箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

~北大阪急行線延伸事業、設計編その2~

2016年01月29日 | 地域創造部

 1.よさこい演舞

4回目の登場となります地域創造部鉄道延伸室の示です。先日の24日(日曜日)は40年で一度というレベルの大寒波が襲来したため、大雪が降るのではないかと心配しましたが、私の子供達は雪が積もらないかな~と待ち望んでいました。結果、氷点下になるものの晴天となり雪は降らなかったので残念がっていました。さて、その一番寒い日の午後、箕面キューズモールに買い物に行った時、大阪大学お祭りダンスサークル祭楽人主催の『よさこい演舞』が開催されており、見学させて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

 

 

   

~~よさこい祭りの歴史~~

よさこい祭りは、1954年徳島阿波踊りに対抗する形で、高知県で開催された祭りであり、四国三大祭りの一つである。当初、日本舞踊の振り付けを踏襲した盆踊りスタイルであったが、現在は楽曲の自由なアレンジを許したため、サンバロックヒップホップフラダンスなどの趣向を凝らした楽曲と振り付けが生まれる。また、『よさこい』は、夜さり来い(夜にいらっしゃい)という言葉が由来とのことです。

              ダイナミックなパフォーマンス!!

 

 

・盆踊りみたいなものかと思いきや、軽快なリズムと統一されたダンスは圧巻な迫力があり、観ていて十分に楽しむことができました。

 

         

 

・演舞では、一緒に参加するパートもありましたので、息子も演舞に飛び入り参加させて頂きました!最後は、一緒に記念撮影までして頂き、楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました!

 

 

 さて、以下に私が現在取り組んでいる業務について報告いたします。

 

2.北大阪急行線延伸事業 ~ 設計編その2 ~

 

 平成27年12月に大阪府ならびに箕面市で、延伸事業に関連する都市計画(都市インフラの配置を法的に位置付ける)の決定を行い、告示されました。また、北大阪急行電鉄(株)が、第一種鉄道事業の許可、軌道事業の特許を取得いたしました。現在は、今年の秋頃に予定している工事実施に必要となる軌道法及び鉄道事業法に基づく工事施行認可、都市計画法に基づく事業認可の取得を目指し、工事施行認可申請に必要な鉄道構造物の設計計算書や設計図の作成などの設計作業を進めております。

なお、当該区間の設計では、「北大阪急行線延伸技術検討会」という検討会を設置しております。この、検討会の設置は、学識経験者および技術力を有する機関より、地盤の特性等から構造形式に至るまで技術的課題に対して、意見や指導を頂き、安全性・経済性を考慮した構造・施工方法等の検討することを目的としています。

検討会では、構造形式、施工方法、設計等、多岐にわたる指導を頂いています。特に耐震設計では、通常の耐震設計(阪神淡路大震災、東日本大震災の地震働評価)だけでなく、延伸区間の実際の地盤を考慮した地震動(予測される揺れの強さ)を使用して、より安全性を高めた設計を実施するため、地震計を設置し、24時間体制で自動計測しております。

       

■地震計測装置

 

■地震計設置完了

 

■地盤振動計測のモニタリング画面

 ・設置後、さっそく自動車通行時の地表面の波を計測していました。

  

最後まで、お読み頂きありがとうございました。(以上)

 

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加

「新人」卒業まであとわずか

2016年01月25日 | 総務部

ご無沙汰しております。債権管理機構の浦川です。
寒くなって参りましたが皆様いかがお過ごしですか?

私は風邪をひくこともなく元気に過ごしています。
心身ともに健やかでいるためには息抜きも大事ですね。


同期と定期的にラーメン昼会したり。


おいしい料理を食べたり。


食べてばかりですが、息抜きで気持ちをリセットできるので止められません。笑
よく「心を整える」とか「平常心」とか耳にしますが、嬉しいときも辛いときも、気持ちが高ぶったら一旦リセットすることが次のチャンスをつかむのには大事なのかなーと思う今日この頃です。
本年度も残すところ約二ヶ月半となり、このブログを書きながら新人生活を振り返っているところです。
担当する業務はもちろんですが、成人祭プロジェクトなど、失敗や成功を実感しながらどんどん出てくる新しい課題にぶつかって、がむしゃらに駆け抜けてきた日々だったように思います。

 

新人ブログ初回で「民間と役所のハイブリッド目指します」と息巻いていましたが、本当に難しく、まだまだ途上です。
同期には民間経験者が多いので、悩みを話すと多少似ていたりするんです。
よくあるのは、


「仕事が膨大過ぎて何から手をつけたらいいのか悩む」
「何事も決定するまでに時間がかかり、戸惑う」


といったところ。

最初は「民間の経験を活かしたい!」との思いで仕事に臨んでいましたが、なかなかうまく行かず空回りしてばかりでした。
結果を出すどころか、目指したいゴールすら見失うこともあり、それが情けなく、悔しく思ったこともありました。
でも今は、膨大な仕事も、物事の決定までのプロセスも、市役所の役割を理解することで少しずつ自然に受け入れられるようになってきました。
市役所は市民のみなさんの生活をあらゆる場面で支え、充実させるためにあるものとわたしは思います。そしてそれは公正かつ公平でなければなりません。
だからこそ多岐に渡る膨大な仕事において、その決断によって何が起こりうるかよく考え、最善の策を講じなければならないんだなぁと考えるようになりました。

 

そのコンパスになるのが法律


これはわたしの携わる業務の必需品、地方税法や国税徴収法です。


悩んだ時にはまずこれを読むようにと、先輩方からよく言われてきました。なかなか日中は読む時間がないので、大抵は仕事帰りに買ったドーナツをかじりながら家で読んでいます。笑

 

民間企業は利害関係のある一定の人々に対し、特定の事業において営業活動を行うため、市役所の仕事とはやっぱり違います。
でも違いに目を向ける前に、ひとつひとつの仕事について市役所と民間の二つの感覚で、よりよい箕面市のために何ができるのか、月並みですが考えていきたいと思います。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加

見落とさないで。

2016年01月22日 | みどりまちづくり部

 

 

 

公園緑地室の庄子(しょうじ)です。

 

こちらはかわいいポニーさんです。

さて、どこで撮ってきたでしょうか?

 

 

 

正解は、箕面市森町です。

現在、森町では期間限定で、お馬さんたちと触れあえるコーナーが設置されています。
1月23日、1月24日には乗馬体験イベントもあるようです。
この機会に一度、森町を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

さて、今回は箕面市の公園をご紹介したいと思います。

箕面市内には昨年オープンした「彩都なないろ公園」のような大きな公園もありますが、

規模は大きくないけれどもとても素敵な公園、というのもたくさんあります。

今回は公園マイスター庄子が、そんな「知る人ぞ知る」選りすぐりの5公園を紹介いたします。

 

 


桜井公園(桜井)

阪急桜井駅の近くにある桜井公園は、「いつでもホウキの跡が残っている」公園です。
いつでもホウキの跡が残っている、とはつまり、毎日のように清掃が行われている、という意味です。
子どもたちはいつも清掃の行き届いた公園で楽しそうに遊んでいます。
清掃を行っていただいている、公園自主管理活動団体のみなさんには頭が下がります。

 

 


山手公園(如意谷)

如意谷住宅に近接する山手公園も同じく、とても手の行き届いた公園です。
利用者に危険を及ぼす可能性がある異常などがあれば、公園自主管理活動団体のかたからすぐに連絡をいただける体制になっているばかりか、
公園自主管理活動団体のかたがたが率先して自衛されています。
山手公園はとても安心して遊ぶことができる公園です。

 

 


古井戸公園(西宿)

みのおキューズモールの近くにある古井戸公園は、他の公園とは少しテイストが違います。
庭石などの修景施設を多く配置している、見て楽しむタイプの公園です。
さらにここでは、「みのお園芸ファーム」さんという市民団体のみなさんが、写真のような素晴らしい植栽を行っています。
植栽の美しさでは古井戸公園の右に出る公園は無いでしょう。

 

 


南の杜公園(小野原東)

箕面市の南端、吹田市との市境にある南の杜公園は、その静寂さに心安らぐ公園です。
公園自主管理活動団体のみなさんの手により整えられた西洋風の植栽や、箕面市が一望できる展望台などがあります。
もちろん小さなお子さんも楽しめる遊具もあります。
自分が歳をとって散歩に来るなら、間違いなく南の杜公園を選びます。

 

 


間谷堂ノ前公園(彩都粟生南)

最後にご紹介する間谷堂ノ前公園は、決して広くない敷地が最大限に活用された、小規模公園の模範といえる公園です。
幼児向けの遊具や健康遊具が随所に配置されており、中央には広場もあります。公園を囲うフェンスは無く、バランス良く植栽された樹木は見た目にも美しいです。
そして、特筆すべきは公園の維持管理です。完全なるボランティアで、日々ゴミ拾いや草引きを行っておられるお年を召した1人の男性がいます。
広くない公園とはいえ、しゃがみこんで手作業で草引きをするのはとても大変な作業です。草が茂る春先から夏にかけては、毎日のように作業され、市にゴミ収集の連絡をいただきます。
こういうかたがいて、美しい間谷堂ノ前公園は保たれているのだと思います。

 

 


さて、先ほどから何度か出てきている「公園自主管理活動団体」とはなんでしょうか。

10個も漢字を並べると、小難しく聞こえるかもしれませんが、そんなことはありません。

 


【公園自主管理活動団体】

公園の清掃や草引きをしていただく、市民さんの集まり(支援金がでます)

・箕面市民のかた、6名以上で申請
・管理したい公園と範囲を庄子と一緒に決める
・管理内容は「清掃」「除草」「樹木剪定」「花壇管理」「トイレ清掃」から自由に選択
・最低管理内容は「清掃」月2回
・毎月の活動内容を市に報告(紙1枚だけ ※メールでもいいです。)
・「面積」と「管理内容」に応じて支援金を交付
・ゴミ袋は市が無料配布

 


自治会などで申し込まれるかたも多いですが、
個人でグループを作っての申請も大大大歓迎です。

 

興味を持っていただいたかたは、庄子宛にお電話ください。
公園マイスターといえども、役所にいると見落としてしまう公園の課題も多いです。
地元で良く公園を利用されるみなさんのお力が必要です。
一緒に美しい公園をつくりましょう!!

 

見落としてしまう、といえば。

 

みなさんも見落としていませんか?

 

何をって?

 

 


公園でかくれんぼしていた「滝ノ道ゆずる」を、です。

 

先ほどご紹介した5つの公園の写真の全てに、滝ノ道ゆずるが隠れています。

 

難易度はかなり高めですが、是非探してみてください。(黄色い点を探すイメージです。)

 

 

それでは、公園で楽しそうに遊ぶ、滝ノ道ゆずるを見ながらお別れしましょう。

 

やっぱり公園っていいですね。

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加

市の3大式典体験研修って?

2016年01月18日 | 総務部

お久しぶりです。
人事室研修担当の坂中です。
3回目の更新です!

 

2016年になって18日が経ちましたね。
この18日の間に大きな職員研修を2つも実施しました!
その名も「市の3大式典体験研修」です!
この研修は、市の3大式典(消防出初式、成人祭、戦没者追悼式)を体験する研修で、
市職員として、市が挙行する式典に実際に参加することで、各式典の目的や内容を認識するとともに、市政全般に視野を広げることをねらいとして実施しています。
例年、採用1年目の職員は成人祭に、2年目の職員は消防出初式に、3年目の職員は11月に実施する戦没者追悼式に参加することになっています。


今回は1月にあった消防出初式と成人祭の体験研修に触れたいと思います!

 

☆消防出初式

まず1月3日に消防出初式がありました。
箕面市の出初式は日本一早いということをご存知ですか?
日本一早い出初式に参加する研修ということは、日本一早い職員研修になりますね!

 

研修では、2年目の職員が子ども向け体験コーナーで主に受付を担当します。
下の画像は、子ども向け体験コーナーの中の「ミニ消防車・救急車運転コーナー」の様子です。

 

はっぴを着ているのが職員です。体験コーナーの受付だけでなく、子どもたちが怪我をしないように補助をするのも大事な役割です。
その他にも「煙体験コーナー」、「消防士体験コーナー」、「消火体験コーナー」、「消防車両展示コーナー」があります。
5つある体験コーナーのうち3つ以上体験したら、なんと景品がもらえます!

 

 

景品は消防車や滝ノ道ゆずる(以下「ゆずる」といいます)などが描かれているシールです!
シールのほか、今年の景品には消防ヘリ型LEDライトもありました。
豪華ですね!

子どもたちにも大人気で、さらに今年は出初式への参加者が多かったので、この消防ヘリ型LEDライトは、あっという間になくなってしまいました。
研修に参加した職員も、多くの出初式の参加者に圧倒されていました。 

そして救出・救助、一斉放水訓練では、建物の屋上に取り残されたゆずるの救出劇が繰り広げられました。

 

屋上にいるゆずるを・・・

消防ヘリが助けに来て・・・(写真には写っていませんが、このヘリコプターから消防隊員が下りてきて、ゆずるを屋上から救出しました!)

最後はゆずるが担架で運ばれていきました。

ゆずる、無事助かりましたね!
救出・救助、一斉放水訓練の詳しい様子は、撮れたて箕面ブログにも書いてありますので、ぜひご覧になってみてください。

私は生まれて初めて出初式に参加しましたが、消防隊員による行進や救出・救助、一斉放水訓練はとても迫力があり引き込まれました。
皆さんも来年ぜひ参加してみてください!

 

☆成人祭
そして、2つ目の式典、「成人祭」が1月11日に開催されました。。
この成人祭については、式典に参加するだけでなく、1年目の職員が第2部の企画・運営を行います。
成人祭については、私の同期が新人ブログでたくさん書いているので、裏舞台について軽く触れるだけにします!(本当に裏舞台です!)

 

本番4日前の様子です。
段ボールと袋に囲まれています・・・。この日に配布するチラシなどを鞄につめる作業をしました。
手前にたくさん袋がありますが、これは全て、成人祭で実施した抽選の景品です。
iPad、ミラーレスカメラ、Bluetoothスピーカー、海外旅行券など、私も欲しかったものが、たくさんありました!

 

 

今年成人祭で配布したパンフレットの山です。
そして、このパンフレットを持ったゆずるが下の写真になります!

 

かわいいですね!!お気に入りの1枚です!

 

今回は市の3大式典研修のうち消防出初式と成人祭について紹介しましたが、3年目の職員は、戦没者追悼式に運営補助のスタッフとして参加しています。
このように、市の式典に参加したり、企画・運営をするという研修は、他の自治体ではあまりない研修だと思います。

私も今回、採用1年目の職員として、成人祭の企画・運営に携わり、市職員として貴重な経験になりました!

 

それでは、今回はこのあたりで失礼します。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です


この記事をはてなブックマークに追加

箕面のお祭り!成人祭!

2016年01月15日 | 子ども未来創造局

あけましておめでとうございます。
学校生活支援課の内山です。

もう2016年になってしまったのだと思うと早いものですね。
他の新規採用職員のブログをみると同じことを書いていたので皆さん同じ気持ちなのでしょうね。

私は、去年の今頃はまだ大学生だったのですが、
ちょうどグアムから帰国して、次はハワイに行くぞと準備をしていた頃くらいでしょうか。
去年はひたすらリゾートにしか行っていませんが…またリゾート地へと旅立ちたくなってきました。
今年は、セブ島に行きたいです。

そんな話はさておき…

今月11日は、成人の日でした!
箕面市では毎年、新規採用職員が成人祭第2部の進行をしています。

前ブログ担当者の根本さんからの期待もあるので、しっかりと舞台裏を紹介したいと思います!

成人祭第2部の運営にあたって、新規採用職員のメンバーを、ステージ班・パンフ班・協賛班の3つの班に分けて準備を進めておりました。
私は、ステージ班だったので、今回はステージ中心に書かせていただきます。

まず、こちらをご覧下さい!

とてもかわいいゆずるファイルです!
これは、写真左の庄子座長の手作りです!
成人祭の当日にも台本入れとしてばっちり使われています。
座長のセンスが光っていますね。さすがです!

そしてこちらが、前日リハーサルの様子です。

ステージ班は、映像・立ち位置・舞台へ出るタイミング等念入りに確認していました。
この誰もいない席が満員になるのか、と思うと前日からドキドキでした。


そして、ついに当日です!

私は、受付をしながら新成人の方の様子を伺っていたのですが、
特に女性の振り袖姿はとても華やかで、綺麗でした。

 

もちろん男性の皆様のスーツ姿もかっこよかったですよ!
小学校・中学校の頃とはがらっと雰囲気が変わっている方もきっといて、
お互いにその成長に驚いていたりするんだろうな、と思っていました。

そして、箕面市の職員にも、新成人の方がいらっしゃいます!

宮崎花菜さんです。
ご本人の了承を得て、撮らせていただきました!
緑の振り袖が、とってもお似合いです。

そして、第一部舞台裏がこちら。

新成人代表の方へ贈呈する花束です。
式では、このお二人が市長、教育長に花束を手渡し、その花束を新成人代表が受け取りました。


そして、こちらが第2部の写真です。

第2部冒頭の動画の時は舞台袖で、ついに本番かとドキドキしながらステージを見守っていました。
3、2、1とスクリーンに映し出されて、スポットライトを浴びながら司会の登場、という瞬間が個人的にとても気に入っていてかっこよかったと思います。

上の写真はフラッシュモブの写真ですが、これには新成人の皆さんびっくりされたのではないでしょうか。
本番中「ええ!」と驚く声も聞こえてきました。


この司会の顔をのぞき込むゆずるくん、かわいいですよね。
ゆずるくんがはじめてステージに現れたのは、ゆずるダンスの時だったのですが、
その時の歓声はとても大きくて、改めてゆずるくんの人気ぶりに驚きました。
抽選会の間もキュートな仕草をたくさんみせてくれましたね。

 


こちらは式が終わった後の写真です。
新井さんが以前ブログで紹介してくれました、オレンジのTシャツをみんなで着て撮りました。
準備はとても長く、大変ではありましたが、終わった後はなんともいえない気持ちになりました。
新成人の皆さんに、驚きと、感動を与えられるような場になっていたら幸いです。

では、今回はこの辺で。
また次回お会いしましょう!

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

新年を迎えて

2016年01月08日 | 健康福祉部

明けましておめでとうございます。

障害福祉課の根本です。

 

時が流れるのは早いもので、私も入庁してまもなく1年が経とうとしています。

少しは成長したかな?と思ったのも束の間、また同じしっぱいしてるよ・・・と落ち込むこともまだまだ多く、これからも精進が必要だなと感じています。

 

私事ですが、昨年末に入籍しついに家庭を持つことになりました。人生の大きな転機ですね。

愛する妻のために今後も精一杯働こうと思います。

 

↑職場の先輩方にお祝いを頂いたときの写真です。

 

さて、

新年を迎えて皆様にも何か変化はありましたでしょうか。

平成28年から、行政機関でも大きな変化がありました。それは...マイナンバーです!

上戸彩さんがウサギと一緒にCMに出てましたね。あのウサギは「マイナちゃん」っていう名前があるらしいですね。

マイナンバー制度は「行政手続きでの添付書類の削減」や「負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止することによる公正・公平な社会の実現」などの効果が期待できる大切な制度です。

マイナンバー制度の開始に伴い、障害福祉課でも各種手続きにマイナンバーが必要になりました。 

障害福祉関係の申請にはマイナンバー確認書類とご本人確認書類が必要です!

障害福祉の手続きに関してご不明な点があるかたは、申請に来られる前に、障害福祉課または障害者支援室までお問合せください。

 

★成人祭について

昨日、箕面市成人祭が開かれ、多くの新成人のかたに参加していただきました。

前回の私のブログや、同期のブログでも紹介していましたが、箕面市成人祭は、案内はがきの作成から当日の運営まで、1年目の市職員が一丸となってお手伝いをしています。

6月から作業を始め、何度も話し合いを重ねながらこの日を迎えました。

私はパンフレット班として、案内はがきや当日のパンフレットの作成を担当していましたが、成人祭当日、新成人のかたが案内はがきを手に受付をしているところ、パンフレットのクイズを友達と相談しながら解いているところを見て、頑張ってよかったと心から感じました。

当日のステージでは超豪華賞品が当たる抽選会が開かれ、賞品が紹介されるたびに会場から歓声が起きたり、フラッシュモブのサプライズがあったりと参加者に喜んでもらえる企画がたくさん行われました。

同期が一丸となって何かに取り組むということはとても楽しいですね。

最後は一緒に頑張ってきた同期と記念撮影...のはずが、私だけ写真に写れず。私の代わりにゆずるが一緒に写真に写ってくれましたよ!

 

成人祭については、次のブログ担当者である内山さんが、成人祭の裏話を書いてくれるそうなので、そちらも楽しみにしてください。

それではまた4回目のブログでお会いしましょう。

 

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

新成人の皆様!成人祭でお待ちしております!

2016年01月08日 | みどりまちづくり部

 

お久しぶりです。今回3回目の更新になります。
建築室の新井です。
2016年が始まり早いもので、もう8日が経ちましたね。
皆様、今年もよろしくお願いいたします。

 


箕面市役所に入庁し、早9ヶ月が過ぎました。
1年目の私たちは、この9ヶ月間で様々な研修を受けてきました。
研修の一環として、成人祭の企画・運営があるのですが、
来週の月曜日に控えた成人祭に向けて、準備等ラストスパートをかけているところです。

 


同期の根本さんが紹介しているとおり、成人祭の企画・運営として、
ステージ班と協賛班、パンフ班の3つのグループに分かれて活動してきました。
私もパンフ班として、ハガキ・パンフの作成に携わってきました。
ハガキができあがるまでの課程とできあがったハガキに関しては、
同期の森本さんが詳細を書いていますので、そちらも是非ご覧ください。

 


一つのハガキを作成するまでに多くの案を提案し、試行錯誤してきました。
初めの案とは全く違うものができあがりましたが、
ハガキ作成中に生まれたものを一つ紹介したいと思います。

 


3つほど出ていたハガキの案のうち、
デザインの一部として、たきのみちゆずるを手書きで描く機会がありました。
私自身、絵を描くのは苦手ですが、一生懸命イラスト等を見ながら描きました。
結局そのハガキの案は採用されませんでしたが、
私が描いたたきのみちゆずるがTシャツのデザインに採用されました。
それがこちらです。

 


成人祭当日は、新規採用職員はこのTシャツを着ています。

 


受付等にいますので、何か分からないことがありましたら、気軽にお声かけください。

 

成人祭の詳細につきましては、こちらのホームページ

http://www.city.minoh.lg.jp/syogai/seijinsai/20160111/schedule.htmlにも記載しております。
豪華賞品につきましても、一部ですが公開していますので、気になった方は是非ご覧ください。


では、新成人の皆様をメイプルホールにてお待ちしております!

 


最後に、私のプライベートについて。

12月に同期とラーメンEXPOに行ってきました。
ラーメンが好きな私たちですが、2杯で限界がきてしまいました。

では、今回のブログはこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

介護保険『住宅改修』について

2016年01月04日 | 市民部

新年明けましておめでとうございます!!

 

 

遅くなりましたが新年のご挨拶をさせていただきます。

年末年始は皆さんどのようにお過ごしでしたでしょうか。

私は家族で実家の愛媛に帰り、みかんにお節にお餅におはぎ、お雑煮、こたつみかん、

あべかわ餅、あんこ餅、みかんと食べ続け、3kgほど贅沢な体になってしまいました。

 

 

新年の行事と言えば初詣や親戚の挨拶回りなどいくつかありますが、

中でも私は親戚や友人から届く年賀状を楽しみにしています。

しかし年々年賀状の数が減り、メールでの挨拶が増えていくのは、

なんとも寂しい気持ちになりますね。

私の努力不足ではありますが、妻の方が私より2倍ほど年賀状が多いというのも

・・・・悲しいものです。

世の旦那さんは皆そうなのでしょうか?それとも私だけでしょうか?

 

そんな実家での嬉しさと悲しさの日々でしたが、

両親も定年が近づき体のあちこちに痛みが出てきたようです。

そこで事故が起こる前に、家の中をバリアフリーにしようということで、

手始めに階段に手すりがつけられていました。

危ないと思うならそもそも2階に上がらなければ良いのに、

と思われるかたがいるかもしれませんが、

寝室や物干し場が2階にしかないので仕方がないとのことです。

「これから年もとっていくけどね、やっぱり自分のことは自分でしたいなて思うんよ」

と、まだまだ気持ちは元気のようです。

 

 

介護保険では、自宅で自立した生活を維持するために必要な改修(リフォーム)を行った場合に、

【住宅改修費】の支給を受けることができます。

中でも手すりの取り付けは住宅改修の代表格です。

手すりは自宅事故の中で高い割合を占める、転倒に効果を発揮します。

転倒は日常的に起こるものです。

しかし、骨折など、後の生活に大きな影響を与える怪我に繋がりやすく、危険なものです。

これを防ぐために手すりを取り付けるのですが、

皆さんは「転倒を防ぐために、家の中に手すりを取り付ける」と聞くと、どこを想像しますか?

改めて考えてみると、家の中には様々な危険が潜んでいることに気がつきます。

 

まずはお風呂です。

お風呂は水を使うので滑りやすく、不安定な体勢になることが多い場所です。

皆さんもお風呂の中でふらついたり、滑って転びそうになったことはありませんか。

仕事をしていてよくお聞きするのは、体を洗い終わって立ち上がろうとしたときや、

浴槽をまたごうと片足立ちになったときに転倒した、といったケースです。

それによって大腿骨や腰を骨折されることもあります。

また浴槽内はお湯が溜まっているので、様々な面で危険が潜んでいると言えます。

 

次に玄関です。

普段気にせず使っている玄関ですが、実際は段差が多く、つまづきやすい場所です。

持ち家のかたは庭に傾斜や石があり、そこでつまづくこともあります。

思い返すと私も、靴を脱いで家へ上がるときに、

危うく父のゴルフ道具に頭をぶつけそうになったことがありました。

 

他にも、トイレでは狭い空間の中で、立ったり座ったり、体をひねったり、

服を脱いだり、複数の動作を一度に行うことが多い場所です。

服を脱ぎながら腰を下ろしたり、中腰の状態でトイレットペーパーを使ったり、

このような複数の動作を行っているときにバランスを崩しやすく、転倒する危険があります。

 

このように自宅の中でも、普段思ってもいない場所で転倒する可能性があるのです。

住宅改修は介護認定を受けられたかたが利用できる制度です。

ケアマネージャーや理学療法士、行動療法士など、介護のプロとよく相談した上で、

事前申請・審査の後に、施行・支給されます。

最近体が思い通りに動かず、家の中でもヒヤッとする瞬間が増えた感じているかたは、

お怪我をする前にご相談いただければと思います。

自分の体の現状を正しく理解し、無理なく楽しく自立した生活を送っていただければと願っています。

 

居間でこんなことを考えていると父が

「できんことも増えたんじゃけど、それで変に諦めたり、無理してがんばるやのうて、

 ゆっくり受け入れていくのんが大事なんじゃあて、最近よう思うようになったわ」

と言っていました。

身長は遠い昔に追い越しましたが、父はいつまでたっても大きいなと感じました。

 

 

そんな私も一歳の息子をもつ未熟な父ですが、前回ブログでご紹介しました、

中央図書館のおはなし会に参加して参りました。

毎月一回子供達の前で絵本を読む機会をいただきまして、とても有難いことです。

これをきっかけに本に興味を持ってくれる子供達が増えたらなと願います。

おはなし会は中央図書館のふれあいコーナーで

毎週土曜日14:30から行っています。

皆様もしお時間ご都合がよろしければ、ご来館ください。

 

 

 

 

 

箕面市では、11月21日から3月26日まで、「滝道週末ウォーキング」統一キャンペーンを実施中です。 


この記事をはてなブックマークに追加