箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

301番でお待ちのかたー!

2012年06月29日 | 市民部

301番でお待ちのかた、お待たせしました!
市民部窓口課に配属されました森千紗と申します。
大学時代を箕面市で過ごし、ロシア語を専攻していました。自然が溢れるこの町で働けて嬉しく思います。よろしくお願いします。

初任者研修については他の職員に書いていただいたので、今回は私の所属する課をご紹介します!
豊川支所の中村さんも窓口課ですが、本庁と豊川支所ということで若干雰囲気が違うと思います。

いきなりですが、始めに日常生活で役に立つ窓口課に関連する問題を出題します!

問題は…


「箕面市内に住民票などの各種証明書を発行する場所はいくつあるでしょう?」
このブログの最後で答えを発表するので、お考えください!


さて窓口課の仕事内容ですが、大体想像のつく通り住民票の発行や転出入の手続き、戸籍の届出といった業務を行っています。他にも住基カードの発行や印鑑登録証の発行を行っており、普段生活している私達にとって一番身近な課だと思います。

 

これが窓口課のフロアです。写真は朝の様子を撮ったものですが、節電のため業務開始の8時45分まではこのように消灯しています。写真では明るいように見えますが、実際はもっと暗いです。

 

窓口課の朝は、この薄暗い中、パソコンを立ち上げたり全ロッカーの鍵を解錠したりといった準備から始まります。

 

そしてこれが私の机です、すっきりと片づいています。

 

と思ったら1時間程で机がこんなことに!!電話での問い合わせや資料の確認が重なるとこのような状態になります。

  

更に窓口の受付では滝ノ道ゆずるとモミジーヌグッズを販売しています!種類が豊富で目移りします…私もオレンジゆずるバスボールペンを購入しました。

 

オレンジゆずるバスボールペンはなんとバスの部分が取り外し可能で走らせることができます。ご自宅用やプレゼント用に是非ご購入ください。

  


さて、最後に問題の正解発表です。

答えは……7カ所でした!

箕面市内には、本庁である箕面市役所豊川・止々呂美両支所の他に、なんと…箕面市立中央図書館東図書館萱野南図書館西南図書館においても土曜日と日曜日も含めて図書館の開館日に住民票や課税証明書の発行を行っています!

詳細は、こちらをご覧ください! 

今回のブログはここまでになります、信頼される職員になれるよう、これから精進していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

それでは次回のブログまで! 

 

 

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます  8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

箕面市立介護老人保健施設での福祉研修

2012年06月25日 | 健康福祉部

はじめまして。

平成24年度新規採用職員 健康福祉部の木村と申します。

 

これから一年間、新規採用職員ブログを掲載してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

これまでの同期のブログでも紹介されている通り、4月の1カ月間は福祉施設と環境クリーンセンターに体験研修に行かせていただきました。

今回は私が研修に行かせていただいた箕面市立介護老人保健施設についてご紹介したいと思います。

 

皆様は、通称「ライプラ」、箕面市総合保健福祉センター(みのおライフプラザ)をご存知でしょうか?

 

私が配属された健康福祉部は、この1階にあります。

みのおライフプラザでは、箕面市にお住まいのかたがたの福祉に関する様々な業務を行っています。

このみのおライフプラザに併設されているのが、これからご紹介する箕面市立介護老人保健施設です。

 

ここでは、入所・ショートステイと通所(デイケア)のサービスを受けることができ、私は通所(デイケア)で実習させて頂きました。

 

では、具体的にデイケアの一日の流れをご紹介します。

朝9時過ぎから、送迎バスに乗って利用者のかたが続々と来られます。

 

私も送迎にご一緒させてもらいましたが、車いすや杖を利用されているかたもいらっしゃるので、運転や乗り降りには細心の注意が必要です。

 

施設に到着した利用者のかたは、健康チェックを行った後、リハビリを行います。

 

利用者のかた一人ひとりに合わせたリハビリプランが計画されており、その日の体調や血圧によってリハビリプランが変更される場合もあります。

 

リハビリ後は、入浴や趣味の活動を行います。

趣味の活動ではリハビリの一環として、計算ドリルをしたり、新聞を読んだり、また、複雑な刺し子や刺繍をとてもきれいに作られていたりと、皆さん様々な活動をされています。

この時間に、利用者のかたとたくさんお話をさせていただいたのですが、とても楽しかったです。

 

12時になると、食堂に集まり、みんなで昼食をいただきます。

 

食堂も、利用者のかたに合わせて食材の大きさを変えたり、アレルギー対応で調理されたりしています。

また、食べた量がスタッフのかたによって毎日記録され、ここでも細かな健康チェックとアフターケアが行われている事が分かります。

 

午後のレクリエーションは、カラオケや散歩、ゲームなど、日によって内容が変わります。

研修時は桜が満開だったので、皆でライフプラザの桜を見に行きました。

初めて車いすを押し、段差や速度の調整にどきどきしましたが、ライフプラザ内のたくさんの植物の話をしながら、楽しい時間を過ごしました。

別の日の輪投げや的当てゲームはチーム戦で大盛り上がりとなり、見ているこちらも思わず白熱してしまいました。

 

そして、15時のおやつを食堂で食べた後は、帰りの送迎バスで利用者のかたがたをご自宅まで送り届けます。

車を降りられる際に、皆さん「今日も楽しかった~。ありがとう。」とおっしゃっているのが印象的でした。


箕面市立介護老人保健施設を利用されているかたは、皆さんとてもお元気で活き活きとしたかたばかりですが、通所リハビリの継続が皆さんの健康維持にむすびついているのだと、この研修を通して気付きました。

そして、スタッフのかたの細やかな対応や美味しい食事、利用者のかた同士の交流などが、通所リハビリをつらいものだと感じさせず、施設に来る事が楽しいと思っていただける秘訣ではないかと思います。

 

福祉については、まだまだ知らない事がたくさんありますが、この研修での経験や日々の業務を通して、着実に成長していけるよう頑張りたいと思います。

 

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます  8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

入庁後約三ヶ月経過。

2012年06月22日 | みどりまちづくり部

 御初にお目に掛かります。平成24年4月1日付でみどりまちづくり部開発調整課に配属されました、伊東真志と申します。

 

 

 これから一年に亘ってこの新採ブログで御世話になりますので、以後、御見知り置き下さい。ちなみに、この写真は箕面の山並みではなく、某県山中のサービスエリアから撮影した風景です。箕面じゃなくて御免なさい。

 余談はこれくらいにしまして、まず新採ブログ恒例の研修についてのお話を少々。既に他のかたが語り尽くしてしまった感があるので、手短にいきます。
 私は、ささゆり園とZEROの家で御世話になりました。

 まずはささゆり園です。時節柄、桜が綺麗でした。

 

 ささゆり園の利用者は、重度障害のかたが多かったので、リアリフトタイプやスロープタイプの福祉車両に乗って来園されるのですが、私は玄関まで出て朝にお出迎え、夕にお見送りをしておりました。下の写真は、送迎車両が入ってきて、利用者のかたが実際に乗降される玄関前のスペースです。車椅子でスムーズに移動できるよう、建物玄関部まで地面がフラットに設計されていますね。

 

  

 さてお次は、ZEROの家です。こちらでは、主に軽度障害のかた達と一緒に作業をして、リサイクルショップの運営の御手伝いをしました。写真は、開店前の2号店です。駐車場右手奥に見えます車が、送迎用のリアリフトタイプの福祉車両でして、こちらではスタッフのかたが自ら運転して利用者のかたがたのお家や施設まで毎日送迎しておられました。私も初日から最終日まで毎日助手席に乗せていただくことができまして、実際に送迎を体験できたのは良い思い出です。写真がこれ一枚しかないのは勘弁して下さい。申し訳ない。

 

 

 こうして福祉体験研修を終えた訳ですけれども、私にとっては、障害を持ったかたがたと普段接する機会は皆無だったので、最初は色々と葛藤もありましたが、研修を通して、少しの経験と多くの気付きを得ることが出来たと思っております。百聞は一見に如かず、です。想像以上に精神力と体力を求められる職場でしたので、私は短期間だけお客さんとして体験しただけでしたが、生業として長期間従事しておられるスタッフのかたがたには只々頭が下がる思いでした。

 

 福祉研修が終わった後は、クリーンセンターです。こちらも桜が見事でした。今まではゴミを捨てる側の視点しか持ち合わせておりませんでしたが、実際にそれを回収する逆の立場を体験することができて、有意義な研修でした。

 

 

 何故か施設内に何匹か猫が居ついていたので、ちょっと紹介しておきます。一枚目と二枚目の黒い二匹は同一の猫でしょうか。不遜な良い面構えです。三枚目は別嬪さんですね。雌かどうかは知りませんが。

 

 

 

 

 実は私、写真を撮っておいて何ですが、猫アレルギーです。見ている分には構わないのですが、迂闊に近づくと不味い事になります。そういう訳で、猫より犬が好きです。

 

 最後に、私がしている業務内容を紹介して今回のブログを終えたいと思います。 

 開発調整課は、条例指導グループと開発許可グループの二つに分かれております。私は、条例指導グループに所属しておりまして、箕面市内で為される建設行為に対して、条例に基づいた指導を行うことが主な業務です。御存知のかたもおられるかとは思いますが、箕面市には箕面市まちづくり推進条例という条例がありまして、これは建設行為をするにあたって市民の安全な生活や良好な住環境、景観等の保護を目的として平成9年に制定されたものです。実は、この条例は昭和53年7月1日から施行されている箕面市環境保全条例を前身とするもので、それも併せると実に30年以上も箕面の役に立っているんですね。中々年季が入ってます。

 そもそも、条例以前に建築基準法や都市計画法といった法律があるのですが、これは皆が守るべき最低限の基準ですので、各自治体の特性に合わせようとするとどうしても無理が出てきます。そこで、無秩序な建築をすることを未然に防ぎ、箕面市の特色である山並みを生かしつつ、自然と調和した住みよい町を守り育てて行く為に、法律とは別途の更に厳しい基準を定めて、箕面の特性に合致したまちづくりを進めている訳です。

 次の写真は、市庁舎別館6階から望む北部の景色です。初登庁の日に、眺めの良さに驚いた事は未だに覚えております。

 

 この仕事をしていていつも思うのは、お互い様の精神が必要だということです。隣に家が建つのは鬱陶しい。けれど、自分だって昔そうして建てた家に住んでいる。土地の造成をして欲しくない。しかし、昔そうして造成した土地の上に住んでいる。こうした気持ちを、忘れてはいけないと思います。それを前提として、相互に上手くいくように橋渡しを行い、バランス良く利害関係を調整していくのがこの仕事の醍醐味だと思っております。何事も、中庸の精神が肝要ですね。

  

 それではこの辺で、一旦お開きとさせていただきます。次回は、実際の条例協議の内容や、法律的な位置付けなど、もう少し踏み込んだ内容をお送りしたいと考えておりますので、乞う御期待。

 御高覧賜りまして、有難うございました。


 

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます 8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

ごみのゆくえと「知る」こと

2012年06月18日 | 子ども未来創造局

みなさまはじめまして!
子ども部幼児育成課に配属されました門美里と申します。
これから一年間、新規採用職員ブログを務めさせて頂きますのでどうぞよろしくお願いいたします。

職場に配属されて約二ヶ月半が経ちました。
実は6月から担当する業務内容が急遽変わることになり、また一から全く違う分野の業務を日々学んでいます。
業務内容のことを書くにはまだまだ勉強が足りないので、4月に行われた研修について書かせて頂きたいと思います。


もうこれまでの新人ブログで紹介されているかとは思いますが、環境クリーンセンターと福祉施設に一ヶ月間研修に行かせて頂きました。
環境クリーンセンターでは大型ごみ、可燃ごみ、ペットボトルの処理、堆肥の生成など毎日色々な業務に同行させて頂きましたが、今回は容器包装プラスチックの処理についてご紹介したいと思います。


まずは市内にプラスチックのごみの回収に行きます。4トントラックに一緒に乗って、回収に行かせて頂きました!
集めてきたごみを取り出します。

集めてきたごみ袋をクレーン車でベルトコンベアの機械まで運びます。

見事な運転さばきでした!

この機械にどんどんごみを運んでいき

ベルトコンベアでごみを流して、ごみ袋を一つ一つカッターで袋を破いて中身の分別・点検を行います。例えば、ペットボトルや不燃ごみなどのごみが紛れていることが多いので、大人数で確実にチェックしていきます。さらに、ラベルも取り外していきます。

その後はこのように上まで運ばれ

 

ここから

圧縮されて出てきます。

自動で一瞬でひもで固定されます!

圧縮されたプラスチックの山です。

そしてリサイクル・再資源化されます!

容器包装プラスチックの収集とその後の流れについてご説明したいと思います。

おおまかな流れは
収集→選別→減容→運搬→再生
になります。
収集は平成11年11月如意谷地区の約600世帯からモデル収集を開始しました。
現在は中部地区、西部地区、東部地区、北部地区の4地区から回収しています。
粟生外院、稲、豊川住宅、箕面団地、如意谷、青松園他の各自治会に協力して頂いています。
回収曜日は
中部地区が第1第3火曜日
西部地区が第2第4火曜日
東部地区が第1第3木曜日
北部地区が第2第4木曜日
になります。
元々は減容資源等の検討、異物混入の割合などを見極めるために試行を開始しました。
減容したプラスチックはパレットや車止め、疑木、熱分解油、燃料油、合成ガス、石油化学原料固形燃料等に再生されます。
プラスチックの収集については色々な意見があるようですが、今のところ箕面市では収集区域を拡大する予定もなく現状のままでいくようです。
逆にこれからは、ペットボトルの収集に力を入れていくそうです。

 

次に障害者事業団の緑化事務所についてご紹介します。
緑化事務所では、障害のあるかたと一緒に歩道や公園の花壇の手入れ(除草、灌水、花がら摘み)、観葉植物の見回り、道路の除草作業を主に行いました。
その中の一日で、箕面西公園の花壇のマリーゴールドの花苗を全て除去し、新しいマリーゴールドの花苗を植えるという大がかりな作業を経験させて頂きました。
まず、古いマリーゴールドの花苗と雑草を全て抜きます。ある程度除草できたら、土おこしをします。

植え付け作業を始める前です。

マリーゴールドの花苗を一つずつ丁寧に植えていきます。配色も考えて綺麗に見えるように植え付けします。

植え付け作業が全て終わったところです。

灌水作業をしているところです。

とても可愛いお花ですね。

箕面市のいたるところにある花壇のお花は毎日緑化事務所のかたたちによって手入れされて、綺麗な景観を保っています。
当たり前のように毎日の風景の中にある花壇のお花もこうやって地道な努力によって、維持されていることが分かりました。
みなさん本当に手際が良くて、自分のやるべきこと、自分が得意な作業を分かっていて、効率良く作業をしていました。


障害者事業団の職員のかたのお話で、とても印象に残っていることがあります。
緑化事務所に20年間努めていて、大変仕事のできるベテランのかたがいらっしゃいますが、見通しのない仕事をするのが困難で、どんな小さなことでも「次は~に行くよ。」や「次は~をするよ。」と言ったような細かい指示がないと不安になってしまい、仕事ができなくなってしまうかたがいました。
一般企業でも、理解のあるところで、そのような対応をしてくれるところであったら、十分働いていける力を持っているかただそうです。
そのようなかたが他にもたくさんいらっしゃって、むしろそのようなかたの方が多いそうです。
そのようなかたの力を潰さずに、力を発揮していけるような環境を作っていくためにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは「知る」ことが大切だと思います。
私もそのような事実を初めて知りましたし、知らないかたが多いと思います。
「知る」ことからそのかたが本当に必要としている支援(必要としていること・もの)が分かってくるのではないかと感じました。
それが、その人らしく生きていくことに繋がっていくと思います。

研修で学んだ広い視野を持って、日々の業務に励みたいと思います!

最後までご精読ありがとうございました。

 

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます  8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

市税のしくみ勉強中!

2012年06月15日 | 総務部

皆さまはじめまして。総務部税務室収納対策課に配属されました村尾悠と申します。

4月の研修を終え、現在は市役所別館1階にて業務を行っています。慣れない作業や初めて聞く用語に戸惑ったりもしますが、憧れの箕面で働くことができる喜びを胸に勉強の毎日を送っています。

さて、私の所属する収納対策課は主に市税の納付に関する手続きを行っております。
皆さまは市税についてどのような印象をお持ちでしょうか? 「市税」と一言でまとめてしまえば簡単ですが、市税にもいろいろな税目があり、いろいろな納付のしかたがあります。まだまだ勉強中の私ですが、今回は5月以降業務の中で作ったノートを開きながら市税の基本中の基本を書かせていただきたいと思います。

主な箕面市税について、まずは下の表をご覧ください。

 

税目ごとに納付方法や納期が異なっているので、間違って覚えてしまわないよう四苦八苦しております…。
表の右上に「納期:第1期/6月」とありますが、箕面市役所税務室では、今週月曜日の6月11日に平成24年度市府民税の納税通知書を発送いたしました。納税義務者のかたには下の写真と同じ水色の封筒が届いたことと思います。

中には「納税通知書」「納付書」「しおり」「納税の方法について」が入っています。税額・納期限をご確認のうえ、同封の納付書でご納付をお願いいたします。第1期の納期限は6月末(※今年は6月末が土曜日なので、納期限は7月2日となっています)です。納付場所は納付書裏に記載の金融機関・近畿2府4県のゆうちょ銀行(郵便局)・コンビニエンスストアです。

また、市役所別館1階15番窓口収納対策課でももちろんご納付いただけます。

同じく豊川支所窓口、止々呂美支所窓口でもご納付いただけますので、ご都合のよい場所をご利用ください。

また、65歳以上のかたの年金所得にかかる市府民税は年金支給時に特別徴収というかたちで納めていただきます。対象のかたには水色ではなく(写真では色の違いがわかりにくいですが…)下のような緑色の封筒が届いたことと思います。

 

こちらの中には「公的年金所得に係る特別徴収税額の決定通知書」と「年金特別徴収税額決定通知書の見方」が入っています。こちらも税額・徴収月を必ずご確認ください。

実際に収納対策課での業務に携わって一カ月半、まだまだわからないことばかりですが、私がやっているのは箕面市のお財布に大きく関わる仕事なのだなぁと強く思います。日本全国どこの市町村でも不可欠なこの業務を行いながら、新たな視点で箕面市のことを見つめることができればと思っています。
市民の皆さまにご納得のうえ税を納めていただけるよう、そして市民のかたのお役に立つ仕事ができるよう、勉強の毎日を積み重ねていきますね。改めまして、箕面市職員として末永くよろしくお願いいたします。

 

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます 8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

初心忘れず頑張ります!!

2012年06月11日 | 市民部

皆さま初めまして。市民部収納整理担当に配属されました、袴田裕人と申します。

どうぞ宜しくお願いいたします。

まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。

箕面で生まれ育ち、大学卒業後、約10年間、民間企業にて営業を経験し、この4月に箕面市役所に入庁しました。新規採用職員の中では最年長の35歳です!

 

4月1日に辞令を受けた時、正直なところ、頭の中は『??』でした。『収納整理担当』って一体何をするところ??読んで字のごとくなら、『何かを片づける?』『整理整頓?』なんて、今となってはお恥ずかしい限りですが、辞令を受けた際は全く分かりませんでした。辞令交付式は今年の新規採用職員をはじめ、新規採用教職員と共に約2時間ほどの時間でしたが、その間ずっと頭の中は『??』でした。

『収納整理担当』は主に国民健康保険等の納付相談を業務としています。

全く『読んで字のごとく』では無かったですね。検索サイトで「収納整理」と検索をしても、ほとんど国民健康保険等の納付相談とは出てきません。後ろに「担当」と追加して検索すれば、全国の市町村の業務が主にヒットします。業界用語なんですかね・・・

市役所本館109番窓口です。同じ納付相談でも市税と国民健康保険等の窓口は異なります。市税は次回ブログ担当のかたがご紹介されると思いますのでお楽しみに!

4月中は1カ月間、他の同期がこのブログで書かれているとおり、研修でクリーンセンターでのごみ回収業務やリサイクルの仕分け業務など、福祉施設では障害を持つかたと共に働いたりと、今までの社会人経験では受けたことのない研修ばかりで箕面市ならではというのが満載の研修期間でした。

市役所での本格始動が5月からなので、まだ1カ月とわずかですが、市民のかたがたの相談窓口ですので決まったマニュアルがありません。ベテラン先輩職員のかたがたの背中を見て業務を学ぶ、あっという間の1カ月間でしたが、毎日とても充実した日々を過ごしています。今まで経験してきた民間企業とは異なる点も多く、覚えることも半端ないくらい多くありますが、早く仕事を覚えて市民の皆様の一人でも多くのかたがたのお役に立てるように頑張りたいと思います。

業務のことを詳しくご紹介したいところではありますが、まだまだ勉強中の身でありますので、私自身も知らなかった勘違いを一つご紹介します!

 

国民健康保険のパンフレットです。分かりやすく記載されています。

お勤めを退職されて社会保険等から国民健康保険に加入し、再就職などで再度新たな社会保険等に加入された場合、国民健康保険の離脱手続きを加入後14日以内に窓口にて行わなければなりません。ご存知でしたか?自動的に国民健康保険から社会保険等の新たな健康保険には切り替わりません。国民健康保険以外の健康保険に加入された場合は必ず手続きにお越しくださいね。

それでは次回、お楽しみに!!

 

 

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます  8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

福祉研修について

2012年06月08日 | 健康福祉部

皆様はじめまして。健康福祉部高齢福祉課に配属になりました平田侑喜と申します。

 

高齢福祉課では介護認定グループに所属しています。介護保険のサービスを受けるためには、支援や介護がどれくらい必要かを判断する「要介護認定」を受ける必要があるのですが、この介護認定に関わる相談・申請の受付などの業務、また保健、医療、福祉の専門家から成る介護認定審査会の開催などといった業務に携わっています。福祉の分野は全くの初めてなので、とにかく勉強の毎日です。

さて、今回は研修でお邪魔しました障害者福祉センター「ささゆり園」のことを記事にしようと思います。前回北島さんのブログにとりあげておられた施設と同じ所ですので、よろしければそちらもご覧ください。

ささゆり園は、常時介護を必要とする障害者のかたがたに入浴、排泄、食事などの介護を行うとともに、その家族やボランティアグループの活動の場としても利用されている施設です。私が伺った時には、上記の介護のほか、畑仕事や料理・上記の写真のようなゲームなど様々な企画をおこなっておられました。

ささゆり園の入り口です。ちょうど桜の花びらが舞っていました。

 

 施設内とレクリエーションの様子です。施設内はとてもきれいで、写真のようなステンドグラスや、利用者のかたが描かれた絵なども飾ってありました。また職員のかたがたが立ち止まっていることがほとんどなく、利用者さんに話しかけたりケアをしたり危なくないように目を配ったりと、常に動いておられたことに感嘆しました。

 

私も利用者のかたがたと一緒に活動しましたが、ささゆり園を利用されているかたがたの多くは重度の障害があるため、コミュニケーションをとることが大変だったことが記憶に残っています。ペアを組んで作業をする時も、なかなか意思の疎通ができず、結局ほとんど私が作業をおこなってしまい「これで良かったのだろうか、無意味なことをしているのではないだろうか」という心境に陥ることが多々ありました。園長の加藤さんにこのことを話したところ、職員の皆さんでもどうすればうまく意思疎通がはかれるのか分からないことがあるそうで、「私たちも、どうすればいいかという悩みは尽きない。彼らとの関わりの中で、今していることが不足しているのか、やりすぎなのか、常に自分たちで考えながら手探りでやっていくしかない。」とのお言葉をいただきました。福祉の重要性が強調されるようになって数十年、もちろん施設や種々の福祉制度の存在によって、障害者の皆さんやご家族の負担が以前より改善されていることは確かな事実ですが、一方で福祉に携わるかたがたの試行錯誤は今なお続いているのだということを実感しました。

今回の研修で福祉というものがいかに複雑でセンシティブなものか感じることができたように思います。福祉の職場に携わって一ヶ月、まだまだ勉強中の身ですが、今回の経験を活かし今後とも業務に励むとともに、様々な経験を積んでいきたいと思います。 

 

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます 8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

競艇と福祉研修での出会い

2012年06月04日 | 競艇事業局

みなさんはじめまして!
平成24年度新規採用職員の北島徹也と申します。このたび、競艇事業部業務課に配属されました。
これから1年間、同期と共に新規採用職員ブログを担当させていただきます。よろしくお願いいたします。


さて今回は競艇事業部に所属することになりましたので、はじめに競艇について少し紹介させていただきたいと思います。
と言いましても4月1日から採用されまして、同期がブログにも書いていますように、1ヶ月間はクリーンセンターと福祉施設で研修をさせていただきました。
ですので実質競艇の仕事をしたのはまだ1ヶ月程度でまだまだわからないことは多いのですが・・・
今回は5月18日から23日まで開催された第41回飛龍賞競走でのことを紹介させていただきたいと思います。
競艇のレースは始まる前日(今回なら5月17日)に前検日というものがあります。何をする日なのかといいますと、出走表掲載用の写真撮影、場内テレビ放送用のインタビュー、また今回のレースで選手が使用するボートとモーターの抽選を行ったりする日です。

このようなところで全員の写真撮影を行っています。
このあとに新人選手や有力選手、調子の良い選手など何名かが自己紹介や意気込みなどのインタビューを受けています。

ボートとモーターの抽選の様子はこんな感じです。福引きみたいでした。

ところで抽選の様子を3枚載せさせていただいたのですが、この3選手、実は今年3月にボートレーサーを養成する「やまと学校」を卒業した新人の3選手だそうです。

とても初々しい感じがしました。

私も1年目、この3選手にはぜひがんばってもらいたいし、私自身もがんばっていかなければと思いました。

また、前検日とは関係ないのですが、開催中は、ボートレース場をより身近に感じてもらえるよう配置されたアクアコンシェルジュのかたがおられます。


 

場内でわからないことなどがあれば、アクアコンシェルジュのかたがたが案内をしてくれます。

次に実際のレースについてですが、ボートレース住之江では4月から11月末までナイターレースを開催しています。
昼間のレースとナイターのレースでは同じ場所でも雰囲気が違います。

 

ちなみに写真にある電光掲示板は「ボートくん」というのですが、このボートくん、世界最大面積の映像ディスプレイとして2006年にギネスブックに掲載されたそうです!
昼もきれいなのですが、夜はいっそうきれいに見えますよ。

ボートレース住之江では、今年度も多くのレースが開催されますが、年末の12月19日から24日までの6日間、本市主催により、競艇界最高峰のレースであるSG賞金王決定戦競走が開催されます。
興味のあるかたはもちろん、今回のブログを読んで少しでも興味をお持ちいただいたかたも、ぜひボートレース住之江に足を運んでいただき、ボートレースの迫力を感じていただければと思います。

最後に話は変わりますが研修でお世話になったささゆり園でおもしろいブログを書いている只石さんというかたと出会うことができました。

 

只石さんにそのブログ紹介を了承していただいたのでぜひ紹介させていただきます。
クイズなどもあるので、ぜひ皆さん見てみてください。

【タダイッちゃんの一言】
http://tadaishimasakazu.blog.fc2.com/

只石さん、ありがとうございました!!

それでは今回のブログはこのあたりで失礼させていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます 8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ若造!新生活すたーと!

2012年06月01日 | みどりまちづくり部

はじめまして!

この度、みどりまちづくり部建築指導課に配属されました西田光一郎と申します!


 

入庁してから早二ヶ月が経ちました。時間が過ぎるのは本当に早いですね。時間の使い方を日々考えさせられます。
5月1日から本業務が始まっているのですが、それまでは障害者事業団緑化事務所、豊能障害者労働センター、クリーンセンターの順で福祉体験・清掃体験研修を受けていました。

 

今回は、緑化事務所での体験談と業務について少しお話したいと思います。

 

緑化事務所では、観葉植物のリース、除草作業、緑化作業を主な仕事にされています。

 

ヒラドツツジを植える為に緑地を耕したり、街路樹周辺の雑草を引っこ抜いたり、リースしている植物の手入れや入れ替えをしたりと色々体験させて頂きました。

 

大半は肉体労働で毎日良い汗を流せました。研修と言うよりこれは何かの訓練か?とも思ったりしましたが、動いていないと生きていけないマグロのような私にとってはとても楽しかったです。
ひたすら土を掘って、掘って掘りまくり、ひたすら草を抜いて、抜いて、抜きまくりました。

 

あっ!土を耕したり、雑草を抜くのに夢中で写真を撮るのを忘れていました!少々味気ない感じになってしまいましたが、ご容赦下さい。

 

さて!次は業務に関してお話したいと思います。


市内で住宅、店舗等の建築物を建てる為には、建築計画を立て、市役所の関係各課と事前に協議をしたり、民間の指定確認検査機関等を通して建築確認の申請を行ったり、各法令に該当する許可を受けたりetc、様々な過程を経なければなりません。大変ですねぇ。

 

建築指導課は先程の関係各課の内の一つで、建築業者の方達が行う建築行為が建築基準法に適合しているのかを判断・指導するのが業務です。

 

中には現場調査なる業務もあり、市内各地にある申請地へ行って、建築物を建てる事ができる状態なのかどうかを確認しなければなりません。

私も、行ってきました!


 
道路と土地を分けているポイントです。見た事あるような、ないような…と言った心境でした。


 
建築行為をするには申請地の前面道路幅が4メートル以上必要らしく、私も実際に測ってみました!

窓口には毎日、業者の方達が「前面道路は建築基準法上のどの道路に該当しますか?」、「この計画で進めたいが、これは建築基準法上問題ないですか?」等々、様々な相談に来られます。
私自身、大学の専攻は心理学で建築関連には詳しくないので、まだまだ頼りない若造なのですが、少しでも早く知識と経験を得て皆さんの役に立てるよう頑張ります!

これからも宜しくお願いします~(´∀`)ノシ

 

 

箕面市では、6月1日から8月12日まで「あなたの1票が未来の箕面を築きます 8月12日は市長・市議会議員 選挙」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加