箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

市役所別館2階にキッズコーナーがオープンしました!

2012年01月30日 | 子ども未来創造局

こんにちは、子ども政策課藤本です。

毎日寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は引っ越してきてから初めて箕面市での冬を迎えたのですが、やはり「北摂」の文字通り、すごく寒いという印象を持ちました。風邪を引かないよう、気をつけている毎日です。

 

本題ですが、去る12月19日、箕面市役所別館2階に、キッズコーナーがオープンしました!

 

 

 

 

子ども部には、各種手続きで、小さなお子さまを連れて来庁されるかたが多くいらっしゃいます。そこで、誕生したのがこのキッズコーナーです。

手続きをされている間、お子さまが楽しく過ごして頂ける場です!

床面や壁面には、ソフトな素材を使用することで、お子さまが怪我をしにくい仕様となっています。壁面、くつ箱には箕面市のPRキャラクター、滝ノ道ゆずる、モミジーヌのイラストをふんだんにあしらい、お子さまにも親しみやすいデザインとなっております。絵本もたくさん用意しています!


また、お子さまだけでなく、保護者のかたにも、箕面市からの子育てに関する情報を得ることができ、かつ、保護者のかた同士で気軽に情報交換できる場としてご利用いただくことができます。


そして、キッズコーナーには、以前、このブログにて紹介させてただきました「赤ちゃんの駅」も併せて設置しています。

なお、キッズコーナーを利用できるのは小学校入学前のお子さまとその保護者のかたです。

可愛らしいデザイン、そしてゆったりできる広々としたスペースとなっていますので、みなさま、どうぞご利用くださいね!

このキッズコーナーの設置に伴い、市民部資源循環担当及び環境政策課は、別館3階に移動いたしましたので、ご注意ください。

 

ここで少しだけ私の日々の業務について触れさせて頂きますね。

今現在、私の主な仕事は、来る2月18日(土曜日)の市民大会にて行われます「箕面市青少年健全育成功績功労者表彰」の準備です。
箕面市の青少年で、顕著な活動をされたかたや、青少年に対し、良い影響を与えるような行いをされたかたに対し、箕面市教育委員会がその功績を称え、もみじ顕彰又はささゆり褒賞を贈らせていただく制度です。この仕事に携わらせて頂いたことで、箕面市が本当に市民活動が盛んであることを実感いたしました。表彰式当日が、今からとても楽しみです!

 

冒頭でも触れましたが、風邪・インフルエンザともに本格的に流行しています。

みなさま、体調にはくれぐれもご注意くださいね。


 

 

 

箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

私の成長について(ちょっと、業務についても)

2012年01月27日 | 健康福祉部

みなさんこんにちは。高齢福祉課の濱口です。

 

皆さん、お正月はどのようにお過ごしになりましたか?私は毎年、年越しそばにおせち料理、お雑煮をたくさん食べて、ゴロゴロとテレビを見ながらお正月を過ごしています。そのため、お腹周りに気になるものがついてしまい、1年をかけて運動して減らしていくようにしています。

しかし、今回の正月は大きく異なりました。それは、息子が産まれて初めてのお正月でした。ゴロゴロとテレビを見ながらのだらしないお正月ではなく、ゴロゴロと息子と遊びながらのホッとしたお正月になりました。結局、お腹周りにはつきましたが・・・。(笑)

6月に息子が産まれ、明日ではや7カ月が経ちました。子どもの成長は早いとよく言われますが、親になって本当に早いと痛感しているこの頃です。

  

3352グラムの元気な男の子です。(生まれてすぐに大声で泣きました。)

 

 

8キログラムになりました。皆さんから「パパにそっくり!」と言われます。(笑)

 

 

息子は産まれてから1年目、私は市職員になってから1年目と共に新米です。息子の様な「見た目」の成長は全くないですが、「中身」の成長は切磋琢磨していきたいと思います。息子の声はいつも大きく、話す人に対して笑顔で見聞きしているところを見ると接遇マナーの基本かなと感じます。

箕面市では11月1日から全職員が接遇力向上に取り組んでおり、80パーセント以上のかたから「笑顔で挨拶している」と評価されるまで頑張ります。我が息子に負けないように大きな声で笑顔で接するように心がけていきたいと思います。


 

さて、少し業務に関して話をしたいと思います。今回は「障害者控除対象者認定書」についてお話しします。

まず、「障害者控除対象者認定書」のご説明をします。要介護状態の高齢者や認知症がある高齢者は、身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳の交付を受けていないかたでも、「障害者控除対象者認定書」を市から交付された場合は、所得税や市・府民税の障害者控除または特別障害者控除を受けることができます。

対象のかたは平成23年12月31日時点で要介護認定をお持ちのかたとなります。申請手続きをされたかたには認定書を1月から順次、郵送しています。届き次第、ご確認をお願いいたします。

また、ご不明な点がありましたら健康福祉部高齢福祉課072-727-9559へご連絡ください。

 

 

申請書は箕面市ホームページでダウンロードできます。

 

 

確定申告の際に提示する等にご使用ください。

 

 

ネタを探すのに四苦八苦していますが、新人ブログもあと1回を残すだけとなりました。なんとか無い知恵を絞り出して次回のネタを考えますので、暖かく見守ってください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。 


この記事をはてなブックマークに追加

人権セミナーほか

2012年01月23日 | 総務部

みなさん、こんにちは。
今日は、1月23日ですね。

1、2、3。こういう数字が並んだ日付って何か特別な感じがしませんか?
そういえば、2年ほど前、2が5つ並んだ平成22年2月22日に、記念切符を購入した・・・かったのですが、あきらめて、当日使用した切符を、駅員さんにお願いして、もらって帰ったのを思い出しました!

あの切符、いまはどこへ行ったのか、気になってきた職員課の東です。


さて、今回のブログは、年末に松尾さんから報告があった新規採用予定者と職員との懇談会の写真をご紹介するところからはじめます。

懇談会の冒頭。

今年度の新規採用職員が、新規採用予定者に自己紹介をしているところです。
ずらーっと並んで立っているのが、新人ブログの執筆者である今年度新規採用職員です。

1年前は新規採用予定者として、緊張しながら席に座っていたのに、不思議な感じがします。
1年目・2年目職員は、何かと接する機会が多くなると思うので、来春入ってこられる皆さま、よろしくお願いします!


続きまして、人権セミナーの様子を一部ご紹介したいと思います。
職員自身が人権感覚を磨くためのセミナーで、多くのカリキュラムがあります。

1月17日 (火曜日) 実施
父親の笑顔、母親の笑顔、子どもの笑顔が社会を変える!~パパの子育て奮闘記~

(子育て世代の男性職員の参加が多く、日々の子育てのヒントになったのではないでしょうか。)


1月18日 (水曜日) 実施
多文化共生の地域づくり
~私にとっての「名前」、「ふるさと」、「子ども」

 (前半はパネルディスカッション、後半はグループワーク形式で、受講者はより深く考えることができたと思います。)


1月19日 (木曜日) 実施
市民活動で復興支援!
~自分たちの活動や日常を通してできる支援のカタチ~

(多くの職員が受講しました。) 


そして、私が受講したのは、ジャーナリストの細見三英子さんが講師をされた
「もっとおもしろい新聞の読み方~記事に見る男女の視点の違い~」
です。

新聞記事から見えてくる、記者の問題意識や考え方を、軽快な語りで解説してくださいました。

情報があふれかえっている現代において、メディアとしての「新聞」の意義は、従前のものとは違ってきていると私は感じていますが、新聞の読み方を少し変えれば、新聞がおもしろく読めるんだなぁと思いました。


人権セミナーは、もみじだよりや市のホームページにも掲載していますように、市民の皆さまも参加いただけるセミナーです。

講演日の3日前までに申込が必要で、1月23日の時点では、
1月26日(木曜日)午後2時から午後3時30分 「認知症当事者の人権」をお申込いただけます。詳しくはこちらで、ご確認ください。


では、最後に、私の職員課での担当である「共済組合」から届いたポスターをご紹介します。

このように、職場の目につきやすい場所に貼ってもらい、健康保険の被保険者である職員へ啓発をしています。

今回はどんな啓発かというと・・・

生活習慣病予防のために、気をつけたいことがらです。

毎朝食べる
よく噛んで、ゆっくり食べる
階段を使う
食べたら歯磨き
シャワーよりお風呂
呑まない日を作る
毎日体重をはかる

私も、出来ることから一歩ずつ、はじめていきたいです!

皆さまも気をつけてくださいね☆

 

 

箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。 


この記事をはてなブックマークに追加

日本とメキシコの絆~新春ピアノコンサート~

2012年01月20日 | 人権文化部

毎日寒い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
新年を迎えて第1回目のブログとなりました。人権国際課の上野です。

昨年は東日本大震災が発生し、日本中で「自分ができる支援を被災地へ」という気持ちを持っているかたがたくさんいらっしゃると思います。そんな思いを持っているのは日本国内だけではなく世界へ広がっていることを仕事を通じて実感する経験がありましたので、皆さまにご紹介したいと思います。

1月12日(木曜日)国際友好都市メキシコ・クエルナバカ市からピアニストのカナンシーゴンザレス氏が市長、教育長へ表敬訪問されました。


カナンシーゴンザレス氏(左から3人目)

彼は今回、メキシコで東日本大震災の甚大な被害を知り、ピアノチャリティーコンサートを箕面で開催して被災者支援をしたいという熱い思いを持って来日されました。実は、彼は過去にモレロス大学箕面研修生として10年前に箕面で日本語研修を受けていた経験があり、今回NPO団体の箕面メキシコ友の会の主催により1月14日(土曜日)メイプル小ホールにて新春ピアノチャリティーコンサートが実現しました。

カナンシー氏は日本語がとても堪能で市長や教育長と通訳なしで会話をされていました。

現在はメキシコで芸術部門名門校として知られている国立チワワ州自治大学芸術学部ピアノ専攻科の5回生で、卒業後はプロのピアニストとして活躍されるとのことでした。ピアノだけでなく日本語の勉強にも熱心であり、また日本に来たら必ず温泉に行くという話などで市長、教育長と会話が弾んでいました。

コンサート当日は満員御礼で、臨時の椅子を置くほどたくさんのかたが彼のピアノ演奏を聴きに来ていました。

被災地の復興を願って作曲された“勇気ある日本へ捧げる曲”が披露され、ピアノの音色から彼の日本復興への気持ちが伝わってくる心のこもった演奏でした。

今回のコンサートは協賛出演としてパラグアイハープ奏者の丸田恵都子氏も出演され、ハープの澄んだ音色が会場に響きました。

  

最後はピアノとハープの伴奏で会場が一体となって、日本の歌「故郷」を合唱しました。

今回のチャリティーコンサートの収益金28190円は、箕面メキシコ友の会より東日本大震災義援金としてお預かりし、箕面市を通じて日本赤十字社へ寄付いたしました。

今回のコンサートを通じて人と人とのつながりから生まれるパワーはすごいなと感じました。メキシコで日本のために何か行動したいというカナンシー氏がいて、彼とつながりのある箕面メキシコ友の会のかたがたが彼の思いを受けてコンサート開催のために行動され実現しました。私は今回の経験でよく耳にする言葉かもしれませんが、「一期一会」ってやっぱり素敵だなと改めて思いました。

 



箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

商工のお仕事:認定書発行編

2012年01月16日 | 地域創造部

みなさん、お久しぶりです。商工観光課 水戸部です。

最近めっきり寒くなり、毎朝布団から出るのが辛い季節になりました。
年明けにビックリするほど雪が降った日もあり、冬の到来を実感しています。

既に箕面市内の小学校では、インフルエンザによる学級閉鎖が出始めています。
本格的な流行の兆しを見せていますので、みなさんくれぐれもご注意ください。


さて、今回の水戸部ブログでは通常業務である「認定書発行業務」について紹介したいと思います。
トピック的に文字だらけのブログになってしまいますが、ご容赦ください。


商工観光課では市内の中小企業向けの、融資に関する業務を担当しています。

今回のブログで触れる融資制度は、2008年9月のリーマンショック以降、景気の低迷を受け、平常時に行われている融資制度とは別枠で設置されたものです。
市町村が発行する認定書を受けることで、安定した経営のサポートを目的とした、融資制度を利用することができます。


ところで「認定書」とは何ぞや?ということですが、簡単に言うと「前述の大阪府制度融資を利用するために必要な書類の一つ」です。

現在、利用が多い大阪府制度融資として、「経営安定資金」と「東日本大震災対策資金」の2つが挙げられます。
ざっくりお話すると、「経営安定資金」は「前年度よりも売上高が減少した中小企業のかた向けの融資制度」で、「東日本大震災対策資金」は「東日本大震災に起因して売上高が減少した中小企業のかた向け融資制度」です。
ここから「経営安定資金」に関する、ほとんどの申請を占める「セーフティネット5号の認定業務」に話を絞って進めていきます。


認定書はこんな感じです。


そもそも大阪府の制度融資なのに箕面市は何をするの?という質問が聞こえてきそうです。

箕面市が行っていることは、両制度とも「売上高の減少率が規定値以上であること」、さらに東日本大震災対策資金に関しては「東日本大震災が起因し、売上高が減少した」ということを確認し、それを証明するということです。
その「証明書」が、冒頭に出てきた「認定書」と呼ばれるものです。


具体的な業務内容としては、申請書に記載されている売上高・売上高の減少率について、企業の決算書や残高試算表などを参考に、間違いがないか確認します。

私は商工観光課に配属されるまで、企業の決算書や残高試算表といった書類を目にする機会がなかったので、慣れるまで窓口でオロオロしていました。
今ではすぐに売上高を見つけるくらいはできるようになりました。


「東日本大震災対策資金」の認定業務に関しては、「東日本大震災が起因した」という要因を確認するため、多くの書類を提出してもらう必要があります。

たとえば、特定被災区域内にある事業所との取引関係を疎明する、契約書や領収書といった書類です。
こういった書類に関しては、事業者によって保持している資料の種類が違うので、じっくりとヒアリングを行うことで、用意してもらえる資料を聞き出すことが必要となります。

ここに「経営安定資金」と「東日本大震災対策資金」との実務的な違いがあり、仕事のやりがいを感じる部分でもあります。


現在このブログを書いている私たちが入庁した年は、東日本大震災が発生した年でした。

5月に商工観光課へ配属されてすぐに、「東日本大震災対策資金」に関する業務の説明会に参加しましたが、「箕面市内で震災が要因となって売上高が減少した企業はあるのだろうか」と考えていました。
しかし震災は日本の社会経済へ根深い衝撃を与え、箕面市内に事業所を持つ企業にも多大な影響を与えていました。

窓口には様々な業種の事業者がお越しになります。ヒアリングを進めていくと、事業者の業種に特化した経済の成り立ちを学ぶことができ、本当に勉強になります。
また、こちらに提出してもらう書類をスムーズにご案内できるか否かが腕の見せ所だと感じていますので、勉強の日々を送っております。


今回は「認定書発行業務」についてお伝えいたしました。

次回のブログがいよいよ最終記事となります。
もうすぐ入庁して1年になりますが、新人の視点を大切にお伝えしたいと思いますので、よろしくお願いします。


★イベント情報★

平成23年度(第26回)みのお公園温泉まつり

期間:平成24年1月14日(土曜日)から2月29日(水曜日)まで

今年も恒例箕面公園温泉まつりの季節になりました。

ハガキ応募によるプレゼントでは、ホテル宿泊券をはじめ豪華商品プレゼント!

スタンプでつづる箕面公園名所めぐり(平成24年2月4日(土曜日)雨天の場合、2月5日(日曜日))では、空クジなしの抽選会とあったか~いお鍋があなたを待っています。


★おトク情報★

まごころ応援カード

 



箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

ジェネリック!

2012年01月13日 | 市民部

 こんにちは!

国保年金課の鳥居です。

雪のちらつく日が増え、本当に寒い日が続きますね。

インフルエンザなどが流行りはじめる頃かと思いますので、みなさん体調にはお気をつけください。

 

さて、前回のブログで鷹野さんが詳しく書いてくれましたが、
今週の1月9日(月曜日・祝日)、メイプルホールにて箕面市成人祭が行われました。

新成人のかたが晴れ着姿で久しぶりの再会を楽しんでいる姿をみて、こちらまで元気になりました!


背表紙にご案内のハガキを貼るスペースが設けられたパンフレット

成人祭に参加してくださった新成人のみなさん、
パンフレットの空欄にハガキを貼っていただけたでしょか??

ゆずるの顔を完成させて、思い出の品の1つとしてアルバムなどと一緒に残していただけたら嬉しいです☆

 

さて、今日は国保年金課で行っている取り組みについて紹介したいと思います。 


みなさんは、「ジェネリック医薬品」をご存知でしょうか?

医師から処方される薬には、同じ成分・同じ効き目で「従来の薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」があります。

従来の薬には、特許期間があります。

この特許期間が満了すると、他のメーカーでも同じ成分・同じ効き目の薬を販売できるようになります。

これがジェネリック医薬品です。

開発コストが抑えられるので、従来の薬より安くすることができます。

医師や病院の受付、薬剤師にジェネリック医薬品を希望することを伝えることで利用できます。

国保年金課では、このジェネリック医薬品の利用を呼びかけています。

今まで、もみじだよりに掲載したり、

ジェネリック医薬品を希望する旨を自分ではなかなか言い出しづらいというかたにも利用していただきやすくするために保険証のカバーを下の写真のように変更したり、

という取り組みを行ってきました。

保険証を上のカバーにいれたまま、病院の受付などで提示していただければ、ジェネリック医薬品を希望したこととなるので、とても簡単にジェネリックを希望する旨を伝えることができます!

被保険者のみなさんには、去年(平成23年)の10月中旬に保険証を更新した際、保険証と一緒に送付していますので、まだ使っていないというかたは、ぜひ利用してみてください。


では、なぜジェネリック医薬品をこんなにも推奨するのでしょうか?

それは、ジェネリック医薬品は従来の薬と比べて安いので、みなさんのお財布に優しいというメリットがあるからです。

しかも!

ジェネリック医薬品の効き目や安全性については、従来の薬の特許期間中に十分確認されていて、厚生労働省が従来の薬と同等と認めています。

効き目や安全性が同じでお値段が安いなんてステキですよね!


とはいえ、ジェネリック医薬品なんてなじみが無いし、使っている薬がジェネリックに変更できるのかも分からないというかたが多いのではないかと思います。

私も先日、眼科にかかり、処方された目薬をジェネリックに代えてもらうまで、自分とはあまり関係の無いものだと思っていました。


そんな中、先月から40歳以上で対象の薬を一定期間以上投与されている被保険者のかたを対象にジェネリック医薬品に関するお知らせを送付しています。

広げると、薬品名や投薬されている薬をジェネリック医薬品に変えた場合、どのくらいみなさんのご負担額が減るのかなどが分かるようになっています。

これをきっかけに、少しでもジェネリック医薬品に興味を持っていただけたらと思います。

 



箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

成人祭本番

2012年01月10日 | 総務部

お久しぶりです。税務課の鷹野です。
お正月休みが明けたと思えば3連休と、なかなかお休みモードからの切り替えが難しいところですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
私は早く仕事モードに切り替えられるように、早寝早起きを徹底したいのですが、気付けば夜更かしをしてしまっている今日この頃です。

さて、昨日はいたる所で晴れ着姿の人を目にされたかたが多いのではないでしょうか。
1月6日のブログで竹田さんから紹介もありましたとおり、1月9日(月曜日・祝日)は箕面市の「成人祭」でした。
「ブラッシュアップメンバー」として運営に参加し、4カ月ほど前から準備をはじめてきた新人職員にとっては今年最初の一大イベントです。私たちは成人祭のご案内ハガキと当日配布するパンフレットの作成、お楽しみ抽選会の企画、運営進行等を担当させていただきました。多くのかたのご協力のもと無事に当日を迎えることができました。
ご協力いただきましたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 

成人祭の運営に参加するにあたり、私たちの課題は「より多くのかたに参加していただくにはどうすればよいのか」でした。
抽選会、中学校ごとのブースの設置、ハガキ、パンフレット、滝ノ道ゆずるの登場など限られた範囲内で最大限できる工夫をこらしました。

まずは話し合いに話し合いを重ねようやく形になりました、汗と涙と努力の結晶であるハガキとパンフレットをご覧下さい。
下は事前に新成人のみなさまに送らせていただきましたご案内のハガキです。

成人祭の参加率向上のためには、案内ハガキはとても重要な役割を果たします。より多くのかたにご覧いただけるようにインパクトを重視し、背景を「滝ノ道ゆずる」の顔のアップにしました。

次は当日配布いたしましたパンフレットです。

9月5日のブログにあります、前年度のパンフレットもあわせてご覧いただきたいのですが、二色刷からフルカラーとなり、前年度とは違った印象になりました。

表紙

内容面

背表紙

ここで一番注目していただきたいのが、背表紙です!!
物足りなさ満載で違和感を感じられたかたもいらっしゃるかもしれません。
特にこの四角の枠!これは一体何のためにあるのかといいますと・・・

 

下をご覧下さい!

この四角の枠はご案内ハガキにぴったりのサイズなのです!!
ハガキを貼ることで、箕面市が誇る我らが「滝ノ道ゆずる」が完成するように工夫しました。
この形に仕上げるまでに様々な壁にぶつかりながら何度も話し合いを重ねてきました。当日会場でこのカラクリをご紹介をさせていただいたところ、「なるほど~!」という声をちらほらと耳にすることができ、ここまでやってきた甲斐があったなとしみじみ感じました。
新成人のみなさまには是非「滝ノ道ゆずる」を完成させて、成人祭の思い出のひとつに加えてただきたいと思います。


そして、ほんの少しではありますが、当日の式の様子をご覧下さい。

午前9時30分から受付を開始し、午前10時に開式でしたが、新成人のみなさまはかなりの早起きをされたのではないでしょうか。お集まりいただきありがとうございました。みなさま素敵な晴れ着姿でとても輝いていました。

今年は多くのかたにご出席いただき、一時は立ち見状態になりました。

私たちの企画「お楽しみ抽選会」はゆずるも参加しました。
今年も多くの企業のみなさまからご協賛をいただき、多くの新成人の皆さまに参加していただくことができました。ほんとうにありがとうございました。

ゆずるもお疲れさまでした。


4カ月ほど前から何度も話し合いを重ね、紆余曲折を経て新規採用職員が一丸となって当日に挑みました。当日ギリギリまで準備でバタバタとしていましたが、無事に式を終えることができほっとしています。
集計の結果、今年の参加率は前年の56.8パーセントを上回り60パーセントにまで達しました。参加率の向上という目標が達成でき、ほんとうに良かったです。
今年の成人祭が新成人のみなさまの思い出に残る式典であったなら幸いです。 

 



箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加

年末年始の楽しいイベント!

2012年01月06日 | 健康福祉部

新年あけましておめでとうございます。健康福祉部の竹田です。

新年早々寒い日が続いていますね。
今年のお正月は例年に比べて暖かく穏やかな気候だと思っていましたが、仕事始めの4日には外の景色が真っ白なくらい吹雪いていたのでびっくりしました。
でも、箕面の山がとてもきれいに雪化粧しているのを見て、やっぱり箕面は良いところだなぁと改めて思いました。

今年の私のお正月は、社会人になってから初めて迎えるお正月でした。
だからといって特にいつもと変わりなく、お雑煮を食べて、おせちを食べて、お正月番組を見ながらこたつでみかんを食べる・・・という食べてばかりの正月でした!(とりあえず今年の最初の目標はダイエットですね!笑)
今までと1つだけ変わったことと言えば、お年玉がもらえなくなり、逆にあげる側になってしまったこと・・・。泣
ちょっと残念ですが、社会人と周りからも認められたような気がして、誇らしい気持にもなりました。今年もお仕事頑張ります!!

さて、1月4日(水曜日)から初仕事がスタートし、今日から3日後の1月9日(月曜日・祝日)には、私たち新人職員で構成された「ブラッシュアップメンバー」も運営に参加している「成人祭」という大イベントが開催されるということで、新年早々バタバタしています。
新成人のみなさんの門出を盛大にお祝いできるよう、ブラッシュアップメンバーも案内状のハガキのデザインから成人祭の目玉イベントである抽選会の企画まで何度もみんなで話し合い、力を入れて取り組んできました!!

一生に一度しか経験できない貴重な成人祭なので、一生思い出に残る素晴らしいものになるように、当日も気合を入れて頑張ります!
新成人のみなさん!是非ご参加下さい。(詳細はこちら)

今年も箕面市は成人祭だけでなく、楽しいイベントがたくさん待っていますが、去年の年末にも、私の職場である「みのおライフプラザ」ではとっても楽しい大イベントが開催されていたので、少しだけご紹介します。

以前、乾さんのブログにも紹介されていましたが、去年の12月22日の午後6時から、みのおライフプラザ1階のアトリウムにて「ライフプラザ冬まつり」が開催され、たくさんの子どもたちの笑顔が溢れる楽しいおまつりになりました☆

 

  豪華に飾り付けされた大きなツリー

(財)箕面市障害者事業団、豊能障害者労働センターなどが運営する、ライフプラザ商店街や、あかつき福祉会、キャベツ畑のみなさんのバザー出店や、JAZZ☆天のジャズダンス、ロミロミ-ズのフラダンス、シンガーソングライターの布施和生さん、月陽さんによるギター演奏と歌、あひるの会のみなさんのフォークソングといった盛りだくさんのステージイベントが繰り広げられました。


布施和生さんのギター演奏。とても心暖まる演奏でした。


あかつき福祉会のみなさんは、手作りの揚げパンとクリームパンを販売。


「喫茶るうぷ」のみなさんのお店はカレーや綿菓子、ドリンク等盛りだくさんでした! 

 


「ゆっくり」さんの出店はお楽しみゲーム。豪華な景品付きです。


美容室ミスミさんの射的コーナー。子どもたちは一生懸命に的をねらっていました。

ライフプラザ冬まつりでは年齢、性別、障害の有無などに関わらず、多くの市民のかたがたと交流することができ、ライフプラザにおける障害福祉を始めとする取り組みや、ライフプラザ商店街の存在を身近に知ってもらうことができるとてもいいきっかけになったと思います。


冬まつり以外でも、普段からライフプラザは市民の方が交流できる居心地の良い場所となっています。ぜひ、みなさんも一度立ち寄ってみて下さいね☆

去年の4月から新たに始まった「新人奮闘記」も新年を迎え、私たち平成23年度新規採用職員が担当するのも残り数カ月です。
しかしまだまだこれからも新人らしいフレッシュな内容をお届けしていきたいと思っておりますので、今年も「新人奮闘記」をよろしくお願いします!

 



箕面市では、1月から3月まで「はじめませんか?地域のボランティア活動 ~まずは箕面市役所へ!シニア・ナビでご紹介します~」統一キャンペーンを実施中です。


この記事をはてなブックマークに追加