本を活用する様子などが紹介されました。
由利本荘市の子どもたちが、普段から本に親しんでいることがよくわかる発表でした。

授賞式の後、ロビーで行われた作家さんたちのサイン会は、多くの子どもたちで賑わいました。

2日間の交流を終え、由利本荘市の子どもたちは、笑顔で箕面市を後にしました。
由利本荘市・箕面市の子どもたちは、ふれ合いや発表を通じて多くのことを学び、刺激を受けた、貴重な経験になったと思います。

 

~最後に~

私が行政職として教育委員会で勤務した一年目が、もうすぐ終わろうとしています。以前とは少し違った視点で「子ども」や「子どもを取り巻く環境」について思いを巡らせた一年でした。
子どもの頃の経験や思い出って、驚くほど鮮明に記憶に残っていませんか?
児童文学作家、石井桃子さんの「大人になってからのあなたを支えるのは、子ども時代のあなた」という言葉があります。子ども時代に、その後の人生を幸せに生きていくための力を育むことの大切さをひしひしと感じています。
教育は、目に見えてすぐに結果が出るものではありませんが、時を経ても着実に力となる環境づくりに少しでも貢献できるよう、私自身、一日一日を大切に仕事に向き合いたいと思っています。

今日で私のブログは最後になります。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
まだ寒い日もありますので、皆さまご自愛ください。

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加

1年間をふりかえって

2016年02月08日 | 市民部

 皆さまこんにちは。

  国民健康保険室の廣川です。

 少しずつ陽が長くなり、春の兆しが感じられるようになりましたね。

 箕面は空気がきれいなので、朝の通勤の時など、朝の光がとても心地よいです。

 

 さて、いよいよ第4回目のブログとなりました。

 私は今まで新人研修についてあまり触れることができていなかったので、今回はこの1年間のまとめとして、4月からの新人研修を振り返っていきたいと思います。

【4月】…オリエンテーション、さわやか接遇研修、わたしたちのまちみのお、メンタルヘルス研修、パソコン研修、クリーンセンター研修、福祉体験研修(1)

 4月の前半は、市役所職員として働くために必要な資質を身につけるための基礎的な研修を受講しました。

 社会人経験はあるものの、行政職員としての経験のない私にとって、非常に有意義なものになりました。また、グループワーク等を通じて、まだ顔を合わせてまもない同期とも少しずつ打ち解けることができました。

 4月の後半には、新規採用職員研修の目玉の一つであるクリーンセンター研修、福祉体験研修がありました。

~環境クリーンセンター研修~

 環境クリーンセンタは、こんなに奥まったところにあります。

 ネコがいっぱい!

 普段、実際にゴミ収集されている職員のかたと一緒にゴミ収集車に乗って、みなさんのご自宅のごみを回収したり、分別したりしました。

 職員の皆さんは箕面のまちや人のことを知りつくしていて、私も見習わないといけないと思いました。

~福祉体験研修~

 人によって研修先は異なるのですが、私はこちらのお菓子屋さんにお世話になりました。

 ほかの皆さんの研修先での体験も、ブログにアップしてありますので見てみてくださいね☆

 商品のお菓子づくりをお手伝いしたり…

 箕面の名物、もみじの天ぷらのしたごしらえなども、させてもらいました!

 食用のもみじって、塩漬けにしてもこんなに大きいんですね(・o・)

 接客にも挑戦。

 たまたま当番で市役所に販売に来たときには、職場の皆さんがお菓子をたくさん買ってくださり、嬉しかったです♪

 【5月~9月】…自転車研修

 照りつけるような日差しのなか、自転車研修がスタート。

 全国に先がけて、箕面市にも自転車専用道路をつくるべく、私たち新人職員が現地の調査等を担当しました。

 完全防備で日焼け対策していても、いつしかそんなの忘れて楽しくなります。

 自転車で走るのって、やっぱり気持ちがいいですね!

 班のメンバーとフィールド調査をしている様子です。

 おなじ同期でも、機械に強い人や道路に詳しい人が全体をリードしてくださった結果、自転車専用道路を導入する上でのひとつの指針が決まりました。

【6月】…庶務研修、競艇研修

~競艇研修~

 箕面市の大きな財源のひとつである競艇事業。

 普段あまり競艇場に足を運ぶことがない私にとっては、競艇について知るよい機会になりました。

 実際のボートレースの様子です。

 「絶対いける!」と思ったらゴール寸前で順位が変わってしまったり、惜しいところまでいくと何度も挑戦したくなってしまう人の気持ちが、よく分かりました。

【8月】…救命講習、防災基礎研修

 有事の際、市民のかたがたをはじめ、身の回りの大切なひとを助けられるよう、箕面市消防本部で救命講習を受講しました。

 消防職員のかたの指導のもと、ダミー人形を用いて人工呼吸・心臓マッサージ、AEDの使用練習をしました。

 

 市役所内をはじめ、箕面市では市内のいたる所にAEDを設置しています。

 皆さんも普段から、いちばん近いAEDがどこに置いてあるか、確認しておいてくださいね!

【9月】…福祉体験研修(2)

 障害を持っているかたの就労支援を行っている施設に行ってきました。

 パソコンのタイピングや面接練習など、一人ひとりの状況に見合った本格的なトレーニングがなされていました。

 研修生の皆さんの「働きたい」という熱意に、就職活動をしていた時の熱い気持ちを思い出し、初心を忘れないでいようと改めて思いました。

【10月】…人権研修

 各職員が、年に数回、各々の気になるテーマの研修を受講します。市民の方も参加できるものが多く、私たち新人職員はもちろん、ベテラン職員のかたがたまで、毎年受講しています。

 身近に潜む人権問題について考える、よい機会となります。

【11月】…みのおPR研修

  紅葉の季節、阪急箕面駅周辺は滝の道や勝尾寺へ行く人々で、普段の様子からは想像できないほどの大混雑になります。

 そんな箕面駅の改札前で、観光案内を配布するのがこの研修です。(平成27年11月23日更新の道路管理室:中林さんの記事に、その様子が載っています!)

 グルメ情報や周辺地図など充実した内容の観光案内で、受け取った方々の笑顔を見るのが楽しかったです。

【1月】…人権研修、成人祭

 

 もう既に、皆さんのブログでたくさん紹介されている成人祭。

 私は、抽選会やクイズの景品に使う商品をあつめる協賛班のメンバーとして、この研修に携わりました。

 営業経験のある人や、社会人としてのキャリアの長いメンバーが引っ張ってくれたおかげで、豪華賞品のオンパレードが実現しました

 新成人の皆さまにも、喜んでいただけたようで何よりです(*^^*)

 【新人研修をふりかえって…】

 この1年間、たくさんの皆さんの協力のもと、貴重な経験をたくさんさせていただきました。

 まだまだ箕面市の職員として十分な資質は備わっていないかもしれませんが、こうして振り返ってみてみると、1年前の自分よりは大きく成長したように思います。

 箕面の人と自然に育てていただいた分、今度は私が箕面市の皆さまの暮らしをしっかり支えていけるよう、これからも頑張りたいと思います!

【箕面で見つけたカワイイ物】~場所・期間限定バージョン~

(レア度☆☆☆)

 今回は、場所や期間が限定されているポスターや張り紙を紹介したいと思います。

どこに貼ってあるか分かったあなたは、相当箕面のことを知っているかも??

↑システム改修工事のために、全庁業務休止した際の張り紙です。

私たちになり代わって、ゆずるがごめんなさいの気持ちを全身で表わしています。

↑ 市役所のいたるところに設置してあるリサイクルボックスに貼ってある紙です。

こんなに可愛く怒られちゃうと、ルールを守りたくなりますね♡

↑ 箕面の商店街で見つけたポスターです。ちょうど昨日で期間が終わるので、もう今年はみられないかもしれませんが、100円商店街、皆さんもぜひ足を運んでみてください♪

 

 今回のブログはここまでです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

まだまだ寒い日が続きますが、お花見の季節に体調を壊さないよう、皆様どうぞお元気で!

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加

まとめの冬と春の紹介

2016年02月08日 | 健康福祉部

こんにちは。

生活援護室の野澤です。

寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回で4回目のブログになります。

毎回「春→夏→秋」と季節をタイトルにしてきました。

今回は「まとめの冬」

市役所生活は今後も続きますが、もうすぐ新人は卒業になります。

胸を張って卒業って思えるように、残りの期間をがんばります!

冬の次は「春」…

「春」と言えば…

「春のこどもフェスティバルin箕面」!!

みなさま2月号もみじだよりの裏表紙はご覧いただけましたでしょうか?

 右上に大注目です!!

どういったイベントか少しご紹介します。

「謎解き滝道ウォークラリー 滝ノ道ゆずるからの挑戦状」

滝ノ道ゆずるから挑戦状を受け取り、謎に挑戦しながらウォーキングを楽しみます。 

ゴールの芦原公園では豪華賞品が当たる抽選会に参加できます!

また、芦原公園ではミニトレインなどの楽しいアトラクションや、おいしい屋台が…

と、ここまでが前回までの「春のこどもフェスティバルin箕面」

なんと今年は、昨年度参加者数3,500人!「こども会フェスタ」が同時開催されます!!!!

芦原公園でビンゴ大会やおもちつきといったアトラクションやイベントが盛りだくさん。

イベントの詳細は3月号のもみじだよりでご確認ください。

 

なぜ、私が紹介したかというと、前年度の「春のこどもフェスティバルin箕面」の担当者の1人として関わらせていただいたからです。

当日は子ども達の笑顔っていいなとすごく感じた1日でした。

皆様も是非、ご参加いただき、子ども達の笑顔と歩くことの楽しさを感じて欲しいと思います。

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です

 


この記事をはてなブックマークに追加

私的ニュース[冬]の巻

2016年02月01日 | みどりまちづくり部

皆さん、こんにちは。

道路管理室の飯塚です。

私にも早いもので4回目のブログがまわってきました。
みかんでも片手に、適当におつきあいください。

この冬は暖冬と言われてきましたが、ここのところ、冬らしくしっかり寒い日も出てきましたね。
実は私飯塚は冬が大の苦手です。
こう見えて末端冷え性なもので、手と足の先が、凍るように冷たくなってしまうのです。

が、いかんせん、身体が常人よりもボリューミーなので、とてもそうは見てもらえないのがなんとも。

せめてもの対策として、最近世に出回り始めた「履く毛布」なるものをもれなく装備して凌いでいる毎日です。

世の冷え性ピープルの皆様、春の訪れまでもう少し、頑張りましょうね。


さて、今回は、前回のブログを書かせていただいた昨年11月から新年1月までの私的ニュースを、オン・オフ問わず独断と偏見でいくつかピックアップしてお伝えしようと思います。

 

~11月~

道路占用工事等連絡協議会(秋期)

はい、いきなり耳慣れない会合の名前が出てきました。

これは、道路工事に関わる各事業者が一堂に会し、年間の工事予定を報告し合う、という場になりまして、春期と秋期の年二回、我が道路管理室の主催で行われています。

道路工事というのは、少なからず周辺の方々の生活や交通事情に影響を及ぼすものになります。皆さんも「なんやここ、通られへんの?」「片側通行、全然進まんやん!」などと思われたことがあるのではないでしょうか。

そんな工事が、年に何回も、同じ場所で、かつバラバラの時期に行われたとしたら・・・

周辺の方々にしてみれば、いくら公共事業とはいえ、文句の一つも言いたくなってしまいますよね。

そこで、少しでもそういった工事による弊害を軽減するために、箇所の重複する工事は、できるだけ調整して予め時期を合わせておきましょう、というのがこの会の趣旨になります。

ちなみにこの会には、道路課や上下水道局といった箕面市の関係部署の他、大阪ガス、関西電力、NTTといった民間の事業者からも代表者の方々にご出席いただいております。

 

↑ 開始前の会議室です。人が写っていないと臨場感がないですが、そこはご勘弁を。

 

~12月~

ラーメンEXPO

初回のブログ以降、この場においてはすっかり鳴りを潜めておりましたが、私飯塚のラーメンハンティングは健在です。

それはもう、必要以上に、無駄に健在です。

そんなわけで年の瀬にお隣の吹田市、万博記念公園で開催された「ラーメンEXPO」なるイベントにも、当然のごとく足を運んできました。

イベント名でお察しいただけるかと思いますが、全国から名だたるラーメン店が集い、思い思いに食べ歩きが楽しめるという、ラーメンフリークにはたまらないひとときでした。

時間とお腹の都合上、不本意ながら一杯だけでリングアウトしてしまいましたが、東京からはるばる出店に来られた名店の貴重な一杯を食すことができたので満足です!

↑ ハマグリの出汁たっぷりの醤油ラーメン。美味でした!

 

~1月~

成人祭!

…はもちろん、言わずもがな、我々新人職員にとって、月どころか年間を通じても屈指の一大イベントだったんですが、成人祭については最近のブログで同期の面々がつぶさに報告してくれているので、私からは敢えてその「裏番組」をご紹介したいと思います。

彩都トンネル開通

1月12日、国文都市4号線(市道彩都中央線)の彩都~粟生間谷地区を結ぶ彩都トンネルが開通しました。当該区間を行き来する方々にとっては大幅にアクセスが改善されることになり、これは紛れもなくビッグニュースと言えるでしょう。

実は去る1月11日、私が成人祭の本番でわちゃわちゃしてた頃、翌日のトンネル開通を前に、地元自治会のご希望で地域を限定した事前内覧会が催されていたのでした。

残念ながら私は参加できなかったのですが、出席された先輩職員の方に写真をお借りできたので、少しだけご紹介してみます。

写真でもおわかりいただける通り、このトンネル内には片側歩道があり、歩行者も通行可能です。

お近くの方も、そうでない方もふとした時に訪れてみてはいいかがでしょうか。

 

以上、ざっとではありますが、ここ約3ヶ月をダイジェストで振り返ってみました。

この新人ブログも、私飯塚にとっては次回がいよいよ最終回になります。

毎回とりとめもない内容で恐縮ですが、あと一回だけ、お付き合いいただければ幸いです。

ではまた、次回に!

 

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加