箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

手作り文書管理システムって便利でスノー

2012年02月24日 | 議会事務局

議会事務局 議事課の吉田です。

まだまだ寒い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。今年はインフルエンザや風邪が流行っているそうです。皆様も手洗いうがいをして、風邪をひかないようにして下さいね。

ちなみに、私は風邪には無縁で、元気に奮闘中です。

冬といえばといえばスノーボード!?です。

先日、スノーボードをしに、長野県の栂池(つがいけ)高原に行ってきました。3年ぶりでしたが、意外にスイスイ滑れて、天気にも恵まれましたのでとても楽しめました。

できれば、私の華麗な滑りっぷりを皆様にもお届けしたかったです。

『スノボにて 雪が多くて よかったでスノー!!』

華麗なスべりっぷり!?をお見せしたところで、本題です。


先日、サラリーマン川柳をみていましたら、

『Excelを エグザイルと 読む部長』

という川柳を見つけて思わず笑ってしまいました。

そこで、今回は、議事課でのエクセル活用法について紹介したいと思います。

前々回の私のブログで、議会事務局議事課で取り扱う文書が膨大な量になることを書きました。
また、前回は、書類の山を作らないように、終業時に机の上を何も置かないようにして滑走路にしていることを書きました。
このように、議会事務局議事課では、日々、膨大な文書と格闘しているわけですが、これらの大量の文書を効率的にかつ適正に管理するために、(先輩職員がたが)エクセルで作った
『文書管理システム』で事務処理を行っています。
このシステムでは、必要項目を入力するだけで、番号をとれたり、起案文書や件名目録簿が作れたりと、一石二鳥にも三鳥にも四鳥にもなるという優れものです。


番号!?起案文書!?件名目録簿!?

市役所の事務処理は適正かつ正確に行うとともに、確実に記録し保存していかなければなりません。

文書で処理するにあたって、文書を正式に受け取ったことや、送付したことを記録するために、その文書に番号をつけています。例えば、議会事務局議事課では「箕議第○○○号」といった具合です。この番号は『受発件名簿』という一連の番号簿にて管理されています。

また、事務を執行するにあたって市の意思を確定するため、一定の手続きに基づいて施行する文書を作成します。それを『起案文書』といいます。

そして、処理した文書は内容によって区分けしてファイルに綴じていきますが、そのファイルごとの目次のようなものが『件名目録簿』です。膨大な文書を管理するために非常に重要なものです。


では、この手作り文書管理システムを簡単に紹介させていただきます。
(なお、担当者名、文書名、簿冊名は架空のものです。)
これがメインとなる入力画面です。

                 入力シート

具体的な入力手順ですが、例えば、文書を収受(他市や他課などから文書を受け取ること)したときです。
まず、名前、日付、件名などを入力します。

                 収受時の入力シート

すると別シートに作った受発件名簿に登録されるので番号を取番します。

                  受発件名簿シート

次に、起案文書を作成するときの手順です。

                  起案用紙の入力シート

所定の事項を入力すると、別シートに作った起案用紙の画面に反映されるのでそのまま印刷します。

                   起案用紙

この起案用紙を印刷し、一番表にして起案文書を作成します。
処理した文書は収受文書、起案文書ともに、別シートに作った件名目録簿に自動的に登録されます。

                  件名目録簿のシート


私が市役所に就職する前はシステム会社が作成した文書管理システムがあったと聞いています。
当時のシステムには及ばないでしょうが、このシステムでも時間の節約になっており、課の庶務を担当している私にとっては大助かりです。

しかし、このシステムを使い始めた時は、不具合が発生したり、使い勝手の悪い面などいろいろありました。
そこで、課の職員みんなで改善のための意見を出し合いながら、バージョンアップを重ねてきました。
まだまだ、未完成な部分もあるので、これからもさらに改善していきたいと思っています。

このように議事課では、手作りの文書管理システムを使った業務の効率化や、『終業時 机の上を 滑走路』(詳細は前回ブログ)によって、業務の能率を上げたりするなど、ただただ業務をこなすだけでなく、様々な工夫を重ねながら仕事をしています。次は、私も色々と提案して、業務の能率化・効率化に役立たせたいと考えています。


さてさて、話は変わって議会のお知らせです。

今は平成24年第1回定例会のまっさなかです。2月22日(水曜日)には本会議(第1日)が開かれ、市長による施政及び予算編成方針演説と平成24年度当初予算の説明が行われました。
また、今定例会では、一般質問に加え、各会派による代表質問が行われます。
詳しい会期日程はホームページをご覧下さい。
市長の施政及び予算編成方針演説や各会派の代表質問、また、一般質問はYouTubeで動画配信しますのでぜひご覧下さい。

第1回定例会は条例や補正予算に加えて、次年度の予算について審議する大事な定例会です。次年度の予算が適正に編成されているかを審議するため非常に緊張感があり、白熱した議論が繰り広げられると聞いています。
そんな緊張感を体感しに皆様も傍聴にぜひぜひお越し下さい。当日に議会事務局にお越しいただければ、受付をしてすぐに傍聴いただけます。百聞は一見にしかずということで、お待ちしております。

今定例会も予算書と議案書で膨大な書類に囲まれています。
山のような文書に忙殺されないよう、机の上を滑走路にして、効率的に事務を進めていきたいと思っています。

今年は、4年に1度のうるう年で2月が29日まであり、少し得した気分です。また、今年は4年に1度の夏期オリンピックがロンドンで開催され、テレビに釘付けの予感です。
そしてそして、今年は4年に1度の市長・市議会議員選挙の年でもあります。

議会事務局としても気を引き締めて、緊張感をもって仕事に取り組んでいきたいと思います。

 


箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

申告シーズン

2012年02月20日 | 総務部

こんにちは、お久しぶりです。

税務課の山本です。

まだまだ寒い日が続いていますが、みなさんはどうお過ごしですか。

私は最近テニスを始め、休日を満喫しています。

寒さも忘れて熱中できるのでとてもおすすめです。

 

さて、今この時期といえば・・・

「所得税の確定申告」のシーズンですね!

所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得金額とそれに対する所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

申告時期は平成24年2月16日(木曜日)から平成24年3月15日(木曜日)までです。

確定申告受付前には、豊能納税協会が豊能地区の市町村職員に対して事前研修が開催され、私も参加してきました。

私たち新規採用職員への研修は全て終了しましたが、各部署によっては、このような担当業務の専門知識等の習得を目的とした研修が随時開催されています。

 

確定申告の受付期間は上記に記したとおりですが、箕面市では箕面文化・交流センター(サンプラザ)で2月6日から2月17日まで確定申告相談・受付窓口を臨時で設置していました。

私も一日だけ会場に行ってきました。




平成23年分の確定申告から申告手続きが変更され、
例年確定申告書を提出していたけれども今年からは提出不要になったかたがたくさんいらっしゃいます。


年金所得者の申告手続の簡素化によりまして、公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下のかたは、確定申告書の提出は不要になりました。この場合でも、医療費控除などによる所得税の還付を受けるための申告書を提出することができます。


確定申告書の提出が不要になったかたは、確定申告の代わりに住民税の申告書を各市町村に提出していただく必要があります。(確定申告書を提出されたかたは住民税の申告は不要です。)


そのため、今税務課では申告シーズンまっただ中です!

サンプラザの臨時受付窓口に設置した住民税申告窓口にもたくさんのかたが相談・申告にこられました。

 

庁内の受付窓口も普段と配置換えをし、申告受付体勢を整えています。
Before
 いつもの窓口 

After 現在の窓口 

 


休日受付日もありました。

 

↑豊川支所にて(※休日受付は終了しました)

 


確定申告は去年一年間で納めすぎた税金があれば返してもらえるチャンスですので、
所得税の還付が発生する方は是非、申告してください。

 

参考ですが次のケースの方は税金が戻ってくる可能性があります。

◎入院・手術等で多額の医療費を負担した場合→医療費控除の対象

◎日本赤十字社や都道府県・市町村等に寄附をされた場合(東日本大震災の義援金も対象となります)→寄附金控除の対象

◎ローンでマイホームを購入した場合(※年末調整時に未処理の場合)→住宅ローン控除の対象

等です。


ちなみにインターネットを利用すれば24時間いつでも申告できます!(通称
e-Tax:イータックス)

初めてe-Taxで申告をされる方でしたら、

最高で4000円の税額控除が受けられます!

(※平成19年分から平成23年分申告でいずれか一回のみ)

詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。


新人ブログも残すはあと一回。

次の更新は4月なので桜の時期でしょうか。

最後にふさわしい記事を書けるよう、既に構成を練ってありますのでどうぞご期待ください。

それではまた2カ月後に!

 



箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

おからだ大切に☆

2012年02月17日 | 健康福祉部

こんにちは。
健康福祉部の乾です。

まだまだ寒い日が続いていますね。
今週末もとても冷え込むとの予報です。

みなさん外出の際には十分に暖かい格好でお出かけください☆


ところで!

突然ですが、女性のみなさん、気になっているけれどなかなか受ける機会のないままになっているもの……

と言われて、思い当たるものはありますか?


それは、「乳がん検診」です。





乳がんは、ライフスタイルや食生活の欧米化、女性ホルモンの影響を受けてできるがんで、30代から発症するかたが増え始め、日本人女性が生涯で乳がんにかかる確率は16人に1人とされています。

乳がんに限らず、日本における胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん・子宮がんを含めた5つのがん検診率は諸外国に比べてかなり低いものなのだそうです。

なかでも、子宮がん・乳がんについては検診受診率は低い水準にあるとのことです。

(参照:厚生労働省 がん検診受診率50%に向けた集中キャンペーン





最近、メディアでも「乳がん」について取り上げられる機会が増えてきているように思います。

一見とても深刻な病気であるように思われますが、乳がんは自分の手で見つけることが可能であり、早期発見後 早期に治療を行えば、治癒率がとても高い治るがんなのです。

一人でも多くのかたに正しい知識を身につけていただき、早期発見・早期治療に繋げていだたきたい……


そこで!


来たる平成24年3月1日(木曜日)18:30から19:30(受付開始は18:00より)

場所はメイプルホール 小ホールにて、

箕面市民のかたを対象に、

財団法人 大阪府保健医療財団 大阪がん予防検診センター 乳腺検診部 医師 和田 公子先生をお迎えして講習会を開催いたします。

定員は100名、費用は無料です。


申し込み・問合せ先は、健康福祉部 健康増進課(TEL:072-727-9502 FAX:072-727-3539)です。


この機会に是非一度参加されてみてはいかがでしょうか☆





また、3月1日から3月8日は「女性の健康週間」ということで、同じく平成24年3月1日(木曜日)12:30から18:30に、

場所は中央生涯学習センターにて、

箕面市民のかたを対象に、

女性の健康フェアが開催されます。

市の保健師・歯科衛生士・栄養士等が相談員として、健康相談・栄養相談・歯科相談等の各種相談を行います。

費用は無料で、血圧・体脂肪測定コーナー、展示コーナーも設けています。


こちらも合わせてご参加いただけたらと思います。


みんなで今出来ることからはじめてみませんか☆


さて、次回のブログ更新で最終回となります。

次の新規採用職員の方々にしっかりとバトンを渡せるよう、これからも頑張っていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 



箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインチョコとかけまして…

2012年02月13日 | 地域創造部

もみじの天ぷらと説く…

 

 

その心は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらもあげるモノです(゜∀゜) (どやっ!

 



 

 

 

 

はい、箕面営業課(兼)箕面広報課の豕瀬です。

「男性目線からしたらチョコはもらうモノやろ」とお思いですか?

ええ、分かります。そのご指摘、ごもっともでございます。タイトルに「女性目線からの」と加えるべきか、私、大いに迷いました。

が、それでは露骨過ぎる。オチが読めてしまう!
だから!私は!敢 え て このタイトルにしたのです!!

「そもそも大してうまくない」ですか?

…すみません…精進します…|ω-`*)

 

さて、2カ月ぶりでございます。皆様お久しぶりです。新人ブログとして記事を掲載するのも4回目となりました。

まだまだ新人ですが、すでに来年度の新規採用職員が、アルバイトとして庁内で働いていたりと、少しずつですね、先輩としての気概と言いましょうか、自覚が、芽生えつつあります。

ホントですよ!

就職活動中の学生さんが、市役所に訪問される件数も増えてきました。箕面営業課へも、訪問を希望される学生さんがいらっしゃいます。
なんと私、思いっきり先輩風を吹かせてその学生さんの対応もしていたりします。かなり緊張しつつ、学生っていいなぁ…と思いながら懐かしみつつ楽しみつつ、課の業務内容や就職活動についてお話させていただいてます。
ああ、学生っていいなぁ…(;ω;)

 

本題です!

明日はバレンタインデーですね。バレンタインデーとは

バレンタインデーあるいはセントバレンタインズデー(英語: St. Valentine's day)は、2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、主に西方教会の広がる地域において伝えられていた。  ―Wikipediaより引用―

という行事だそうです。ステキです。

日本では女性からチョコを贈ることでおなじみですが、なんと、チョコが!箕面営業課のもとへ届きました!!

もちろん!僕あて!!!!

…ではありません(;ω;)

 


この黄色い色した和服姿は…


ドンッ!

ドンッ!


ど~ん

 

滝ノ道ゆずるあてでした…。
いや、ここはテンション上げときましょう!

滝ノ道ゆずるあてにバレンタインチョコが届きました!!

いいなぁ…

テンションの低下を禁じ得ない私でございますが、当のゆずる本人は、ファンのかたからのサプライズチョコに大いに喜んでおります!うっきうきです!

最近ゆずるには年賀状をはじめ、色々とプレゼントが届いているようです。昨年秋から始めたツイッターも好調なようで着々とフォロワーを伸ばしています。まだのかたは即刻!フォローよろしくお願いします。

「ゆずるのお付のお兄さん」として、私めも多少のおこぼれに預かりたい…そんな野心もうずまく昨今でございます。

そんな私、最近は箕面に住む?リーフレット改訂版の作成に邁進しております。
ド直球なタイトル通り、全庁横断的に箕面市の施策を紹介し、実際に箕面市に住んでいただくためのツールです。大変ですが、パワーポイントを使い頑張って作成しております。

まだお見せできませんが、2カ月後、僕の最後のブログでは、確実に、完成したものをご紹介することになると思います。思えば最初のブログでも「箕面に住む?」を紹介しました。
こんなに重要なツールに密接に関わることになるとは…配属された時点での仕事分担表からは分かっていたのですが(笑)、今その重要案件に関わっているという実感と共に、まさに奮闘しております。

 

と、いつもより文字中心の記事でしたが、それは忙しさのあらわれということにして(;ω;)、今回はこの辺りで!

あ、ちなみに私へのチョコレートは毎年2月14日の3カ月前から9カ月後まで受け付けておりますので!お恥ずかしがらず!よろしくお願いいたします!!!

ではまた2カ月後(*'∀')ノ

 

<・・・モミジーヌも、チョコ・・・ほしい・・・

 


箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

日ごろの業務

2012年02月10日 | 市民部

気付けばもう2月。
雪の降る日もちらほらあって冬本番といったところでしょうか?
バレンタインも近づきコンビニではバレンタイン用のチョコやお菓子がところせましと並んでいます。
そして私は誰にもらうわけでもなく、そのお菓子を恥ずかしげもなく購入し1人で家で食べる。
そんな生活を送っています。


バレンタイン 出来ればチョコを もらいたい
どうも介護・福祉医療課、吉岡です。

 

最近は研修も減ってきて、同期のみんなも自分たちの業務のことを紹介しているみたいなので私も初心に立ち帰り、本来の業務について紹介してみたいと思います。

 

業務を説明する前に介護保険のサービスってどうやって使うのかな?
と思われるかたもいるか思うので簡単に説明します。
まず、介護保険のサービスを利用するためには支援や介護がどれくらい必要かを判断する介護認定を受ける必要があります。
そのため、介護保険のサービスの利用を考えているかたは認定の申請をして下さい。
認定の申請は私が所属する介護・福祉医療課か私と同期の口さんが所属する高齢福祉課でできます。
また高齢福祉課では電話での申請も受け付けています。

認定の流れとしては

1.相談・申請
    
2.訪問調査

3.審査・判定(非該当・要支援1・2・要介護1~5の8区分)

といった感じです。

そして認定がでたら地域包括支援センター(要支援1・2のかたを対象にケアプランを作成するところ)もしくは居宅介護支援事業所(要介護1~5のかたを対象にケアプランを作成するところ)に依頼し、ケアプラン(介護サービス利用の計画書)を作成してもらい、その計画に基づきサービスの利用をします。
ケアプランを作成する人をケアマネジャーといい、要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめなどをしています。


認定の流れ図

 

ヘルパーさんにきてほしいから介護保険を使おう!と思ってもすぐに給付を受けることができるわけではなく、こういった流れに従ってサービスを利用していただかないと介護保険の給付は受けることができません。


これで何となく介護保険の仕組みが分かっていただけたでしょうか?


では、本題の私が普段どんな業務をしているのかですが…
何について紹介するか迷ったのですが、所属された時から一番長く携わっている業務にしようと思います。
介護保険の特定福祉用具購入費と住宅改修費の支給。つまりは給付事務です。言葉の並びで何となくどんなものか想像して頂けるかと思いますが、どちらも要介護認定を受けたかたのみが対象となる給付です。


福祉用具とは自立した日常生活を送るために使用する用具のことです。
介護保険では車いすや特殊ベットなどの福祉用具は貸与されます。
ただし、腰掛便座や入浴補助用具などの特定の福祉用具(衛生上の問題から貸与ができないものなど)は購入費が支給されます。
介護保険サービスの利用者は1割負担ですので、この特定の福祉用具を購入やレンタルした際の9割分を保険から給付することになります。
福祉用具の購入費は同一年度に10万円が支給限度額となっています。


住宅改修とは、自宅で自立した日常生活を続けるために、高齢者のかたにとって危険な廊下の段差や手すりのない廊下などを改修し、バリアフリー化することです。
改修には、手すりの取付け、段差の解消などいくつか種類はありますが、考えかたは福祉用具と同じで利用者は1割の負担でお家の改修ができます。


また、住宅改修は福祉用具と違い、年度ごとではなくトータルで20万円が支給限度額になります。
ただし、要介護度が3段階以上上がった場合や、転居して住まいが変更した場合のみ、再度支給を受けることができます。


とまあ、これらに関する申請書等を利用者またはケアマネジャーさんや福祉用具販売事業所のかた、施工業者のかたから申請してもらい審査して給付するという仕事をしてるということですね。
今では当たり前のように福祉用具や住宅改修と口にしていますが、配属されたばかりのころは、こんな給付があること自体全く知りませんでした。
ですから、このブログを通して少しでも知らなかったかたが、そんな制度あるんだ!と思っていただければ幸いです。


ただし、福祉用具は都道府県知事等の指定を受けた事業所の特定福祉用具でなければならなかったり、住宅改修は新築の場合は給付の対象にならなかったり、工事をする前に事前に書類を提出する必要があったりと申請の流れや、ルール等もあるので担当のケアマネジャーさんや市に相談、確認の上、購入、工事を行っていただく必要があります。

 

そしてもう1つ。
本当はこれだけで十分ブログ書けるんじゃないか?というようなことなんですが、介護保険の情報処理システムが変わりました。
変わったといっても会社は変わっていないのでバージョンアップしただけで大きく操作方法が変わったというわけではないんですが、処理も早くなり、新機能も増えて、まだ変わったばかりなので何とも言えませんが仕事の能率も上がるような気がします。

 

見た目もスマートになりました!


プリンターもこんなきれいなものに!

 

何だか何かが新しくなると気分も新たにより一層気が引き締まり、がんばろうと思えますよね。

 

残るところブログの更新もあと1回!
他のみんなも次々と残り1回の更新となり、いよいよラスト!といった感じですが、最後までどうぞ新人奮闘記をよろしくお願いします。
ではまた2カ月後にお会いしましょう!

 

 

箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

納付書の仕組み

2012年02月06日 | 総務部

こんにちは。税務課の吉永です。
新しい年を迎え、早一カ月がたちました。みなさまいかがお過ごしでしょうか?
私は元旦に早起きをして、福袋を買いに朝から走り回っていました!今年も慌ただしい一年になりそうですが、精一杯頑張っていきたいと思います。

 

突然ですが、みなさまは市税を納めるときに使用する納付書をじっくりご覧になったことはありますか?私自身、市税を納めたことがまだありませんので、自分の勉強も兼ねて、今回のブログの内容に取り上げたいと思います。

 

市税を納めていただくには、預金口座等から納めていただく口座振替と、金融機関や郵便局、コンビニエンスストア(税金が1期あたり30万円以下のもの)などに納付書を持って行き、窓口で納めていただく方法があります。

 

口座振替は手続きが必要となります。その申込用紙がこちらです。

 

口座振替を利用されると、定期的に口座から引き落としされますので、とても便利ですね。

 

次に、納付書について話を進めたいと思います。

今回は、市・府民税(普通徴収)の納付書の中身を見ていきます。

まず、市・府民税(普通徴収)の納付書は大きく分けて二種類あります。一つは全期納付(一括納付)の納付書、もう一つは各期納付の納付書です。

 

1、全期納付(一括納付)の納付書

 

全期納付(一括納付)の納付書は、一年で納めるべき市税を、一番初めの期限までに一括して納めていただく納付書です。ですので、一枚だけ郵送しています。

 

2、各期納付の納付書

 

こちらの納付書は4枚あります。一年で納めていただく市税を4回に分けて、それぞれの期限までに納めていただく納付書です。

ですので、1、全期納付(一括納付)または、2、各期納付の納付書のどちらかを使用して市税を納めていただくことになります。もし両方の納付書を同時に使用してしまうと、二重納付になってしまうので、十分に気をつけていただきたいところなのですが、実は二重納付をしてしまわないような工夫もしっかり施されているのです!

 

1と2の納付書と一緒に、税金の明細が書かれている用紙も一緒に郵送してあります。その明細の裏面をご覧ください。

 

なんと、領収書の貼付欄になっています!納付書の一番右側の部分が領収書となりますので、それをこちらに貼っていただくことができます。

実際に貼ってみると、このようになります。

 

1、全期納付(一括納付)の納付書で納めた場合

 

2、各期納付の納付書で納めた場合

 

こうして貼ってみると二重納付も防ぐことができますし、どこまで納めたかもすぐわかるので一石二鳥ですね!私もこの先、納付書を使用して市税を納める機会があれば二重納付には十分注意をしていこうと思います。

 

納付書の仕組み、おわかりいただけたでしょうか?少しでも「へぇ~!」「なるほど!」と思っていただけることがあれば嬉しいです。

次回は、また2カ月後、最後のブログとなります。最後まで気を抜かずに書きますのでよろしくお願いいたします。

 

 

箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐ一年生!!

2012年02月03日 | 子ども未来創造局

箕面も一段と冷え込みが激しくなってきましたね。京都の底冷えとはまたひと味違う寒さを初体験している学校管理課の後藤です。

今回の題名を見てピンときたかたは、新入学のお子さんがいらっしゃるかただと思います。(たぶん)

平成24年度に新小学1年生と新中学1年生になられるお子さんがいらっしゃるご家庭には、1月に箕面市教育委員会からお送りしました就学通知書と就学届が届いていることと思います。

  

平成23年12月28日時点で、箕面市に住民票がある新小学1年生のかたには郵送しています。また、新中学1年生については、箕面市立の小学校以外に通われているかたには郵送で、箕面市立の小学校に通学されているかたには小学校を通してお子さんにお渡ししています。

※もしまだご覧になっていない保護者のかたがおられましたら、一度ご確認下さい。万が一、紛失してしまった場合は学校管理課で再発行できますのでご連絡下さい。

写真の左部分の就学通知書には、お子さんのお名前、指定学校名、入学説明会と入学式の日程が記載されています。

写真の右部分の就学届には、必要事項を記入のうえ、就学される学校に提出をお願いします。

なお、私立や国立の学校に就学されるお子さんがいらっしゃるかたは、入学許可書や合格証明書のコピーの裏面に住所、保護者名、お子さんの氏名、生年月日を記入のうえ保護者印を押印し、箕面市教育委員会教育推進部学校管理課へ郵送でも結構ですので、ご提出願います。
また、市役所(別館5階の51番窓口教育推進部学校管理課)に来庁されるかたは、入学許可書や合格証明書と印鑑を持ってきて頂ければ簡単に手続きできますのでよろしくお願いします。


そして、今回は1月27日(金曜日)に「豊川北小学校」と「とどろみの森学園」で開催された入学説明会に参加してきました!

左がとどろみの森学園で、右が豊川北小学校の入学説明会の様子です。

保護者だけでなく子どもたちも参加可能なので、食い入る様に学校生活の写真やこれから自分たちが使うお道具箱の説明を聞いていました! 

そして入学説明会に参加すると、この様な大量の資料が渡されます。

資料の多さからも、学校に入学し新生活が始まる大変さがよく分かります。 

なかでも保護者のかたがたが一番集中して聞いておられたのは、入学までに準備する物でした。
担任の先生から「すぐに物が無くなってしまいますので、全ての持ち物に名前を書いて下さい」とのお願いがあり、なかでも一番面白かったのは体操服袋に関することでした!

なぜかというと、小学1年生の机はとても低いので普通の大きさの袋だとすぐに床面まで届くので踏んでしまい危ないのです!

そういう理由で、体操服袋の長さは紐の長さも含めて35センチメートル以内でお願いしますと強調されていました!

ふと自分が小学生の頃は何も考えずに学校生活を過ごしていたことを思い出し、親のありがたさを感じる瞬間でした。


こちらは、とどろみの森学園の写真です。中学校には小学校と違い制服があります。

 

やっぱり男の子は学ランですよね!(僕は中学生のときはブレザーで高校生のときは学ランでした。)

楽しそうな子どもたちの顔を見ていると、学生時代に戻りたくなってしまいます。。。

そしてついに次回4月2日で私の新人ブログは終了します。嬉しい様なほんのちょっぴり寂しい様な気持ちもありますが、最後まで頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします!

 

 

箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加